2022年6月6日更新業種別M&A

消防設備点検・工事会社におけるM&A・売却・買収事例とは?動向、費用の相場を解説

消防設備点検・工事業界は、ビルメンテナンス業界や建設業界の影響を受けやすく、最近は少子高齢化の影響もあり不調が続いています。消防設備点検・工事業界ではM&Aが盛んに行われており、事業基盤の強化・事業の多角化に取り組む会社が増加傾向にあります。

目次
  1. 消防設備点検・工事会社のM&Aとは
  2. 消防設備点検・工事業界のM&Aの現状と動向
  3. 消防設備点検・工事会社のM&Aの費用と相場
  4. 消防設備点検・工事会社のM&A・買収メリット
  5. 消防設備点検・工事会社のM&A・売却メリット
  6. 消防設備点検・工事会社のM&A事例
  7. 消防設備点検・工事会社のM&Aは専門家に相談
  8. 消防設備点検・工事会社におけるM&A・売却・買収まとめ
消防設備点検 消防工事会社のM&A・事業承継

消防設備点検・工事会社のM&Aとは

消防設備点検・工事会社のM&Aとは

消防設備点検・工事会社とは、オフィスビルや住宅に消防設備を設置してその後のメンテナンスを含めた点検を行う会社のことです。昨今は消費者層の防災意識が高く、住宅でも防災設備を設置する人が増えているため、一定以上のニーズが見込めます。

しかし、消防設備点検・工事業界は、決して好調というわけではありません。消防設備点検・工事会社は、事業の特性上、不動産会社・建設会社・ビルメンテナンス会社などの影響を受けやすいため、これらの業界が不調に陥れば、その煽りを直接受けてしまいます。

昨今は少子高齢化の影響により住宅の新規建築が減少しており、住宅向けのサービスに関する売上が低下傾向にあります。その代わりに、リフォーム・リノベーション事業の市場は拡大しているものの、これらの売上のみでは利益を埋め合わせられないのが現状です。

なお、オフィスビルに関しては、東京オリンピックなどの国家的イベントに備えて老朽化した建設物の建て替え・改装などが盛んに実施されているものの、これらも決して好調というわけではありません。

また、不景気の影響もあり、建設会社・ビルメンテナンス会社が消防設備点検・工事の際にかかる費用を低価格に抑えるようになっており、価格競争での勝利が難しい中小・零細規模の消防設備点検・工事会社は苦境に立たされています。

最悪の場合、サービスの価格で折り合いがつかず、取引相手が離れていくおそれがあります。こうした状況下において、消防設備点検・工事業界ではM&Aを行う会社が増えています

消防設備点検・工事業界のM&Aの最大の目的は、安価のサービスを提供しても経営状態が悪化しないほどの体力(事業規模)を持つことです。そのため、近年は同業者同士が経営統合して事業規模を拡大したり、大手のビルメンテナンス会社などに買収してもらい資本傘下に入ったりするケースが増加中です。

【関連】ビルメンテナンス会社におけるM&Aの事例とは?| M&A・事業承継の理解を深める

消防設備点検・工事業界のM&Aの現状と動向

消防設備点検・工事業界のM&Aの現状と動向

消防設備点検・工事業界は、価格競争に弱い中小・零細規模の会社が苦境に立たされやすい傾向にあるため、事業規模を拡大するための消防設備点検・工事会社同士や異業種とのM&Aが増加しています。

こうした事情があり、消防設備点検・工事業界全体での業界再編の流れは加速化しています。将来的には、大手と中小規模・零細規模の格差がより鮮明化する見込みです。

また、ビルメンテナンス会社や賃貸管理会社などの異業種が消防設備点検・工事会社を買収するケースも増えており、消防設備点検・工事業界のM&A件数の増加に拍車をかけています

これとは反対に、消防設備点検・工事会社がリフォーム・リノベーション事業などの異業種に進出するケースもあり、事業の多角化の一環としてM&Aを行うケースも見受けられます。加えて、大手の消防設備点検・工事会社の中には、M&Aにより海外進出に乗り出すなど、攻めの姿勢で経営戦略を組み立てる企業もあります。

このように消防設備点検・工事業界ではM&Aが経営手法として一般化しているため、業界再編が今後進行すれば、消防設備点検・工事業界の勢力図が大きく変わる可能性があります。

【関連】家賃保証会社・賃貸管理会社業界におけるM&Aの売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説| M&A・事業承継の理解を深める

消防設備点検・工事会社のM&Aの費用と相場

消防設備点検・工事会社のM&Aの費用と相場

日本のM&Aは海外のM&Aのように取引価格を公開しないケースが多いため、M&A時にかかった費用の全貌を把握したり、業界ごとに相場を算定したりすることが難しいです。

ただし、昨今の消防設備点検・工事会社のM&A事例を見ると、会社の規模によって取引価格が左右される場合はあるものの、数億円~数十億円の費用が発生しているケースが高いと推測されます。

なお、海外の消防設備点検・工事会社とのクロスボーダーM&Aや大手の消防設備点検・工事会社のM&Aであれば、数百億円以上の費用が発生する可能性が十分にあり得ます。

もしも消防設備点検・工事会社を対象とするM&Aを検討している場合には、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所には専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、ご相談からクロージングまで丁寧にサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ)。M&Aに関して、無料相談をお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

消防設備点検・工事会社のM&A・買収メリット

消防設備点検 消防工事会社のM&A・事業承継
消防設備点検 消防工事会社のM&A・事業承継
消防設備点検・工事会社のM&A・買収メリット

消防設備点検・工事会社を買収するケースでは、事業の多角化や海外進出を検討している会社が比較的多いです。ここでは、M&Aにより買収するメリットを中心に紹介します。

①事業の多角化

消防設備点検・工事会社にとっては、事業の多角化戦略も生き残りに欠かせない要素のひとつです。消防設備点検・工事事業のみにこだわっていては、思ったように収益を上げられないこともあるため、必要があれば新事業を立ち上げて収益源を多角化させる戦略も重要です。

しかし、ゼロから新事業を立ち上げることは決して簡単ではありません。設備や人材の確保が必要不可欠であるうえ、新事業が軌道に乗るまでに時間・コストがかかります

M&Aで自社が欲しい事業を持つ会社を買収すれば新事業の立ち上げをスピーディーに行えるうえ、顧客や取引先を引き継げるために、スピーディーに利益を得られる可能性があります。

また、最近では、警備会社・リフォーム会社・ビルメンテナンス会社などが消防設備点検・工事業界に進出するためにM&Aを行うケースもあります。特にビルメンテナンス会社は管理するビルの消防設備点検・工事を自社内でワンストップで行えるようになり、間接コストを減らせるうえに収益源の多角化も実現できます。

②海外進出

消防設備点検・工事会社の中には、海外進出のためにクロスボーダーM&Aを行う会社もあります。もともと日本の国内市場は少子高齢化の影響により縮小しているため、海外市場に活路を見いだす会社は業界・業種を問わず多く存在します。

また、海外ならではの新技術・ノウハウを取り入れることも利益の増加につながります。ただし、海外進出はゼロから始めると莫大な時間・コストがかかるだけでなく、商慣習が異なるために新規の顧客・取引先の開拓も困難です。

しかし、クロスボーダーM&Aにより現地の会社を買収すれば、海外の拠点を得られるだけでなく取引先や顧客も引き継げるため、海外進出をスムーズに進められます。

【関連】海外進出の課題とは?方法や手順、クロスボーダーM&Aを活用した海外進出| M&A・事業承継の理解を深める

消防設備点検・工事会社のM&A・売却メリット

消防設備点検・工事会社のM&A・売却メリット

消防設備点検・工事会社を売却する会社の中には、事業基盤の強化や事業承継による会社の存続を期待しているケースが多く見られます。ここでは、M&Aにより売却するメリットを紹介します。

①事業基盤の強化

買収側と同様に、売却側もM&Aにより事業基盤の強化が望めます。消防設備点検・工事業界の価格競争では中小規模・零細規模の会社が不利であるため、事業規模の拡大・事業基盤の強化は重大な経営課題です。

しかし、M&Aを行えば大手の消防設備点検・工事会社の資本傘下に入れるだけでなく、ノウハウも共有できるため、消防設備点検・工事業界で存続できる可能性が高まります

また、場合によっては悪化している経営状態を回復できる場合もあるため、事業を存続させるうえでM&Aは有効的な手段になり得るのです。

②事業承継の実現

事業承継問題を解決するうえでもM&Aは役立ちます。昨今は、業界にかかわらず後継者不在の中小企業や零細企業が増えており、これらの経営者が高齢化で引退する際、たとえ業績が黒字でも廃業するケースが少なからず見られます。

しかし、M&Aを行えば後継者不在でも第三者に会社の経営を託せるため、会社の存続が実現する可能性が高まります。消防設備点検・工事会社でも事業承継問題を抱えている会社は多いことから、業界内でM&Aが活発化している一因と考えられています。

また、最近は、ハッピーリタイアメントのために事業承継M&Aを行うケースもあります。ハッピーリタイアメントとは、経営者が40代~50代で引退して悠々自適な引退生活を送ることで、欧米で一般化している価値観です。

日本でもハッピーリタイアメントをする人が徐々に増えていますが、事業承継M&Aを行えば売却益を手に入れて老後の生活資金に充てられる可能性があります。

【関連】M&Aのプロセスとは?準備から交渉・PMIに至るまでわかりやすく解説| M&A・事業承継の理解を深める

消防設備点検・工事会社のM&A事例

消防設備点検・工事会社のM&A事例

ここでは、消防設備点検・工事会社のM&Aの成功事例を紹介します。譲渡先の特徴も紹介していますので、M&Aの検討にお役立てください。

①中央理化工業×九電工

2021年9月、九電工は、中央理化工業中央理化工業の株式を取得し子会社化すると発表しました。

買収側の九電工は、福岡県福岡市南区に本社を置き、電気設備工事・空調給排水衛生工事を主な事業としている企業です。

対して売却側の中央理化工業中央理化工業は、大正10年の創業以来、消防・防災の専門企業として、消防・防災システムや各種サービスを提供しています。

本件M&Aの目的は、営業ネットワークや技術ノウハウと、既存ユーザーとの良好な関係や優れた営業・技術力との融合による、事業拡大の実現にあります。

②くおん×初田製作所

2021年1月、初田製作所は、くおんの株式すべてを取得し子会社化しました。

買収側は、大阪府枚方市に本社を置き、消火器・消火システム・各種防災機器の製造販売を行っている企業です。対する売却側は、J-STARが投資関連サービスを提供しているファンドが出資する企業です。

本件M&Aは、当事会社が培ってきた経験・ノウハウ・強みの融合による、シナジーの創出および収益基盤の強化・企業価値の向上などを目的として実施されました。

③アサヒホールディングス×永和ファシリティーズ

2019年7月、アサヒホールディングスは、100%連結子会社の紘永工業の全株式を永和ファシリティーズに譲渡すると発表しました。永和ファシリティーズは主に消防設備工事を行っています。

2014年、消防設備工事子会社の紘永工業はアサヒホールディングスの連結子会社となり、その後はフジ医療器やインターセントラルとライフ&ヘルス事業セグメントを構築してきました。

このM&Aを通じて、アサヒホールディングスは、これからのグループ全体の経営資源の最適配分を計画しています。

④日本ハウズイング×亜細亜綜合防災

2015年4月、日本ハウズイングは、亜細亜綜合防災の全株式を得て子会社化しました。日本ハウズイングは、分譲マンションを中心として、オフィスビル・賃貸マンションの建物管理を行っている会社です。対する亜細亜綜合防災は、建物・施設の消防設備に関する工事・点検を行う会社です。

本件M&Aにより、日本ハウズイングは、亜細亜綜合防災の技術力を取り入れて技術者と連携することで、消防設備に関する工事の高まりに対応しています。

⑤ホーチキ×Kentec Electronics Limited

2012年8月、消防設備点検・工事業界の大手であるホーチキは、イギリスの消防設備点検・工事会社であるKentec Electronics Limitedを買収しました。

本件M&Aによって、ホーチキはKentec Electronics Limitedが持つノウハウを取り入れ、共同で新たなシステムや製品の開発を行っているほか、海外進出も強化しています。

⑥セコム×LIXILニッタン

2012年1月、警備業界大手のセコムは、住生活グループの消防設備点検・工事会社であるLIXILニッタンを買収しています。もともとセコムはグループ内に能美防災を擁していましたが、本件M&Aを通じてLIXILニッタンの顧客やノウハウを取り入れ、消防設備点検・工事業界でのシェアを拡大しています。

また、セコムの持っている防災システムや警備システムのノウハウと組み合わせて、グループシナジーを発揮しています。

⑦能美防災×JALテクノサービス

2010年11月、消防設備点検・工事業界の最大手である能美防災は、JALグループの消防設備点検・工事会社であるJALテクノサービスの関東地区での防災事業を買収しました。

もともとJALテクノサービスは空港施設の防災事業を手掛けていましたが、能美防災はJALテクノサービスの関東地区での防災事業を買収して、空港施設の防災事業受注を拡大することに成功しています。

消防設備点検・工事会社のM&Aは専門家に相談

消防設備点検・工事会社のM&Aは専門家に相談

M&Aを行う場合、専門家にサポートしてもらうことをおすすめします。M&Aの成功率は、3割~5割程度といわれており、成功する可能性は決して高くありません。場合によっては、条件の合うM&A候補を見つけることができないケースもあります。

M&Aの手法には多種多様であり、それぞれのプロセスも異なります。最適なM&A手法を選ぶには税務や財務などさまざまな専門的な知識が必要となるため、専門家の協力が欠かせません。

最近はM&Aが経営手法として一般化してきており、M&A仲介会社が増えています。中にはリーズナブルな価格でサポートを引き受けてくれる会社もあり、従来よりもM&Aの支援を得やすい環境が整備されています。

M&Aを検討されている場合や後継者不在によるお悩みを抱えている場合は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所には専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、これまでに培ったノウハウを活かしてM&Aをフルサポートいたします。

一般的にM&A取引は交渉から成立まで半年から1年程度かかりますが、M&A総合研究所ではスピーディな対応を実践しており、最短3カ月での成約実績を有しています。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談をお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

消防設備点検・工事会社におけるM&A・売却・買収まとめ

消防設備点検・工事会社におけるM&A・売却・買収まとめ

消防設備点検・工事業界はビルメンテナンス業界や建設業界の影響を受けやすく、最近は少子高齢化の影響も相まって住宅の新規建築が減少し、住宅向けのサービスは不調が続いています。

これを受けて、消防設備点検・工事業界ではM&Aが盛んに行われており、事業基盤の強化や事業の多角化に取り組む会社が増加しています。

一方では、異業種が消防設備点検・工事会社を買収するケースも増えるなど、大手が中小規模・零細規模の会社を資本傘下に収めていく業界再編の流れが加速化しています。当面の間、消防設備点検・工事業界のこうした状況は続くものと見られます。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所は、税理士法人の増加や経営者の高齢化などによって、M&Aが活発化してきている業界です。本記事では、税理士事務所・会計事務所のM&Aについて、動向や売却・買収...

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

さまざまな商品の流通をサポートする商社業界は、トレーディング需要の減少などにより、M&Aによる積極的な経営で打開を図る企業が増えています。本記事では、商社業界のM&A動向について...

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

日本の高齢化社会が進むにつれ、老人ホームの需要が高まると予想されています。同業種だけでなく異業種からの参入も増えており、業界内のM&Aが活性化しています。本記事では、老人ホームM&amp...

障害福祉M&A!買い手と売り手のメリットとデメリットは?注意点なども解説

障害福祉M&A!買い手と売り手のメリットとデメリットは?注意点なども解説

障害福祉業界とは、介護を必要とする身体・知的・精神障害者の生活支援サービスを行う業界を指します。本記事では、障害福祉サービス事業者がM&Aを行う場合の買い手と売り手のメリットとデメリット...

グループホームは廃業するより売るべき?売り手と買い手のメリットを比較!

グループホームは廃業するより売るべき?売り手と買い手のメリットを比較!

新型コロナウイルス感染症の影響で、認知症高齢者グループホームなどの介護事業所の経営が悪化し廃業危機にひんしている事業者が増加中です。本記事では、グループホームを廃業するよりM&Aによる売...

調味料でもM&A?食品製造業界を調査!売却・買収の動向、過去事例も紹介

調味料でもM&A?食品製造業界を調査!売却・買収の動向、過去事例も紹介

今後、調味料・食品製造業界は、将来的に市場が縮小していく可能性があります。そのため、調味料・食品製造業界の大手企業はM&Aによって競争力を高める動きが見られます。本記事では、調味料・食品...

介護事業を買いたい!買い手が注意するポイントは?過去事例と共に紹介

介護事業を買いたい!買い手が注意するポイントは?過去事例と共に紹介

高齢化で介護事業が市場拡大しており、買いたいと思っている経営者も多いと考えられます。本記事では、介護事業を買いたい時に注意すべきポイントを解説します。また、実際に行われた介護事業のM&A...

調剤薬局・会社の身売り(M&A・事業承継)は大手に?理由、メリット、従業員の処遇も紹介

調剤薬局・会社の身売り(M&A・事業承継)は大手に?理由、メリット、従業員の処遇も紹介

調剤薬局業界では中小の薬局が大手に身売りするケースが多く、徐々に寡占化が進んでいます。本記事では調剤薬局の身売りについて、大手が主な買い手となる理由や大手薬局のM&A動向、身売りを検討す...

食肉卸業界のM&A成功/失敗事例5選!注意点や成功のポイントを解説

食肉卸業界のM&A成功/失敗事例5選!注意点や成功のポイントを解説

日本の食肉需要量は高く推移していますが、消費者のニーズが変化してきたにより多様な食肉生産が求められるようになってきています。本記事では、食肉卸業界でM&Aをする際の注意点や成功のポイント...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

消防設備点検 消防工事会社のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)