M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年11月25日更新
この記事は、約2分で読めます。

山梨のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

山梨は将来的に発展する余地があるなど、ポテンシャルこそ高いものの、人口減少が顕著になっているため、なかなか成長の速度が上がらない地域だといえます。しかし、それを打開するために自治体や金融機関がM&Aを普及しているため、この努力が実れば、今後大きな変化が生まれるかもしれません。

目次
  1. 山梨のM&A
  2. 山梨のM&A事情は?
  3. 山梨でおすすめのM&A仲介会社ランキング
  4. 山梨でM&A案件を見つけるには?
  5. まとめ

山梨のM&A

M&Aはかつて「会社を売り払う」というネガティブなイメージを持つ方が多かったですが、最近はそのイメージが払拭され、経営戦略に取り入れる会社が増えています。

今では事業の拡大、事業承継、新事業への進出など、様々な目的でM&Aが行われています。

さらに様々なタイプのM&A仲介会社が登場し、M&Aのサポートを受けやすい環境ができています。

他方で、M&Aが活発かどうかは地域によって異なっており、これにはそれぞれの地域の状況の差異が影響していると考えられます。

今回は山梨のM&Aの事情や、山梨でM&Aをする際におすすめのM&A仲介会社についてお伝えしていきます。

山梨のM&A事情は?

ここでは山梨のM&A事情についてお伝えします。

そもそも山梨は経済規模こそ他の地域とあまり大差はありませんが、首都圏の一角であるという最大の強みがあります。

東京や神奈川といった大都市に近く、交通アクセスもいいため、山梨は産業集積都市としてのポテンシャルを十分に備えているといえるでしょう。

実際、バローのような大型スーパーがM&Aを利用して山梨に進出するなど、山梨に新たな拠点を築く企業は少なくありません、

しかし、山梨は人口減少が進行しており、若者の減少がとりわけ顕著になっています。

これは山梨が良くも悪くも東京に近いため、都会に住んでみたいという若者が次々と流出しやすくなっていることが原因だといえるでしょう。

山梨の人口減少は徐々に目立つようになっており、過去には空き家率が日本でトップになったり、ピーク時と比べて事業所の数が半分に減るなど、経済規模全体の縮小にもつながる兆しを見せています。

そのため、山梨の県内企業は人手不足に陥るケースが多くなっています。

ただ、そんな会社の現状を変えるために自治体や金融機関がM&Aによる事業承継を推進するなど、M&Aの普及に努めています。

山梨の現状が改善されるにはまだまだ時間がかかりますが、今後はM&Aの普及が何らかの成果に結びついていくでしょう。

山梨でおすすめのM&A仲介会社ランキング

ここでは山梨でおすすめのM&A仲介会社をご紹介します

M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。

また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。

通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。

それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

山梨中銀経営コンサルティング株式会社

山梨に本社がある山梨中銀経営コンサルティング株式会社は、M&Aの支援も行っています。

山梨中銀経営コンサルティング株式会社はこれまで多くの会社の経営に関わってきた経験があり、そこで培った豊富なノウハウを用い、クライアントのM&Aをスムーズに進行させてくれるでしょう。

M&A支援以外にも様々な事業を行っているため、山梨中銀経営コンサルティング株式会社は経営者にとって頼りになる存在だといえます。

株式会社TMAC

株式会社TMACは様々な業界の会社のM&Aを成功させた実績があるM&A仲介会社です。

株式会社TMACは東京に本社があるM&A仲介会社ですが、取り扱っている案件の幅が広く、海外進出のためのクロスボーダーM&Aを行った経験もあります。

株式会社TMACは経験豊富なスタッフによる手厚いサポートがウリであり、M&Aを経験が少ない経営者でも安心して仕事を任せられるでしょう。

株式会社レコフ

株式会社レコフは1987年創業の、M&A仲介会社の中でも老舗の部類に入る会社です。

株式会社レコフの強みは長い歴史の中で培ってきた経験とノウハウです。

株式会社レコフは東京に本社はあるものの、各都道府県や様々な業界の特徴を掴んでおり、ちゃんと経営者の事情に合わせたM&Aスキームを設計してくれます。

株式会社レコフはクライアントを第一と考えており、これまで多くのM&A案件を成就させてきた実績があります。

そのため、M&Aを考えている経営者にとってこれ以上ないパートナーとなってくれるでしょう。

株式会社経営承継支援

事業承継M&Aを考えているなら、株式会社経営承継支援がおすすめです。

株式会社経営承継支援は事業引継ぎ支援センターと提携しており、日本全国に及ぶネットワークを有しています。

もちろん経験もノウハウも豊富であるため、後継者不在で困っている経営者の会社の存続を確実に実現してくれるでしょう。

株式会社ストライク

株式会社ストライクも日本全国に広がるネットワークを持つ大型のM&A仲介会社です。

株式会社ストライクはM&Aマッチングサイトを運営するなど、経営者が理想的な相手と巡り会えるようなM&Aマッチングサービスを提供しています。

もちろんM&Aアドバイザリーも行っており、経験豊富なスタッフから良質なサポートを得られるようになっています。

山梨でM&A案件を見つけるには?

山梨でM&A案件を見つけるにはどうしたらいいでしょうか?

山梨に限らず、基本的にM&A案件を見つけるにはM&A仲介会社やM&A仲介サイトを活用する方が多いかと思います。

実際、それらは日本全国に及ぶネットワークを持っており、常に表示されている案件の数も多いため、理想的なM&A案件を見つけられる可能性が高いでしょう。

これ以外にも、おすすめできるのが山梨に拠点を構えている金融機関や商工会議所のような公的機関です。

これらは地域に根差したネットワークを持っており、地域に精通している業者だからこそ把握できるM&A案件を紹介してもらえる可能性があります。

日本のM&A市場は売り手市場であり、売却案件が少ない傾向にあります。

そのため、M&A仲介会社やM&A仲介サイトだけでなく、地域で活動している業者の協力も同時に得るようにしておけば、より効率よくM&A案件を探せるでしょう。

まとめ

山梨は将来的に発展する余地があるなど、ポテンシャルこそ高いものの、人口減少が顕著になっているため、なかなか成長の速度が上がらない地域だといえます。

しかし、それを打開するために自治体や金融機関がM&Aを普及しているため、この努力が実れば、今後大きな変化が生まれるかもしれません。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)