M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年12月23日公開
この記事は、約分で読めます。

電気機械器具製造・卸のM&A・事業承継事例10選!相談先のおすすめは?

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

本記事では、電気機械器具製造・卸のM&A・譲渡・売却・事業承継について解説します。最新のM&A事例、電気機械器具製造・卸のM&A・譲渡・売却・事業承継におすすめの相談先、業界の現状やM&Aを成功させるポイントなどを解説しています。

目次
  1. 電気機械器具製造・卸のM&A・事業承継・譲渡・売却
  2. 電気機械器具製造・卸のM&A・事業承継事例10選
  3. 電気機械器具製造・卸業界の現状
  4. 電気機械器具製造・卸をM&A・事業承継する際のポイント
  5. 電気機械器具製造・卸をM&A・事業承継する際の相談先
  6. 電気機械器具製造・卸をM&A・事業承継するメリット
  7. 電気機械器具製造・卸をM&A・事業承継する際におすすめの仲介会社
  8. まとめ

電気機械器具製造・卸のM&A・事業承継・譲渡・売却

電気機械器具製造・卸のM&A・事業承継・譲渡・売却

本記事では、電気機械器具製造・卸のM&A・事業承継・譲渡・売却について解説していきます。

まずこの章では、電気機械器具製造・卸やM&A・事業承継といった、基本的な用語の意味について解説します。

電気機械器具製造・卸とは

電気機械器具製造・卸とは、冷蔵庫・洗濯機などの家電や、発電機など工業用機械の製造・卸売のことで、業界規模は約30兆円におよび、日本の電子機械市場を支える重要な業種です。

大手メーカーを頂点に、各部品を製造する下請けメーカーが多数存在するピラミッド構造になっており、大手メーカーの業績が業界全体に及ぼす影響が大きいのが特徴です。近年は、国内市場の頭打ちにより、海外進出する企業が増えてきています。

M&Aとは

M&Aとは、会社や個人事業を買収・売却、または吸収・分割する行為の総称です。英語で「合併と買収」のことを「Mergers and Acquisitions」というので、頭文字をとってM&Aと呼ばれています。

【関連】M&Aとは?M&Aの意味をわかりやすく解説!

事業譲渡・売却とは

事業譲渡または事業売却とは、会社の事業や個人事業を、他の会社や個人に譲渡・売却するM&A手法です。

株式譲渡とは違って、株主は変更されないのが特徴であり、複数の事業を営んでいる場合はその一部のみを譲渡することもできます。

事業承継とは

事業承継とは、現経営者が新しい経営者に事業を承継する行為のことです。

事業承継は、誰に事業を承継するかによって、親族間事業承継・親族外事業承継・M&Aによる事業承継の3種類に分類されます。

親族間事業承継

親族間事業承継または親族内事業承継とは、現経営者の息子などの親族を新しい経営者に据える事業承継のことです。

親族なら人格もよく分かり、経営者としての資質も判断しやすい点がメリットです。しかし、最近は親族が事業を継ぐという価値観が薄れてきたのもあり、親族間事業承継は減少傾向にあります。

【関連】家業や親の会社の引き継ぎとは?会社を継ぐタイミングやメリット・デメリットをご紹介

親族外事業承継

親族外事業承継とは、会社の従業員や外部から招へいした者など、親族以外の人を後継者に据える事業承継のことです。

親族外事業承継は、親族に後継者が見つからない時に有効な方法です。また、親族内に事業を継がせたい人がいるが、経営者に据えるにはまだ教育期間が必要な時、一時的な経営者として親族外の人間をつなぎに使うこともできます

親族外事業承継は、株式の取得費用の捻出などが難しいケースが多いため、事業承継の手法として主流にはなっていません。

M&Aによる事業承継

M&Aによる事業承継とは、M&A仲介会社などを利用して、親族でも社員でもない他者を後継者に据える事業承継です。

M&Aによる事業承継は、今まで面識のなかった他者に事業を譲るので慎重に行う必要がありますが、幅広い選択肢から最適な承継先を選定できるのがメリットです。

近年は、経営者の高齢化などの理由によって、M&Aによる事業承継が増加しつつあります。

【関連】事業継承したい!M&Aにおける事業承継や成功事例や失敗事例を解説

電気機械器具製造・卸のM&A・事業承継事例10選

M&A・事業承継事例10選

この章では、電気機械器具製造・卸のM&A・事業承継事例から、最近のものを10選ご紹介します。

【電気機械器具製造・卸のM&A・事業承継事例10選】

  1. 日本電産によるロボテックの子会社化
  2. リケンテクノスによるコニカミノルタの自動車窓ガラス用遮熱フィルムの事業譲受
  3. モルフォによるパナソニック子会社の株式取得
  4. UTグループによる東芝グループ会社の子会社化
  5. 富士フイルムホールディングスによる富士ゼロックスの完全子会社化
  6. ベネフィットジャパンによるモバイル・プランニングの完全子会社化
  7. トレックス・セミコンダクターとCirel Systems Pvt. Ltd.の資本提携
  8. サンテレホンによるSOECOの子会社化
  9. JVCケンウッドによるZMPとカートモの株式譲渡
  10. メイコーによる十和田ベトナム社の子会社化

①日本電産によるロボテックの子会社化

2019年に、日本電産株式会社は米・ロボテック社と株式譲渡契約を締結し、ロボテック社の株式の90%を取得して子会社化しました。

日本電産は、モーターや電子デバイスなどの製造・販売会社で、ロボテックは超低電圧ドライブの設計・開発・販売などを営む会社です。

日本電産が目指している、製品のモジュール化に向けた買収となっています。

②リケンテクノスによるコニカミノルタの自動車窓ガラス用遮熱フィルムの事業譲受

2019年に、リケンテクノス株式会社が、コニカミノルタ株式会社の自動車窓ガラス用遮熱フィルム「ICE-μ」の事業を譲受しました

リンケンテクノスは、フィルムやコンパウンドなどの製造・販売を手がける企業で、コニカミノルタは写真関連商品などの製造・販売会社です。

③モルフォによるパナソニック子会社の株式取得

2019年に、株式会社モルフォが株式会社PUXの約20%を取得し、持分法適用関連会社化しました。

モルフォは、画像処理技術を利用したソフトウェアなどを手がける企業で、PUXはパナソニックの子会社の画像認識ソフト開発会社です。

モルフォの車載ビジネスへの参入と、画像認識ソフトウェア事業の拡大が目的となっています。

④UTグループによる東芝グループ会社の子会社化

2019年UTグループは、TBLSサービス株式会社・東芝情報システムプロダクツ株式会社・東芝オフィスメイト株式会社の3社を子会社化しました。

UTグループは、アウトソーシングの会社などをまとめる持株会社で、子会社化した3社は東芝のグループ企業です。

働く人の雇用とキャリアを維持し、企業価値の向上を図るのが目的となっています。

⑤富士フイルムホールディングスによる富士ゼロックスの完全子会社化

2019年に、富士フイルムホールディングス株式会社が、富士ゼロックス株式会社の全株式を取得し、完全子会社化しました。

富士フイルムホールディングスは、富士フィルムの持株会社で、富士ゼロックスはプリンターなどを製造・販売する機械メーカーです。

欧米市場への事業拡大などが買収の目的となっています。

⑥ベネフィットジャパンによるモバイル・プランニングの完全子会社化

2019年に、株式会社ベネフィットジャパンが株式会社モバイル・プランニングの全株式を取得し、完全子会社化しました。

ベネフィットジャパンは、モバイルWi-Fiや格安スマホなどを販売している会社で、モバイル・プランニングはモバイルWi-Fiレンタル事業の会社です。

新規事業への参入と収益基盤の拡大が目的となっています。

⑦トレックス・セミコンダクターとCirel Systems Pvt. Ltd.の資本提携

2019年に、トレックス・セミコンダクター株式会社が、インドのCirel社と資本提携を結びました。

トレックス・セミコンダクターは電源ICのメーカーで、Cirel社は半導体製品の開発メーカーです。

お互いの技術とノウハウを融合することで、効率的な開発とラインナップ強化を目指します。

⑧サンテレホンによるSOECOの子会社化

2019年に、サンテレホン株式会社が、ベトナムのSOECO社の株式を取得して子会社化しました。

サンテレホンは通信関連事業を営む会社で、SOECOはオフィス機器販売とセキュリティー事業の会社です。

両社の経営資源を共有することで、シナジー効果を獲得することが目的となっています。

⑨JVCケンウッドによるZMPとカートモの株式譲渡

2019年に、株式会社JVCケンウッドが、株式会社ZMPと合弁会社カートモの株式を譲渡しました。

JVCケンウッドは音響機器などの製造・販売メーカーで、ZMPは自動運転技術開発用プラットフォーム等、カートモは車載CANデータクラウド技術を手がける会社です。

JVCケンウッドは、両社の株式を保有する意義が低いと判断し、譲渡に踏み切りました。

⑩メイコーによる十和田ベトナム社の子会社化

2019年に、株式会社メイコーが十和田ベトナム社の出資持分の一部を取得して子会社化しました。

メイコーは電子機器のプリント基板の設計・製造会社で、十和田ベトナムは電子機器の受託生産(EMS)事業を営む会社です。

設計から生産までの一貫した体制の確立および、ベトナムを中心とした外資系顧客の拡大が目的となっています。

電気機械器具製造・卸業界の現状

電気機械器具製造・卸業界の現状

この章では、電気機械器具製造・卸業界の現状について、以下の3点から概観します。

【電気機械器具製造・卸業界の現状】

  1. 大手や中堅どころでは海外への進出も増え始めている
  2. 事業規模やエリアの拡大を目的としたM&Aの増加
  3. 廃業・倒産を嫌った事業承継も増えている

1.大手や中堅どころでは海外への進出も増え始めている

電気機械器具製造・卸業界では、大手や中堅企業が海外企業とのM&Aを実施し、事業拡大を目指す事例が増加しています

海外の優秀な企業と業務提携することで、お互いの経営資源を共有しシナジー効果を獲得することができます。

2.事業規模やエリアの拡大を目的としたM&Aの増加

M&Aで他の企業を買収すると、手早く事業規模やエリアを拡大することができます

電気機械器具製造・卸業界でも、事業規模やエリアの拡大を目的としたM&A事例が増加しています。

3.廃業・倒産を嫌った事業承継も増えている

経営者の高齢化や経営難から廃業・倒産してしまうと、従業員の雇用を失いますし、今まで培ったノウハウや顧客とのネットワークもなくなってしまいます。

さらに、廃業には予想以上の費用がかかることもあり、資産の処分が面倒なのもデメリットです。

こういったデメリットを嫌って、事業承継によって会社を存続させる事例が増加傾向にあります。

電気機械器具製造・卸をM&A・事業承継する際のポイント

M&A・事業承継する際のポイント

この章では、電気機械器具製造・卸をM&A・事業承継する際のポイントについて解説します。

【電気機械器具製造・卸をM&A・事業承継する際のポイント】

  1. 自社の強みをアピールする
  2. 入念に準備を行う
  3. M&A・事業承継先の選定
  4. 譲れない部分を明確にする
  5. M&A・事業承継の専門家に相談する

1.自社の強みをアピールする

電気機械器具の製造には高い技術が必要になるので、各企業が独自の強みを持っていることが多いという特徴があります。

電気機械器具製造・卸のM&A・事業承継では、自社の強みを積極的にアピールすることで、他社との違いを強調していくことが重要です。

2.入念に準備を行う

M&A・事業承継の準備は最低3年前から行う必要があるといわれており、入念に準備を行うことはM&A・事業承継を成功させる重要なポイントです

必要な資料の準備や後継者の育成、磨き上げによる企業価値の向上など、できるだけ早い時期から準備に取り組むようにしましょう。

3.M&A・事業承継先の選定

M&A仲介会社にM&A・事業承継を依頼した場合、基本的には仲介会社が売買先の選定を行い、その中から顧客が気に入った企業に交渉を持ちかけます。

電気機械器具製造・卸のM&A・事業承継では、幅広いネットワークを持つ仲介会社を選んで、多くの選択肢から最適な売買先を選定するようにしましょう

4.譲れない部分を明確にする

M&Aは買い手・売り手双方に思惑があるので、こちらの条件ばかりを押しつけることはできません。

ここだけは譲れない部分を明確にして、それ以外の部分に関しては譲歩してもいいというスタンスでないと、なかなか満足いく成約には結びつきません。

5.M&A・事業承継の専門家に相談する

M&A・事業承継には、幅広い経験と知識が必要とされますし、M&Aを行っている間はどうしても本業に支障が出ます。

最近は経営者が自分でM&Aを実行できるマッチングサイトも増えていますが、やはりM&A仲介会社などの専門家に相談したほうが無難です

電気機械器具製造・卸をM&A・事業承継する際の相談先

M&A・事業承継する際の相談先

電気機械器具製造・卸をM&A・事業承継する際の相談先としては、以下のような選択肢があります。それぞれメリット・デメリットがあるので、自社の事例に合った相談先を選ぶようにしましょう。

【電気機械器具製造・卸をM&A・事業承継する際の相談先】

  1. M&A仲介会社
  2. 地元の金融機関
  3. 地元の公的機関
  4. 地元の弁護士・税理士・会計士など
  5. マッチングサイト

1.M&A仲介会社

電気機械器具製造・卸のM&A・事業承継においては、M&A仲介会社に相談するのが一番オーソドックスな選択肢です。以下では、電気機械器具製造・卸のM&A・事業承継におすすめのM&A仲介会社を5社ご紹介します。

【電気機械器具製造・卸のM&A・事業承継におすすめのM&A仲介会社】

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 株式会社レコフ
  3. ひろしま会計グループ
  4. エムレイス株式会社
  5. 株式会社中小企業M&Aサポート

①株式会社M&A総合研究所

株式会社M&A総合研究所は、売上規模一億円から数十億円程度の、中堅・中小企業のM&Aを主に手がけている仲介会社です。

M&A総合研究所では、案件ごとに会計士・弁護士・アドバイザーによる3名体制で就き、クロージングまでのフルサポートを行っています。

成約まで料金がかからない完全成功報酬制を採用しているので、安心してじっくりと相談できるのが特徴です。
 

問合せ先 0120-401-970
サイトURL https://masouken.com/lp01

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

②株式会社レコフ

株式会社レコフは、1987年設立の老舗M&A仲介会社です。長年の経験により蓄積したデータとノウハウが強みで、クロスボーダーM&Aなども手がけています。
 

問合せ先 03-3221-4945
サイトURL https://www.recof.co.jp/

③ひろしま会計グループ

ひろしま会計グループは、東京都内を中心に、中小企業の税務・会計・経営をサポートしています。

事業承継・M&Aに加えて、事業計画策定や会社立上サポートなども手がけています。
 

問合せ先 0120-58-2571
サイトURL http://www.tca-net.com/

④エムレイス株式会社

エムレイス株式会社は、主に中堅・中小企業のM&Aを手がけている仲介会社です。

強固なネットワークを駆使した最適なマッチングが強みで、買い手・売り手双方にとって高いシナジーが得られるM&Aを実現します。
 

問合せ先 サイトの問合せフォームより
サイトURL https://mrace.co.jp/

⑤株式会社中小企業M&Aサポート

株式会社中小企業M&Aサポートは、中小企業の事業承継・事業譲渡・会社売却を手がけるM&A仲介会社です。

高い成約率と実績の豊富さが強みで、80%前後の成約率を維持しています。
 

問合せ先 03-6860-8272
サイトURL https://www.chusho-ma-support.com/

2.地元の金融機関

M&A仲介会社以外の選択肢としては、地方銀行や信用金庫などの、地元の金融機関に相談する方法もあります

ただし、金融機関にM&A・事業承継の相談をすると、実務に関するサポートは提携している仲介会社を紹介されるケースがほとんどです。

一貫したサポートを受けたい場合は、最初からM&A仲介会社に相談するほうがよいでしょう。

3.地元の公的機関

近年の中小企業の高齢化を受けて、政府は事業引継ぎ支援センターなどの公的機関の設置を進めています

無料で気軽に相談できるので、民間の仲介会社に相談するのが不安な場合は、まず公的機関に相談するという選択肢もあります。

【関連】事業引継ぎ支援センターに相談するのは危険?仲介会社との違いは?

4.地元の弁護士・税理士・会計士など

地元の弁護士・税理士・会計士といった士業専門家の中には、M&Aや事業承継に詳しいところもあります。

M&Aに強い弁護士・税理士・会計士であれば専門的なサポートに期待できるので、相談するのも有効な選択肢になります。

5.マッチングサイト

マッチングサイトとは、会社を売買したい買い手と売り手が、仲介会社を介さずに直接やり取りできるサービスです。

基本的には、交渉や手続きも自身で進めることになるため、M&Aに関する知識がなければ成約に至るのは難しい可能性もあります。

マッチングサイトによっては、交渉の段階から仲介サポートへ切り替えができるところもあるので、そのようなサイトを選ぶと安心です。

電気機械器具製造・卸をM&A・事業承継するメリット

M&A・事業承継するメリット

電気機械器具製造・卸をM&A・事業承継する主なメリットは以下の5つです。

【電気機械器具製造・卸をM&A・事業承継するメリット】

  1. 後継者問題の解決
  2. 従業員の雇用先の確保
  3. 実績や技術の継承が行える
  4. 事業規模の拡大を行う事ができる
  5. 譲渡・売却益を手にする事ができる

1.後継者問題の解決

近年は、どの業種でも後継者問題が深刻ですが、電気機械器具製造・卸業は専門的な知識と経験を必要とするので、特に後継者を見つけにくい業種の一つです。

しかし、M&Aであれば幅広い売却先候補のなかから、自社の経営を引き継いでくれる最適な企業を見つけることができます

2.従業員の雇用先の確保

もし、電気機械器具製造・卸会社を廃業すると、そこで働いていた従業員を解雇しなければならなくなります。

しかし、M&Aで承継先を見つけることができれば、従業員の雇用先を確保することができます

3.実績や技術の継承が行える

電気機械器具製造・卸会社を廃業すると、従業員の解雇以外にも、培ってきた実績や技術が途絶えてしまうデメリットがあります。

M&Aによって実績や技術の継承が行えるというのも、電気機械器具製造・卸をM&A・事業承継するメリットの一つです。

4.事業規模の拡大を行う事ができる

自社のみで事業規模の拡大を行おうとすると、新しい設備への投資や従業員の確保など、多くの手間と費用がかかります。

M&Aで企業を買収すれば、こういった経営資源を素早く獲得することができますし、買収企業が持っているブランドイメージも引き継ぐことができます

5.譲渡・売却益を手にする事ができる

譲渡益や売却益を得る目的で、電気機械器具製造・卸会社をM&A・事業承継するというのも有効な選択肢です。

獲得した資金は新しい事業へ充てたり、引退後の生活資金に回すこともできます。

電気機械器具製造・卸をM&A・事業承継する際におすすめの仲介会社

おすすめの仲介会社

電気機械器具製造・卸をM&A・事業承継する際におすすめなのが、M&A総合研究所です。

M&A総合研究所では、経験豊富な会計士・弁護士・アドバイザーの3名体制で、電気機械器具製造・卸会社のM&A・事業承継をフルサポートします。

独自AIによるマッチングシステムを有しており、短時間で最適な売買先を選定することが可能で、クロージングまで平均3か月というスピードが強みとなっています。

料金は着手金・中間金無料の完全成功報酬制を採用しており、コストを抑えてM&Aを実行することができます。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

まとめ

まとめ

電気機械器具製造・卸業界は大手企業の海外進出が増えてきているので、それにともないM&Aも活発になっていくと思われます。経営者にとっては、M&Aについて理解を深めることが今後ますます重要になるでしょう。

【電気機械器具製造・卸のM&A・事業承継事例10選】

  1. 日本電産によるロボテックの子会社化
  2. リケンテクノスによるコニカミノルタの自動車窓ガラス用遮熱フィルムの事業譲受
  3. モルフォによるパナソニック子会社の株式取得
  4. UTグループによる東芝グループ会社の子会社化
  5. 富士フイルムホールディングスによる富士ゼロックスの完全子会社化
  6. ベネフィットジャパンによるモバイル・プランニングの完全子会社化
  7. トレックス・セミコンダクターとCirel Systems Pvt. Ltd.の資本提携
  8. サンテレホンによるSOECOの子会社化
  9. JVCケンウッドによるZMPとカートモの株式譲渡
  10. メイコーによる十和田ベトナム社の子会社化

【電気機械器具製造・卸業界の現状】
  1. 大手や中堅どころでは海外への進出も増え始めている
  2. 事業規模やエリアの拡大を目的としたM&Aの増加
  3. 廃業・倒産を嫌った事業承継も増えている

【電気機械器具製造・卸をM&A・事業承継する際のポイント】
  1. 自社の強みをアピールする
  2. 入念に準備を行う
  3. M&A・事業承継先の選定
  4. 譲れない部分を明確にする
  5. M&A・事業承継の専門家に相談する

【電気機械器具製造・卸をM&A・事業承継する際の相談先】
  1. M&A仲介会社
  2. 地元の金融機関
  3. 地元の公的機関
  4. 地元の弁護士・税理士・会計士など
  5. マッチングサイト

【電気機械器具製造・卸のM&A・事業承継におすすめのM&A仲介会社】
  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 株式会社レコフ
  3. ひろしま会計グループ
  4. エムレイス株式会社
  5. 株式会社中小企業M&Aサポート

【電気機械器具製造・卸をM&A・事業承継するメリット】
  1. 後継者問題の解決
  2. 従業員の雇用先の確保
  3. 実績や技術の継承が行える
  4. 事業規模の拡大を行う事ができる
  5. 譲渡・売却益を手にする事ができる

M&A総合研究所では、経験豊富な会計士・弁護士・アドバイザーが、電気機械器具製造・卸のM&A・事業承継をフルサポートします

無料相談を年中無休で受け付けていますので、電気機械器具製造・卸のM&A・事業承継をお考えの方は気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)