2021年4月22日更新会社・事業を売る

経営に求められる判断

経営判断は、会社の経営者にとっては避けられないものです。経営判断を下す際には、自分の目でよく確認し、長所である分野を伸ばす視点を持つのが効果的です。自分自身のみで判断できない場合には、従業員などの意見を聞くことも大事です。

目次
  1. 経営で大切な判断力
  2. 経営判断とは
  3. 経営判断の材料
  4. 経営判断に必要な考え方
  5. 自分自身のみで判断できない場合
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

経営で大切な判断力

経営で大切な判断力

会社を経営する上で、経営者が大切にすべき要素の1つに判断力があります。製造や取引をどのタイミングで実施するかの判断がズレると、一気に経営は不安定になります。

そのため、会社を回す立場にある人は、会社の内部や外部、業界内の状態を常に把握しておく必要があり、経営上様々な判断を下す必要があります。

では、具体的にどのような判断力が経営者に問われるのでしょうか。今回はその点に着目し、経営判断について解説します。

経営判断とは

経営判断とは

経営判断とは、会社の経営者や社長などが下す判断です。その判断の範囲は、その日どれだけの品物を仕入れるかなどのデイリーのワークや、製造ラインの増減、人員の配置から、会社全体の売買に関わる大きな判断まで、多岐に渡ります。

経営の判断権を持っている人や機関は、常日頃から経営上必要な判断について頭を悩ませています。直接利益に影響する判断になれば、その悩みも大きくなります。現在の経営状況には、過去に選択した経営判断がそのまま反映されます。

現状が満足のいく状態であれば、過去の判断は正解だったといえるでしょう。経営の判断力を向上させるためには、毎回下す判断からの学びが重要です。つまり、たくさんの経験が経営判断力の向上に直結します。

経営判断の材料

経営判断の材料

どれだけ経営者として判断を下してきても、迷ってしまうのは仕方がありません。経験が必ずしも正解を導けるわけではないからです。ここでは、そんな時に活用できる、経営判断の材料について解説します。

①高級志向

商品やサービスの開発に伴う判断では、できるだけ高級志向を狙う経営戦略が良いです。開業当時から品質よりもコストを重視している会社は対象になりません。しかし、コスパを上げる会社であれば、高級志向を狙うことが大切です。

値段設定を低くしてしまうと、その値段が基準値となり、それ以降商品やサービスの値段を下げるのが難しくなります。高い価格から低い価格になると、消費者はお得感を感じます。しかし、逆の場合には損をしたような気持ちになり、顧客が離れていきます。

よって、商品戦略はできるだけ高級志向が良いです。高級志向でマーケットの幅が狭い、アッパーニッチが特にオススメです。 

②自分自身の目

開発にはアイデアが必要になります。しかし長く経営していると、そのアイデアも尽きてしまいます。この時やってしまいがちなのが、人から聞いた需要や、ネットで検索した消費者の声を参考にする方法です。

確かにどちらも有力な情報ですが、一番確かなのは自分自身の目です。自ら自社の店舗や工場などへ足を運び、現状を確認しましょう。

そうすれば、自分の経営判断に自信が持てるようになります。なぜなら、自分の目で見るものに対する信頼力は大きいからです。 

③長所を伸ばす視点

経営判断の中には、当然マイナスの判断を迫られる場合があります。時には、何を選択しても成功しない気持ちになってしまいます。この際、経営者は業績の良い分野を贔屓目で見たほうが良いです。

業績が良い分野とは、今一番伸びやすい分野です。短所を置き去りにしてはいけませんが、時には長所のみに視点を合わせるのも大切です。従業員に対しても同様で、調子が良い人については、更に伸びる環境に置くのがおすすめです。

経営判断に必要な考え方

経営判断に必要な考え方

ここでは、経営判断に必要な考え方について紹介します。

①最終的な判断は自分で行う

経営者として、他の経営陣の意向に耳を傾けるのは大事です。しかし、決定権が経営者1人にある場合、最終的な判断を下すのは自分です。人の意見に左右されると、判断が失敗に終わった際、他人に責任転嫁できます。

そうなると経験値として身につかず、いつまでも他人本位な経営者となります。大きな問題も小さな問題も、最終的な責任は1人で背負う覚悟で経営判断を下しましょう

②加減を知る

経営上の判断内容は、「はい」か「いいえ」だけではありません。生産量の増減や、稼働率の調整などの数値的な判断がほとんどです。

つまり、経営判断をする際、加減を知るのが大切です。数値的に満足できるラインを常に意識した上で、経営判断を下す必要があります。

③完璧を目指しすぎない

完璧な経営を目指すのは非常に困難です。なぜなら、数ある分野の全てで成功を収めるタイミングはほとんどないからです。よく「ベター経営」を目指すべきであるといわれています。完璧を追い求め過ぎず、あくまでも最低限良いと思えるレベルを目指す経営です。

ベストな状態とは、ベターな状態の集合体といわれています。ベストの状態が続けば問題ないですが、経営はそうもいきません。完璧主義すぎると、判断力が鈍ってしまうので注意しましょう

④経営理念を大切にする

経営判断の中には、当然新しい事業や商品に関する判断があります。時代の流れや、現代の需要を意識するのも経営者として必要です。

ですが、自社の目指す姿がどのようなものであるか思い出すのも大事です。原点回帰という言葉がありますが、この言葉は経営判断でも重要です。もちろん全く新しい挑戦も大切ですが、自社の強みを生かす意識も大切です。 

⑤判断基準を身につける

経営が上手くいくかどうかは、経営者の判断の質に寄りますが、その判断基準を身につけることが大切です。大別すると2つの基準に分けることができます。1つは「論理的基準」、もう1つは「非論理的基準」です。

論理的基準

論理的基準とは、目で確認、理解できる基準のことで、経営においては、ありとあらゆる会社に関する数字が典型的な基準になります。過去および現在の会社経営に関わる数字をしっかりと分析すれば、現在のみならず、未来も含めて、論理性を持って判断基準を構築できます。

会社の具体的な数字を根拠とした論理的基準があれば、経営判断しやすくなり、成果に繋がる可能性が上がるといえます。

非論理的基準

非論理的基準とは、目で確認、理解不可能な基準のことであり、義理、道徳、商慣習など、モラルに属する基準をさします。例えば、法律を遵守しているからといい、どんな手段を使ってでも儲けようとする会社は継続した繁栄が困難になります。

また、モラルを無視して、周りの人や会社など関係者に迷惑をかける会社は、廃れるのも時間の問題です。モラルなどの非論理的基準が明確な会社であれば、純粋かつ高付加価値な顧客サービスを提供できます

自分自身のみで判断できない場合

自分自身のみで判断できない場合

経営判断の責任は、会社の責任者が1人で背負う必要があると前述しました。しかし、実際に経営判断の全てを1人で背負うのは大変です。むしろ1人で頑張りすぎたせいで、経営が不安定になるケースもあります。

経営者1人で判断できない状況も、当然生じる可能性があります。その時は従業員の意見を聞いても良いですし、会議を開くのも有効です。経営者には覚悟が必要です。その覚悟を作るために、従業員や役員の意見を活用することも大切です。

最終的には、経営理念が実現できるかで測ると判断しやすくなります。他にも、利益を中心として判断する方法もあります。

最終的に重要となるのは利益の獲得です。正直、経営者は綺麗事だけでは会社を回せません。情熱だけでは仕事できないため、時には利益のみを追求するのも大切です。

※関連リンク
経営者が抱える悩みの解決方法

まとめ

まとめ

経営判断は、会社の支配権や経営権を持っている以上、必ず行う必要があります。判断能力は、経験の積み重ねにより習得できます。先天的に判断能力が備わっている人もいますが、それでも地道に培っていくものです。

また経営の維持は、従業員や同業の他社などがあって初めて成立します。独裁経営にならないように注意し、責任を持った上で経営判断を下しましょう。

今回の記事をまとめると下記になります。

・経営判断とは
→会社運営に関する様々な事柄について判断を下すこと

・経営判断の材料
→高級志向、自分の目、長所を伸ばす視点

・経営判断に必要な考え方
→最終的な判断は自分で行う、加減を知る、完璧を目指しすぎない、経営理念を大切にする、判断基準を身につける

・自分自身のみで判断できない場合
→従業員や役員などの意見を参考にする、利益を中心として判断する

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」(譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!(譲渡企業様のみ)
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

2021年は新型コロナの影響などもあり、宅配・フードデリバリー業界が好調を維持するとともに、M&A動向も活発な動きを見せています。本記事では、2021年の宅配・フードデリバリー業界のM&...

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料が高いことが問題視されています。本記事では、M&A仲介会社の手数料はなぜ高いのか、手数料相場や手数料が高いか安いか判断するた...

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

企業同士が資本提携や業務提携を結ぶ契約を「アライアンス契約」と呼ぶことがありますが、聞きなれない単語なのでよくわからないという方もいるかもしれません。本記事では、アライアンス契約とは何か、M&a...

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本提携や資本業務提携とは、企業同士の独立性を保ったまま他社と協働したい場合に有力な選択肢です。本記事では、資本業務提携・資本提携とはどのようなものか、業務提携の違いやメリット・デメリット、契約...

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

M&Aで締結する契約の1つにTSAというものがありますが、知らない方やよく分からない方も多いのではないでしょうか。本記事では、TSAの意味や活用される場面、TSAと関連の深い契約である最...

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aで会社を買収する際は、買い手にどのようなメリット・デメリットがあるのかを理解しておくことが大切です。本記事では、M&Aの買い手のメリット・デメリットを詳しく解説するとともに...

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

近年は事業承継を目的とするM&Aが盛んになっていますが、売り手側のメリットはそれ以外にもさまざまなものがあります。本記事では、M&Aにおける売り手側のメリットとデメリット、M&a...

ビズリーチサクシードとは?M&Aや事業承継における強みや手数料を解説!

ビズリーチサクシードとは?M&Aや事業承継における強みや手数料を解説!

ビズリーチが提供しているM&A・事業承継プラットフォーム「ビズリーチサクシード」は、他のM&Aマッチングサイトと比べてどのような強みや特徴があるのでしょうか。本記事では、ビズリー...

【2021】リサイクル業界のM&A動向!売却/買収の事例を紹介!

【2021】リサイクル業界のM&A動向!売却/買収の事例を紹介!

リサイクル業界は、2020年のM&A件数が前年や一昨年に比べて増えており、今後もM&Aが活発になっていくと考えられます。本記事では、リサイクル業界の特徴やM&A動向などの...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)