M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年11月18日公開
この記事は、約分で読めます。

燃料卸売/小売業界のM&A動向!売却の流れや注意点を解説!

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

各種エネルギー分野の技術革新などにより、燃料卸売・小売業界でも急激な変化に対応するため、M&Aが積極的に行われています。本記事では、燃料卸売・小売業界のM&A動向や売却手続きの流れ、燃料卸売・小売業界のM&Aを行う際の注意点などを解説していきます。

目次
  1. 燃料卸売/小売業界のM&A
  2. 燃料卸売/小売業界のM&A動向
  3. 燃料卸売/小売業界のM&Aを行うタイミング
  4. 燃料卸売/小売業界のM&A・売却の流れ
  5. 燃料卸売/小売業界のM&Aを行う際の注意点
  6. 燃料卸売/小売業界のM&Aを行う際の相談先の選び方
  7. 燃料卸売/小売業界のM&Aでおすすめの相談先
  8. まとめ 

燃料卸売/小売業界のM&A

燃料卸売/小売業界のM&A

本記事では、燃料卸売/小売業界のM&A動向や売却の流れ、注意点などを解説していきますが、まずは燃料卸売/小売業界の定義や、M&A・事業承継の意味について解説します。

燃料卸売/小売業界とは

燃料卸売とは、ガソリンや灯油などの石油製品・都市ガスやLPガスなどの天然ガス・石炭・薪といった燃料を元売会社から仕入れ、小売会社へ販売する事業のことです。

また、燃料小売とは、上記の燃料を卸売会社から仕入れを行い、消費者へ販売する事業を指します。

M&A・売却・買収とは

M&Aとは、会社・事業の売却・買収や法人の統合などを実施するために用いられる手法の総称です。

燃料卸売/小売業界では、電力とガス小売自由化・脱石油の流れ・自動車の進化などによる変革に対応するため、M&Aが積極的に行われています。

事業承継とは

事業承継とは、会社・事業を後継者へ引き継ぐ行為を指します。燃料卸売/小売業界でも、経営環境の変化による収益減少や人材不足とが相まって、経営者の高齢化・後継者不在による事業承継需要が高まっています。

燃料卸売/小売業界のM&A動向

燃料卸売/小売業界のM&A動向

燃料卸売/小売業界のM&A動向には、以下のような特徴がみられます。

  1. 技術革新による必要燃料の変化に伴うM&A
  2. 海外市場を目指したM&A
  3. 自動車燃料販売の売り上げ低迷によるM&A
  4. 業界再編を視野に入れた大型のM&A
  5. 経営者の高齢化による事業承継

1.技術革新による必要燃料の変化に伴うM&A

近年は、地球温暖化などの環境問題対策や産油国の地政学リスク回避のため、世界的に脱石油の動きが加速しています。

そのため、燃料卸売/小売業界では、地球環境に優しいエネルギー事業に対応するためのM&Aが行われるようになっています。

例えば、ガス事業などを営む東邦ガスとヤマサは、2019年に東邦ガスがヤマサを子会社化する形で統合しており、ヤマサはエネルギー需要の変革に対応して、幅広いエネルギー関連事業を展開しています。

また、東邦ガスは水素エネルギーへの取り組みや、スマートエネルギーシステムの研究や開発・リサイクル環境適合技術の開発を積極的に進めています。

エネルギー需要の変化に対応した取り組みを進めている両社は、M&Aによってさらに事業の強化を実現しています。

2.海外市場を目指したM&A

燃料のほとんどを海外からの輸入に頼っている日本で、燃料卸売/小売業界の成長するためには、海外拠点の開拓が必要であるため、海外企業とのM&Aが積極的に行われています。

例えば、産業ガス事業などを展開する岩谷産業は、2019年アメリカの産業ガスディーラーであるAdvanced Specialty Gasesを、子会社を通じて買収しています。

岩谷産業子会社の米国岩谷は、特殊ガスや半導体ガス事業に強みを持つAdvanced Specialty Gasesを買収することで、アメリカで半導体ガス事業の拡大を進めています。

また、東京ガスは2017年にベトナムとインドネシアのガス配給事業会社へ相次いで出資するなど、東南アジアと北米へエネルギー事業を拡大させています。

3.自動車燃料販売の売り上げ低迷によるM&A

主に都市部で車に乗らない若者が増えたこと、ハイブリッドカーの普及や電気自動車の開発が進んでいることなどから、従来の自動車燃料需要は落ちています。

そのため、自動車燃料販売以外の収益源を求めたM&Aも行われるようになっています。グループ内で石油の卸売事業も営む丸紅は、アメリカの太陽光パネル事業会社を買収するなど、再生エネルギー事業に注力しています。

また、出光興産は2012年に、オーストラリアの燃料油販売会社であるFreedom Energy Holdings Pty Ltd.を買収しており、需要の減少している日本国内からオーストラリアを含む環太平洋エリアへと、燃料油事業を拡大しています。

4.業界再編を視野に入れた大型のM&A

石油設備の高度化、電力小売自由化による石油会社・ガス会社参入、ガス小売自由化による電力会社・石油会社参入など、燃料卸売/小売業界を含むエネルギー業界全体が転換期を迎えています。

そのため、企業同士のM&Aによる業界再編が進められており、2016年にはJXホールディングスと東燃ゼネラル石油の経営統合によりJXTGホールディングスが生まれました。

また、2017年にはコスモエネルギーホールディングスとキグナス石油が資本業務提携を締結しています。さらに2019年には、長い間交渉を続けてきた出光興産と昭和シェル石油が経営統合を実施し、出光昭和シェルが発足しています。

5.経営者の高齢化による事業承継

近年燃料卸売/小売業界では、ガソリンスタンドの減少が問題となっています。経済産業省の資料によると、ガソリンスタンドの数は平成に入ってからこれまでの間に半数以下へと減少しています。

ガソリンスタンドが減少した大きな理由はさまざまな環境変化による収益の悪化ですが、さらにガソリンスタンド経営者の高齢化・後継者問題、人材不足が重なっています。

近年は、ガソリンスタンドをはじめとした燃料卸売/小売業界の事業承継を促すため、公的機関や金融機関、民間の専門機関などが連携してサポートを行っています。

【関連】太陽光発電の売電・売買とは?太陽光発電のM&Aや導入メリットを解説

燃料卸売/小売業界のM&Aを行うタイミング

燃料卸売/小売業界のM&Aを行うタイミング

M&Aは売り時を見誤ると、売却額が低く見積もられたり、買い手が付かなかったり、交渉が難航したりと、難しい局面に立たされる可能性があります。

まずは、業績が上向きの状態、または黒字を維持した状態で売却に踏み切ることができれば、有利に交渉を進めることが可能です。

また、業界の動向も重要であり、国による制度改定や業界大手による再編の動き、技術革新によるビジネスモデルの変化などを的確に読み、タイミングを図る必要があります。

そのほか、経営者の年齢や意欲、健康状態も考慮しておかなければなりません。例えば、経営者のコンディションが悪いタイミングで売却に踏み切ると、焦りや不安から交渉が不利な方向に動きやすくなります。

最良の状態で売却に至るためにも、早い段階からM&Aの専門家に相談しておき、時間をかけて準備しておくことが大切です。

【関連】企業価値評価とは?評価方法を知って企業価値を高めよう

燃料卸売/小売業界のM&A・売却の流れ

燃料卸売/小売業界のM&A・売却の流れ

燃料卸売/小売業界のM&Aによる売却は、主に以下の流れで進んでいきます。

  1. M&Aの専門家に相談 
  2. 売却先の選定・交渉
  3. 基本合意書の締結
  4. デューデリジェンスの実施
  5. 最終売却契約の締結
  6. クロージング

1.M&Aの専門家に相談

M&A・事業承継による売却を検討し始めたら、まずはM&Aの専門家に相談します。M&Aを成功させるには、自社に最適な専門家選びが重要です。

専門家によって、得意な業種や案件規模、M&Aが完了するまでの期間、報酬体系はさまざまです。

また、会社の売却価格は企業価値評価の仕方と買い手との交渉によって決まるので、サポートする専門家によって売却価格も変わるので、冷静かつ慎重に選ぶことが重要です。

秘密保持契約の締結

M&Aを進めていくにあたって、M&Aの専門家や買い手側に対して、自社の情報を提供すしなればなりません。

提供した情報が目的以外で使用されることや情報漏洩による損害を防ぐため、専門家とアドバイザー契約を締結する時点で秘密保持契約も締結します。

2.売却先の選定・交渉

M&Aの専門家が保有する買い手情報の中から、最適な売却先を探し、交渉を進めます。

売却先の選定方法や保有する情報は専門家によって異なるため、専門家がどのような独自ネットワークを持ち、売却先に対してどのようなアプローチ方法をとるのかなどを事前に確認できると、より最適な売却先を探しやすくなります。

なお、専門家を通さずに自身のネットワークから売却先を探す経営者もいますが、情報漏洩リスクが高く交渉トラブルも起きやすくなるので、専門家に依頼した方が間違いありません。

意向表明書の提示

場合によっては同時に複数の買い手候補から興味を持たれることがあります。その際、買い手は意向表明書を提出することで、優先的に交渉権を獲得することができます。

意向表明書に法的拘束力はないので、意向表明書を受け取ったからといって必ずしも独占交渉権を得るわけではありません。しかし、意向表明書によって相手の本気度がわかります。

3.基本合意書の締結

交渉を通じて条件面で一定の合意に達したら、基本合意書と呼ばれる書面に合意内容をまとめ、捺印します。

基本合意書には売却価格やM&Aのスキーム、スケジュールなどさまざまな合意内容を記載しますが、これらの合意内容はまだ正式契約には至っていないので、この時点で法的拘束力はありません。

4.デューデリジェンスの実施

基本合意書を締結したら、デューデリジェンス(企業監査)を実施します。デューデリジェンスは買い手側が売り手側に対して行うのが一般的です。

提供された情報に間違いや漏れ・嘘はないか、買収リスクはないか、合意したM&A価格はもっと安くならないかなどを調査します。

デューデリジェンスにはさまざまな分野がありますが、よく行われるのが会計・税務デューデリジェンスや法務デューデリジェンスです。近年は、業種によってITデューデリジェンスの重要性も増してきています。

5.最終売却契約の締結

デューデリジェンスの結果を踏まえて基本合意書の内容を再び検証し、売り手と買い手双方が合意に至れば、株式譲渡契約書・事業譲渡契約書といった最終売却契約書の締結へと進みます。

6.クロージング

M&A手続きが完了しても、その後の統合作業がうまくいかず、結果的にM&Aが失敗となるケースは少なくありません。

買い手が思ったような買収効果を得られないだけでなく、売り手は大事に育ててきた会社・従業員を買い手によってダメにされてしまうことがあります。

そうならないためにも、買い手はPMI(M&A後の統合実務)を計画的に行い、売り手側の経営者は会社売却後もしばらくサポートするなどの対策が重要です。

燃料卸売/小売業界のM&Aを行う際の注意点

燃料卸売/小売業界のM&Aを行う際の注意点

燃料卸売/小売業界でM&Aを行う際は、以下の点に注意する必要があります。

  1. 譲れない条件・譲歩できる条件を明確にしておく 
  2. M&Aの目的・計画をしっかりと立てる
  3. 従業員や取引先には契約成立後に伝える
  4. 簿外債務などが出ないように確認する
  5. M&Aの専門家に相談する

1.譲れない条件・譲歩できる条件を明確にしておく

M&Aでは、不安から細かい条件にこだわりすぎて交渉が行き詰まり、お互いの信頼関係を損なってしまうことがあります。最終的にはお互い納得のいく条件に収めるとしても、まずは広い視野で交渉を進めることが重要です。

そのためにも、事前に譲れない条件と譲歩できる条件を明確に仕分けしておき、優先条件から交渉していくスタンスが必要となります。

2.M&Aの目的・計画をしっかりと立てる

M&Aでは、目的を明確にして交渉を進めていくことが重要です。買い手の場合は、事業規模の拡大、新事業の獲得、シナジー効果の獲得、人材の獲得などを目的に買収を行います。

また、売り手はシナジー効果獲得、後継者問題の解決、従業員の雇用確保、経営者の円満引退などを目的とします。

これらの目的を達成するために、入念な計画を立て、戦略的にM&Aの準備を行うことが必要です。特に売り手側は、いずれ会社を売却する可能性があることを常に頭に置きながら経営することも有効です。

3.従業員や取引先には契約成立後に伝える

従業員や取引先にM&Aの実施を伝える際は、最終契約締結後のタイミングまで情報を漏らさないことが重要です。不適切なタイミングで情報が伝わってしまうと不要な反感を買い、M&Aの成立に影響する可能性があります。

また、役員や債権者、顧問税理士・弁護士などにはM&Aに協力してもらう必要があることから、従業員や取引先よりも早い段階で伝えることになります。

反対されたり過剰な介入をされたりしないよう、伝え方や伝えるタイミングには細心の注意が必要です。

4.簿外債務などが出ないように確認する

買い手側のリスクは、簿外債務、税金などの支払い滞納、従業員側と経営陣とのトラブル、取引先・顧客とのトラブル、公害問題など多岐に渡ります。

これらのリスクが買収後に発覚して困らないよう、デューデリジェンスなどで入念に洗い出しておくことが大事です。また売り手側も、簿外債務などのリスク要因を出来る限り潰しておく必要があります。

5.M&Aの専門家に相談する

M&Aの専門家は、ここまでご紹介したM&Aのポイントを総合的にプロデュースしてきたスペシャリストです。幅広い知識と経験が必要となるM&Aのプロデュースを専門家に依頼することで、適切なルートの道案内をしてもらうことができます。

【関連】事業買収とは?成功事例15選、成功戦略をご紹介

燃料卸売/小売業界のM&Aを行う際の相談先の選び方

燃料卸売/小売業界のM&Aを行う際の相談先の選び方

燃料卸売/小売業界でM&Aを行う際は、以下のポイントを押さえた相談先に依頼することが大事です。

  1. 燃料卸売/小売業界に詳しい 
  2. 自社と同規模の案件を経験した実績
  3. M&Aに精通している
  4. 手数料・相談料などが明確
  5. 相性が良い

1.燃料卸売/小売業界に詳しい

M&Aはすべてがマニュアル通りに進むことはなく、業界によって出てくる独自のルールや慣習、法制度に柔軟に対応する必要があります。

燃料卸売/小売業界のM&Aを行うのであれば、燃料卸売/小売業界のM&A支援実績が豊富であったり、燃料卸売/小売業界の経験者がいたりする専門家に相談することで、円滑なM&Aが実現できます。

2.自社と同規模の案件を経験した実績

M&Aは案件規模によって、必要な人員やネットワーク、アドバイザーの能力などが変わってきます。

M&Aの専門家を選ぶ際は、どの案件規模を多く経験してきているか、ホームページや電話での確認が必要です。

ホームページや1度の電話相談ではよくわからない場合も、対応の受け答えなどから見えてくることがあります。

3.M&Aに精通している

M&A専門家の数は数え切れないほどあり、知識や経験にも差があります。M&A支援は属人的な要素が強いので、最終的にはアドバイザー個人の資質がM&Aの結果にも影響する点が特徴です。

大手仲介会社であっても、経験豊富なアドバイザーが担当になるとは限りません。知名度や会社規模だけでなく、アドバイザーの経験も見て判断することが大事です。

4.手数料・相談料などが明確

M&A業界では、M&A手続きが進んでいく中で思わぬ手数料負担が発生し、トラブルとなったケースが過去にいくつも発生しており、現在は報酬体系がシンプルで依頼者ファーストのM&A専門家が増えています。

しかし、一見同じ報酬体系に見えても、実際の支払い手数料額に大きな差があるケースがあります。

例えば、成功報酬で同じ手数料率のレーマン方式を採用していても、移動総資産ベースか譲渡価格ベースかによって、最終的な支払額には差が生じるため、専門家を選ぶ際は、手数料の違いも入念な確認が必要です。

5.相性が良い

M&A業界でもITによるシステムの効率化は進んでいますが、最終的には依頼者とアドバイザーの信頼関係が結果を左右することも少なくありません。

特に中小企業の場合は、経営者とアドバイザーの関係性がより重要となる傾向にあります。

顔を合わせて相談しながら、誠実で自身と相性が良く、信頼できる相手かどうかをしっかりと判断することが大切です。

【関連】M&Aアドバイザーとは?料金体系やメリット・デメリット、M&Aアドバイザーランキングを解説

燃料卸売/小売業界のM&Aでおすすめの相談先

燃料卸売/小売業界のM&Aでおすすめの相談先

燃料卸売/小売業界でのM&Aを成功させるには、M&A支援実績が豊富で燃料卸売/小売業界に精通した専門家によるサポートが必要です。

M&A総合研究所では、さまざまな業種で豊富なM&A支援実績を持つアドバイザーと会計士、弁護士の専門家チームがM&Aをトータルサポートします。

また、手数料は着手金や中間金・月額手数料無しの完全成功報酬制を採用しています。

無料相談を随時お受けしていますので、燃料卸売/小売業界でM&A・事業承継をご検討の際は、どうぞお気軽にご相談ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

まとめ 

まとめ

本記事では、燃料卸売/小売業界のM&A動向や売却の流れ、燃料卸売/小売業界でM&Aを行う際の注意点などを解説してきました。

【燃料卸売/小売業界のM&A動向】

  1. 技術革新による必要燃料の変化に伴うM&A
  2. 海外市場を目指したM&A
  3. 自動車燃料販売の売り上げ低迷によるM&A
  4. 業界再編を視野に入れた大型のM&A
  5. 経営者の高齢化による事業承継

【燃料卸売/小売業界のM&Aによる売却の流れ】
  1. M&Aの専門家に相談 
  2. 売却先の選定・交渉
  3. 基本合意書の締結
  4. デューデリジェンスの実施
  5. 最終売却契約の締結
  6. クロージング

【燃料卸売/小売業界でM&Aを行う際の注意点】
  1. 譲れない条件・譲歩できる条件を明確にしておく 
  2. M&Aの目的・計画をしっかりと立てる
  3. 従業員や取引先には契約成立後に伝える
  4. 簿外債務などが出ないように確認する
  5. M&Aの専門家に相談する

【燃料卸売/小売業界のM&Aの相談先を選ぶポイント】
  1. 燃料卸売/小売業界に詳しい 
  2. 自社と同規模の案件を経験した実績
  3. M&Aに精通している
  4. 手数料・相談料などが明確
  5. 相性が良い

燃料卸売/小売業界でM&Aを成功させるには、M&A支援実績が豊富で、燃料卸売/小売業界に精通した専門家によるサポートが欠かせません。

M&A総合研究所では、豊富なM&Aの実務経験を持つアドバイザーと会計士、弁護士の専門家チームがM&Aをトータルサポートします。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)