2022年6月6日更新都道府県別M&A

滋賀県の事業承継・M&A・会社売却のお悩みに!譲渡案件も紹介

滋賀県は、残念ながら中小企業の廃業・休業件数が日本でトップクラスになります。そこで自治体としては、他の都道府県以上に力を入れてM&A・事業承継の支援を行っているのです。本記事では、滋賀県の事業承継・M&A・会社売却について解説します。

目次
  1. 滋賀県の事業承継・M&A譲渡案件例
  2. 滋賀県の事業承継・M&A譲渡案件の探し方
  3. 滋賀県の事業承継・M&Aの動向・課題
  4. 滋賀県の事業承継・M&Aで仲介会社を選ぶ基準
  5. 滋賀県の事業承継・M&A・会社売却まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

滋賀県の事業承継・M&A譲渡案件例

滋賀県の事業承継M&A譲渡希望案件例として「学習塾事業・設備譲渡」があります。具体的には、小学生や中学生を対象とする個別学習塾です。売上高は1,000万円内で、譲渡希望価格は「希望なし」の案件です。家族の介護に専念するために、譲渡を希望しています。

地域で似たアクティブラーニングの教材を導入している塾が少ないため、集客力のある教材という点が強みです。また、開放的な空間でこだわりのある内装も、他の塾と異なります。2018(平成30)年8月開校で、設備や什器などが新しいのも魅力です。

滋賀県の事業承継・M&A譲渡案件の探し方

ここでは、滋賀県での事業承継・M&A譲渡案件の探し方を掲示します。

  1. M&A仲介会社・アドバイザーへの相談
  2. 公的機関・取引関係にある金融機関への相談
  3. M&Aマッチングサイトの活用

①M&A仲介会社・アドバイザーへの相談

最も一般的な方法としては、M&A仲介会社やアドバイザーに相談することでしょう。M&A仲介会社やアドバイザーに相談すると、案件を探してくれるのはもちろんのこと、専門家ならではの経験やノウハウによる手厚いサポートが受けられます。

②公的機関・取引関係にある金融機関への相談

地域密着型の公的機関や取引金融機関に相談するのも有効な方法です。各都道府県に中小企業庁の委託事業として、事業承継・引継ぎ支援センターが設置されました。滋賀県事業承継・引継ぎ支援センターは、大津商工会議所内で運営されています。

また、滋賀県では地元の金融機関も事業承継やM&A支援に積極的です。滋賀銀行はその功績を認められ、バンクオブザイヤーを獲得しています。金融機関はさまざまな地場産業とつながりがあるので、資金面なども含めて相談先としておすすめです。

③M&Aマッチングサイトの活用

最近は、M&Aマッチングサイトが増えています。M&Aマッチングサイトは、ネット上で手軽に案件を探せるので活用してみましょう。滋賀県だけでなく、全国の案件が見られるのもポイントです。

滋賀県の事業承継・M&Aの動向・課題

滋賀県における事業承継は、後継者が見つからずに困るケースが非常に多いです。最近は後継者不在の中小企業が多く、事業承継ができずに廃業・休業となるケースが増加しています。それは、滋賀県でも例外ではありません。

これには、事業承継を重大な問題と理解しているにもかかわらず、何の対策も練っていない経営者が多いことも原因の一端といえるでしょう。「自社を事業承継したいが後回しでもよいだろう」と考えている場合は、引き継ぎに失敗する可能性が高いです。

事業承継は後継者選定や後継者教育、事業の引き継ぎなど、さまざまなことを行わなければなりません。そのため、「事業承継しようと思ったのに時間が足りない」となりかねないのです。

中小企業白書2018年版によると、2014(平成26)年の滋賀県における中小企業の数は36,520社(全国では3,809,228社)です。県内の企業数を占める中小企業の割合は99.8%です。したがって、滋賀県は中小企業の事業承継が今後も大きな課題となるでしょう。

滋賀県の社長平均年齢

社長の平均年齢は年々、上昇しています。70歳以上で現役である社長も、少なくありません。帝国データバンクの「近畿企業の社長年齢分析(2021年)」によると、滋賀県の社長平均年齢は59.1歳でした。滋賀県の社長平均年齢は、全国で2番目に低いです。

滋賀県のM&A成立件数

「M&A Online」によると、滋賀県の企業が関わった過去4年間のM&A件数は、以下のように推移しています。ただし、これは上場企業が発表しているものの集計で、情報開示が義務付けられていない非上場企業のM&Aは含まれていません。

  • 2018年:8件
  • 2019(平成31、令和元)年:7件
  • 2020(令和2)年:2件
  • 2021(令和3)年:5件

滋賀県の中小企業の後継者不在率

帝国データバンクの「近畿企業『後継者不在率』動向調査(2021年)」によると、近畿地方の約4万6,000社に対する調査では、後継者不在の会社は約61.6%の約28,336社でした。滋賀県の後継者不在率は64.3で、近畿地域では最も悪い数値です。

滋賀県の事業承継・M&Aで仲介会社を選ぶ基準

この章では、滋賀県の事業承継でM&A仲介会社を選ぶ際の5つの基準について解説します。

  1. 対象業界の専門知識・実績がある
  2. 自社と同じ案件規模・地域のM&A実績がある
  3. M&Aに関する幅広い知識・経験がある
  4. わかりやすい料金体系を採用している
  5. 担当アドバイザーとの相性が良い

①対象業界の専門知識・実績がある

M&Aを進める際、M&A仲介会社は対象業界の業種や企業に応じたサポートを行います。そのため、対象分野の専門的知識やM&A実績があることは重要です。

自社が実施するM&Aの対象企業の業界の専門的知識や実績があるM&A仲介会社であれば、的確なサポートが受けられます。その結果、M&Aの成功率も上がるでしょう。M&A仲介会社を選ぶときは、対象業界の専門的知識や実績があるかどうかを事前に確認してください。

②自社と同じ案件規模・地域のM&A実績がある

M&A仲介会社がM&Aを仲介するときは、案件規模や地域性も踏まえたサポートを行います。したがって、自社と同じ程度の案件規模や地元のM&A実績があるM&A仲介会社を選べば、スムーズなサポートを受けられるのです。

事前に、M&A仲介会社の取り扱う案件規模・地域のM&A実績などをチェックしましょう。

③M&Aに関する幅広い知識・経験がある

M&Aを行う際、手法はもちろんのこと、法律・会計・税務などさまざまな知識や観点が欠かせません。そのため、M&A仲介会社が幅広いM&Aの知識や経験を持つかどうかも、選ぶ際の基準になります。

④わかりやすい料金体系を採用している

わかりやすい料金体系は、M&Aを進める際に大切な要素です。料金体系が明確でなければ、後にトラブルが生じることもあり得ます。したがって、M&A仲介会社の料金体系も事前に確認してください。

⑤担当アドバイザーとの相性が良い

担当のアドバイザーと相性が悪ければ、円滑にM&Aは進みません。悩み事を伝えたり相談したり問題点を指摘したりできないからです。M&A仲介会社を選ぶ際は、アドバイザーの対応や相性も選ぶ基準といえます。

ただ昨今は、M&A仲介会社も急増しており、依頼先選びに迷ってしまうかもしれません。そのような際には、一度、M&A総合研究所にご連絡ください。M&A総合研究所は、中小・中堅規模のM&A案件を主に取り扱い、全国の案件に対応しております。

豊富な知識と経験を持つM&Aアドバイザーが在籍し、相談時からクロージングまで専任となってフルサポートする体制です。料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」となっています(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。

無料相談を随時お受けしておりますので、滋賀県でM&Aをご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

滋賀県の事業承継・M&A・会社売却まとめ

滋賀県は、他の都道府県より力を入れて事業承継支援を行っています。滋賀県の自治体や金融機関の取り組みは、滋賀銀行のように高い評価を受けているのが特徴的です。

滋賀県の案件に対応するM&A仲介会社も多いので、滋賀県は事業承継を行ううえで最適な環境になりつつあります。自社にとって良いパートナーを見つけ、滋賀県での事業承継を成功させましょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

関連する記事

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

全国的にM&A・会社売却・事業承継の件数は増加していますが、それは四国地方でも同様です。本記事では四国地方でのM&A・会社売却・事業承継動向を分析するとともに、案件の探し方や相談...

関西地方のM&A・会社売却・事業承継!相談先、案件一覧も紹介

関西地方のM&A・会社売却・事業承継!相談先、案件一覧も紹介

近年は全国的にM&A・会社売却・事業承継の成約件数が増加しており、この動向は関西地方も同様です。本記事では、関西地方のM&A・会社売却・事業承継について、案件の探し方やスモール(...

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)