M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年11月2日公開

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例10選!相談先のおすすめは?

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

本記事では、電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例や、M&A・事業承継の相談先専門家などをご紹介します。また、電子機器・回路基板・部品製造業界の動向や、電子機器・回路基板・部品製造業界でM&A・事業承継を成功させるポイントについても解説します。

目次
  1. 電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継・譲渡・売却
  2. 電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例10選
  3. 電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継動向
  4. 電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継する際のポイント
  5. 電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継する際の相談先
  6. 電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継するメリット
  7. 電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継・事業譲渡・売却する際におすすめの仲介会社
  8. まとめ

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継・譲渡・売却

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継・譲渡・売却

本記事では、電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例などをご紹介していきますが、まずは電子機器・回路基板・部品製造や半導体、電子デバイスの定義、M&A・事業承継の意味について解説します。

電子機器・回路基板・部品製造とは

電子機器に該当する製品は多岐に渡り、液晶テレビ・スマートフォン・冷蔵庫、洗濯機などの日常使うものから、企業を支える大規模システム・機械、科学技術や社会インフラを支えるスーパーコンピューター・大規模サーバーなどがあります。

これらの電子機器には、すべて電子部品が実装されたプリント回路基板が搭載されています。

電子機器の回路基板・部品製造会社は、プリント配線板や半導体・電子デバイスといった、プリント回路基板の部品製造を行なっています。

半導体とは

半導体とは、電気を通す導体と電気を通さない絶縁体、2つの中間の電気伝導率を持っている物質です。

半導体は条件によって電気の抵抗率を変えることができるので、電子機器の制御をするために欠かせない部品となっています。

電子デバイスとは

電子デバイスとは、プリント回路基板を構成する、抵抗・コンデンサ・コイルや、ダイオード・トランジスタといった部品のことです。

電子デバイスを取り付けることによって、電気の増幅・蓄積・放出・調整などのコントロールを行います。

M&Aとは

M&Aとは、法人の統合手法である合併や、買収手法である株式譲渡や事業譲渡などの総称です。

電子機器・回路基板・部品製造業界では、自社グループ内でサプライチェーンを構築するためのM&Aや、海外展開を行うためのM&Aなどが行われています。

これまではスマートフォン関連のM&Aが多く見られましたが、近年は、自動車関連のM&Aが再び増加しています。

事業譲渡・売却とは

事業譲渡とは、事業の一部または全部を売却するM&A手法です。電子機器・回路基板・部品製造業界でも、事業のスリム化や選択と集中を進めるため、事業譲渡による売却が行われます。

売却資産を個別に選択することができるので、手放したい資産だけを売却できるというメリットがあります。

事業承継とは

事業承継とは、後継者に事業を引き継ぐ行為を指します。電子機器・回路基板・部品製造業界を支えている中小企業の多くが、経営者の高齢化により事業承継の時期を迎えています。

事業承継は、誰に事業を引き継ぐかによって、以下の種類に分けられます。

  • 親族間事業承継 
  • 親族外事業承継
  • M&Aによる事業承継

親族間事業承継

経営者の子ども・兄弟などの親族に事業を引き継ぐケースを、親族間事業承継と呼びます。

近年は、電子機器・回路基板・部品製造業界でも、後継者のいない中小企業が増えています。

その原因として、経営者の子どもが家業を継がないケースが増えたことや、経営者が事業の先行き不安から子どもに継がせないケースが増えたこと、などが挙げられます。

親族外事業承継

自社の役員や従業員、外部から招いた人材に事業を引き継ぐケースを、親族外事業承継と呼びます。

電子機器・回路基板・部品製造業界の中でも、比較的規模の大きい企業で用いられる方法ですが、人材不足や育成の遅れなどにより、親族外事業承継がスムーズにいかないケースも少なくありません。

M&Aによる事業承継

M&A仲介会社などの専門家に事業承継先を探してもらい、交渉を通じて事業を売却する方法がM&Aによる事業承継です。

後継者不在や人材不足に悩む電子機器・回路基板・部品製造業界でも、M&Aによる事業承継が積極的に活用されるようになっています。

【関連】製造業(メーカー)は事業承継か廃業どちらが良い?後継者問題の現状と課題も解説!

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例10選

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例10選

ここからは、以下の電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例をご紹介します。

  1. テクタイトによる双電産業の買収
  2. トレックス・セミコンダクターによるインドのCirel Systems社との資本提携
  3. 大日光・エンジニアリングによる栃木電子工業の事業譲受
  4. ソードによる東芝デジタルソリューションズの事業譲受
  5. シェアリングテクノロジーによる電子プリント工業の買収
  6. 日東工業による北川工業の買収
  7. RS Technologiesによるユニオンエレクトロニクスソリューションの買収
  8. 加賀電子による富士通エレクトロニクスの買収
  9. 佐鳥電機によるイノテックのHDD販売事業譲受
  10. DICによる太陽HDとの資本業務提携

1.テクタイトによる双電産業の買収

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例10選1

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例1件目は、テクタイトによる双電産業の買収です。

電子部品商社のテクタイトは、2019年に双電産業の全株式を取得し、子会社化しました。双電産業は石川県を拠点に、北陸3県で電子部品・電子製品の製造や卸売を行っています。

テクタイトは、自社の販路やノウハウを双電産業に活用することで、中部地方の拠点としてシナジー効果が得られると判断し、買収に至っています。

2.トレックス・セミコンダクターによるインドのCirel Systems社との資本提携

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例10選2

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例2件目は、トレックス・セミコンダクターによるインドのCirel Systems社との資本提携です。

アナログ電源ICメーカーのトレックス・セミコンダクターは、2019年、インドのアナログ半導体製品開発ファブレスメーカーである、Cirel Systems Pvt. Ltd.と資本提携を結びました。

Cirel社は、デジタルとアナログを混載した製品開発に強みを持ち、トレックス社は省電力で小型の製品開発に強みを持っているので、資本提携により両社の弱みを補完し強みを伸ばすことで、市場ニーズに柔軟に対応できるとしています。

3.大日光・エンジニアリングによる栃木電子工業の事業譲受

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例10選3

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例3件目は、大日光・エンジニアリングによる栃木電子工業の事業譲受です。

2019年、大日光・エンジニアリングは、プリント基板製造会社の栃木電子工業と事業譲渡契約を結び、プリント配線基板製造事業を譲受しました。

栃木電子工業は、アミューズメント機器向けの需要低下などにより業績が悪化し、民事再生法適用を申請していました。

大日光・エンジニアリングは、栃木電子工業のスポンサー企業として支援を行うことで、中期的には自社事業にもシナジー効果があると判断し、事業の譲受に至っています。

4.ソードによる東芝デジタルソリューションズの事業譲受

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例10選4

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例4件目は、ソードによる東芝デジタルソリューションズの事業譲受です。

2019年、組込みPCや周辺機器の製造・販売などを行うソードは、東芝デジタルソリューションズと事業譲渡契約を結び、組込み機器の開発・製造・販売事業を譲受しました。

ソードは、本事業譲受により事業シナジーが得られ、より付加価値の高い製品およびサービスを提供できると判断し、買収に至っています。

5.シェアリングテクノロジーによる電子プリント工業の買収

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例10選5

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例5件目は、シェアリングテクノロジーによる電子プリント工業の買収です。

シェアリングテクノロジーは、2018年、家電や照明器具向けのプリント配線板を製造・販売する電子プリント工業と事業譲渡契約を結び、子会社化しました。

シェアリングテクノロジーは、売上高や利益率が安定的に推移している電子プリント工業をグループに加えることで、企業価値の拡大が図れると判断し、買収に至っています。

6.日東工業による北川工業の買収

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例10選6

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例6件目は、日東工業による北川工業の買収です。

2018年日東工業は、電子精密部品の製造・販売を行う北川工業に対して株式公開買付を実施し、2019年に子会社化しました。

分配電盤の製造をコア事業としている日東工業は、北川工業の持つ電磁波から電子部品を守る技術を獲得することで、新製品の開発や海外での事業拡大を図っています。

7.RS Technologiesによるユニオンエレクトロニクスソリューションの買収

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例10選7

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例7件目は、RS Technologiesによるユニオンエレクトロニクスソリューションの買収です。

2018年RS Technologiesは、電子部品・機器の販売や電子機器の開発・設計を行うユニオンエレクトロニクスソリューションと株式譲渡契約を結び、子会社化しました。

RS Technologiesは、自社の半導体生産設備の買取・販売事業とユニオンエレクトロニクスソリューションの事業シナジーが高いと判断し、子会社化によってさらなる事業拡大を図っています。

8.加賀電子による富士通エレクトロニクスの買収

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例10選8

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例8件目は、加賀電子による富士通エレクトロニクスの買収です。

2018年、加賀電子は電子デバイス製品の設計・開発・販売事業を行なっている富士通エレクトロニクスと株式譲渡契約を結び、子会社化しました。今後、段階的に株式を取得していき、完全子会社化する予定です。

加賀電子は、富士通エレクトロニクスの買収により、電子デバイス商材の拡大・顧客基盤の共有・利益率の向上・海外競争力の強化など、事業シナジーの最大化を図っています。

9.佐鳥電機によるイノテックのHDD販売事業譲受

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例10選9

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例9件目は、佐鳥電機によるイノテックのHDD販売事業譲受です。

電子部品・電子機器の販売などを行う佐鳥電機は、2017年にイノテックと事業譲渡契約を結び、HDD販売事業を譲受しました。

イノテックは電子部品などの輸入・販売や、自社製品の開発を行っており、佐鳥電機はイノテックのHDD販売事業を譲受することで、ストレージ販売事業を強化しています。

10.DICによる太陽HDとの資本業務提携

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例10選10

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例10件目は、DICによる太陽HDとの資本業務提携です。

2017年化学メーカーのDICは、電子部品用化学品部材の製造・販売などを行う太陽HDの新株と自己株式を第三者割当により引き受け、持分法適用会社としました。

DICは、自社の基板技術と太陽HDのプリント配線板関連技術を合わせることにより、新製品の開発や海外での事業強化などを進めています。

【関連】IoT業界におけるM&Aの売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継動向

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継動向

電子機器・回路基板・部品製造業界のM&A・事業承継動向は以下のように推移しています。

  1. 海外に生産拠点が移っている 
  2. 最新機器の受注を取れることが重要
  3. 事業所数は徐々に減少している

1.海外に生産拠点が移っている

これまで日本の電子機器・回路基板・部品製造業界は、性能の高さで他国と差別化を図ってきました。しかし近年は、中国・韓国・台湾など、安価な製品を作ってきた国で品質が向上してきています。

日本企業も高性能な製品を出来る限り安く製造するため、海外に拠点を設ける企業が増加しています。

2.最新機器の受注を取れることが重要

自動車業界における技術の大転換や、スマートフォンの性能向上、IoTの普及などにより、電子機器・回路基板・部品製造業界に対する需要も変化しています。

トレンドの変化に対応した製品開発を行い、最新機器の受注を取れるかが生き残るためのカギとなっています。

3.事業所数は徐々に減少している

電子機器・回路基板・部品製造業界の市場規模は堅調に推移していますが、事業所数は減少傾向にあります。

理由として、大手・中堅企業が自社グループ内でサプライチェーンの構築戦略をとっていることから、M&Aによる統合の増加や、中小電子機器・回路基板・部品製造会社経営者の高齢化と後継者不在による廃業が増加していることなどが挙げられます。

電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継する際のポイント

電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継する際のポイント

電子機器・回路基板・部品製造関連会社がM&A・事業承継を成功させるには、自社の強み・アピールポイントを明確にし、企業価値の向上を図ることが重要です。

買い手企業は、自社の弱みを補完し、強みを伸ばせる企業の買収を望みます。買い手企業に対して明確なメリットを示すためには、他社と差別化できるアピールポイントが必要です。

そのためには、事前にM&Aに向けた戦略を立て、企業価値を向上させることが有効です。M&A仲介会社などの専門家の中には、M&Aに向けて企業価値を向上させるための戦略アドバイスを行なっている会社もあります。

M&A・事業承継による譲渡・売却を検討し始めたら、早めにM&Aの専門家に相談し、企業価値の向上を図ることも大事なポイントの1つです。

【関連】シナジー効果の意味とは?M&A成功事例や多角化戦略、使い方をわかりやすく解説

電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継する際の相談先

電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継する際の相談先

電子機器・回路基板・部品製造業界でM&A・事業承継を検討し始めた場合、以下の専門家に相談することができます。

  1. 地元の金融機関
  2. 地元の公的機関
  3. 地元の弁護士・税理士・会計士など
  4. マッチングサイト
  5. M&A仲介会社

1.地元の金融機関

後継者不在により廃業する中小製造業が増加していることから、地方銀行などの金融機関も事業承継支援に力を入れており、地元の融資先企業などを紹介しています。

ただし、M&A・事業承継の実務に関しては地方銀行単独で行うことが難しいため、提携先のM&A仲介会社に依頼することが一般的となっています。

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継に強いM&A仲介会社を紹介してもらえるかどうか不明な点が、デメリットといえるでしょう。

2.地元の公的機関

地元企業・個人事業主の廃業による地域経済の衰退を防ぐため、各都道府県では事業引継ぎ支援センターなどの公的機関が事業承継支援を行っています。

公的機関は地域の各専門家と連携し、地元企業へ事業承継に関するアドバイスや、一部直接支援を行っています。

しかし、公的機関も多くの場合、提携先のM&A仲介会社へ依頼することによって実務面のサポートを行なっているので、自社に適した専門家かどうかの判断が必要です。

3.地元の弁護士・税理士・会計士など

相続税・贈与税の相談や、株主・債権者とのトラブル相談など、特定分野の相談には弁護士・税理士・会計士などの士業専門家へ相談することが可能です。

事業承継支援を行なっている事務所もありますが、実際には提携しているM&A仲介会社への委託形式になっていることも多いので、確認が必要です。

4.マッチングサイト

マッチングサイトは基本的に自身でM&A相手を探して交渉を進めることになりますが、運営元企業に相談できるマッチングサイトもあります。

M&A相手の選定までを自身で行い、実務サポートを運営元のM&A仲介会社に依頼することも可能です。

5.M&A仲介会社

M&A仲介会社はM&A・事業承継をトータルでサポートできるプロデューサーのような専門家です。M&A・事業承継のトータルサポート経験があるので、アドバイスも総合的な視点から行うことができます。

幅広い業種に対応しているM&A仲介会社がほとんどですが、電子機器・回路基板・部品製造に精通した仲介会社を選ぶことで、より良い成果が得られます。

【関連】M&Aアドバイザーのランキング【必見】

電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継するメリット

電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継するメリット

電子機器・回路基板・部品製造業界でM&A・事業承継を行う場合、以下のメリットが得られます。

  1. 後継者問題の解決 
  2. 大手の傘下に入れば海外進出が可能になる
  3. 技術継承が行える
  4. 従業員の雇用を守る
  5. M&Aによる譲渡・売却益の獲得

1.後継者問題の解決

電子機器・回路基板・部品製造業界でも多くの中小企業が直面している後継者問題ですが、M&A・事業承継によって最適な後継者を探すことができ、後継者問題の解決が図ることができます。

2.大手の傘下に入れば海外進出が可能になる

大手・中堅企業の海外進出が増加している電子機器・回路基板・部品製造業界ですが、中小企業でも大手の傘下に入ることで資金とノウハウ、人材が活用でき、海外進出が可能になります。

3.技術継承が行える

電子機器・回路基板・部品製造業界では独自技術を保有する企業も多いですが、M&A・事業承継によって技術を継承することで、技術が失われることを防ぐことができます。

4.従業員の雇用を守る

従業員の雇用確保は経営者にとって重要な課題ですが、M&A・事業承継によって、人材不足の電子機器・回路基板・部品製造業界で貴重な技術者の雇用を守ることも可能です。

5.M&Aによる譲渡・売却益の獲得

電子機器・回路基板・部品製造業界の中小企業は、オーナー経営者やその親族ですべての株式を保有していることも多いです。

M&A・事業承継によって譲渡・売却益を得ることで、会社経営からのリタイア資金や新事業の資金などに使うことができます。

電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継・事業譲渡・売却する際におすすめの仲介会社

電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継・事業譲渡・売却する際におすすめの仲介会社

電子機器・回路基板・部品製造会社をM&A・事業承継により円滑に譲渡・売却するには、製造業に精通したM&A専門家のサポートが欠かせません。

M&A総合研究所では、製造業など多様な業種のM&A・事業承継支援実績を持つアドバイザーと会計士、弁護士がフルサポートを行います。

また、報酬体系は着手金・中間報酬無料の完全成功報酬制となっており、成約に至らなければ費用は一切かかりません。

無料相談は随時お受けしていますので、電子機器・回路基板・部品製造のM&Aをご検討の際は、お気軽にご連絡ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談WEBから無料相談

まとめ

まとめ

本記事では、電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例や、M&A・事業承継の相談先などをご紹介しました。

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継を成功させるためには、事前に自社の強み・アピールポイントを明確にし企業価値の向上を図るなど、計画的な準備が必要です。

【電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例】

  1. テクタイトによる双電産業の買収
  2. トレックス・セミコンダクターによるインドのCirel Systems社との資本提携
  3. 大日光・エンジニアリングによる栃木電子工業の事業譲受
  4. ソードによる東芝デジタルソリューションズの事業譲受
  5. シェアリングテクノロジーによる電子プリント工業の買収
  6. 日東工業による北川工業の買収
  7. RS Technologiesによるユニオンエレクトロニクスソリューションの買収
  8. 加賀電子による富士通エレクトロニクスの買収
  9. 佐鳥電機によるイノテックのHDD販売事業譲受
  10. DICによる太陽HDとの資本業務提携

【電子機器・回路基板・部品製造業界のM&A・事業承継動向】
  1. 海外に生産拠点が移っている 
  2. 最新機器の受注を取れることが重要
  3. 事業所数は徐々に減少している

【電子機器・回路基板・部品製造業界のM&A・事業承継の相談先】
  1. 地元の金融機関
  2. 地元の公的機関
  3. 地元の弁護士・税理士・会計士など
  4. マッチングサイト
  5. M&A仲介会社

【電子機器・回路基板・部品製造業界でM&A・事業承継メリット】
  1. 後継者問題の解決 
  2. 大手の傘下に入れば海外進出が可能になる
  3. 技術継承が行える
  4. 従業員の雇用を守る
  5. M&Aによる譲渡・売却益の獲得

電子機器・回路基板・部品製造業界でM&A・事業承継を行う場合、製造業に精通したM&A専門家のサポートが欠かせません。

M&A総合研究所では、製造業などの豊富なM&A・事業承継支援実績を持つアドバイザーと会計士、弁護士がフルサポートを行うので、高い成約率と満足度が強みです。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)