M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年11月25日更新
この記事は、約2分で読めます。

秋田のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

秋田はM&Aへの関心が高く、自治体や金融機関が積極的にM&Aの普及に努めています。そのため、秋田はM&Aという手法が定着しやすくなっているといえます。また、企業でもM&Aを行う事例が多いため、今後も人口減少や市場の縮小に比例してM&Aが盛んに行われていくでしょう。

目次
  1. 秋田のM&A
  2. 秋田のM&A事情
  3. 秋田でおすすめのM&A仲介会社ランキング
  4. 秋田県でM&A案件を見つけるに?
  5. まとめ

秋田のM&A

M&Aは事業の拡大、事業承継、新事業進出など、様々な目的で行われるものです。

しかし、M&Aは専門的な知識が必要であり、手法によっては煩雑なプロセスを踏むものです。

ただ、今では様々なM&A仲介会社のサポートが受けられるため、以前よりM&Aが行いやすい環境になっています。

一方で、M&Aは地方によって傾向が異なっており、そのことを知っておいた方がM&Aが成功する可能性が上がります。

今回は秋田のM&Aの状況や、栃木でM&Aをする際におすすめのM&A仲介会社についてお伝えします。

秋田のM&A事情

秋田のM&A事情はどのようになっているのでしょうか?

秋田に限らず、近年日本では、各地で少子高齢化の影響が顕著に現れており、人口減少や人手不足、市場の縮小といった状況に陥っています。

そのため、積極的に企業誘致や事業承継のためのM&Aの普及など、自治体や金融機関、企業が様々な取り組みを行っています。

秋田も例外ではなく、秋田信用組合が国内最大規模のM&AマーケットであるTRANBIと国内初の業務提携を行うなど、M&Aを積極的に取り入れる姿勢を見せています。

どの都道府県より先駆けてTRANBIと提携するところを見ると、M&Aを取り入れようとする秋田の姿勢が窺えます。

他にも秋田銀行が事業承継やM&Aに関するセミナーを開催し、かなりの人数の出席者を集めているところを見ると、県全体でM&Aへの関心が高いことがわかります。

また、秋田の企業もM&Aには積極的な傾向があります。

例えば精密プリント基板を製造する秋田の企業のインスペックは、2016年にスイスのFirst EIE SAを買収しています。

インスペックは上場こそしているものの、れっきとした中小企業です。

中小企業が国際市場への進出のためにクロスオーバーM&Aを行うケースは増えてはいるものの、地方の中小企業が行っていることは珍しいでしょう。

このように、秋田は今後もM&Aがより盛んになっていく傾向にあるといえます。

秋田でおすすめのM&A仲介会社ランキング

ここでは秋田でM&Aをする際におすすめのM&A仲介会社をご紹介します。

M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。

また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。

通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。

それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

税理士法人MIRAI

秋田にある税理士法人MIRAIは、税理士事務所であると同時に、日本M&Aセンターと提携した秋田M&Aセンターという一面も持っています。

税理士法人MIRAIは経験豊富な税理士が数多く在籍しており、彼らの経験や専門的な知識を活かした手厚いサポートを受けることができます。

また、経営に関する様々な最新情報を共有できるセミナーや、ビジネスに必要な書式を提供してくれるなど、経営者の力になるサービスも提供していることも魅力です。

OFFICE JIN

OFFICE JINは労働法務や人事に関するコンサルティングを行っている経営コンサルティング会社ですが、M&Aコンサルティングも行っている珍しい会社です。

OFFICE JINはM&Aアドバイザリーを中心にサービスを提供しており、クライアントの利益になるようなM&Aを実現してくれます。

元々OFFICE JINは行政書士や社会保険労務士といった専門家が多く在籍しており、専門家ならではの観点でサポートを受けられるようになっています。

秋田国際人事総研

M&Aにおける重要なプロセスであるデューデリジェンスを頼みたいのであれば、秋田国際人事総研がおすすめです。

秋田国際人事総研は社会保険労務士事務所であり、人事デューデリジェンスを得意としています。

近年、人事や労務管理は経営において重要なテーマになることが多く、決して疎かにできるものではありません。

M&Aの際に秋田国際人事総研のデューデリジェンスを取り入れれば、人事に関する様々なリスクを取り除くことができるようになるでしょう。

M&Aキャピタルパートナーズ株式会社

M&Aキャピタルパートナーズ株式会社は日本全国にネットワークを持つ大型のM&A仲介会社であり、東証一部上場を果たしている上場企業でもあります。

「大型のM&A仲介会社だと中小企業の相手をしてくれないのでは…」と感じるかもしれませんが、M&Aキャピタルパートナーズ株式会社は中堅・中小企業のM&Aや事業承継をしており、日本全国に対応しているため安心です。

M&Aキャピタルパートナーズ株式会社は数多くのM&Aを経験してきたスタッフが在籍しており、クライアントのM&Aを力強くバックアップしてくれます。

また、M&Aキャピタルパートナーズ株式会社は料金設定がリーズナブルになっており、無駄なコストが発生しないことも魅力だといえるでしょう。

秋田県でM&A案件を見つけるに?

秋田県でM&A案件を見つけるにはどうすればいいのでしょうか?

一般的に、M&A案件を見つけるのであればM&A仲介会社やM&A仲介サイトを使うことが多いかと思います。

実際、日本全国に対応しているものであれば、地方のM&A案件も見つけやすいでしょう。

これ以外にも、秋田の金融機関や公的機関を活用する方法があります。

さきほどお伝えしたように、秋田の金融機関はM&Aの普及に積極的であり、秋田信用組合に至ってはM&A仲介サイトの一つであるTRANBIと提携しているため、より地域に根差したネットワークでM&A案件を探すことができるようになっています。

また、秋田は事業承継やM&Aに関するセミナーが盛況になるなど、経営者が事業承継やM&Aに関する関心が高い傾向にあります。

そのため、事業承継やM&Aに関するセミナーに参加し、そこで得た人脈を通じてM&A案件が見つかる可能性もあるかもしれません。

まとめ

秋田はM&Aへの関心が高く、自治体や金融機関が積極的にM&Aの普及に努めています。

そのため、秋田はM&Aという手法が定着しやすくなっているといえます。

また、企業でもM&Aを行う事例が多いため、今後も人口減少や市場の縮小に比例してM&Aが盛んに行われていくでしょう。

秋田は地方であるため、都市圏ほどM&A仲介会社や支援機関の数は多くありませんが、次第に業者が増え、よりM&Aが行いやすくなる環境が整う可能性もあります。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)