2019年12月17日更新都道府県別M&A

福島・郡山のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

かつては東日本大震災で壊滅的な打撃を受けた福島県ですが、現在は復興が進み、経済も回復傾向にあります。それに比例するように、福島県では徐々にM&Aが活発になっており、さまざまな県内企業がM&Aを行った事例も増えています。

目次
  1. 福島県のM&A
  2. 福島県のM&A・会社売却・事業承継の動向
  3. 福島県でM&A仲介会社を選ぶ基準
  4. 福島県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社5選
  5. 福島県の公的機関
  6. 福島県近郊のM&A譲渡案件例
  7. 福島県のM&A事例
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

福島県のM&A

M&Aは大企業、中小企業を問わず、今やさまざまな企業が行う経営戦略です。事業承継、事業拡大、新事業の進出など、M&Aを行う目的は多種多様です。加えてM&AをサポートしてくれるM&A仲介会社が増え、M&Aのサポートを受けやすい環境もできあがっています。

他方で、M&Aは地方によって特色があり、それを知っておくことも重要です。今回は福島県のM&Aの状況や、福島県でM&Aをする際にオススメのM&A仲介会社についてお伝えします。

福島県のM&A・会社売却・事業承継の動向

福島県のM&A事情はどうなっているのでしょうか?福島県といえば、やはり忘れてはならないのが2011年に起こった東日本大震災の被害です。東日本大震災により、福島県は深刻な打撃を受け、一時期は県内企業が次々と休業・廃業し、避難による人口減少、加えて風評被害を受けました。

しかし、それから時を経るごとに福島県の経済は徐々に持ち直しつつあります。時間が経つにつれて風評被害が治まり、人口が回復してきたことに加え、企業の休業・廃業が減っていったことにより、福島県の経済は生産業を除けば震災前の水準を上回るほどに向上しています。

また、被災者の住宅投資が盛んになっていることも福島県の経済の回復に影響しています。福島県では福島信用金庫がM&AプラットフォームのTRANBIと提携することで、M&A仲介に役立つネットワークを構築したり、福島県の企業と県外の企業が経営統合するケースが増えるなど、M&Aが盛んになっている傾向があります。

地方創生の一環としてM&Aを取り入れる自治体は多いですが、福島県でもその傾向は確認できます。

福島県でM&A仲介会社を選ぶ基準

福島県でM&Aを行うには、一体どのような方法があるのでしょうか?一般的にはM&Aは、以下の方法で行われます。

  1. M&A仲介会社を利用する
  2. 公的機関を利用する
  3. 自分でM&A仲介サイトを利用してM&A案件を見つける

福島県でM&A案件を見つけるには、さまざまなネットワークを使うことがポイントです。福島県に限らず、最近の日本のM&A市場は売却案件が少ない売り手市場になっており、いかに視野を広げて探すことができるかが重要になります。

では、M&A仲介会社を利用する場合、公的機関を利用する場合のメリットとデメリットを確認しましょう。

M&A仲介会社を利用するメリット・デメリット

まずは、M&A仲介会社やM&A仲介サイトを使ってM&A案件を探してみましょう。最近はM&A仲介サイトも増えているため、ローコストでM&A案件を探せるようになっています。では、M&A仲介会社を利用するメリットを確認しましょう。

  • 管理案件が多いため、希望する内容の案件を見つけやすい
  • M&Aに関する相談だけではなく、仲介まで一貫して担当してもらえる
  • 公認会計士や弁護士等の専門的なアドバイスをもらえる

上記のように、M&A仲介会社を利用することで多くのメリットが受けられるケースがあります。大型のM&A仲介会社では、日本全国に及ぶネットワークを持っていることが多く、多数のM&A案件を管理しています。その中から探すことによって、希望するM&A案件を見つけられるかもしれません。

もちろん、利用するM&A仲介会社によってメリットもデメリットも異なります。続いてはデメリットを確認しましょう。

  • M&A仲介会社によって手数料が異なるため、高額な費用がかかる場合がある
  • M&A仲介会社によっては、クロージングまで何ヶ月もかかってしまう
M&A仲介会社によって、かかる費用の設定も異なります。M&A仲介会社を選ぶ際には、必ずかかるコストについて調べておくようにしましょう。M&A総合研究所ではさまざまなコストを削減することにより、業界最安値を実現しています。クロージングまで平均3ヶ月~6ヶ月と、とてもスピーディなため、上記のようなデメリットも解消できます。

公的機関を利用するメリット・デメリット

公的機関を利用する場合のメリットも確認しましょう。

  • 地域に特化した機関であるため、地方の案件を管理していることがある

福島県にある機関なので、地域に根差したネットワークが使えるため、あまり表に出てこないM&A案件を見つけられる可能性が高まります。M&A仲介会社では、管理していないような案件を見つけられるケースもあります。

では、デメリットは一体何なのでしょうか。

  • M&A仲介会社に比べ、管理案件が少ない場合がある
  • M&Aの仲介業務は行ってもらえないため、仲介自体はM&A仲介会社に依頼する必要がある

上記のように、公的機関を利用する場合でもデメリットはあります。M&Aの案件を公的機関で探すことはできても、その後の仲介業務は仲介業者に紹介することになるケースもあります。そのような場合、時間やコスト、手間がかかってしまいます。

そのようなデメリットを避けるためにも、クロージングまでスピーディなM&A総合研究所をぜひご利用ください。

>>【※平均3ヶ月でスピード成約】M&A仲介サービスはこちら

福島県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社5選

ここでは、福島県でM&Aをする際にオススメの5つのM&A仲介会社をご紹介します。

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 福島・郡山M&A支援センター(株式会社エスアンドシー)
  3. M&A総合支援センターいわき(税理士法人 常陽経営)
  4. 株式会社フォーバル
  5. 株式会社レコフ

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/lp01

M&A総合研究所は、福島県を含め全国のM&A案件の取り扱いをしています。大企業だけではなく、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。地域によってM&Aの規模の大きさは異なりますが、M&A総合研究所では、スモールM&Aのような小さい規模でも対応しています。

M&Aプラットフォーム・日本最大級のM&Aメディアの情報を活用することにより、短期間でマッチングを行います。それにより人件費の削減を可能にしているため、他社よりも低価格でM&Aの成立を目指すことができます。

M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムにより、早期マッチングも可能です。M&A総合研究所では、万全のM&Aのサポートを受けられます。

会社名 株式会社M&A総合研究所
得意な業種 非特化型
対応地域 福島県を含む、日本全国
報酬体系 完全成功報酬型(業界最安水準
公式ホームページ https://masouken.com/lp01

②福島・郡山M&A支援センター

株式会社エスアンドシー

出典:https://ma-center.jp/

その名の通り福島県に拠点がある福島・郡山M&A支援センターは、地域密着型のコンサルティングを行っているM&A仲介会社です。福島・郡山M&A支援センターは地元の弁護士や会計士、司法書士、銀行などといったさまざまな専門家と連携しており、それによって構築した独自のネットワークで理想的なM&A案件を見つける手伝いをしてくれます。

また、在籍しているスタッフはM&Aだけでなく、経営やさまざまな業務の知識を持つスペシャリストばかりであるため、経営者の目線に立った的確なアドバイスを提供してくれます。

会社名 株式会社エスアンドシー
得意な業種 中小企業が得意
対応地域 福島県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://ma-center.jp/

③M&A総合支援センターいわき

税理士法人 常陽経営

出典:https://www.joyokeiei.com/

M&A総合支援センターいわきは、税理士法人常陽経営が提供しているM&A仲介・M&A支援サービスです。M&A総合支援センターいわきは地元の中小企業や零細企業のM&Aを専門としており、事業承継や事業拡大といった、経営者の戦略を手厚くサポートしてくれます。

また、M&A総合支援センターいわきが属する税理士法人常陽経営は、経営に関するあらゆる支援を行っており、M&A以外でもクライアントを支えてくれるでしょう。

会社名 税理士法人 常陽経営
得意な業種 非特化型
対応地域 福島県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://www.joyokeiei.com/

④フォーバル

株式会社フォーバル

出典:https://www.forval.co.jp/

日本全国に広がるネットワークを持つフォーバルは、大型のM&A仲介会社の一つです。フォーバルは福島県のM&Aにも対応しており、全国に及ぶネットワークと豊富な知識・経験を生かしてクライアントを強力にバックアップしてくれます。

また、フォーバルは中小企業を専門としているため、M&A案件の規模が小さくて頼みづらいという経営者の方でも、安心して依頼することができます。

会社名 株式会社フォーバル
得意な業種 非特化型
対応地域 福島県を含む、日本全国
報酬体系 着手金+成功報酬
公式ホームページ https://www.forval.co.jp/

⑤レコフ

株式会社レコフデータ

出典:https://www.recof.co.jp/

レコフは、日本でM&Aが浸透する前からM&A仲介・M&Aアドバイザリーを行っているM&A仲介会社です。レコフは日本全国のM&A案件に対応しており、それまで培ってきた豊富なノウハウや経験を生かし、クライアントのM&Aを力強くバックアップしてくれます。

また、レコフは上場している大企業から、非上場の中小企業まで幅広いクライアントの案件を手掛けており、多様な依頼に対応できるところも魅力といえます。

会社名 株式会社レコフ
得意な業種 非特化型(法人・大企業が強み)
対応地域 福島県を含む、日本全国
報酬体系 業務委託手数料+成功報酬
公式ホームページ https://www.recof.co.jp/

福島県の公的機関

①福島県事業引継ぎ支援センター

福島県事業引継ぎ支援センターは、後継者不在等の理由で事業引き継ぎに悩む、福岡県内の中小企業・個人事業主向けの相談窓口です。相談料は無料です。事業継承問題を抱える中小企業者向けに、さまざまなサポートを行っています。

地元の企業などが活用する機関のため、福島県内のM&A案件を管理している場合があります。福島県事業引継ぎ支援センター相談することで、M&Aに役立てられるでしょう。

福島県事業引継ぎ支援センターのホームページ

事業承継支援センターの活用を政府も後押し

事業承継支援センターを活用するように、政府も後押ししています。近年、後継者不在等で経営に悩みを抱える企業者が増えています。そのような状況を踏まえ、事業承継支援センターのネットワークは拡充されています。

政府の後押しにより、福島県を含め、各都道府県に事業承継支援センターが設置されており、M&Aを行いたい方のサポートをしています。事業承継支援センター等、公的機関を活用することにより、M&Aの案件を見つけることができるかもしれません。

しかし、公的機関ではM&Aの仲介を行ってくれるとは限りません。仲介自体は仲介業者へ紹介するケースが多いです。こういった手間を防ぐためにも、M&Aに関する業務をフルサポートするM&A総合研究所をぜひご活用ください。

②福島県よろず支援拠点

福島県よろず支援拠点は、中小企業・小規模事業者向けの経営相談所です。郡山事務所と福島オフィスがあり、13人のコーディネーターが在籍しています。予約制にて相談ができ、相談料は無料です。

悩みをどこに相談したらいいかわからない中小企業・小規模事業者の方々向けに、幅広く相談を受付け、内容に応じて適切な支援が受けられる機関へ繋いでいます。福島県よろず支援拠点を活用することで、M&Aに役立てられるかもしれません。

福島県よろず支援拠点のホームページ

③福島県商工会議所

福島県商工会議所とは、商工会議所法に基づいて設立された地域総合経済団体です。事業経営者を中心に運営されています。中小企業者への経営支援や、地域経済復興支援を行っています。福島県でM&Aを行う際に、活用できるかもしれません。

福島県商工会議所のホームページ

④福島県信用保証協会

福島県信用保証協会は、中小企業者の方々が金融機関から融資を受ける際に、公的な保証人となって金融の円滑化をすすめる機関です。主に中小企業者向けの金融に関するサポートを行っていますが、福岡県内の中小企業者をサポートしているため、M&Aを行う際に役立てられるでしょう。

福島県信用保証協会のホームページ

福島県近郊のM&A譲渡案件例

派遣サービス会社のM&A

こちらの派遣サービス会社は、派遣業務や請負サービスを行っています。クレーン運転士免許等の資格保有者が在籍しています。製造業がメインの取引先となっており、誠実な対応が評判です。業務の依頼は多くありますが、人手不足で断らざるを得ないケースもあり、人員の確保ができれば業務の発展が見込めます。

売上高 8,100万円台
売却希望額 1億円
譲渡希望理由 後継者不在

資材建築の卸・施工会社のM&A

こちらの会社では、工場現場の進捗に合わせた発注を行っており、在庫負担が少ない仕組みになっています。土木関連資材を扱い、近隣地域の建設業者との取引がほとんどです。

本社から最寄り駅までは徒歩10分と、立地も良く、卸売と合わせて施工も行っています。後継者不在、そしてさらなる会社の発展のためにM&Aを行いたいと考えています。

売上高 応相談
売却希望額 2億円台
譲渡希望理由 後継者不在、さらなる発展のため

ペットと宿泊できる温泉宿のM&A

こちらの温泉宿は、自然に囲まれゆったりと過ごせる場所にあります。ペットと宿泊可能で、ドッグランも完備しています。源泉かけ流しの温泉もあり、年間の平均稼働率は8割を超えています。

売上高 1,900万円台
売却希望額 5,000万円
譲渡希望理由 後継者不在

福島県のM&A事例

日用品製造販売業のM&A(レック・ライオンパッケージング)

2018年8月には、レックはライオンから「バルサン」ブランドの殺虫剤事業を譲り受け、ライオンの連結子会社のライオンパッケージングの全株式を取得し、完全子会社化することを決定しました。株式等譲渡契約を締結し、譲渡対価は14億円です。

今回のM&Aにより、レックは新規事業への進出、生産体制の再構築を目指します。

ウェディング業界のM&A(こころネット・北関東互助センター)

2018年9月に、こころネットは北関東互助センターの全株式を取得することに関し、協議をすすめる基本合意書を締結すると決定しました。こころネットグループは、福島県を拠点として冠婚葬祭事業・石材事業等を展開しています。

北関東互助センターは、栃木県宇都宮市にて44年を超える冠婚葬祭事業を行う会社です。今回のM&Aにより、こころネットグループは営業エリアの拡大等を図ります。

警備・保証サービス業界のM&A(トスネット・アサヒガード)

2013年11月に、トスネットはアサヒガードの全株式を取得することにより、子会社化すると決定しました。取得価額は概算で2,165万円です。

アサヒガードは福島県内を中心に、人的警備を行う警備会社です。トスネットは、福島県内4営業所、子会社のトスネット相馬があります。今回のM&Aにより、警備業を中心に福島復興への対応強化を図ります。

まとめ

かつては東日本大震災で壊滅的な打撃を受けた福島県ですが、現在は復興が進み、経済も回復傾向にあります。それに比例するように、福島県では徐々にM&Aが活発になっており、さまざまな県内企業がM&Aを行った事例も増えています

現在、日本は中小企業を中心に地域でM&Aを普及させる動きが生まれているため、今後も福島県はM&Aが活発に行われる傾向が続くでしょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州地方の経営者の中でM&A・会社売却・事業承継を考えられている方はたくさんいます。そこで、この記事ではM&A・会社売却・事業承継の案件を九州地方を中心に紹介します。また、個人向けなど小規模のM...

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

全国的にM&A・会社売却・事業承継の件数は増加していますが、四国地方でも同様の傾向が見られています。そこでこの記事では四国地方でのM&A・会社売却・事業承継の動向だけでなく、個人向けのおすすめ案...

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社ランキング

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社ランキング

全国だけでなく関西地方でもM&A・会社売却・事業承継の成約件数は増加しています。そこでこの記事では関西地方のM&A・会社売却・事業承継について各府県別の背景やおすすめのM&A仲介業者、また、小規...

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて解説して...

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方は、M&Aや会社売却、事業承継については災害の影響もあり、あまり進んでいないのが実情のようです。しかし今後は、会社売却やM&Aも視野に入れて、事業承継等の取り組むべきでしょう。

近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

近畿地方は、大手企業が運営している会社も多くありますが、中小企業の割合が高く、M&Aや会社売却、事業承継が今後は増加していく傾向にあるでしょう。今後はM&Aも視野に入れた事業承継や会社売却も検討...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)