2022年6月6日更新業種別M&A

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例13選!動向、相談先のおすすめは?

本記事では、電子機器を構成する回路基板・半導体・部品などを製造している電子部品業界に焦点を当て、M&Aによる事業承継事例を紹介し、事業承継時の相談先に関しても触れています。またM&Aでの成功ポイントも解説します。

目次
  1. 電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継・譲渡・売却
  2. 電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継動向
  3. 電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継する際のポイント
  4. 電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継する際の相談先
  5. 電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継するメリット
  6. 電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継・事業譲渡・売却する際におすすめの仲介会社
  7. 電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継・譲渡・売却

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継・譲渡・売却

本記事では、電子機器・回路基板・部品製造のM&A事業承継事例などを紹介します。まずは、電子機器・回路基板・部品製造や半導体、電子デバイスの定義、M&A・事業承継の意味を解説します。

電子機器・回路基板・部品製造とは

電子機器に該当する製品は多岐にわたり、液晶テレビ・スマートフォン・冷蔵庫、洗濯機などの日常的に使うものから、企業を支える大規模システム・機械、科学技術や社会インフラを支えるスーパーコンピューター・大規模サーバーなどがあります。

これらの電子機器には、すべて電子部品が実装されたプリント回路基板が搭載されています。電子機器の回路基板・部品製造会社は、プリント配線板や半導体・電子デバイスといった、プリント回路基板の部品製造を行っています。

半導体とは

電気を通す導体と電気を通さない絶縁体、2つの中間の電気伝導率を持っている物質のことです。半導体は、条件によって電気の抵抗率を変えられるため、電子機器の制御をするために欠かせない部品です。

電子デバイスとは

プリント回路基板を構成する抵抗・コンデンサ・コイルや、ダイオード・トランジスタなどの部品のことです。電子デバイスを取り付けることで、電気の増幅・蓄積・放出・調整などのコントロールを行います。

電子機器・回路基板・部品製造業界の特徴

日本の電子機器・回路基板・部品製造業界は、高い技術を誇っていることで海外から大きく注目されています。

また、組立メーカーとの密接な関係も特徴的であり、新製品登場や新技術台頭に大きな影響を受ける業界といえるでしょう。

電子機器・回路基板・部品製造業界は、スマートフォンの普及に伴い堅調に成長を遂げてきたものの、近年は海外の格安スマートフォンの登場に伴い生産量と利益率の下降が目立っている状況です。

その一方で、自動車における自動運転技術の台頭や、人手不足に向けた工場の自動化によるスマートファクトリー化など、IoT向けの需要が拡大しています。

電子機器・回路基板・部品製造業界の課題・展望

近年、技術進化を牽引するのは、ヒューマンライフ・モビリティ・インダストリー・6次産業の領域であると考えられています。

これらの4領域に共通するのは、2050年を見据えて描かれる超スマート社会「Society5.0」で、このSociety5.0は2015年の国連サミットで採択されています。

日本では、このSociety5.0を実現すべく、IoT・AI・ビッグデータ・ロボット・センサーの活用による社会システム全体の効率化・全体最適化の推進に取り組んでいる状況です。電子部品の技術進化は、Society5.0を支える礎になると考えられています。

M&Aとは

M&Aとは、法人の統合手法である合併や、買収手法である株式譲渡事業譲渡などの総称です。電子機器・回路基板・部品製造業界では、自社グループ内でサプライチェーンを構築するためのM&Aや、海外展開を行うためのM&Aなどが行われています。

これまではスマートフォン関連企業のM&Aが多く見られましたが、近年は自動車関連企業のM&Aが再び増加しています。

事業譲渡・売却とは

事業の一部または全部を売却するM&A手法のことです。電子機器・回路基板・部品製造業界でも事業のスリム化や選択と集中を進めるため、事業譲渡による売却が行われます。売却資産を個別に選択できるため、手放したい事業のみを売却できるメリットがあります。

事業承継とは

後継者に事業を引き継ぐ行為をさします。電子機器・回路基板・部品製造業界を支えている中小企業の多くでは、経営者の高齢化により事業承継の時期を迎えています。事業承継は、誰に事業を引き継ぐかによって、以下の種類に分けられます。

  • 親族間事業承継 
  • 親族外事業承継
  • M&Aによる事業承継

親族間事業承継

経営者の子ども・兄弟などの親族に事業を引き継ぐケースをいいます。近年は、「経営者の子どもが家業を継がない」または「事業の先行き不安から子どもに継がせない」ケースが増え、後継者のいない中小企業が目立っていますが、この傾向は電子機器・回路基板・部品製造業界も例外ではありません。

親族外事業承継

自社の役員や従業員、外部から招いた人材に事業を引き継ぐケースをいいます。電子機器・回路基板・部品製造業界の中でも、比較的規模の大きい企業で用いられる方法ですが、人材不足や育成の遅れなどにより、親族外事業承継がスムーズに進まないケースも少なくありません。

M&Aによる事業承継

M&A仲介会社などの専門家に事業承継先を探してもらい、交渉を通じて事業を売却する方法です。後継者不在や、人材不足に悩む電子機器・回路基板・部品製造業界でも、M&Aによる事業承継が積極的に活用されています。

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継動向

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継動向

電子機器・回路基板・部品製造業界のM&A・事業承継動向は、以下のように推移しています。

  1. 海外に生産拠点が移っている 
  2. 最新機器の受注を取れることが重要
  3. 事業所数は徐々に減少している

①海外に生産拠点が移っている

これまで性能の高さで他国と差別化を図ってきた日本の電子機器・回路基板・部品製造業界ですが、近年はこれまで安価な製品を作ってきた国で品質が向上しています。

これを受けて、日本でも高性能な製品をできる限り安く製造するために、海外に拠点を設ける企業が増加している状況です。

②最新機器の受注を取れることが重要

自動車業界における技術の大転換・スマートフォンの性能向上・IoTの普及などにより、電子機器・回路基板・部品製造業界に対する需要が変化しています。

トレンドの変化に対応した製品開発を行い、最新機器の受注を取れるかが、生き残るためのカギといえるでしょう。

③事業所数は徐々に減少している

電子機器・回路基板・部品製造業界の市場規模は堅調に推移していますが、事業所数は減少傾向です。

これは、大手・中堅企業が自社グループ内でサプライチェーンの構築戦略を取り、M&Aによる統合の増加・経営者の高齢化・後継者不在による廃業などが増加していることが主な原因と考えられます。

電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継する際のポイント

電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継する際のポイント

電子機器・回路基板・部品製造関連会社がM&A・事業承継を成功させるには、自社の強み・アピールポイントを明確にし、企業価値の向上を図ることが重要です。買い手企業は、自社の弱みを補完し、強みを伸ばせる企業の買収を望みます。

買い手企業に対して明確なメリットを示すためには、他社と差別化できるアピールポイントが必要です。そのためには、事前にM&Aに向けた戦略を立て、企業価値を向上させることが有効です。

最近は、M&Aに向けて企業価値を向上させる戦略アドバイスを行うM&A仲介会社もあります。M&A・事業承継による譲渡・売却を検討し始めたら、早めにM&Aの専門家に相談し、企業価値の向上を図ることも大事なポイントの1つです。

電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継する際の相談先

電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継する際の相談先

電子機器・回路基板・部品製造業界でM&A・事業承継の検討を始めた場合、以下のような専門家に相談できます。

  1. 地元の金融機関
  2. 地元の公的機関
  3. 地元の弁護士・税理士・会計士など
  4. マッチングサイト
  5. M&A仲介会社

①地元の金融機関

後継者不在により廃業する中小製造業が増加しているため、地方銀行などの金融機関も事業承継支援に力を入れており、地元の融資先企業などを紹介しています。しかし、M&A・事業承継の実務に関しては単独で行うことが難しいため、提携先のM&A仲介会社に依頼することが一般的です。

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継に強いM&A仲介会社を紹介してもらえるかどうか不明である点が、デメリットといえます。

②地元の公的機関

地元企業・個人事業主の廃業による地域経済の衰退を防ぐため、各都道府県では事業承継・引継ぎ支援センターなどの公的機関が事業承継支援を行っています。公的機関は地域の各専門家と連携し、地元企業へ事業承継に関するアドバイスや、一部直接支援を行っています。

しかし、公的機関も多くの場合、提携先のM&A仲介会社へ依頼することで実務面のサポートを行うため、自社に適した専門家かどうかの判断が必要です。

③地元の弁護士・税理士・会計士など

相続税・贈与税の相談や株主・債権者とのトラブル相談など、特定分野の相談には弁護士・税理士・会計士などの士業専門家への相談も効果的です。事業承継支援を行っている事務所もありますが、提携しているM&A仲介会社へ委託して行う場合が多いので、事前に確認しておきましょう。

④マッチングサイト

マッチングサイトでは基本的に自身でM&A相手を探して交渉を進めますが、運営元企業に相談できるマッチングサイトもあります。M&A相手の選定までを自身で行い、実務サポートを運営元のM&A仲介会社に依頼することも可能です。

⑤M&A仲介会社

M&A仲介会社は、M&A・事業承継をトータルでサポートするプロデューサーのような専門家です。M&A・事業承継のトータルサポート経験を持っているため、総合的な視点からアドバイスを行えます。

幅広い業種に対応しているM&A仲介会社がほとんどですが、電子機器・回路基板・部品製造に精通した仲介会社を選ぶことで、より良い成果を得やすいです。

電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継するメリット

電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継するメリット

電子機器・回路基板・部品製造業界でM&A・事業承継を行う場合、以下のようなメリットが得られます。

  1. 後継者問題の解決 
  2. 大手の傘下に入れば海外進出が可能になる
  3. 技術継承が行える
  4. 従業員の雇用を守る
  5. M&Aによる譲渡・売却益の獲得

①後継者問題の解決

電子機器・回路基板・部品製造業界でも多くの中小企業が直面している後継者問題ですが、M&A・事業承継によって最適な後継者を探せて、後継者問題の解決を図れます。

②大手の傘下に入れば海外進出が可能になる

大手・中堅企業の海外進出が増加している電子機器・回路基板・部品製造業界ですが、中小企業でも大手の傘下に入ることで資金・ノウハウ・人材を活用でき、海外進出を目指すことが可能です。

③技術継承が行える

電子機器・回路基板・部品製造業界では独自技術を保有する企業も多いですが、M&A・事業承継によって技術を継承することで、技術が失われることを防げます。

④従業員の雇用を守る

従業員の雇用確保は経営者にとって重要な課題ですが、M&A・事業承継によって人材不足の電子機器・回路基板・部品製造業界で貴重な技術者の雇用を守ることも可能です。

⑤M&Aによる譲渡・売却益の獲得

電子機器・回路基板・部品製造業界の中小企業では、オーナー経営者やその親族ですべての株式を保有しているケースが多いです。M&A・事業承継によって譲渡・売却益を得ることで、会社経営からのリタイア資金や新事業の資金などに使用できます。

買手企業にもメリットがある

M&Aによる電子機器・回路基板・部品製造会社の事業承継でメリットがあるのは、売手企業のみではありません。買手企業は、M&Aによる事業承継により、時間や資金の節約をしながら実績のある取引先や顧客のネットワークを獲得できるほか、未進出の地域や国で事業拡大や販路の拡大も可能です。

また、承継と同時に人材も確保できるため、人材確保のための手間や費用なども節約できます。これらの点は、新天地への事業拡大・時間や費用の節約を望む企業にとって魅力のあるメリットです。

電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継・事業譲渡・売却する際におすすめの仲介会社

電子機器・回路基板・部品製造をM&A・事業承継・事業譲渡・売却する際におすすめの仲介会社

電子機器・回路基板・部品製造会社をM&A・事業承継により円滑に譲渡・売却するには、M&Aの専門家にサポートを受けることがおすすめです。M&A総合研究所では、製造業など多様な業種のM&A・事業承継支援実績を持つアドバイザーがフルサポートいたします。

報酬体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ、譲受企業様は中間金がかかります)。

無料相談は随時お受けしていますので、電子機器・回路基板・部品製造のM&Aをご検討の際は、お気軽にご連絡ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継まとめ

電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継まとめ

本記事では、電子機器・回路基板・部品製造のM&A・事業承継事例や、事業承継の相談先などを紹介しました。

M&Aによる売却・譲渡を成功させるためには、事前に自社の強み・アピールポイントを明確にしたうえで、企業価値の向上を図るなど、計画的な準備が必要です。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

関連する記事

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所は、税理士法人の増加や経営者の高齢化などによって、M&Aが活発化してきている業界です。本記事では、税理士事務所・会計事務所のM&Aについて、動向や売却・買収...

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

さまざまな商品の流通をサポートする商社業界は、トレーディング需要の減少などにより、M&Aによる積極的な経営で打開を図る企業が増えています。本記事では、商社業界のM&A動向について...

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

日本の高齢化社会が進むにつれ、老人ホームの需要が高まると予想されています。同業種だけでなく異業種からの参入も増えており、業界内のM&Aが活性化しています。本記事では、老人ホームM&amp...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)