2020年1月10日公開業種別M&A

製造業(メーカー)のM&A動向・ニュース!成功/失敗事例や積極買収企業一覧も公開!

本記事では、製造業(メーカー)のM&A・売却・買収に関連するニュースを紹介します。製造業(メーカー)のM&A動向や成功/失敗事例、積極買収企業を紹介するとともに、製造業(メーカー)のM&A・売却・買収を成功させるポイントも解説しています。

目次
  1. 製造業(メーカー)のM&A・売却・買収
  2. 製造業(メーカー)のM&A動向・ニュース
  3. 製造業(メーカー)でM&Aが活況を迎える背景
  4. 製造業(メーカー)のM&A成功/失敗事例
  5. 製造業(メーカー)を積極的に買収する企業一覧
  6. 製造業(メーカー)をM&Aする際に成功させるポイント
  7. 製造業(メーカー)のM&Aにおすすめの相談先
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

製造業(メーカー)のM&A・売却・買収

製造業(メーカー)のM&A・売却・買収

出典:https://pixabay.com/ja/

まずはじめに、製造業(メーカー)の定義とM&A・売却・買収の意味について確認していきましょう。

製造業(メーカー)とは

製造業(メーカー)とは、原材料に加工を施し製品を生産する事業を手掛けている企業をさします。

ほとんどのモノづくり事業が該当するため、その範囲はとても広くなっています。製造業(メーカー)の一例と簡単な説明を見ていきましょう。

【製造業(メーカー)の一例】

  1. 電気関連業界
  2. 生産用機械関連業界
  3. 自動車部品・金型関連業界
  4. その他の製造業

1.電気関連業界

電気関連業界とは、電気製品を製造する業種を意味します。その範囲には、私生活に馴染みのあるテレビや電気調理器具などの家電もあれば、発電施設や商業施設などで利用される大型電気製品の重電もあります。

2.生産用機械関連業界

生産用機械関連業界とは、物の生産に利用する機械器具の製造する業種を意味します。

農業に利用するトラクターだったり、工場・工事現場で使われるクレーンであったり、なにかを生産するために利用される機械が該当します。

3.自動車部品・金型関連業界

自動車部品・金型関連業界とは、自動車部品の製造やその金型を製造する業種を意味します。

大手自動車メーカーの傘下企業がほとんどで、自動車を構成する様々な部品の製造を担っています。

【関連】自動車部品製造業のM&A・事業承継事例10選!相談先のおすすめは?

4.その他の製造業

その他の製造業とは、分類されていない製造業種を意味します。鉛筆やペンなどの筆記用具、宝石や装飾品を始めとした貴金属製品などが該当します。

M&A・売却・買収とは

M&A・売却・買収とは、株式譲渡や事業譲渡などを用いて企業を合併・売買する手法のことをいい、経営状態の回復や事業の存続を目的に行われることが一般的です。

昨今の製造業(メーカー)においては、IoT化などの需要も相まり事業拡充の必要に迫られている企業も少なくありません。

技術者の確保やノウハウの共有を目的にM&A・売却・買収を実施する製造業(メーカー)が増えている背景があります。

【関連】製造業(メーカー)は事業承継か廃業どちらが良い?後継者問題の現状と課題も解説!

製造業(メーカー)のM&A動向・ニュース

製造業(メーカー)のM&A動向・ニュース

出典:https://pixabay.com/ja/

この章では、昨今の製造業(メーカー)のM&A動向・ニュースを紹介します。大手・中小問わず活発な動きを見せていますので順番に見ていきましょう。

【製造業(メーカー)のM&A動向・ニュース】

  1. 大手企業は海外企業や工場へのM&Aを増やしている
  2. 大手企業による中堅企業へのM&Aが増加傾向
  3. 関連業種へのM&Aの増加
  4. ピラミッド構造を解決する買収も見られる
  5. 後継者問題を解決する事業承継も増えつつある

1.大手企業は海外企業や工場へのM&Aを増やしている

日本の少子高齢化などの原因を筆頭に国内市場の規模が縮小の一途を続けていることから、海外シェアの確保を目的に海外進出を図る大手企業が増加しています。

製造業(メーカー)においても、同業種の海外企業や工場とのM&Aを果たし、着々と事業エリアを拡大しつつあります。

2.大手企業による中堅企業へのM&Aが増加傾向

これまでは、複数の企業が製造した各部品を組み立て・加工して製造されることがほとんどでした。

しかし、グループ内で全ての工程を一貫しようと、大手企業による中堅企業の買収が進められている背景があります。

3.関連業種へのM&Aの増加

近年は、関連業種とのM&Aによって、技術・ノウハウの共有を図る企業も増加しつつあります。

特に、製造業(メーカー)においては技術・ノウハウが物を言う業界であることも、M&Aが推し進められる一因となっていると考えられます。

4.ピラミッド構造を解決する買収も見られる

組織階層が明確になっているピラミッド構造においては、上下間においてはっきりとした距離があるため意思伝達に時間がかかってしまい、スピーディーに行動することができません。

特に、日本の製造業(メーカー)はピラミッド構造が顕著になっており、上層企業の思惑が下層企業まで正しく伝達されないといったデメリットが問題になっています。

5.後継者問題を解決する事業承継も増えつつある

中小の製造業(メーカー)では、後継者問題を抱える企業が増加傾向にあります。

例え業績を伸ばしていたとしても、後継者が不在のままでは事業を存続させることはできません。

適任の後継者を探す手段としてM&A・売却・買収を実施する製造業(メーカー)が増えています。

製造業(メーカー)でM&Aが活況を迎える背景

製造業(メーカー)でM&Aが活況を迎える背景

出典:https://pixabay.com/ja/

製造業(メーカー)でM&Aが活況を迎える背景については下記のポイントが挙げられます。

【製造業(メーカー)でM&Aが活況を迎える背景】

  1. 労働人口の現象による従業員・経営者の高齢化
  2. 受注単価の下落による経営難
  3. 後継者はいないが廃業はしたくない

1.労働人口の現象による従業員・経営者の高齢化

1つ目には、全国的に少子高齢化が進むなか、企業全体の高齢化が進んでいることが挙げられます。

経営者の高齢化は企業の経営に支障をきたす恐れがあり、早い段階で後継者を見つけておく必要があります。

大手企業の場合、内外問わず適任者を見つけることはそれほど難しくありませんが、地方の中小企業においては前々から準備をしておかなければなりません。

また、若い働き手不足の深刻化という問題もあります。製造業(メーカー)は専門的な技術力を必要とされるため、従業員の育成は一朝一夕というわけにもいきません。

技術と経験を保有する人材確保という目的でも、M&A・売却・買収が推し進められています。

2.受注単価の下落による経営難

製造業(メーカー)の受注単価下落によって、経営難に陥っている企業も増加傾向にあります。

同業メーカーとの競合や値下げ交渉などが原因とされており、相次ぐ受注単価の下落によって廃業・倒産という選択をとる製造業(メーカー)も少なくありません。

このような背景から、事業撤退や経営状態の回復を図るM&A・売却・買収の事例が多く見受けられるようになってきています。

3.後継者はいないが廃業はしたくない

地方の中小企業では後継者問題が深刻化しており、事業存続の危機に瀕している企業が多くなっています。

製造業(メーカー)は専門的な技術・ノウハウを必要とする業種であるため、後継者に問われる資質の高さという問題も影響していると考えられます。

後継者不在による廃業を避けるための手段として、M&A・売却・買収を実施する製造業(メーカー)が増えています。

【関連】産業用・業務用機械製造業界におけるM&Aの売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説

製造業(メーカー)のM&A成功/失敗事例

製造業(メーカー)のM&A成功/失敗事例

出典:https://pixabay.com/ja/

M&Aは必ず成功するわけではありません。大成功もあれば失敗に終わってしまうケースも存在します。この章では、製造業(メーカー)のM&A成功/失敗事例を紹介します。

成功と失敗を判別するために、比較的古い事例をピックアップしてみていきましょう。

成功事例

まずは、製造業(メーカー)のM&A成功事例を3つ紹介します。

【製造業(メーカー)のM&A成功事例】

  1. JT(日本たばこ産業)による海外たばこ事業の買収
  2. 楽天による宿泊予約サイトの買収
  3. ソフトバンクによる携帯電話事業の買収

1.JT(日本たばこ産業)による海外たばこ事業の買収

1999年、JT(日本たばこ産業)による米RJRナビスコの海外たばこ事業の買収が行われました。

積極的なブランディングを行うことで売上を大きく向上させることに成功し、海外市場の売上を従来の約10倍と大躍進を遂げました。

2.楽天による宿泊予約サイトの買収

楽天はM&Aによる買収を積極的に行っているIT企業ですが、その中でも2003年に行われた宿泊予約サイト「旅の窓口」を運営するマイトリップ・ネットを買収したことは大きな話題になりました。

当時「旅の窓口」は「楽天トラベル」のシェアを大きく上回っていましたが、両者のサービスを統合し国内旅行のシェア率2位にまで成長するなど、大躍進を遂げる結果となりました。

3.ソフトバンクによる携帯電話事業の買収

2006年、ソフトバンクが携帯電話事業ボーダフォンを買収しました。今でこそ携帯電話の大手として知られているソフトバンクですが、この買収によって本格的に携帯電話事業に参入することになります。

以降も電話通信事業のM&Aを繰り返すことで、現在のソフトバンクへと成長を遂げています。

失敗事例

続いては、製造業(メーカー)のM&A失敗事例を3つ紹介します。

【製造業(メーカー)のM&A失敗事例】

  1. 丸紅による米ガビロンの買収
  2. パナソニックによる三洋電機の買収
  3. 富士通によるICLの買収

1.丸紅による米ガビロンの買収

2012年、丸紅による米穀物大手のガビロンの買収が行われました。ガビロンは、中国の大豆輸出シェアのトップを維持していましたが、買収後に中国の寡占化警戒によって中国で事業展開を禁止する義務が課せられました。

期待していた利益を計上することができずに、ガビロンののれん代500億円の損失を出す結果となりました。

2.パナソニックによる三洋電機の買収

2009年に家電世界最大手のパナソニックが三洋電機を買収しました。三洋電機はリチウムイオン電池世界シェア首位として知られている企業でしたが、買収後に円高などの環境悪化によりリチウムイオン事業はその価値を大きく下げてしまうことになります。

その後も経営不振が続き、わずか2年の間に三洋電機の価値は完全にゼロとなり完全消滅という結果になりました。

3.富士通によるICLの買収

1990年に富士通による英国の国策IT企業ICLの買収が行われました。この買収は、当時激しくなっていくコンピュータ業界の販売競争を勝ち抜くため、拠点エリアを確保するという意味合いが強いものでした。

電算機分野において世界2位となるも、その後は業績不振が続き、2007年には2900億円の評価損を計上する結果となりました。

【関連】電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例10選!相談先のおすすめは?

製造業(メーカー)を積極的に買収する企業一覧

製造業(メーカー)を積極的に買収する企業一覧

出典:https://pixabay.com/ja/

こちらでは、製造業(メーカー)を積極的に買収している企業を紹介します。実際の買収事例を交えながら見ていきましょう。

【製造業(メーカー)を積極的に買収する企業一覧】

  1. 丸紅
  2. 村田製作所
  3. 日本電計
  4. 丸一鋼管
  5. ヤギ

1.丸紅

丸紅は大手総合商社として知られており、幅広い事業を手掛けている大手グループです。

2020年には、中国・米国・ドイツを拠点に電気自動車の開発・販売を行っているBYTONとの資本業務提携を発表しました。

BYTONの電気自動車事業を支援することで、低環境負荷のモビリティサービスの発展を目指し、該当事業の拡大を図るとしています。

2.村田製作所

村田製作所は、電子部品メーカーとして世界トップレベルに位置している企業です。

2019年に3D触力覚技術で知られているミライセンスの買収を行いました。3D触力覚技術とは、脳を錯覚させる技術でさまざまな触覚を表現することができるもので、VR/AR技術の発展に大きく貢献するといわれています。

村田製作所とミライセンスが保有する技術を共有することで、独自性のある製品・サービスの開発を進めるとしています。

3.日本電計

日本電計は、電子計測機器の販売・開発を行っている電子機器メーカーであり、2019年に新栄電子計測器を買収しました。

新栄電子計測器は、太陽光発電の開発・メンテナンスなどシステムハウス事業分野において、高い技術力を保有している企業です。

今回の買収によって、日本電計のシステムハウス事業分野のさらなる強化を図るものとしています。

4.丸一鋼管

2019年、鋼管の製造・販売メーカーである丸一鋼管は、神戸製鋼所の子会社であるコベルコ鋼管を買収しました。

コベルコ鋼管は配管、熱交換用の継目無ステンレス鋼管を始め、精密細管、異形管などの製造も行う鋼管メーカーです。

丸一鋼管の鋼管事業においてさらなる強化が見込まれるとされており、国内外での成長が期待されています。

5.ヤギ

繊維専門商社として知られているヤギは、2019年にヘルスケアベンチャー企業のDream boxを買収しました。

Dream boxは2018年に設立されたばかりの企業ですが、フィットネス物販や健康サブスクリプションなどの事業分野において好業績を記録している企業です。

今回の買収によって、ヤギはヘルスケアの事業領域の強化・拡大を図るものとしています。

【関連】輸送用機械・部品製造のM&A・会社売却の相場は?高値で売るポイントを解説!

製造業(メーカー)をM&Aする際に成功させるポイント

製造業(メーカー)をM&Aする際に成功させるポイント

出典:https://pixabay.com/ja/

製造業(メーカー)のM&A・売却・買収を成功させるためには下記のポイントに注目する必要があります。

【製造業(メーカー)をM&Aする際に成功させるポイント】

  1. 計画的に準備を行う
  2. 自社の企業価値をM&A先に伝える
  3. M&Aを行う理由を明確にする
  4. 従業員や取引先への情報開示は成立後にする
  5. M&Aの専門家に相談する

1.計画的に準備を行う

M&Aを成功させるためには入念な準備が必要不可欠です。M&Aのスキームや取引相手の選定基準などを初期段階ではっきりさせておきましょう。

これらを怠ると、その後の方向性を統一することができず、結果的にM&Aが失敗に終わってしまう可能性が高くなります。

2.自社の企業価値をM&A先に伝える

M&Aでは、自社の適切な企業価値を取引先に伝えなければ、交渉段階に進むことができません。

特に、製造業(メーカー)においては保有する技術力が企業価値に大きく起因するため、専門家による査定でなければ適切な企業価値を算出することが難しい特徴があります。

3.M&Aを行う理由を明確にする

製造業(メーカー)がM&Aを行う理由には、後継者問題の解消・人的資源の確保・事業規模の拡大・技術の共有など、さまざまなものが挙げられます。

取引先の選定や交渉において、何を重視するのか曖昧な状態でM&Aを進めてしまうと、想定していた結果を得られない可能性が高くなるため、M&Aを行う理由は明確にしておきましょう。

4.従業員や取引先への情報開示は成立後にする

M&Aは企業の行末を大きく変えるものです。上場企業であれば世界的な影響を与えることも少なくなく、M&Aを検討している事実は成立直前まで非公開にしておくことが原則とされています。

また、中小企業においても中途半端な形で情報が漏洩してしまうと、従業員や取引先に動揺を与える可能性も考えられるため、情報開示はM&A成立に行うようにしましょう。

5.M&Aの専門家に相談する

M&A・売却・買収は多数の複雑な手続きや取引先との交渉を行う必要があります。事業と並行しながら話し合いを進めていくのは、譲渡・譲受両者に多大な負担がかかってしまうでしょう。

M&Aの専門家は、M&Aに必要となる手続きの代行や、交渉の仲介などのアドバイザリー業務を請け負っています。

そのほかに適切なアドバイスを受けることもできるので、製造業(メーカー)のM&A・売却・買収を円滑に進めるためにもM&Aの専門家に相談することをおすすめします。

製造業(メーカー)のM&Aにおすすめの相談先

製造業(メーカー)のM&Aにおすすめの相談先

出典:https://pixabay.com/ja/

製造業(メーカー)のM&A・売却・買収の相談先には、地元の金融機関や公的機関、税理士/弁護士事務所などの候補がありますが、これらの機関・事務所はM&A仲介を主たる事業として行っているわけではありません。

特に、製造業(メーカー)という専門的な知識が必要されるケースでは、製造業(メーカー)に明るい専門家とM&Aの豊富な経験と知識の両立が必要不可欠です。

こういった事情を踏まえると、製造業(メーカー)のM&A・売却・買収の相談先は、M&A仲介を専門的に行っているM&A仲介会社がおすすめです。

M&A総合研究所は、製造業(メーカー)の多数の仲介実績を持っているため、製造業(メーカー)のM&A・売却・買収の際に重視するポイントを適切にアドバイスすることが可能です。

料金体系は完全成功報酬を採用しているため、M&A成立まで一切の費用が発生しません。M&Aにかかる経費を初期段階で明瞭化させておくことが可能です。

M&Aに関する相談は24時間お受けしていますので、製造業(メーカー)のM&A・売却・買収を検討の際は、お気軽にご連絡ください。

業務・産業用機械製造会社のM&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/

本記事では、製造業(メーカー)のM&A・売却・買収に関連するニュースを中心に紹介しました。

【製造業(メーカー)の一例】

  1. 電気関連業界
  2. 生産用機械関連業界
  3. 自動車部品・金型関連業界
  4. その他の製造業

【製造業(メーカー)のM&A動向・ニュース】

  1. 大手企業は海外企業や工場へのM&Aを増やしている
  2. 大手企業による中堅企業へのM&Aが増加傾向
  3. 関連業種へのM&Aの増加
  4. ピラミッド構造を解決する買収も見られる
  5. 後継者問題を解決する事業承継も増えつつある

【製造業(メーカー)でM&Aが活況を迎える背景】

  1. 労働人口の現象による従業員・経営者の高齢化
  2. 受注単価の下落による経営難
  3. 後継者はいないが廃業はしたくない

【製造業(メーカー)のM&A成功事例】

  1. JT(日本たばこ産業)による海外たばこ事業の買収
  2. 楽天による宿泊予約サイトの買収
  3. ソフトバンクによる携帯電話事業の買収

【製造業(メーカー)のM&A失敗事例】

  1. 丸紅による米ガビロンの買収
  2. パナソニックによる三洋電機の買収
  3. 富士通によるICLの買収

【製造業(メーカー)を積極的に買収する企業一覧】

  1. 丸紅
  2. 村田製作所
  3. 日本電計
  4. 丸一鋼管
  5. ヤギ

【製造業(メーカー)をM&Aする際に成功させるポイント】

  1. 計画的に準備を行う
  2. 自社の企業価値をM&A先に伝える
  3. M&Aを行う理由を明確にする
  4. 従業員や取引先への情報開示は成立後にする
  5. M&Aの専門家に相談する

製造業(メーカー)は独自の技術を保有する企業も多く、大手・中小問わずM&Aの需要の広がりを見せており、この傾向は今後も拡大していくものと考えられます。

製造業(メーカー)のM&A・売却・買収を検討の際は、M&A総合研究所までお気軽にご連絡ください。

M&A総合研究所では、アドバイザー・会計士・弁護士が3名体制で就き、クロージングまでを丁寧にフルサポートいたします。

業務・産業用機械製造会社のM&A・事業承継ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界は土地さえあれば参入しやすい事業です。しかし、人口減少や車離れの影響で、簡単に収益が得られなくなると予測されています。その時に取れる手段の1つがM&A・譲渡です。この記事では駐車場業界...

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

飲食店は毎年数多くの新規参入がありますが、その一方で毎年数多くの廃業も出ている業界です。本記事では、3年以内の廃業率が70%ともいわれている、飲食店が廃業へと至る理由や、潰れない飲食店の特徴など...

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

本記事では、住宅建設業界のM&Aについて、2020年の業界の最新動向や買収相場の考え方、M&Aのメリット・デメリットなどを解説していきます。実際に行われた住宅建設会社のM&A事例も、2020年の...

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

お金や資産を貸し出して利益を得ているのが金融・リース・レンタル事業です。当記事では、金融・リース・レンタル事業の概要をはじめ、各業種が抱えている問題や、事業承継の可能性、事業承継の手順・事例・注...

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

今後の成長が期待されているITソフトウェア業界では、ソフトウェア開発の重要性の高まりから、他業界やスタートアップ企業の参入が多く、M&Aが積極的に実施されています。本記事では、ITソフトウェア業...

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

利用者にまつ毛エクステを施すのがマツエクサロンの事業です。当記事では、マツエクサロンが置かれている現状をはじめ、M&Aの動きや、M&Aを用いた際のメリット、M&Aで注意を払う点、M&Aの手続き、...

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界は国内の市場規模は減少しているものの海外展開など顧客のニーズが変化してきており、今まで以上にM&Aが行われるようになると予測されます。今回は今度積極的に行われていくジュエリー業界の...

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

資金・商品を貸して利益を得るのが金融・リース・レンタル業です。当記事では、金融・リース・レンタル業の内容をはじめ、各業界に見られる事業譲渡(事業売却)の動きや、事業譲渡(事業売却)の手順、メリッ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)