2020年3月8日更新都道府県別M&A

山梨のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

山梨県はポテンシャルこそ高いものの、人口減少が顕著なため、成長速度がなかなか上がらない地域です。打開するため、自治体や金融機関がM&Aを普及しており、この努力が実れば、山梨県では今後大きな変化が生まれる可能性があります。

目次
  1. 山梨県のM&A
  2. 山梨県のM&A・会社売却・事業承継の動向
  3. 山梨県でM&A仲介会社を選ぶ基準
  4. 山梨県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社4選
  5. 山梨県の公的機関
  6. 山梨県近郊のM&A譲渡案件例
  7. 山梨県のM&A事例
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

山梨県のM&A

M&Aはかつて「会社を売り払う」ネガティブなイメージを持つ方が多かったのですが、最近はそのイメージが払拭され、経営戦略に取り入れる会社が増えています。今では事業の拡大、事業承継、新事業への進出など、さまざまな目的でM&Aが行われています。

さらに多種多様なタイプのM&A仲介会社が登場し、M&Aのサポートを受けやすい環境ができています。他方で、M&Aが活発かどうかは地域によって異なっており、これにはそれぞれの地域の状況の差異が影響していると考えられます。

今回は山梨県のM&Aの事情や、山梨県でM&Aをする際におすすめのM&A仲介会社についてお伝えしていきます。

山梨県のM&A・会社売却・事業承継の動向

ここでは山梨県のM&A・会社売却・事業承継の動向についてお伝えします。山梨県は経済規模こそ他の地域と大差はありませんが、首都圏の一角であるという最大の強みがあります。

東京都や神奈川県といった大都市に近く、交通アクセスも良いため、山梨県は産業集積都市としてのポテンシャルを十分に備えています。実際に、バローのような大型スーパーがM&Aを利用して山梨県に進出するなど、山梨県に新たな拠点を築く企業が増えています。

しかし、山梨県は人口減少が進行しており、若者の減少がとりわけ顕著です。これは山梨県が東京都に近いため、都会に住んでみたい若者が次々と流出しやすくなっていることが、原因だと考えられています。

山梨県の人口減少は徐々に目立つようになり、過去には空き家率が日本でトップになり、ピーク時と比べて事業所数が半分に減るなど、経済規模全体の縮小にもつながる兆しを見せています。

そのため、山梨県の県内企業は、人手不足に陥るケースが多くなっています。そんな企業の現状を変えるために、自治体や金融機関がM&Aによる事業承継を推進するなど、M&Aの普及に努めています。

山梨県の現状が改善されるために時間はかかりますが、今後はM&Aの普及が、山梨県の経済活性化に貢献するでしょう。

山梨県でM&A仲介会社を選ぶ基準

山梨県でM&Aを行いたい場合、どのようにしてM&A案件を探すのでしょうか。一般的に、以下の方法を用いてM&A案件を探したりM&Aを行ったりする方が多いです。

  1. M&A仲介会社に探してもらう
  2. 公的機関に探してもらう
  3. 自分でM&A仲介サイトを利用してM&A案件を見つける
こちらの章では、M&A仲介会社と、山梨県の公的機関、それぞれを利用する場合のメリット・デメリットをご紹介します。

M&A仲介会社を利用するメリット・デメリット

M&A仲介会社を利用し、M&A案件を見つけたり、M&Aを行ったりする方は数多くいます。M&A仲介会社を利用するメリットは、以下の通りです。

  • 管理案件が多いため、希望する内容の案件を見つけやすい
  • M&Aに関する相談だけではなく、仲介まで一貫して担当してもらえる
  • 公認会計士や弁護士等の専門的なアドバイスをもらえる

M&Aを行いたい方のニーズや業種などに合わせ、M&A仲介会社も強みが異なります。しかし、上記のメリットにもあるように、大型M&A仲介会社などでは山梨県だけでなく日本全国規模のネットワークを保有しており、数多くのM&A案件を管理しています。

また、M&Aに関する相談だけでなく、クロージングまでしっかりと仲介などのサポートを受けられます。公認会計士や弁護士が在籍している場合もあるため、多面的なアドバイスを受けながらM&Aを進められるでしょう。

では、M&A仲介会社を利用する際のデメリットを、続けてお伝えします。

  • M&A仲介会社によって手数料が異なるため、高額な費用がかかってしまうことがある
  • M&A仲介会社によっては、クロージングまで長期間(半年以上)かかってしまう

さまざまなM&A仲介会社があるように、報酬体系にも数多くの種類があります。月額などの継続的な費用がかかる場合もあれば、完全成功報酬制のようなシステムを採用している会社もあります。

なるべくM&Aにかかるコストを抑えたい方は、事前に資料請求などを行い、必ず納得できるM&A仲介会社を選ぶようにしましょう。

また、M&A仲介会社によってクロージングまでにかかる期間も異なります。これらは、その会社の持つノウハウやプラットフォームによって異なる場合があります。

M&A総合研究所では、業界最安値水準の完全成功報酬制にて、クロージングまで平均3ヶ月から6ヶ月のスピーディーなM&Aサポートを行っています。ぜひ、ご利用ください。

公的機関を利用するメリット・デメリット

山梨県の公的機関がM&Aによる事業承継を推進しているように、公的機関もM&Aを行う際に利用できます。公的機関のメリットをご紹介します。

  • 地域に特化した機関のため、表に出ない山梨県の案件を管理している場合がある

国が山梨県に設置している公的機関では、M&A仲介会社が把握していない山梨県の案件を管理している場合があります。このような身近なところで、理想的な案件を見つけられることも、実際にあります。

また、公的機関は無料で相談などをできるため、気軽に利用しやすいのもメリットの一つです。

では、公的機関のデメリットとは、一体どういった内容なのでしょうか。

  • M&A仲介会社に比べ、管理案件が少ない場合がある
  • M&Aの仲介業務は行ってもらえないため、仲介自体はM&A仲介会社に依頼する必要がある

山梨県のM&A案件を管理している場合があっても、公的機関の管理案件数はM&A仲介会社と比べて少ない場合が多いのも事実です。よって、理想的な案件を見つけられない可能性もあります。

また、公的機関では相談や案件を見つけることは可能でも、仲介は行っていない場合が多いです。公的機関がM&A仲介会社などを紹介したり、ご自身で探したりする必要性があります。

M&A総合研究所では、こういったデメリットを解消し、しっかりとM&Aをサポートしています。

>>【※会計士がサポート】M&A仲介サービスはこちら

山梨県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社4選

ここからは、山梨県でM&Aをする際におすすめの4つのM&A仲介会社をご紹介します。

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 山梨中銀経営コンサルティング株式会社
  3. 山梨事業承継・M&Aサポートデスク
  4. 株式会社山梨中央銀行

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/

M&A総合研究所は、山梨県を含む全国の多種多様な業種のM&A案件を取り扱っています。山梨県では大企業だけではなく、中小企業もM&Aを必要としています。規模の小さいM&AをスモールM&Aと呼びますが、M&A総合研究所はスモールM&Aでも実績があります。

M&A総合研究所は、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムや、日本最大級のM&Aメディアを保有しています。これらを活用することにより、平均3~6ヶ月といった短期間でのクロージングを行います。

スピーディーなクロージングのため、人件費を削減し、業界最安値水準を実現しています。経験豊富なスタッフや、弁護士、公認会計士といった専門家も在籍しています。M&A総合研究所では、安心してM&Aサポートを受けられます。

会社名 株式会社M&A総合研究所
得意な業種 非特化型
対応地域 山梨県を含む、日本全国
報酬体系 完全成功報酬型(業界最安水準
公式ホームページ https://masouken.com/lp01

山梨中銀経営コンサルティング

山梨中銀経営コンサルティング株式会社

出典:https://www.yamanashiconsul.co.jp/

山梨県に本社がある山梨中銀経営コンサルティングは、M&Aの支援を行っています。山梨中銀経営コンサルティングは、これまで多くの会社の経営に関わってきた経験があり、そこで培った豊富なノウハウを用い、クライアントのM&Aをスムーズに進行させてくれるでしょう。

M&A支援以外にもさまざまな事業を行っているため、山梨中銀経営コンサルティングは経営者にとって頼りになる存在になってくれます。

会社名 山梨中銀経営コンサルティング株式会社
得意な業種 非特化型
対応地域 山梨県中心
報酬体系 着手金+成功報酬制
公式ホームページ https://www.yamanashiconsul.co.jp/

山梨事業承継・M&Aサポートデスク

山梨事業承継・M&Aサポートデスク

出典:https://www.yamanashi-ma.com/

山梨事業承継・M&Aサポートデスクは、日本M&A協会理事会員であり、地域密着型のM&A仲介を行っている会社です。日本M&A協会のネットワークを活用し、専門家がしっかりとしたプランを建てながら、M&Aをサポートしてくれます。

山梨事業承継・M&Aサポートデスクは税理士法人が母体のため、専門家のアドバイスを受けながら、M&A支援を受けられるでしょう。

会社名 山梨事業承継・M&Aサポートデスク(税理士法人シグマパートナーズ)
得意な業種 非特化型(中小企業が得意)
対応地域 山梨県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://www.yamanashi-ma.com/

山梨中央銀行

山梨中央銀行

出典:https://www.yamanashibank.co.jp/corporation/

山梨中央銀行は山梨県の地方銀行ですが、法人・個人事業主の方向けに、M&Aサポートも行っています。M&Aの進め方のアドバイスや、企業価値の算定、書類の作成支援など、幅広い支援を提供しています。

歴史ある山梨県の地方銀行として、地域に根ざした支援活動を行っているため、M&Aを行う際にも力になってくれるでしょう。

会社名 株式会社山梨中央銀行
得意な業種 非特化型
対応地域 山梨県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://www.yamanashibank.co.jp/corporation/

山梨県の公的機関

①山梨県事業引継ぎ支援センター

山梨県事業引継ぎ支援センターは、山梨県の後継者不在に悩む中小企業経営者をサポートする公的機関です。商工会や山梨県の金融機関などとネットワークを形成し、事業承継やM&Aを支援しています。

公正・中立な立場で、M&Aや事業承継に詳しい専門家がアドバイスを行います。山梨県でM&Aを行う際には、ぜひ活用しましょう。

山梨県事業引継ぎ支援センターのホームページ

事業引継ぎ支援センターの活用を政府も後押し

日本では、少子高齢化が大きな問題になっています。それによる人手不足や、経営者の高齢化により、後継者不足に悩む経営者が増加しています。以前は廃業を選択せざるを得ない企業が多かったため、政府ではこういった問題を解決するべく、事業引継ぎ支援センターを活用するように後押ししています。

しかし、事業引継ぎ支援センターといった公的機関では、仲介は行っていない場合が多いのも事実です。少しでもM&Aにかかる手間やコストを減らすためにも、ぜひM&A総合研究所をご利用ください。

②山梨県よろず支援拠点

山梨県よろず支援拠点は、経営にまつわるいろいろな悩みに対応してくれる公的機関です。国が設置している公的機関であり、無料で相談できます。

さまざまな資格や知識を持ったコーディネーターが在籍しており、セミナーやイベントも開催しているため、山梨県でM&Aを行う際に役立てられる可能性があります。

山梨県よろず支援拠点のホームページ

③甲府商工会議所

山梨県の各地には、商工会議所が設置されています。それぞれの地域の商工者や経営者が会員となり、相互に助け合いなどを行いながら、山梨県の経済活性化のために活動しています。

相談会やセミナーも開催しているため、山梨県でM&Aを行う際に利用できる可能性があります。

甲府商工会議所のホームページ

④山梨県信用保証協会

山梨県信用保証協会は、山梨県の中小企業経営者や小規模事業者を対象に、金融面をサポートしている公的機関です。創業を考えている方や、資金繰りを安定させたい方などをさまざまな保証制度で支援しています。

相談窓口も設置しているため、山梨県でM&Aを行う際に、役立てられる可能性があります。

山梨県信用保証協会のホームページ

山梨県近郊のM&A譲渡案件例

マッサージ店のM&A

こちらは2019年5月にオープンした、全身ボディーケアを提供するマッサージ店のM&A譲渡案件です。経験豊富なスタッフが在籍しており、黒字運営です。立地もよく、顧客数が伸び続けています。今後の事業拡大のため、M&Aによる譲渡を行いたいと考えています。

売上高 700万円台
売却希望額 350万円
譲渡希望理由 選択と集中

機械部品加工会社のM&A

こちらは医療機器部品や金属部品などを取り扱う、機械部品加工会社のM&A譲渡案件です。加工が難しいとされるステンレス製品などを、多く取り扱っています。取引先とも関係性がよく、高品質のため信頼を得ています。現在営業できる社員がいないため、営業によってさらなる取引先拡大が見込めます。

売上高 3,800万円台
売却希望額 3,350万円
譲渡希望理由 後継者不在

ネクタイメーカーのM&A

こちらはオリジナル製品も制作している、ネクタイメーカーのM&A譲渡案件です。有名ブランドとも取引があります。リピーターが多く、他の会社ではできない技術を保有しています。後継者不在により、M&Aによる譲渡を希望しています。

売上高 2,000万円台
売却希望額 250万円
譲渡希望理由 後継者不在

山梨県のM&A事例

教育関連業界のM&A(学研HD・文理学院)

2017年11月に、学研ホールディングスの学研塾ホールディングスは、文理学院の発行済全株式を取得することにより、買収したと発表しました。学研HDは参考者や図鑑でトップシェアを誇っています。

文理学院は山梨県に拠点を構え、小学生や中学生、高校生を対象に塾を運営しています。今回のM&Aにより、甲信越エリアにて新たな売上や利益を確保できるとしています。

スーパーマーケット業界のM&A(バローHD・公正屋)

2016年8月に、バローホールディングスは公正屋の発行済全株式を取得することにより、子会社化すると発表しました。バローHDでは、既存店の競争力を高め、新規出店を継続することにより、シェア拡大や収益向上を目指しています。

公正屋は山梨県東部にて、地域密着型の食品スーパーを5店舗運営しています。今回のM&Aにより、山梨県地域の営業基盤強化を行うとしています。

まとめ

山梨県は将来的に発展する余地があるなど、ポテンシャルこそ高いものの、人口減少が顕著になっているため、なかなか成長の速度が上がらない地域だといえます。

しかし、それを打開するために自治体や金融機関がM&Aを普及しているため、この努力が実れば、今後大きな変化が生まれるかもしれません。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州地方の経営者の中でM&A・会社売却・事業承継を考えられている方はたくさんいます。そこで、この記事ではM&A・会社売却・事業承継の案件を九州地方を中心に紹介します。また、個人向けなど小規模のM...

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

全国的にM&A・会社売却・事業承継の件数は増加していますが、四国地方でも同様の傾向が見られています。そこでこの記事では四国地方でのM&A・会社売却・事業承継の動向だけでなく、個人向けのおすすめ案...

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社ランキング

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社ランキング

全国だけでなく関西地方でもM&A・会社売却・事業承継の成約件数は増加しています。そこでこの記事では関西地方のM&A・会社売却・事業承継について各府県別の背景やおすすめのM&A仲介業者、また、小規...

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて解説して...

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方は、M&Aや会社売却、事業承継については災害の影響もあり、あまり進んでいないのが実情のようです。しかし今後は、会社売却やM&Aも視野に入れて、事業承継等の取り組むべきでしょう。

近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿地方は、大手企業が運営している会社も多くありますが、中小企業の割合が高く、M&Aや会社売却、事業承継が今後は増加していく傾向にあるでしょう。今後はM&Aも視野に入れた事業承継や会社売却も検討...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)