2021年7月29日更新都道府県別M&A

福島・郡山のM&A・会社売却・事業承継の相談に!仲介会社10選、譲渡案件の探し方も解説

福島県・郡山市はかつて東日本大震災で壊滅的な打撃を受けた地域ですが、現在では復興が進んでおり経済が回復傾向にあります。これに比例して、福島県・郡山市ではM&Aが活発化しており、さまざまな県内企業がM&A・会社売却・事業承継を行っている状況です。

目次
  1. 福島県・郡山市のM&A・会社売却・事業承継
  2. 福島県・郡山市のM&A・会社売却・事業承継の動向
  3. 福島県・郡山市でM&A仲介会社を選ぶ方法
  4. 福島県・郡山市のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社10選
  5. 福島県・郡山市のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関
  6. 福島県・郡山市近郊のM&A譲渡案件例
  7. 福島県・郡山市のM&A譲渡案件の探し方
  8. 福島県のM&A・会社売却・事業承継の事例
  9. 福島県・郡山市のM&A・会社売却・事業承継まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

福島県・郡山市のM&A・会社売却・事業承継

福島県・郡山市のM&A・会社売却・事業承継

M&Aは、大企業・中小企業を問わずさまざまな企業が行っている経営戦略だといえます。事業承継・事業拡大・新規事業への進出など、M&Aを行う目的は多種多様です。また、最近では、M&A仲介会社が増えており、M&Aのサポートを受けやすい環境も整備されています。

その一方で、M&Aは地方によって異なる特色があり、成功させるにはこれを把握しておくことが重要です。今回は、福島県のM&Aの状況や、福島県でM&Aを行う際にオススメのM&A仲介会社などを取り上げます。

はじめに、福島県の経済環境を把握しておきましょう。帝国データバンクによると、福島県企業の休廃業・解散件数は858件であり、東北6件では宮城県の912件に次ぐ第2位の数値です(2020年時点)。

上記の要因の1つとしては、東日本大震災に伴う津波被害や原発事故の影響により一時休業を余儀なくされ、その後に金融支援・賠償金などで事業を再開した企業が、事業の継続を断念して休廃業・解散したケースが増加した点が挙げられます。

さらに、消費低迷・人手不足・経営者の高齢化・後継者不足などで、事業が継続できない企業も増加しています。こうした状況を解決する手法として、M&Aにより会社売却・事業承継を行う企業が増加中です。

出典:帝国データバンク「特別企画:東北6県「休廃業・解散」動向調査(2020 年)」

福島県・郡山市のM&A・会社売却・事業承継の動向

福島県・郡山市のM&A・会社売却・事業承継の動向

ここでは、福島県のM&A事情を取り上げます。福島県のM&Aを取り上げるうえで欠かせない大きなトピックは、2011年に起こった東日本大震災の被害です。東日本大震災により福島県は深刻な打撃を受けて、一時期は県内企業が次々と休業・廃業し、避難による人口減少や風評被害を受けました。

しかし、その後は、時を経るごとに福島県の経済が持ち直しつつあります。時間がたつに連れて風評被害は治まり、人口が回復してきたことに加えて企業の休業・廃業が減少したことで、福島県の経済は生産業を除いて震災前の水準を上回るほどに向上しました。

また、被災者の住宅投資が盛んになっている点も、福島県経済の回復に影響しています。現在の福島県では、福島信用金庫がM&Aプラットフォームのトランビと提携してM&A仲介に役立つネットワークを構築しているほか、福島県企業と県外企業が経営統合するケースが増加しているなどM&Aが盛んです。

全国各地で地方創生の一環にM&Aを取り入れる自治体は多いですが、福島県でもこの傾向が確認できます。

【関連】福島県の事業承継とは?M&A仲介会社おすすめをご紹介

福島県・郡山市でM&A仲介会社を選ぶ方法

福島県・郡山市でM&A仲介会社を選ぶ方法

福島県でM&Aを行う場合に用いられる方法は、一般的に以下のとおりです。

  • M&A仲介会社を利用する
  • 公的機関を利用する
  • 自分でM&A仲介サイトを利用してM&A案件を見つける

福島県でM&A案件を見つけるには、さまざまなネットワークを使うことがポイントとされています。福島県に限らず、昨今の日本のM&A市場は売却案件が少ない売り手市場とされており、いかに視野を広げて探せるかが成功のカギを握っているのです。

本章では、「M&A仲介会社を利用する場合」と「公的機関を利用する場合」のメリットとデメリットを取り上げます。

M&A仲介会社を利用するメリット・デメリット

はじめに、M&A仲介会社やM&A仲介サイトを使ってM&A案件を探す方法です。最近ではM&A仲介サイトも増えており、コストを抑えてM&A案件を探せます。M&A仲介会社を利用するメリットは、以下のとおりです。

  • 管理案件が多いため、希望する内容の案件を見つけやすい
  • M&Aに関する相談だけではなく、仲介まで一貫して担当してもらえる
  • 公認会計士や弁護士などから専門的なアドバイスをもらえる

上記のように、M&A仲介会社の利用では、多くのメリットが受けられる可能性があります。大型のM&A仲介会社では日本全国に及ぶネットワークを持っているケースが多く、管理しているM&A案件も多いです。その中から探せば、希望するM&A案件を見つけられる可能性が高まります。

その一方で、以下のようなデメリットの発生が問題となるケースもあります。

  • M&A仲介会社によって手数料が異なり、高額な費用がかかる場合がある
  • M&A仲介会社によっては、クロージングまで数カ月かかってしまう

M&A仲介会社によって、かかる費用は異なります。M&A仲介会社を選ぶ際には、発生するコストを事前に調べておきましょう。

公的機関を利用するメリット・デメリット

次に、公的機関を利用する場合のメリットです。

  • 地域に特化した機関であるため、地方の案件を管理していることがある

福島県に拠点を置く公的機関であり、地域に根差したネットワークが使えるため、M&A仲介会社が抱えていない案件を見つけられる可能性が高いです。その一方で、以下のようなデメリットの発生が問題となるケースもあります。

  • M&A仲介会社に比べ、管理案件が少ない場合がある
  • M&Aの仲介業務は行ってもらえないため、仲介自体はM&A仲介会社に依頼する必要がある

上記のように、公的機関を利用する場合でもデメリットはあります。M&A案件自体は公的機関の利用で探せても、その後の仲介業務は仲介会社に依頼するケースが多いです。こうしたケースでは、時間・コスト・手間が多くかかってしまいます。

【関連】M&A仲介会社へのマージンは高い?紹介手数料/相場/報酬体系を解説

福島県・郡山市のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社10選

福島県・郡山市のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社10選

ここでは、福島県・郡山市でM&A・会社売却・事業承継を行う際にオススメのM&A仲介会社を10社取り上げます。

  1. M&A総合研究所
  2. エスアンドシー
  3. 税理士法人常陽経営
  4. フォーバル
  5. レコフ
  6. 税理士法人ケーエフエス
  7. 経営承継支援
  8. アセットパートナーズ東北
  9. アチーヴ
  10. 福島銀行

それぞれの項目を順番に詳しく紹介します。

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/

M&A総合研究所では、中小・中堅規模のM&A案件を主に取り扱っており、全国に案件に対応しております。また、スモールM&Aや小規模案件にも対応しているほか、知識や支援の実績が豊富なアドバイザーが多数在籍しており、ご相談からクロージングまで丁寧にサポートしている点も強みです。

M&A総合研究所の料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談を随時お受けしておりますので、M&Aをご検討の際はどうぞお気軽にお問い合わせください。

会社名 M&A総合研究所
得意な業種 非特化型
対応地域 全国
報酬体系 完全成功報酬制(※譲渡企業様のみ)
公式ホームページ https://masouken.com/lp01

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

②エスアンドシー

エスアンドシーは、福島・郡山M&A支援センターを運営する仲介会社です。その名のとおり、福島県に拠点がある福島・郡山M&A支援センターは、地域密着型のコンサルティングを行っています。

具体的にいうと、福島・郡山M&A支援センターでは、地元の弁護士・会計士・司法書士・銀行などさまざまな専門家と連携しており、これにより構築した独自のネットワークで理想的なM&A案件を見つけるサポートを行っています。

また、在籍しているスタッフの中にはM&Aだけでなく、経営などさまざまな業務の知識を持つスペシャリストもいるため、経営者の目線に立った的確なアドバイスの提供が期待できます。

会社名 エスアンドシー
得意な業種 中小企業が得意
対応地域 福島県中心
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ https://ma-center.jp/

③税理士法人常陽経営

税理士法人常陽経営は、M&A仲介・M&A支援サービスである「M&A総合支援センターいわき」を運営している会社です。M&A総合支援センターいわきでは、地元の中小企業や零細企業のM&Aを専門としており、事業承継や事業拡大など経営者が抱える戦略を手厚くサポートしています。

また、M&A総合支援センターいわきを運営する税理士法人常陽経営では、経営に関するあらゆる支援を行っており、M&A以外でもクライアントを支援しています。

会社名 税理士法人常陽経営
得意な業種 非特化型
対応地域 福島県中心
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ https://www.joyokeiei.com/

④フォーバル

日本全国にネットワークを持つフォーバルは、大型のM&A仲介会社です。フォーバルでは福島県のM&Aにも対応しており、全国に及ぶネットワークと豊富な知識・経験を生かして、クライアントを強力にバックアップしています。

また、フォーバルは中小企業を専門としており、M&A案件の規模が小さくて頼みにくいと悩む経営者の方でも安心して依頼できます。

会社名 フォーバル
得意な業種 非特化型
対応地域 福島県を含む、日本全国
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ https://www.forval.co.jp/

⑤レコフ

レコフは、日本でM&Aが浸透する以前からM&A仲介・M&Aアドバイザリーを行っているM&A仲介会社です。日本全国のM&A案件に対応しており、これまでに培ってきた豊富なノウハウや経験を生かして、クライアントのM&Aを力強くバックアップしています。

また、レコフでは、上場している大企業から非上場の中小企業に至るまで幅広いクライアントの案件を手掛けており、多様な依頼に対応できる点も大きな魅力です。

会社名 レコフ
得意な業種 非特化型
対応地域 福島県を含む、日本全国
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ https://www.recof.co.jp/

⑥税理士法人ケーエフエス

税理士法人ケーエフエスは、福島県に本社・東京都に事務所を構える会社です。M&Aによる事業承継のほか、相続や贈与・税務調査・新規創業支援に関するサポートも手掛けています。

会社名 税理士法人ケーエフエス
得意な業種 非特化型
対応地域 福島県・東京都
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ https://kfs-ac.net/

⑦経営承継支援

経営承継支援は東京都に本社を置いていますが、福島県事業承継・引継ぎ支援センターから登録を受けているM&A仲介会社です。経験豊富なコンサルタント・専門家チームが在籍しており、M&Aを幅広くサポートしています。

会社名 経営承継支援
得意な業種 非特化型
対応地域 福島県を含む全国
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ https://jms-support.jp/

⑧アセットパートナーズ東北

アセットパートナーズ東北は、宮城県仙台市に拠点を構えており、東北地方を中心に全国各地でM&A支援を手掛けている仲介会社です。事業再生・事業承継・アセットマネジメントの3分野を柱に企業の課題に対応したソリューションを、全国ネットワークを生かしながら提供しています。

会社名 アセットパートナーズ東北
得意な業種 非特化型
対応地域 福島県を含む全国
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ http://ap-tohoku.com/

⑨アチーヴ

アチーヴは、福島県福島市に拠点を構えるM&A仲介会社です。M&Aの実行支援・アドバイザリーのほか、経営コンサルタント・事業計画策定の支援・福島県内企業のポテンシャル調査・マーケット調査事業・教育事業・営業企画および支援・ビジネスマッチング事業・助成事業の運営なども手掛けています。

会社名 アチーヴ
得意な業種 非特化型
対応地域 福島県
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ https://achieve-inv.jp/

⑩福島銀行

福島銀行は、コンサルティング業務の一環として、事業承継・M&Aのサポートを手掛けている金融機関です。また、2019年7月には、トランビとの間で事業承継問題を抱える中小企業経営者に向けた事業承継支援サービスの提供に関する業務提携を始めています。

会社名 福島銀行
得意な業種 非特化型
対応地域 福島県
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ https://www.fukushimabank.co.jp/

【関連】【2020年最新】会社売却の仲介会社一覧!手数料やサービス内容を徹底比較

福島県・郡山市のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関

福島県・郡山市のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関

本章では、福島県・郡山市のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関として、以下の4つを取り上げます。

  1. 福島県事業承継・引継ぎ支援センター
  2. 福島県よろず支援拠点
  3. 福島商工会議所
  4. 福島県信用保証協会

それぞれの項目を順番に詳しく紹介します。

①福島県事業承継・引継ぎ支援センター

福島県事業承継・引継ぎ支援センターは、後継者不在などの理由で事業の引き継ぎに悩む福島県内の中小企業・個人事業主向けの相談窓口です。相談料は無料で、事業承継問題を抱える中小企業者向けにさまざまなサポートを行っています。

主に地元の企業などが活用する公的機関であり、福島県内のM&A案件を管理している場合があります。そのため、福島県事業承継・引継ぎ支援センターに相談すれば、M&Aに役立てられる可能性が高いです。

事業承継・引継ぎ支援センターの活用を政府も後押し

事業承継・引継ぎ支援センターを活用するよう、政府も後押ししています。近年では、後継者不在などで経営に悩みを抱える企業者が増加中です。こうした状況を踏まえ、事業承継・引継ぎ支援センターのネットワークが拡充されています。

政府の後押しにより、福島県を含めた各都道府県に事業承継・引継ぎ支援センターが設置され、M&Aを行いたい方をサポートしています。事業承継・引継ぎ支援センターなどの公的機関を活用すれば、M&Aの案件を見つけることが可能です。

しかし、公的機関では、M&Aの仲介までを行ってくれるとは限りません。M&Aの仲介自体は、仲介業者へ紹介するケースが多いです。

②福島県よろず支援拠点

福島県よろず支援拠点は、中小企業・小規模事業者向けの経営相談所です。郡山市と福島市にオフィスがあり、コーディネーターが在籍しています。予約制で相談を行えて、相談料は無料です。

悩みをどこに相談したら良いのかわからない中小企業・小規模事業者の方に向けて幅広く相談を受付けており、相談内容に応じて適切な支援を受けられる機関につないでいます。このようなサポートを行う福島県よろず支援拠点を活用すれば、M&Aに役立てられる可能性が高いです。

③福島商工会議所

福島商工会議所とは、商工会議所法に基づいて設立された地域総合経済団体です。事業経営者を中心に運営されており、中小企業者への経営支援や地域経済復興支援を実施しています。福島県でM&Aを行う際は、活用を検討すると良いでしょう。

④福島県信用保証協会

福島県信用保証協会は、中小企業者の方々が金融機関から融資を受ける際に公的な保証人となることで、金融の円滑化を進めている機関です。主に中小企業者向けの金融に関するサポートを行っていますが、福島県内の中小企業者をサポートしていることから、M&Aを行う際に役立てられる可能性があります。

【関連】事業引継ぎ支援センターに相談するのは危険?仲介会社との違いは?

福島県・郡山市近郊のM&A譲渡案件例

福島県・郡山市近郊のM&A譲渡案件例

本章では、福島県・郡山市近郊で報告されているM&A譲渡案件例を取り上げます。

コロナ禍にも強い低家賃アパート賃貸業のM&A案件

これは、コロナ禍にも強い低家賃アパート賃貸業のM&A案件です。中古物件であるため、築年数が経過していることが留意点であるものの、投資回収が進んでおり譲渡価格を抑えられることから、新築物件よりも高い利回りが期待できます。

また、コロナ禍以前の都心物件のように大きな売却益を狙う投資はできないものの、都心の物件よりも利回りが高く毎期の収支が良くなるため、本業や生活を支える収入基盤を確保しやすい案件だとされています。

売上高 〜1,000万円
売却希望額 5,000万円〜1億円
譲渡希望理由 戦略の見直し

太陽光発電所のM&A案件

次に紹介するのは、太陽光発電所のM&A案件です。福島県の法人であるものの、群馬県の太陽光発電システムを保有しており、FIT税別40円の条件のもとですでに売電を開始しています。

日照時間ランキングは群馬県で2位を獲得しているほか、すでに売電中の譲渡であるため煩わしい手間が一切かからない点も魅力です。

売上高 〜1,000万円
売却希望額 1,000万円〜5,000万円
譲渡希望理由 事業の見直し、選択と集中のため

派遣サービス会社のM&A案件

これは、派遣業務や請負サービスを行っている会社のM&A案件です。クレーン運転士免許などの資格保有者が在籍しています。製造業がメインの取引先とされており、誠実な対応が評判です。業務依頼を多く受けていますが人手不足で断らざるを得ないケースがあるため、人員を確保できれば業務の発展が見込めます。

売上高 8,100万円台
売却希望額 1億円
譲渡希望理由 後継者不在

資材建築の卸・施工会社のM&A案件

こちらの会社では工場現場の進捗に合わせた発注を行っており、在庫負担が少ない仕組みが構築されています。土木関連の資材を扱っており、近隣地域の建設業者との取引がほとんどです。

また、本社から最寄り駅までの処方時間は徒歩10分と立地が良く、卸売と合わせて施工も行っている点が特徴的です。後継者不在・会社の発展などを目的に、M&Aを行いたいと考えています。

売上高 応相談
売却希望額 2億円台
譲渡希望理由 後継者不在、さらなる発展のため

ペットと宿泊できる温泉宿のM&A案件

こちらの温泉宿は、自然に囲まれてゆったりと過ごせる場所に位置しています。ペットとともに宿泊可能であり、ドッグランも完備されている温泉宿です。源泉かけ流しの温泉もあり、年間の平均稼働率は8割を超えています。

売上高 1,900万円台
売却希望額 5,000万円
譲渡希望理由 後継者不在

【関連】M&Aは個人でもできる!小規模案件を探せるマッチングサイトを紹介

福島県・郡山市のM&A譲渡案件の探し方

福島県・郡山市のM&A譲渡案件の探し方

続いて、福島県・郡山市のM&A譲渡案件の探し方として、以下の3つを取り上げます。

  1. M&A仲介会社・アドバイザーへの相談
  2. 取引関係にある金融機関への相談
  3. M&Aマッチングサイトの活用

それぞれの項目を順番に詳しく紹介します。

①M&A仲介会社・アドバイザーへの相談

1つ目の方法は、M&A仲介会社・アドバイザーへの相談です。福島県・郡山市のM&A譲渡案件を探す際に役立つM&A仲介会社・アドバイザーとしては、以下のような機関が挙げられます。

  • M&A総合研究所
  • 税理士法人三部会計事務所
  • 税理士法人常陽経営

上記の中でも、オススメしたいのがM&A総合研究所の利用です。M&A総合研究所では、これまでに培ってきたノウハウ・ネットワークからクライアントの希望に合った案件を探したうえで、M&Aアドバイザーがクロージングまでフルサポートしております。

無料相談はお電話・Webより随時お受けしておりますので、M&Aをご検討の際はお気軽にご連絡ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

②取引関係にある金融機関への相談

2つ目の方法は、取引関係にある金融機関への相談です。福島県・郡山市のM&A譲渡案件を探す際に役立つ金融機関には、以下のような機関が挙げられます。

  • 福島銀行
  • 東邦銀行
  • いわき信用組合

このうち、福島銀行では、地域企業サービス「ふくぎんニュービジネスクラブ」で、Webビジネスマッチングサービスを提供するなど、地元に密着したM&A情報を提供しています。

また、東邦銀行では、ビジネスマッチングとして情報発信機能や情報照会機能を活用できる「とうほうビジネス情報サービス」を提供しており、利用すれば地元のM&A案件を探し出すことが可能です。

そして、いわき信用組合では、いわしんネットワークを構築しており、地域内のビジネス発信や受信を行えるほか、地元密着型の小規模なM&A案件でも見つかる可能性があります。

③M&Aマッチングサイトの活用

3つ目の方法は、M&Aマッチングサイトの活用です。福島県・郡山市のM&A譲渡案件を探す際に役立つM&Aマッチングサイトには、以下のようなサービスが挙げられます。

  • Batonz(バトンズ)
  • TRANBI(トランビ)

このうち、バトンズでは、幅広いネットワークを生かして膨大な情報量を保有しており、希望する案件探しをスムーズに行えます。また、トランビは、とりわけ金融機関が保持している地域密着型の案件を探し出した場合に適したM&Aマッチングサイトです。

【関連】M&Aサービス15選!各サービス/サイトの特徴を紹介

福島県のM&A・会社売却・事業承継の事例

福島県のM&A・会社売却・事業承継の事例

最後に、福島県のM&A・会社売却・事業承継の事例として、以下の3件を取り上げます。

  1. ウェディング業界のM&A(こころネット・北関東互助センター)
  2. 日用品製造販売業のM&A(レック・ライオンパッケージング)
  3. 警備・保証サービス業界のM&A(トスネット・アサヒガード)

それぞれの項目を順番に詳しく紹介します。

①ウェディング業界のM&A(こころネット・北関東互助センター)

こころねっとグループ

こころねっとグループ

出典:https://cocolonet.jp/

2018年9月、こころネットは、北関東互助センターの全株式を取得することに関して、協議を進める基本合意書を締結すると発表しました。本件M&Aの取得価額は非公開です。

買収側のこころネットグループは、福島県を拠点として冠婚葬祭事業・石材事業などを展開しています。売却側の北関東互助センターは、栃木県宇都宮市で44年以上にわたり冠婚葬祭事業を手掛ける会社です。本件M&Aにより、こころネットグループでは営業エリアの拡大などを図っています。

②日用品製造販売業のM&A(レック・ライオンパッケージング)

レック

レック

出典:https://www.lecinc.co.jp/

2018年8月、レックは、ライオンから「バルサン」ブランドの殺虫剤事業を譲り受けたうえで、ライオンの連結子会社「ライオンパッケージング」の全株式を取得して完全子会社化すると発表しました。株式等譲渡契約を締結しており、譲渡対価は14億円です。

本件M&Aにより、レックでは、新規事業への進出・生産体制の再構築を目指しています。

③警備・保証サービス業界のM&A(トスネット・アサヒガード)

トスネット

トスネット

出典:https://www.tosnet.co.jp/

2013年11月、トスネットは、アサヒガードの全株式を取得して完全子会社化すると決定しました。取得価額は概算で2,165万円です。

売却側のアサヒガードは、福島県内を中心に人的警備を行う警備会社です。買収側のトスネットは、福島県内に4つの営業所と、子会社「トスネット相馬」を抱えています。本件M&Aにより、警備業を中心に福島復興への対応強化を図っています。

【関連】M&A成功事例とは?大手・中小企業、スタートアップやベンチャー企業のM&A成功事例を解説

福島県・郡山市のM&A・会社売却・事業承継まとめ

福島県・郡山市のM&A・会社売却・事業承継まとめ

かつては東日本大震災で壊滅的な打撃を受けた福島県ですが、現在では復興が進んでおり経済が回復傾向にあります。これに比例するように、福島県ではM&Aが活発化しており、県内企業がM&Aを行った事例が増加中です。

昨今の日本では中小企業を中心に地域内でM&Aを普及させる動きが目立っており、今後とも福島県ではM&Aが活発に行われる傾向が続くものと見られます。本記事の要点は、以下のとおりです。

◯福島県・郡山市のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社10選
→M&A総合研究所
→エスアンドシー
→税理士法人常陽経営
→フォーバル
→レコフ
→税理士法人ケーエフエス
→経営承継支援
→アセットパートナーズ東北
→アチーヴ
→福島銀行

◯福島県・郡山市のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関
→福島県事業承継・引継ぎ支援センター
→福島県よろず支援拠点
→福島商工会議所
→福島県信用保証協会

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解あり】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解あり】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

福岡のおすすめM&A仲介会社10選と案件一覧をご紹介!

福岡のおすすめM&A仲介会社10選と案件一覧をご紹介!

近年は事業承継を目的とするM&A件数が全国的に増えてきています。M&Aを検討している場合、どの専門家にサポートを依頼するかは成否を左右しかねない重要な要素です。本記事では、福岡県...

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州地方の経営者の中でM&A・会社売却・事業承継を考えられている方はたくさんいます。そこで、この記事ではM&A・会社売却・事業承継の案件を九州地方を中心に紹介します。また、個人向...

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

全国的にM&A・会社売却・事業承継の件数は増加していますが、四国地方でも同様の傾向が見られています。そこでこの記事では四国地方でのM&A・会社売却・事業承継の動向だけでなく、個人...

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社紹介

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社紹介

全国だけでなく関西地方でもM&A・会社売却・事業承継の成約件数は増加しています。そこでこの記事では関西地方のM&A・会社売却・事業承継について各府県別の背景やおすすめのM&amp...

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて...

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方は、M&Aや会社売却、事業承継については災害の影響もあり、あまり進んでいないのが実情のようです。しかし今後は、会社売却やM&Aも視野に入れて、事業承継等の取り組むべきでしょう。

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)