2021年5月15日更新業種別M&A

輸送用機械・部品製造のM&A・会社売却の相場は?高値で売るポイントを解説!

輸送用機械・部品製造業界では、自動車分野を中心とする先進技術の開発競争・ビジネスモデルの変化が見られて、大きな転換期を迎えている状況です。本記事では、輸送用機械・部品製造業界のM&Aにおける売却相場や高値で売却する方法などを中心にわかりやすく解説します。

目次
  1. 輸送用機械・部品製造のM&A・売却
  2. 輸送用機械・部品製造のM&Aの動向
  3. 中小企業が抱える課題点
  4. 輸送用機械・部品製造のM&A・会社売却の相場
  5. 輸送用機械・部品製造を高値で売るポイント
  6. 輸送用機械・部品製造のM&Aを行うメリット
  7. 輸送用機械・部品製造の買収積極企業一覧
  8. 輸送用機械・部品製造のM&A仲介実績
  9. 輸送用機械・部品製造のM&Aを行う際の相談先
  10. 輸送用機械・部品製造のM&A・会社売却まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

輸送用機械・部品製造のM&A・売却

輸送用機械・部品製造のM&A・売却

本記事では輸送用機械・部品製造のM&Aにおける動向・売却相場・成功させるポイントなどを解説しますが、まずは輸送用機械・部品製造の定義およびM&A・事業承継の意味について把握しておきましょう。

輸送用機械・部品製造とは

輸送用機械・部品製造会社とは、自動車・鉄道・船舶・航空機・産業用運搬車両・自転車・その他輸送用機械および、これら輸送用機械の部品を製造する会社のことです。特に、自動車業界において輸送用機械・部品製造は中心的な位置づけにあり、日本の製造業全体においても重要な位置を占めています。

M&A・売却・買収とは

M&Aとは、株式譲渡事業譲渡合併などの手法を用いて、会社や事業の売却・買収・統合などを行うことです。特に輸送用機械・部品製造業界では大きな業界再編が続いており、環境変化に対応するためのM&Aが活発に実施されています。

事業承継とは

事業承継とは、経営者が後継者に対して事業を引き継ぐことです。輸送用機械・部品製造業界に限らず、さまざまな業界の中小企業の多くは経営者の高齢化により事業承継の時期を迎えていますが、この中には後継者がいないために廃業せざるを得ない会社も少なくありません。

特に下請け型の中小企業が土台を支えている輸送用機械・部品製造業界において、後継者不在の問題は業界全体に影響を及ぼす深刻な課題です。そのため、公的機関・金融機関・民間の専門家などが連携して、輸送用機械・部品製造業界のM&A・事業承継に対するサポートが進められています。

【関連】金属製品・材料卸売のM&A・事業承継事例10選!相談先のおすすめは?

輸送用機械・部品製造のM&Aの動向

輸送用機械・部品製造のM&Aの動向

本章では、輸送用機械・部品製造業界のM&A動向について、以下の項目に分けて取り上げます。

  1. 異業種とのM&Aが行われる
  2. 大手企業による内製化需要の増加
  3. 海外進出を考えたM&Aが見られる

それぞれの項目を順番に詳しく解説します。

①異業種とのM&Aが行われる

近年の輸送用機械・部品製造業界では、環境・安全などに配慮した製品が求められています。これに対応すべく、輸送用機械・部品製造業界では、IT企業などの異業種とM&Aを行うケースが増加中です。

具体的な事例を挙げると、2017年に段ボール印刷機や防衛機器などを製造する「石川製作所」が、防衛用航空機・船舶・車両用電子機器メーカーの「関東航空計器」を買収しています。

軍事力を増強し続ける国に囲まれた日本では政府が防衛力の強化を図っており、石川製作所は高性能化が加速する防衛用輸送機械・部品の製造に対応するために関東航空計器とのM&Aを決断しました。

同じく2017年に大手自動車部品メーカーの「デンソー」は電子機器メーカーの「イビデン」と資本業務提携を提携しており、環境規制への対応に向けた製品開発を共同で進めています。また、2018年にデンソーはシステム開発会社「東芝情報システム」と資本提携を締結し、自動運転分野への対応力を強化しました。

このように環境規制や安全技術開発に対応するために、今後も異業種とのM&Aは増加すると推測されます。

②大手企業による内製化需要の増加

自動車分野をはじめとする輸送用機械・部品製造業界では、グローバル市場において先進技術開発競争が激化しているため、大手メーカー各社が自社グループでの独自開発を急速に進めています。独自開発の質を高め開発スピードを上げるべく、M&Aにより製品開発・製造の内製化を進める大手企業が増加中です。

具体的な事例を挙げると、2017年に輸送用機器メーカーの「ヤマハ発動機」は、アメリカのボート周辺機器メーカー2社を買収しました。マリン市場は国内外で成長を続けており、これに伴い先進機能開発も加速しています。

ヤマハ発動機は中期経営計画においてマリン市場でのシェア獲得を図っており、M&Aにより先進機能開発の品質とスピードを向上させています。また、2016年には「ルノー・日産アライアンス」がフランスのソフトウエア開発会社を買収しました。

これにより、グループ内に電気自動車、自動運転技術開発の技術・ノウハウ・人材を蓄積することで、一貫した開発・製造を行える体制が整備されています。その一方で、単独での先進技術開発が難しい中堅企業や中小企業では、大手企業の傘下入りやライセンスの獲得を目指す動きが目立っている状況です。

③海外進出を考えたM&Aが見られる

近い将来に高確率で国内市場が縮小するため、輸送用機械・部品製造業界では海外市場の開拓が進んでいますが、特にグローバル市場では新興国需要の獲得競争が激化しています。

具体的な事例を挙げると、2018年に特装車メーカーの「極東開発工業」は、鉄道車両や特装車の製造・販売を行う「北陸重機工業」を子会社化しました。アジアやアフリカでは、急速な経済成長により鉄道関連需要が急増しています。

そこで極東開発工業では、海外への納入実績も豊富な北陸重機工業をグループに迎えて海外進出を本格化させたのです。また、2016年に機械メーカーの「ナブテスコ」は、ドイツで自動車用部品を製造する「OVALO GmbH」を買収して子会社化しました。

ナブテスコはこれまでにも海外で鉄道車両用機器事業や商用車用機器事業を開拓するための買収を行っていますが、本格参入によって十分な成果を上げるためにOVALO社を買収しました。こうした背景を踏まえると、今後はM&Aを用いて強固な海外拠点を築くことが重要な経営戦略に位置づけられると推測されます。

【関連】製造業(メーカー)のM&A動向・ニュース!成功/失敗事例や積極買収企業一覧も公開!

中小企業が抱える課題点

中小企業が抱える課題点

日本を含めた先進国では製造業からサービス業に産業構造が移行している点および、少子化による人口減少と高齢化が進行している点などを受けて、中小規模の輸送用機械・部品製造では、人材不足と後継者不在の問題が深刻化しています。

これらの問題が要因となり廃業に追い込まれる中小企業も多いことから、最近ではM&Aによる第三者への事業承継を活用するなどして事業の存続を図る動きが目立っています。

【関連】中小企業で深刻化する人材不足!原因と対策をご紹介

輸送用機械・部品製造のM&A・会社売却の相場

輸送用機械・部品製造のM&A・会社売却の相場

本章では、輸送用機械・部品製造会社のM&Aで実施される「売却価格の算出方法」とその難易度について順番に取り上げます。

会社売却の相場を算出する方法

会社売却の相場を算出するには、まず自社の企業価値算定を行わなければなりません。企業価値評価は、現在の企業価値である時価純資産に将来の期待収益である営業権(のれん)を加えて算出します。厳密にいうと、コストアプローチ・インカムアプローチ・マーケットアプローチを組み合わせて算出する仕組みです。

上記の方法で算定した企業価値をもとに、売り手側と買い手側の交渉結果を加味して最終的な売却価格が決定されます。なお、売却価格の交渉では、以下の要素が重要といえます。これらの要素を勘案しながら、売り手側と買い手側が条件をすり合わせてM&Aによる会社売却の相場を形成していく仕組みです。

  • 期待される事業シナジー
  • M&Aの目的・意義
  • 交渉当事者の意欲・価値観などの相性
  • のれんの償却
  • 債権者・株主・取引先などとの関係性

会社売却額の相場算出は難しい?

売却価格の算出はさまざまな要素を考慮しながら行わなければならず、必要な要素をすべて的確に盛り込むには幅広い専門知識と豊富な交渉経験が必要です。そのため、売却価格の算出を経営者自身で行うことは非常に困難であり、専門家にサポートを求めることをおすすめします。

【関連】電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例10選!相談先のおすすめは?
【関連】自動車小売業(ディーラー)のM&A・事業承継事例10選!相談先のおすすめは?

輸送用機械・部品製造を高値で売るポイント

輸送用機械・部品製造を高値で売るポイント

輸送用機械・部品製造会社を売却する際は、以下の7つのポイントを意識しましょう。

  1. 土壌汚染の程度 
  2. 金型技術のノウハウ
  3. オートメーション化の割合
  4. 発注先の頻度・偏りがない
  5. 営業部署を持っている
  6. 発注の帳簿
  7. M&Aの専門家に相談する

それぞれのポイントを順番に詳しく紹介します。

①土壌汚染の程度

輸送用機械・部品製造会社を売却する際は、事前に土壌汚染の状況を調査しておく必要があります。土壌汚染に関するリスクは、周辺住民・従業員などへの健康被害だけでなく、企業の信用度や不動産価値の低下・土壌汚染の除去費用負担など多岐にわたります。

上記を踏まえて、M&Aによる売却を行う前には信頼できる調査機関に調べてもらい、調査結果を買い手に対して正確に提供できるようにしておくなどできる限りの対策を施すことが重要です。

②金型技術のノウハウ

最近では、製造業大手が高い金型技術を持った企業との取引・提携・買収を積極的に進めています。つまり、中品質の製品の安価な大量生産を実現した中国をはじめアジア各国がモノづくりの力を付けていく中で、日本の製造業には高品質な製品の大量生産が求められている状況です。

高度な金型技術の有無がモノづくりの先進技術を支えているため、「金型技術のノウハウを持っているかどうか」がM&Aの成否を大きく左右します。

③オートメーション化の割合

多くの日本企業が生産コストを下げるために生産拠点を中国に移しましたが、その後は中国の人件費高騰により東南アジア各国に生産拠点が移りました。ところが、最近では東南アジアでも人件費の高騰する国が増えており、依然として人件費が安い国も高騰化が進むのは時間の問題だといえます。

日本国内の人手不足と海外の人件費高騰などを受けて、現在の製造業ではファクトリーオートメーションが急速に進んでいます。ファクトリーオートメーションとは、工場における生産工程の自動化を図るシステムのことです。

ファクトリーオートメーションは大手・中堅企業では必須とされており、M&Aによる売却側においても「オートメーション化をどの程度進めているのか」が評価基準のひとつとされています。

④発注先の頻度・偏りがない

最近では自動車業界をはじめさまざまな業界で業界再編が起きているため、取引先が偏っている企業の負うリスクはこれまで以上に大きくなっています。その一方で、業界構造の変化に柔軟に対応できる体制を整えている企業であれば、買い手側が買収リスクを抑えられるため、M&Aに踏み切る可能性が高いです。

⑤営業部署を持っている

中小規模の輸送用機械・部品製造会社では、営業部署を持たずに経営者自らが営業を行っているケースや、営業スタッフが1人のみというケースも少なくありません。しかし、買い手側からすると、買収後に新たな営業部門を立ち上げるコストは大きいため、営業体制が整っている会社を買収した方が効率的です。

輸送用機械・部品製造業界では営業力の弱い会社が多いからこそ、営業体制の整っている会社は好条件での売却が可能です。

⑥発注の帳簿

発注帳簿など取引履歴の整理も大事な作業です。中小企業・小規模事業者の中には、帳簿の記載ミスにより簿外債務が発生しているケースが多く見られます。こうした企業の場合、買い手によるデューデリジェンスで簿外債務が見つかると買い手候補からの信用度が大きく下がり売却価格に悪影響が及びやすいです。

そのため、専門家からサポートを得て、簿外債務の有無や偶発債務のリスクを洗い出しておくことが重要です。

⑦M&Aの専門家に相談する

ここまでの成功ポイントを踏まえて、輸送用機械・部品製造会社のM&Aを行う際は専門家への相談がおすすめです。M&A仲介会社などの専門家は、M&Aの手続きをサポートするだけでなく、M&A時の不安や課題を解決したり売却価値を高めたりする総合プロデューサーとしての役割も果たします。

特に輸送用機械・部品製造業界のM&Aを得意とする専門家に相談すれば、満足度の高いM&Aを達成できる可能性が高まります。

【関連】製造業(メーカー)は事業承継か廃業どちらが良い?後継者問題の現状と課題も解説!

輸送用機械・部品製造のM&Aを行うメリット

輸送用機械・部品製造のM&Aを行うメリット

輸送用機械・部品製造会社を対象とするM&Aは、譲渡側・譲受側の双方にさまざまなメリットをもたらします。そこで本章では、それぞれの当事者が享受できるメリットを順番にリストにしてまとめました。

譲渡側のメリット

輸送用機械・部品製造のM&Aで譲渡を行うメリットは、主に以下のとおりです。

  • 後継者問題の解決ができる 
  • 従業員の雇用先を確保できる
  • 大手企業の傘下入りで経営が安定する
  • 個人保証・担保が解消する
  • 創業者利益を獲得できる

上記のメリットに魅力を感じる場合、M&Aによる輸送用機械・部品製造会社の譲渡を積極的に検討すると良いでしょう。

譲受側のメリット

輸送用機械・部品製造のM&Aで譲受を行うメリットは、主に以下のとおりです。

  • 競争力を強化できる
  • 製品ラインナップを充実させられる
  • 新規参入をスムーズに行える
  • 材料費などのコストを削減できる
  • ノウハウ・人材・設備などの経営資源を獲得できる
  • 新たな生産拠点を確保できる
  • 他分野の生産技術を獲得できる
  • 双方の顧客に対して一括的に提案できるうえに組立作業の受注も狙える

上記のメリットに魅力を感じる経営者の方は、M&Aによる輸送用機械・部品製造会社の譲受を積極的に検討してみてください。

【関連】M&Aのメリットとは?買い手・売り手のメリットやM&A戦略策定・手法別のメリットを紹介

輸送用機械・部品製造の買収積極企業一覧

輸送用機械・部品製造の買収積極企業一覧

本章では、輸送用機械・部品製造会社の譲渡を検討する経営者の方に向けて、M&Aによる買収に積極的な企業を一覧表にしてまとめました。

企業名 事業の概要 アピールポイント
ブロードリーフ ・業界随一の自動車アフターマーケット向け業務アプリケーションの開発提供を中心に携帯電話業界、旅行業界、製造業など30,000社以上の顧客へ価値を提供。
・積極的な新規事業開発とグローバル展開を推進。
・AI、AR/MR/VR、IoT、Fintechなど先端技術の導入。
・外国政府機関や大学などの学術機関とも積極的に連携。
・既存の枠に捉われない新規事業およびグローバル化を積極推進。
大阪油化工業 ・1949年の創業以来、高品質にこだわり精密蒸留に関する総合的なサービスを提供。
・研究開発段階から小規模生産を通じた生産プラントの設計、大規模生産への移行まで一気通貫で行える。
・約70年の歴史の中で3,000品目以上の高純度精製を手掛けてきた技術と経験をシェア。
・化学業界はじめ多岐にわたる業界の優良メーカーを含む顧客基盤も活用可能。
東京応化工業 ・半導体フォトレジスト分野で世界No.1シェアのメーカー。
・高純度化学薬品を中心とした製造材料や、半導体用/ディスプレイ用製造装置などのプロセス機器、その他化学薬品の製造販売も行っている。
・当社との共同開発はもちろん、当社の高性能製造設備の活用、当社の販路を生かした市場開拓、資金投下などをとおしてビジネスを全面的にサポート。
イグニション・ポイント ・戦略、企画から実行までを手がけるコンサルティングだけでなく、AI/クラウド/ビッグデータ/IoTをはじめとする先端テクノロジーを活用した自社事業展開を行うハイブリッドスタートアップ。 ・「働きがいのある会社」ベストカンパニーに4年連続で選出。
・6期連続売上前年比150%超えのイノベーションファーム。
・マッキンゼー、BCG、ATカーニー、アクセンチュアなどグローバルファーム出身者が集う。
AKIBAホールディングス ・5G/LPWAなどの通信建設工事事業(折衝/設計/施工/保守)、メモリ製品/IoTデバイスの開発/製造/販売事業、高性能計算機の開発/販売事業、その他IT/IoTを活用した幅広い事業を展開。 ・M&Aを活用した多角化を進めており、カルチャーの異なる会社の受け入れに関して豊富な経験がある。
・グループ内に幅広い専門人材がそろい、相互のノウハウ提供が可能。
・管理部門のサポートも行える。

【関連】特殊運送・輸送会社のM&A・会社売却!譲渡事例や積極買収企業を紹介!

輸送用機械・部品製造のM&A仲介実績

輸送用機械・部品製造のM&A仲介実績

本章では、輸送用機械・部品製造のM&A仲介実績として、日本M&Aセンターの事例を参考に紹介します。直近の報告事例(2019年実績)を見ると4件の仲介実績が発表されており、輸送用機械・部品製造会社が買い手となっている事例もあれば、売り手となっている事例も同様に見られる点が特徴的です。

なお、4件中3件のM&Aは国内企業同時のM&Aであり、残りの1件はクロスボーダーM&A(輸送用機械・部品製造会社が海外企業で譲受側)です。

【関連】M&A実績の豊富な仲介会社

輸送用機械・部品製造のM&Aを行う際の相談先

輸送用機械・部品製造のM&Aを行う際の相談先

輸送用機械・部品製造業界のM&A・事業承継の交渉を円滑に進めつつ売却利益を最大化するためには、M&Aに精通していて製造業の支援経験を豊富に持っているM&A仲介会社のサポートがベストです。もしもM&A仲介会社選びでお悩みでしたら、M&A総合研究所にお任せください。

M&A総合研究所には豊富な知識と実績を持ったアドバイザーが在籍しており、これまでに培ってきたノウハウを生かしてM&A・事業承継の手続きをフルサポートしております。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)相談料は無料となっておりますので、輸送用機械・部品製造業界のM&Aの実施に不安がある場合にはお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

輸送用機械・部品製造のM&A・会社売却まとめ

輸送用機械・部品製造のM&A・会社売却まとめ

本記事では、輸送用機械・部品製造のM&Aにおける会社売却の相場や高値で売るポイントなどを解説しました。輸送用機械・部品製造業界では自動車分野をはじめ大きな転換期を迎えているため、M&Aを行う際には動向の見極めが大切です。

また、輸送用機械・部品製造のM&A・事業承継を円滑に進めるためには、製造業のM&A支援経験を豊富に持つM&A仲介会社のサポートがおすすめです。本記事の要点は、以下のとおりです。

・輸送用機械・部品製造業界の現状
→異業種とのM&Aが行われる、大手企業による内製化需要の増加、海外進出を考えたM&Aが見られる

・輸送用機械・部品製造会社を売却する際のポイント
→土壌汚染の程度 、型技術のノウハウ、オートメーション化の割合、発注先の頻度・偏りがない、営業部署を持っている、発注の帳簿、M&Aの専門家に相談する

・輸送用機械・部品製造のM&Aを行うメリット(譲渡側)
→後継者問題の解決ができる 、従業員の雇用先を確保できる、大手企業の傘下入りで経営が安定、個人保証・担保の解消、創業者利益を獲得できる

・輸送用機械・部品製造のM&Aを行うメリット(譲受側)
→競争力を強化できる、製品ラインナップを充実させられる、新規参入をスムーズに行える、材料費などのコストを削減できる、ノウハウ・人材・設備などの経営資源を獲得できる、新たな生産拠点を確保できる、他分野の生産技術を獲得できる、双方の顧客に対して一括的に提案できるうえに組立作業の受注も狙える

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

日本の高齢化社会が進むにつれ、老人ホームの需要が高まると予想されています。同業種だけでなく異業種からの参入も増えており、業界内のM&Aが活性化しています。本記事では、老人ホームM&Aの動向や買い...

障害福祉M&A!買い手と売り手のメリットとデメリットは?注意点なども解説

障害福祉M&A!買い手と売り手のメリットとデメリットは?注意点なども解説

障害福祉業界とは、介護を必要とする身体・知的・精神障害者の生活支援サービスを行う業界を指します。本記事では、障害福祉サービス事業者がM&Aを行う場合の買い手と売り手のメリットとデメリット、M&A...

グループホームは廃業するより売るべき?売り手と買い手のメリットを比較!

グループホームは廃業するより売るべき?売り手と買い手のメリットを比較!

新型コロナウイルス感染症の影響により、認知症高齢者グループホームなど、多くの介護事業所で経営が悪化し、廃業の危機に直面している所もあります。本記事では、グループホームを廃業するよりM&Aによる売...

調味料でもM&A?食品製造業界を調査!売買の動きや過去事例なども紹介

調味料でもM&A?食品製造業界を調査!売買の動きや過去事例なども紹介

調味料・食品製造業界は、将来的に市場が縮小していく可能性があります。そのため、調味料・食品製造業界の大手企業はM&Aによって競争力を高める動きがみられます。本記事では、調味料・食品製造業界の動向...

介護事業を買いたい!買い手が注意するポイントは?過去事例と共に紹介

介護事業を買いたい!買い手が注意するポイントは?過去事例と共に紹介

高齢化で介護事業が市場拡大しており、買いたいと思っている経営者も多いと考えられます。本記事では、介護事業を買いたい時に注意すべきポイントを解説します。また、実際に行われた介護事業のM&A事例や、...

調剤薬局の身売りは全て大手に?理由は?他の買い手のメリットも調査

調剤薬局の身売りは全て大手に?理由は?他の買い手のメリットも調査

調剤薬局業界では中小の薬局が大手に身売りするケースが多く、徐々に寡占化が進んでいます。本記事では調剤薬局の身売りについて、大手が主な買い手となる理由や、最近の大手薬局のM&A動向、身売りを検討す...

食肉卸業界のM&A成功/失敗事例5選!注意点や成功のポイントを解説

食肉卸業界のM&A成功/失敗事例5選!注意点や成功のポイントを解説

日本の食肉需要量は高く推移していますが、消費者のニーズが変化してきたにより多様な食肉生産が求められるようになってきています。本記事では、食肉卸業界でM&Aをする際の注意点や成功のポイント、M&A...

美容雑貨製造業界のM&A・事業承継!動向・注意点・相場を解説【事例有】

美容雑貨製造業界のM&A・事業承継!動向・注意点・相場を解説【事例有】

近年、美容雑貨製造業界のM&Aが活発になっています。特に、インバウンド需要の拡大や海外製品の輸入増加が影響しており、対応力をつけるためにM&Aを実行するケースも増えています。今回は、美容雑貨製造...

空調機器製造業界のM&A情報!メリット・デメリットや注意点を解説

空調機器製造業界のM&A情報!メリット・デメリットや注意点を解説

空調機器製造業界とは、エアコン、空気清浄機、冷凍機、送風機器、換気扇などの空調設備を製造している業界であり、現在は変化の時期を迎えています。本記事では、空調機器製造業界でM&Aを行うメリット・デ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)