M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
山口県のM&A仲介会社をランキング形式でご紹介!M&A案件の探し方も解説

山口県のM&A仲介会社をランキング形式でご紹介!M&A案件の探し方も解説

M&A仲介会社とは

M&A仲介会社とは、売却を考えている会社と買収を考えている会社の間に入り、交渉や契約などをサポートする会社のことを言います。 M&A仲介会社は、許認可を必要としないので経営コンサルタントや弁護士、公認会計士、税理士などの仕業をしていた会社が、M&A事業をしている場合もあります。 また、M&A仲介会社となる前は、経営コンサルタントをしていたという場合や中小企業診断士、ファイナンシャルプランナーをしていたという経歴を持つ人が会社代表となってM&A仲介会社を設立している場合もあります。 M&A仲介会社の仕組は、会社の売却を考えている経営者からの情報を経て、会社の買収を考えている経営者に打診して、買収する意思があることが確認できると、初期段階での交渉をセッティングします。 売却しようとしている会社に対して、複数の会社に買収の意思があるか確認をするのが一般的で、買収する意思がある会社を最終的に一社に絞り込んでいくのも、M&A仲介会社の役割になります。 また、いくつかのM&Aの手法がありますが、どの手法で実施するのか売却を希望する会社の経営者と希望条件の確認をします。 株式譲渡を実施して、経営権のすべてを買収する会社に譲り渡す場合もありますし、事業譲渡によって、事業だけを譲り渡して経営権は維持し続ける場合もあります。 また、中小企業間のM&Aでは少ないですが、資本提携や業務提携、会社分割や合併もM&Aの手法になります。 中小企業間では事業承継にかかわるM&Aも多く実施されているので、株式譲渡が最も多いM&Aの手法になります。 株式譲渡でのM&Aの場合は、売却する会社の企業価値を試算する必要もあり、この作業もM&A仲介会社が実施して、企業情報の書類を作成します。 それを基に、買収を希望する会社に情報を開示しますが、ノンネーム方式をとっていることが多く、具体的に買収の意思表示をするまでは相手側の会社名などは伏せられることが多くあります。 打診する段階では、業種や売上高、会社規模などだけが開示されます。 M&A仲介会社は、M&Aにかかわる様々な業務をサポートして、成約を目指すことが主な業務になります。

山口県のM&A仲介会社の手数料

山口県のM&A仲介会社に限ったことではありませんが、仲介会社の手数料は主に成功報酬が手数料となります。 そのほかにも、着手金や月額報酬、中間成功報酬、デューデリジェンス費用などがありますが、多くの中小企業を対象にしているM&A仲介会社は、着手金と成功報酬の請求を行うか、中間成功報酬と最終的な成功報酬を請求するところが多いようです。 着手金については、M&Aの仲介を依頼して仲介契約を結ぶと請求される手数料で、相場は50万円から200万円となっており、M&Aが成立しなくても返金されない場合がほとんどです。 着手金を請求する理由には、売却する会社の企業価値の調査や書類の作成などに、時間や人件費がかかるためですが、着手金を無料にしているM&A仲介会社も多くあります。 月額報酬については、M&Aが成立するまでに6ヶ月から1年を要すると場合があります。 その間、案件についてアドバイスをしたり、書類の作成や手続きなどをしたりするために、毎月人件費がかかるために、1ヶ月ごとに報酬を支払うというものです。 中小企業でも、顧問税理士や弁護士などを依頼すると毎月報酬を支払っているのと同じような感覚です。 しかし、多くのM&A仲介会社では月額報酬を無料としています。 次に、中間成功報酬は売買の基本合意契約を結んだ時に支払う手数料です。 相場は、最終的な成功報酬の10%から20%としているところが多く、金額にして数百万円から数千万円になる場合もあります。 基本合意契約の時点で売買する金額がある程度決まってしまうので、その金額の10%から20%としているところが多くあります。 中間成功報酬を支払った場合、最終的なM&A契約が成立した時の売買金額から成功報酬金額が決定しますが、その金額から中間成功報酬を差し引くM&A仲介会社多く、最終的な成功報酬の金額を100%とすると、中間成功報酬で最終的な成功報酬の10%を支払っている時は、成功報酬の支払いの時に残りの90%を支払うという形になります。 成功報酬については、レーマン方式を取り入れているところが多く、取引金額が5億円以下の場合は5%、5億円を超える10億円以下では4%、10億円を超える50億円以下では3%、50億円を超える100億円以下では2%、100億円以上では1%と言う利率で計算がおこわなれます。 中小企業のM&A取引では、5億円を超えない場合も多いので一律5%と考えることもできますが、M&A仲介会社では最低成功報酬金額を設定している場合があり、150万円としているところもあれば1500万円としているところもあります。 M&A仲介会社を選ぶ時は、最低成功報酬の金額を確認しておくと良いでしょう。

山口県におけるM&Aの現状

山口県は日本の中国地方に分類されており、本州と九州地方の連接点になる県で、本州の最西端に位置しています。 2018年10月の段階では136万人余りの人口があり、下関や宇部を含む県西部と、山口市や周南を含む県中部、岩国や柳井を含む県東部、長門や萩を含む県北部に分類されます。 瀬戸内海にも面しているため、瀬戸中居沿岸地域には基礎素材型産業の会社が多く、全国の中でも工業が盛んな県であることが分かります。 また、高速道路の交通インフラも整っていることから流通業も発展しており、九州地方との連接点であるため、本州と九州地方の間をつなぐ役割もあります。 日本海側では、農業や漁業のほかに観光業やサービス業などが中心となっています。 かつての鉱業が盛んであったことから、重化学工業地域があり、石油精製コンビナートやソーダなどの化学系製品の製造を主な事業にする工業地域も形成されています。 このようなことから、山口県に本社を置く大手企業もあり、宇部興産やセントラル硝子、長府製作所、ファーストリテイリング(ユニクロ)などが代表的です。 そのほかにも出光興産の生産拠点があり、協和発酵キリングループも山口県に事業所を構えています。 大手企業が拠点を置くものの、山口県の事業所の99.9%が中小企業で、ほかの他府県と同様に中小企業が県の経済の下支えとなっていることは変わらないようです。 しかし、これもほかの他府県と同じように中小企業の経営者の高齢化で世代交代が必要な時期となっています。 それにもかかわらず、後継者が不在という問題を抱えており、や家具地検の後継者不在率は全国で2位となっています。 全国でも中小企業は今後15年の間におよそ100万社がなくなると予測されており、山口県においても多くの中小企業が廃業するとされています。 山口県のM&Aの現状は買い手側の件数が4件、売り手側が2件となっています。 この数値は、2009年の国内の会社同士のM&Aを表していますが、現在も件数はそれほど変わりがないと予測できます。 中小企業が事業所全体の99.9%を占める中でM&Aも視野に入れて事業承継等に取り組まなければ、県内の中小企業はどんどん減っていくでしょう。 2015年の統計で、経営者の平均年齢を表したものでは、59.3歳となっており、その中で後継者不在としているのは76.4%となっています。 経営者が60歳以上で後継者が不在としているのは59.6%と高い水準になっています。 さらに、2012年の開業率は4.5%で、廃業率は3.9%となっています。 開業率が上回っていますが、後継者が不在としている会社が多いということは、今後は廃業率が高くなっていく可能性があります。 山口県内では、M&Aを実施している会社は未だに少なく、今後は県政や国の政策によって認知度が上がれば増えていく可能性もあるでしょう。

山口県のM&A仲介会社オススメ5選

株式会社M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。
また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。
通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。
それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

株式会社経営承継支援

東京都に本社を構え、大阪、福岡にも事務所があるM&A仲介会社です。 国が進める全国の事業引継ぎセンターの支援会社として登録しており、山口県内の中小企業の事業引継ぎに対しても対応できるM&A仲介会社です。 山口県に多い中小企業のM&Aの実施にも対応しており、規模が小さい会社のM&Aも引き受けてくれます。 会社設立は2015年4月と沿革が短い会社ではありますが、中小企業の価値を次世代につなぎ、日本経済の維持や発展に貢献することを会社の理念としています。 M&A仲介会社ではありますが、相談された経営者の悩みや今後の希望などを聞き、M&Aが必要なのか?という点についても検討を重ねて、最適なプランを提案してくれます。 事業承継やM&Aの無料診断サービスを実施しており、M&Aが最適な手段であるか判断してくれるサービスがあります。 全国に商工会議所、地方銀行、税理士事務所などの1000をこえる独自のネットワークを持ち、全国のM&A案件に対応しています。 料金体系は基本合意しに100万円の請求があり、M&Aが最終的に成立した時に成功報酬の請求があります。 仮に、最低成功報酬の500万円だった場合には、基本合意時の100万円をマイナスして400万円の支払いになります。 中小企業の経営者に寄り添ったM&Aサポートをする仲介会社です。

株式会社M&A総合アドバイザーズ

会社の本社は東京都にありますが、全国のM&A案件に対応しているので山口県に本社を持つ会社でも対応可能となっています。 株式会社M&A総合アドバイザーズでは、法律事務所、会計事務所、税理士事務所、社会保険労務士事務所などとの連携が取れており、専門性が高いM&A案件を取り扱っています。 中小企業における後継者問題や先行きの不安などの相談にも応じており、M&Aにかかわる様々な問題をクリアできるだけのM&Aのトータルサポートをしています。 独自のネットワークや情報を基に、多くM&Aの成立を可能としており、買い手や売り手の候補を紹介してくれるだけでなく、企業価値の算定やM&Aの手順の提案、デューデリジェンス、基本合意書の作成や条件交渉、最終契約書の作成など、M&Aに必要な書類の作成や手続きなどを含めてサポートしてくれます。 手数料もわかりやすく、M&Aが成立した時の成功報酬のみの請求となっており、最低成功報酬は500万円となっています。

ワイムエコンサルティング株式会社

本社が山口県下関市にあり、広島にも本部を構えるM&Aを含む経営コンサルタントを実施している会社になります。 本社を山口県に構えているので、中国地方と九州地方の北部の情報を多く持っており、山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行とのネットワークを確立しており、地域に根差したM&A取引が可能になっています。 また、全国から候補先を探すマッチングも可能としており、海外の会社とのクロスボーダーM&Aにも対応しています。 M&Aの成立だけでなく、M&A成立後の統合支援も行っており、専門のコンサルタントの支援を受けられます。 M&Aに必要なサポートや書類の作成、手続きを実施して、売り手側の会社と買い手側の会社との間に立って、スムーズにM&Aを進めていけます。 山口県に本社を持つM&A仲介会社なので地域性なども含めて、安心して依頼できるM&A仲介会社と言えます。

株式会社日本M&Aセンター

株式会社日本M&Aセンターは、M&A業界をけん引しているM&A仲介会社で、設立から28年目を迎えて、成約実績は年間649件、累積で4500件以上のM&Aを成約させています。 全国にネットワークがあるので公認会計事務所、税理士事務所、地方銀行、信用金庫などとの連携が取れています。 そのため、会社の所在地が山口県内であったとしても、しっかりとサポート体制を作りM&Aを進めていける体制づくりができています。 企業の存続と発展を目標にM&A取引を進めていき、M&A成約後のフォロー体制も整っています。 M&Aが成立すれば取引は完了という考え方ではなく、M&Aが成立した後の会社の発展や統合が必要であるという考え方から、成立後のフォロー体制がしっかりとしているのも、株式会社日本M&Aセンターの特徴ともいえます。 社内に100名以上のコンサルタントと抱え、全国のM&Aネットワークによって、相手探しのデータベースが充実しているので、全国各地の相手先候補を提案することができます。 M&A仲介会社のリーディングカンパニーとして、売買する会社にとって有利な条件でM&Aが実現するように尽力してくれるM&A仲介会社なのです。

山口県におけるM&A案件の探し方

山口県のM&A案件の探し方は、経営者がある程度自分で探したいという考えであれば、インターネットを利用すれば案件を探せます。 東京にあるM&A仲介会社の場合でも、M&Aの案件をホームページに掲載していることが多く、大まかな予測をつけた案件の情報は手に入るでしょう。 また、マッチングプラットフォームを運営しているM&A仲介会社も多く、インターネットを利用すれば案件を探すことが可能です。 インターネットは便利ですが、やはりM&Aの案件についてアドバイスを受けたいという場合は、地元の商工会議所や商工会、事業引継ぎセンターを利用して案件を探す方法もあります。 山口県には、M&Aを専門にしている仲介会社があまりないので、取引のある公認会計士や税理士、弁護士などに相談する方法もあります。 そのほかには、金融機関に相談して案件を探す方法もあります。 山口県の西中国振興金庫は、M&AプラットフォームTRANBIと業務提携をしているので、M&Aを探している場合は相談すると良いでしょう。 山口銀行も事業承継やM&Aのアドバイスも実施しているのでM&Aの案件を探すこともできるでしょう。

まとめ

山口県は中小企業が多く、その中小企業の経営者の高齢化も目立っている地域と言えます。 しかし、地方にある中小企業の経営者は自社を売却することに「身売りをするようで嫌だ」と考えていたり「恥ずかしいこと」と考えたりする傾向が強い場合もあります。 そのような中で中小企業のM&Aがどのようなものなのか、理解を深め推進している必要がある地域でもあります。 本州と九州地方を結ぶ拠点でもある山口県は、今後も経済の安定が重要になる地域でもあり、廃業する中小企業を少なくしていくことが課題となるでしょう。 M&Aの件数自体も少ない地域なので、M&Aを選択できることを知り、認知度を上昇させなければならないでしょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら