2022年6月6日更新業種別M&A

電気工事会社のM&A・売却・買収・事業承継の事例35選!最新動向、譲渡案件も紹介【2021年】

電気工事会社のM&Aでは、買い手・売り手によって目的が異なります。それぞれのメリット・デメリットを把握しましょう。電気工事会社のM&Aを成功させる秘訣は、専門家の活用です。そのため、実績があるM&A仲介会社の起用をおすすめします。

目次
  1. 電気工事会社とは
  2. 電気工事会社のM&A最新動向と予測
  3. 電気工事会社のM&Aで仲介会社を選ぶ基準
  4. 電気工事会社のM&Aの相場と費用
  5. 電気工事会社のM&A・買収のポイント
  6. 電気工事会社のM&A・売却のポイント
  7. 電気工事会社のM&A・売却譲渡案件例
  8. 電気工事会社のM&A・売却・買収・事業承継まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

電気工事のM&A・事業承継

電気工事会社とは

電気工事会社とは

電気工事会社のM&Aについて述べる前に、まずは電気工事会社の定義や特徴を中心に基本情報をみていきましょう。

電気工事会社の定義

まず、電気工事業の正確な定義を確認します。総務省の日本標準産業分類によると、建設業の中に設備工事業という分類があり、この設備工事業に電気工事業が含まれます。

そして、この電気工事業は、一般電気工事業と電気配線工事業の2つに分類されています。

一般電気工事業

一般電気工事会社の業務には、送電線・配電線・電線路工事や各種電気設備工事などが該当します。具体的な定義は以下のとおりです。

  • 送電線、配電線工事(地中線工事含む)
  • 電気鉄道、トロリーカー、ケーブルカーなどの電線路工事
  • 海底電線路配線工事
  • 浚渫(しゅんせつ)船電路工事
  • 水力発電所、火力発電所の電気設備工事
  • 変電所変電設備工事
  • 開閉所設備工事
  • 変流所設備工事
  • 船内電気設備工事
  • 電気医療装置設備工事

電気配線工事業

電気配線工事会社の業務は、電灯や照明などの機器・設備の配線工事が中心です。具体的には以下です。

  • 建築物、建造物の屋内、屋側およびその構内外の電灯照明、電力、同機器の配線工事
  • 一般工場、事業場、会社、商店、住宅その他電灯照明電力機器の配線工事
  • 屋外照明、アーケード、道路照明などの照明設備配線工事
  • 一般電気使用施設の自家用受変電設備工事や配線工事
  • 空港などの配線工事
  • ネオン広告塔、電気サイン広告塔、ネオン看板、電気看板などの設備並びに配線工事

一般電気工事会社や電気配線工事会社も工事業に含まれるため、電気機械器具の小売業や卸売業などは行いません。あくまでも、電気関連工事のみを行う事業です。

マンション・ビル・工場向けの事業

電気工事会社は、マンションなどの集合住宅に対しては、コンセントや照明器具などの取り付け、電圧を下げる設備の設置、配管の工事など、戸建て住宅とは異なるサービスを提供しています。

また、ビル向けのサービスに該当するのは、照明・デスク周りの電源設備、床の中に配線や通信用のケーブルを通す工事、空調・エレベーターに電気を送るための配線工事、電圧を調節する設備の工事などです。

さらに、工場に対しては、照明の設置、設備に合わせた配線・各種機械を定められたオペレーションに沿って動作させるための施工などのサービスを提供しています。

電気工事会社のM&A最新動向と予測

電気工事会社のM&A最新動向と予測

M&Aには、後継者不足問題の解決や経営基盤の強化などさまざまなメリットがあります。そのため、近年では、それぞれの業界でM&Aが活発化してきました。これは、電気工事業界でも例外ではありません。

現在、多くの電気工事会社では、慢性的な人手不足が深刻化しています。また、他業種同様に後継者問題もあります。好調に推移する業界であるものの、各電気工事会社では経営上の課題が尽きません。

このような動向の中、それぞれの電気工事会社が抱える問題を解決するために、M&Aが効果的な手法として用いられています。電気工事会社のM&Aについて、業界の特徴や動向も踏まえながら紹介します。

電気工事会社・業界の特徴

電気工事会社の特徴を検証するため、業界全体の市場規模とその動向について明らかにしておきましょう。国土交通省が2022年2月28日に更新した資料「設備工事業に係る受注高調査結果(各工事主要20社)」より、以下に過去5年間の電気工事受注高を掲載します。

2016(平成28)年度 1兆5,472億8,600万円
2017(平成29)年度 1兆5,513億8,300万円
2018(平成30)年度 1兆6,518億1,000万円
2019(令和元)年度 1兆7,685億4,200万円
2020(令和2)年度 1兆5,571億4,400万円

2019年度の電気工事の受注高は、過去5年度の中で最高額です。2016年度からの推移を見ても、大きな落ち込みもなく安定した市場動向といえます。電気工事業界は、主に新築建物の建設、既存建物の改修・補修が大きく影響する業界です。

また、新築建物建設が当分は見込まれること、さらに全国的に多くの建物が老朽化し、改修・補修・改築タイミングを迎えていることから、電気工事業の需要は続くと見られます。

参考:国土交通省「設備工事業に係る受注高調査結果(各工事主要20社)」

電気工事会社・業界の経営課題

続いて、電気工事会社個々の状況と経営課題をM&Aとの関係性を含めて紹介します。

人手不足

電気工事業は建設業に含まれますが、建設業全体として人手不足は慢性的な課題です。その原因として、若者離れや離職率の高さなどが挙げられます。また、そのために社員が高齢化する事態となり、若年層の人材不足に拍車がかかっています。

電気工事業も、近年における需要の高まりとともに人手不足が深刻化しています。今後さらに需要が高まる可能性を考えると、人手不足への早急な対応が必要です。そこで、M&Aによって人材を確保し、人手不足の解消を図る方法が検討されています。

M&Aによる買収を例に考えると、優秀な人材確保などのメリットがあります。技術者などの優秀な人材が多く在籍する電気工事会社を買収することで、採用活動や従業員教育を行うことなく、短期間で効率的に人材を集めることが可能です。

また、売り手側も人材確保のための手法としてM&Aを活用できます。中小規模の電気工事会社では、募集を行ったとしても、思ったように応募者が集まらない現状があります。

しかし、M&Aによって有名な大手企業のグループ会社となれば、会社の知名度も上がり、グループ会社水準の雇用条件で募集できるので、人手不足解消のチャンスをつかむことが可能です。

建設市場の縮小への対応

今後の電気工事市場規模に関して、東京オリンピック・パラリンピック後である現在の見方には2つの観測があります。いずれにしても、経営者は楽観的立場に身を置くことはできません。万が一の市場縮小を見据えて、M&Aを実施している電気工事会社も見受けられます。

市場縮小に対応する取り組みとして、新たな収入源の確保があります。M&Aで電気工事業とは別の事業を行う会社を買収することで、新規事業に参入して新しい収入源を効率的に確保できます。今後、このようなM&A事例が増加する可能性もあります。

後継者不足問題への対応

電気工事会社に限ったことではなく日本全国における中小企業の課題として、現在は後継者不足による事業承継問題が深刻化しています。

従来、親族など身内に事業承継してきた中小企業は、少子化の影響などにより後継者がいないケースも多いです。

身内や社内に後継者がいないことで、廃業してしまう中小企業も多く出ている状況です。この事態を問題視した国と自治体は、M&Aによって第三者に事業承継する方策を広くPRし、支援する活動を行っています。

競争力の強化

電気工事業の需要が増加している現状を受けて、電気工事会社間の競争が激化する可能性もあります。しかし、競争力の強化は容易ではありません。そこで、M&Aによって電気工事会社としての競争力を強化する施策が効果的です。

例えば、電気工事会社同士がM&Aを行えば、事業規模を容易に拡大します。また、お互いの技術やノウハウを融合できれば、競合他社への圧倒的なアドバンテージを獲得できます。特に大手の電気工事会社が、このような動きに出る可能性が高いです。

電気工事会社のM&Aの現状

電気工事会社のM&A動向としては、会社規模に応じた2つの潮流に分かれると分析されます。まず、中小企業の電気工事会社は、会社存続に関わる後継者問題を抱えている会社が多いため、会社の生き残り策としてM&Aを志向します。

一方、中堅規模から大手の電気工事会社の場合は、市場動向を見ながら他社に打ち勝つ競争力を持つことを中心課題とするため、企業価値と規模を増大するためのM&Aがテーマです。そして、この大手電気工事会社の動きは、今後の業界再編につながる可能性があります。

ここまで述べてきた電気工事会社の現状だけではなく、課題解決に向けたM&Aに関しても解説した動画を公開しています。動わかりやすく解説しているため、情報の整理にお役立てください。

電気工事会社のM&Aの予測【2021年】

続いて、電気工事会社のM&Aにおける2021年以降の予測を紹介します。

事業計画を見据えたM&Aの増加

まずは、事業計画を見据えたM&Aの増加です。国土交通省による「平成31年3月分設備工事業に係る受注高調査」では、電気工事の受注高が前年同月と比較して20.4%増えています。民間部門では、前年同月と比較して18.1%増えています。

これは、東京オリンピックへ向けて、電気工事会社への発注が増えたと考えられます。しかし、オリンピック後は、同業者が限られた仕事を取り合う状況が目立っています。

そのため、電気工事会社のM&Aを行う際は、事業計画をもとに、売却や買収などのM&A戦略を明確に立てることが重要です。

参考:国土交通省「設備工事業に係る受注高調査結果(各工事主要20社)」

内製化を図るM&Aの増加

今後は、内製化を狙ったM&Aの増加も予測されます。電気工事業では、2021年以降における需要の減少が見込まれるため、事業を継続するためにはサービスを拡充する必要があると考えられています。

さまざまなサービスを提供すれば顧客を囲い込めるため、今後はM&Aを活用し、会社・事業を買収して不足するサービスを補う企業がより一層増えると見られます。

人手不足の解消を図るM&Aの増加

経済産業省の「電気保安人材の中長期的な確保に向けた課題と対応の方向性について」によると、しばらくは第2種・3種の電気主任技術者の不足はないと考えられています。しかし、保安業務を行う第3種の電気主任技術者は、2045年に約4,000人の不足が見込まれています。

そのため、電気の保安業務を外部へ委託する企業では人材不足の影響が及ぶと考えられ、第2種の電気主任技術者も2045年にかけて規模の大きい再生エネルギー設備が増加するため、第2種電気主任技術者の確保が難しくなるエリアが発生すると考えられます。

以上のことから、電気工事会社は、将来の人材不足に備えてM&Aによる人材確保を行うと予測できます。

参考:経済産業省「電気保安人材の中長期的な確保に向けた課題と対応の方向性について」

電気工事会社のM&Aで仲介会社を選ぶ基準

電気工事会社のM&Aで仲介会社を選ぶ基準

M&A仲介会社は多くあるため、「どこにすれば良いのか」と悩む経営者も少なくありません。ここでは、電気工事会社のM&Aで仲介会社を選ぶ基準を解説します。

①対象業界の専門知識・実績がある

電気工事会社のM&Aで仲介会社を選ぶときは、電気事業分野の専門的知識やM&A実績があるかどうか確認しましょう。電気事業に関する知識があれば、自社の希望や条件などを汲み取ってもらいやすいです。また、電気工事会社のM&A実績があると、適切な譲渡価格での取引を期待でき、M&Aの成功率が高まります。

②自社と同じ案件規模・地域のM&A実績がある

M&A仲介会社によって、得意とする案件規模は異なります。自社の規模と大きな乖離がある場合は、希望するM&Aを実現できなかったり、交渉相手が見つからなかったりするなど、M&Aが失敗する可能性が高まります。

そのため、電気工事会社のM&Aでは、自社と同規模の案件を取り扱う仲介会社を選択しましょう。ホームページなどをチェックし、実績をもとに得意とする案件の規模を確認してください。

③M&Aに関する幅広い知識・経験がある

M&Aの成功には、マッチング・交渉・契約書の締結・手続きの代行・各種デューデリジェンス・M&A後のPMIなど、さまざまな専門的知識や経験が欠かせません

専門知識が足りなかったり実務経験が乏しかったりすると、希望するM&Aに至らないことがあります。電気工事会社のM&Aを検討する場合は、M&Aに関する幅広い知識や経験があるM&A仲介会社に依頼しましょう。

④わかりやすい料金体系を採用している

M&A仲介会社によって、着手金・中間金・相談料の設定は異なります。報酬体系も、成功報酬型・時間制など、M&A仲介会社ごとに比較する必要があります。しかし、M&A仲介会社の中にはWebサイトに明記していなかったり、複雑な料金制度を載せていたりするなど、料金体系の把握までに時間がかかる機関もあります。

電気工事会社のM&Aで予期しなかった支払いに困ることがないよう、わかりやすい料金体系を採用している仲介会社を選びましょう。

⑤担当アドバイザーとの相性が良い

「M&Aの成功は、M&A仲介会社の担当スタッフが握っている」といえるほどに、担当アドバイザーとの相性は重要です。担当者の対応・相性が悪ければ、希望が聞き入れてもらえなかったり、適切な交渉先が紹介されなかったりするなど、M&Aのチャンスを逃す可能性があります。

そのため、担当スタッフとの相性が良くないと判断した場合は、担当者を代えてもらうか他のM&A仲介会社に依頼することをおすすめします。

電気工事会社のM&Aの相場と費用

電気工事のM&A・事業承継
電気工事のM&A・事業承継
電気工事会社のM&Aの相場と費用

電気工事会社としてM&Aを検討する場合、費用面が気になる経営者の方は多いです。中でも最も重要視しているのはM&A相場だといえますが、それぞれの案件で状況が異なるため、M&Aには相場の目安となる金額は存在しません。

そのため、具体的な対象候補が決まった段階で、各種経理資料・事業計画などから値踏みを行うのが実情です。一方、M&Aの費用は、その大部分がM&A業務を委託するM&A仲介会社に支払う手数料です。

M&A仲介会社の手数料は、各社で異なります。手数料・月極契約料・中間報酬・成功報酬などが発生する会社もあれば、成功報酬のみが発生する会社もあります。いずれの報酬体系でも、業務内容は基本的に変わりません。

電気工事会社のM&Aをご検討の際は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所にはM&Aに関する知識・経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、培ってきたノウハウを生かしてM&Aをフルサポートいたします。

また、料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談を行っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

電気工事会社のM&A・買収のポイント

電気工事会社のM&A・買収のポイント

「電気工事会社の人手不足を一挙に解消したい」「事業領域・規模を大きく広げたい」「業界内で競争が激化した際にライバル会社に勝ちたい」などが最重要課題であれば、M&Aを即座に検討すべき段階だといえます。

一般的に、M&Aは完了までに半年以上の期間がかかる行為です。また、成功率は決して高くなく、交渉候補が1社見つかっても、破談して別の相手を探さなければならなくなる場合もあります。M&Aの目的が重要な課題であれば、実施に向けてスピーディーに行動を起こすことをおすすめします。

電気工事会社のM&A・買収のメリット

電気工事会社におけるM&A・買収の主なメリットは、他の地域へ進出できることが挙げられます。また、新顧客獲得や隣接業務への新規進出などもメリットの一部です。

電気工事会社のM&A・売却のポイント

電気工事会社のM&A・売却のポイント

身内や社内に後継者がいなければ、M&Aによる事業承継を積極的に考えましょう。廃業すると、面倒な手続きが求められるうえに、基本的にメリットがありません。その一方で、M&Aによる事業承継が実現すれば、会社は存続し、伝統も残ります。

また、従業員も職を失わず路頭に迷うことがありません。そして、経営者自身も会社の売却利益(株式の譲渡代金)を得られます。ここで得た利益は、新たな事業を起こす資金や、リタイア後の生活費として役立てられます。

電気工事会社のM&A・売却のメリット

電気工事会社におけるM&A・売却のその他のメリットとして、空調工事など隣接した業界の大手中堅とグループを形成すれば、顧客へワンストップサービスを提供できる点が挙げられます。また、「社員の雇用が守られる」「円滑な後継者問題の解決」「ハッピーリタイア」などもメリットの一部です。

電気工事会社のM&A・売却譲渡案件例

電気工事会社のM&A・売却譲渡案件例

電気工事会社のM&A譲渡案件にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

【特殊技術保有】電気工事会社のM&A案件

まずは、関東・甲信越にある特殊技術を保有する電気工事会社の案件です。売上高は5億円〜10億円で、譲渡希望価格は1億円〜2.5億円です。後継者不足のために譲渡を希望しています。自社が開発した山間部などの建設現場における有用な技術を保有する点が強みです。

都内電気工事業者のM&A案件

次は、東京都にある電気工事業者の案件です。売上高は2.5億円〜5億円で、譲渡希望価格は1億円〜2.5億円です。戦略の見直しなどのために譲渡を希望しています。電力系電工から安定した受注があり、資格を所有する職人が多数在籍する点が強みです。

電気工事・電気通信工事業のM&A案件

次は、関東・甲信越にある電気工事・電気通信工事業の案件です。売上高は1億円〜2.5億円、譲渡希望価格は2億円~3億円です。譲渡を希望する理由は非公開です。入れ替わりの多い業界において、従業員の平均年齢が40歳で平均勤続年数は8年という、高い定着率を持つ点が強みです。

電気工事会社のM&A・売却・買収・事業承継まとめ

電気工事会社のM&A・売却・買収・事業承継まとめ

電気工事会社にとって最大の関心事は、将来的に市場規模が縮小するかどうかです。もしも縮小するとしても、その程度も重要点だといえます。大手の電気工事会社の中には、すでに市場縮小を見越した動きをする企業もみられます。

具体例を挙げると、国内でのシェアの維持もしくは拡大を意図した業界再編的なM&A、海外市場進出を目指した海外の電気工事会社とのM&Aなどです。

中小規模の電気工事会社の場合は、大手と同じ行動は取れません。しかし、業界動向には注意深くアンテナを張ることをおすすめします。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

関連する記事

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所は、税理士法人の増加や経営者の高齢化などによって、M&Aが活発化してきている業界です。本記事では、税理士事務所・会計事務所のM&Aについて、動向や売却・買収...

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

さまざまな商品の流通をサポートする商社業界は、トレーディング需要の減少などにより、M&Aによる積極的な経営で打開を図る企業が増えています。本記事では、商社業界のM&A動向について...

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

日本の高齢化社会が進むにつれ、老人ホームの需要が高まると予想されています。同業種だけでなく異業種からの参入も増えており、業界内のM&Aが活性化しています。本記事では、老人ホームM&amp...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

電気工事のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)