M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年9月23日更新

食品メーカー・食品会社におけるM&Aの売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

食品メーカー・食品会社のM&Aは、買い手、売り手によってM&Aを選択する目的は異なります。メリット・デメリットをしっかり判断した上でM&Aを選択しましょう。大きな意思決定であるM&Aは注意点も多いため慎重に専門家を活用しましょう。

目次
  1. 食品メーカー・食品会社のM&Aとは?
  2. 食品メーカー・食品会社の動向とM&A
  3. 食品メーカー・食品会社のM&Aの現状と動向
  4. 食品メーカー・食品会社のM&Aの相場と費用
  5. 食品メーカー・食品会社の買収とは?買う・買いたい場合
  6. 食品メーカー・食品会社の売却とは?売る・売りたい場合
  7. 食品メーカー・食品会社のM&Aにおけるポイントとは
  8. 中小企業における食品メーカー・食品会社のM&Aの事例
  9. まとめ

食品メーカー・食品会社のM&Aとは?

近年、様々な業界の企業でM&Aの活発化が見られますが、食品メーカー・食品会社も例外ではありません。

M&Aは後継者不足問題の解決、経営基盤の強化や事業領域の拡大、さらには優秀な人材の確保など、様々なメリットがあります。

食品メーカー・食品会社は、近年の円安基調、消費者のニーズの多様化など、様々な動向への対応が迫られています。

これらの問題を解決するための手法として、M&Aを積極的に活用する動きが見られているのです。

食品メーカー・食品会社のM&Aについて、まず業界の特徴や動向を踏まえてご紹介します。

食品メーカー・食品会社の特徴

まず、食品メーカー・食品会社の正確な定義を確認しておきましょう。

総務省の「日本標準産業分類」によると、製造業の中に「食料品製造業」という分類があります。

食品メーカー・食品会社は、この「食料品製造業」に含まれます。

「食料品製造業」が製造するものは、以下の通りです。

  1. 畜産食料品,水産食料品など
  2. 野菜缶詰,果実缶詰,農産保存食料品など
  3. 調味料,糖類,動植物油脂など
  4. 精穀,製粉及びでんぷん,ふくらし粉,イースト,こうじ,麦芽など
  5. パン,菓子,めん類,豆腐,油揚げ,冷凍調理食品,そう(惣)菜など

また、清涼飲料、酒類、茶、コーヒー、氷、たばこ、飼料、有機質肥料の製造は「飲料・たばこ・飼料製造業」に分類され、食料品製造業に含まれていません。

また、食料品製造業は、素材型と加工型に分けて考えることができます。

素材型は加工部門への原料供給を行い、加工型は仕入れた原料で加工品を製造して需要者に供給します。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

素材型

素材型には製糖、製粉、製油などがあります。

また、飼料も素材として供給する場合は素材型に含まれるのです。

素材型は商品の差異化が難しく、成長率の減少も見られました。

その中で同業種によるM&Aが活発になり、業界再編が進んでいます。

加工型

加工型には、パン・菓子、めん類、冷凍食品などがあります。

加工品として考えると、飼料も含まれるのです。

需要者に供給する形になるので、食品小売市場の動向が影響します。

食品メーカー・食品会社の動向とM&A

食品メーカー・食品会社の特徴をふまえ、その動向とM&Aについて整理しておきましょう。
 

⑴数値から見る動向

農林水産省が実施する平成29年度の「食品産業動態調査」によると、平成29年の食品製造業の生産額指数は対前年比0.3%となり、ほぼ横ばいで推移しています。

また、平成28年度の食品製造業の売上高は45兆3,000億円となり、平成25年度から増加傾向です。

さらに、食品製造業の製造品出荷額等は平成27年で32兆5億円となり、堅調に回復しています。

国内市場の縮小傾向

上記の数値を見ると、業界規模としては堅調に推移しています。

一方で、国内市場としては縮小傾向です。

例えば、少子高齢化や食料品の価格下落などが、国内市場の縮小原因としてしばしば挙げられます。

少子高齢化は結果的に人口減少を招き、経済が縮小するおそれがあるのです。

人口減少が続けば需要はますます減少し、供給過多の状況が加速します。

食品業界も例外ではなく、国内での供給過多が深刻化することも。

また、近年は消費者の節約志向や所得水準の低下傾向などが進み、価格競争が激化しています。

デフレから完全に脱却したとは言えない状況で、価格競争の激化でさらに価格が下落すれば、国内市場の縮小の原因にもなるのです。

価格変動の傾向

一方で、最近では海外市場での原料価格の上昇などが原因で、値上げの傾向が見られます。

食品メーカー・食品会社では、取り扱う原材料を輸入に頼っている状況です。

そのため、為替動向が大きく影響してしまいます。

近年は円安基調で推移しているため、原料価格が上昇傾向です。

輸入による原材料が多く含まれる製品は、値上げによって対処する必要があります。

しかし、もともと価格競争が厳しいので値上げが難しいです。

価格変動への対処は、食品メーカー・食品会社における大きな課題の一つとなっています。

このような状況では、競争力を高めるためにM&Aを活用する例があります。

例えば同業者同士がM&Aを行うことで、それぞれの強みやノウハウを取り入れ、競争激化に対応するといったケースです。

今後はさらに競争が激化する可能性もあります。

為替動向の影響も踏まえ、特に価格戦略は重要な課題です。

価格戦略に伴い、サービスの質の向上はもちろん重要と言えます。

このような状況では、同業者同士が統合することで効率的に競争力を上げるという手法が考えられるのです。

ニーズの多様化と安全性に対する意識

また、消費者のニーズもますます多様化しています。

健康食品ブームなどは、まさに多様化したニーズの代表例です。

このようなニーズの動向も踏まえ、事業戦略を練る必要があります。

近年では、食品の安全性に対する意識が高いです。

食品の表示偽装問題なども原因となり、これまで以上に消費者が食品の安全性を意識しています。

食品の安全性が確保できるかどうかは、食品メーカー・食品会社の存続にかかわる重要な問題です。

安全性に問題があって事故が起きれば、社会的な信頼を失ってしまいます。

安全性に対するニーズの高まりを意識し、これまで以上に安全性に対する取り組みが求められるのです。

そのために、設備費やメンテナンス費用が以前より増加する傾向にありますが、ここは食品メーカー・食品会社として避けては通れません。

また、安全性に関連し、「食品トレーサビリティ」という方法が注目されています。

食品トレーサビリティとは、生産から加工、流通の段階において、食品の移動を把握することです。

それぞれの段階で入荷と出荷の記録が保存され、事故が発生した場合には、それらの記録から事故の原因を迅速に発見することができます。

健康被害を拡大しないためにも、食品トレーサビリティは重要なシステムです。

また、牛・牛肉、米・米加工品については、食品トレーサビリティの取組みが義務化されています。

多様化するニーズへの対応としても、M&Aは効果的です。

あるニーズに対して自社に強みがない場合、その分野に特化した企業を買収することは大きなメリットがあります。

これは、同業者同士のM&Aでも同様です。

食品メーカー・食品会社といっても、それぞれで特化している分野は異なります。

多角化を目指すためにも、同業他社の買収は大きな効果があるのです。

また、安全性に対する意識の高まりに対応するためにも、M&Aを活用することができます。

安全性に関して確かなノウハウを持つ企業の買収や、安全性に定評のある企業の傘下に入るといった手法により、安全性の確保につなげることが可能です。

食品メーカー・食品会社のM&Aの現状と動向

食品メーカー・食品会社のM&Aの現状と動向は、素材型と加工型に分けて考えるとわかりやすいです。

食品メーカー・食品会社では、多角化を目指すための同業他社の買収が活発化しています。

特に素材型の企業にこの傾向が顕著です。

先ほども少し触れましたが、素材型の場合、商品の差異化が難しい傾向があります。

商品において差異化が難しい以上、加工部門への原料供給の規模を広げることが必要です。

ここで、同業者同士のM&Aによって経営基盤の強化や事業領域の拡大を図り、サービス範囲を拡大することができます。

特に素材型の場合、同業種によるM&Aの活発化により、業界再編が進んでいます。

これは、近年のコスト高の影響が強いです。

原料価格の高騰が起こり値上げの必要性が高まっても、競争力の激化などが原因で値上げができないというケースは多くあります。

加工メーカーから値下げの圧力がかかる場合もあるのです。

そこで、コスト削減や価格交渉力の向上などを目的としたM&Aが増加しています。

一方で加工型の場合、海外進出としてM&Aを活用するケースが増えています。

国内市場の縮小や競争の激化に伴い、海外進出を図る食品メーカー・食品会社が多く見られるのです。

また、異業種からの新規参入の事例も、今後は増加すると思われます。

健康食品ブームによって、異業種の企業が健康食品の製造会社を買収するといったケースなど、今後は増えるものと考えられるからです。

後継者不足や財務基盤で問題を抱えている食品メーカー・食品会社であれば、資金力のある企業への売却を検討することもあるでしょう。

そこで、資金力のある異業種の企業が名乗り出る可能性は十分にあります。

多様化するニーズに伴い、異業種の参入事例の増加が見込まれているのです。

食品メーカー・食品会社のM&Aの相場と費用

食品メーカー・食品会社のM&Aは、同業者同士のM&Aのほか、海外進出のためのM&Aの事例もあります。

経営基盤の強化や事業領域の拡大、さらには優秀な人材の確保など、それぞれにメリットがありますが、何を目的とするかでM&Aの規模は大きく異なるのです。

そのため、M&Aの相場や費用は、目的が似ている事例をもとに検討する必要があります。

現時点では同業者同士のM&Aや海外進出のためのM&Aが代表的となるので、これらの事例をもとに相場や費用を考えられるのです。

一方で、今後は異業種からの新規参入の増加も見込まれます。

M&Aの事例が多様化すれば、相場と費用を一概に把握することは困難です。

そのため、似た事例を重点的に分析して相場と費用を検討することが、何より必要と言えます。

食品メーカー・食品会社の買収とは?買う・買いたい場合

同業者による買収の場合、事業領域を拡大できることが一つのメリットです。

例えば買収対象となる食品メーカー・食品会社が特定の地域に特化していれば、その会社の買収によって事業領域を拡大できます。

また、価格戦略やサービスの質の向上のために同業者を買収し、競争激化に備えられるのです。

買収対象となる食品メーカー・食品会社のノウハウを得ることにより、自社の競争力の向上を図ることができます。

今後は、異業種からの新規参入の増加も見込まれます。

食品メーカー・食品会社同士がM&Aによって協力することは、競争力の強化として大きなメリットです。

食品メーカー・食品会社の売却とは?売る・売りたい場合

売却する側の企業にとっては、後継者不足問題の解決、経営基盤の安定化、創業者利益の獲得、個人保証や担保の解消、従業員の雇用の維持といったメリットがあります。

特に中小規模の食品メーカー・食品会社は、後継者不足や財務基盤において問題を抱えているケースが多いですが、売却によってこれらの問題の解決を図ることができます。

同業者からの買収を狙うケースのほか、異業種の企業からの買収を狙うのも選択肢の一つです。

短期間で資金面を安定させたい場合には、異業種でも資金力のある企業に売却することもできます。

新規参入を検討している企業にとって魅力的な商品やサービスを展開していれば、経済効果の高い売却を目指すことは十分に可能です。

多様化するニーズの傾向を踏まえ、自社の強みを固めておくことが大切といえます。

せっかく良質なサービスを提供しているのであれば、企業としては後継者不足などの問題を解決し、何とか事業を継続することを考えます。

そのために、M&Aによる売却は効果的な方法です。

良質なサービスを提供する食品メーカー・食品会社が事業を継続できれば、その企業だけでなく、ひいては食品業界全体の発展にもつながります。

M&Aによる売却を検討しているなら、M&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所は、完全成功報酬制のM&A仲介会社です。

多くのM&A仲介会社は着手金や中間金が必要な成功報酬制を採用していますが、M&A総合研究所は成功報酬のみなので、M&Aが成立しなければ手数料はかかりません。

そのため、業界最安値水準の料金体系になっています。

M&A総合研究所ではあなたのM&Aが成功するように、金額の算出や条件交渉など様々な点でサポート致します。

電話で無料相談WEBから無料相談

食品メーカー・食品会社のM&Aにおけるポイントとは

こちらでは、食品メーカー・食品会社のM&Aで会社を売る際のポイントについて解説します。

ポイントは、以下の3つです。

  • 相場
  • 手法
  • タイミング

もちろん、大手だけでなく、中小の食品メーカー・食品会社に当てはまるので、ぜひ参考にしてください

相場

M&Aで企業を売却する価格の相場は、相手がどれほど買いたがっているかで上下します。

相手が売り手企業を高く評価していれば価格は上昇しますし、買い手企業が見つからなければ価格をいくら下げても売却できない可能性があります。

ですが、計算上における概算の相場価格は算出できますので、2点紹介します。

価格交渉においても、以下の計算方法で算出された相場価格を基に話し合うことが、売却合意への第一歩です。

  • DCF(ディスカウント・キャッシュ・フロー)法
  • 純資産法

詳しい相場価格については、M&A仲介の専門会社に相談しながら進めましょう。

DCF(ディスカウント・キャッシュ・フロー)法

DCF法は、将来におけるキャッシュフローを現在価値に割り引いた上で企業価値を算出する方法です。

売却会社が売却する資産や事業計画書を基に、M&A成立後に収益やキャッシュフローがどれだけ見込めるか計算して相場価格を算出します。

純資産法

純資産法の中には、「簿価純資産法」と「修正純資産法」があります。

【簿価純資産法】
簿価純資産法は帳簿価額に基づき、資産と負債の差額となる純資産を見て相場価格を決定する方法です。
【修正純資産法】
修正純資産法は、帳簿上の資産と負債を時価で再算出して、簿価純資産額に重要な項目のみ調整して価値を試算する方法です。
 

手法

中小企業のM&Aにおける手法は、以下の2つに絞られます。

  • 株式譲渡
  • 事業譲渡

それぞれ、見ていきましょう

株式譲渡

株式譲渡は企業の株式を一部、または全て売却する方法です。

会社の債権や債務、雇用契約までも買い手企業へ承継されます。

事業譲渡より手続きは簡単ですが、原則として債務も買い手へ引き継がれるので、念入りな事前調査が必要です。

また、通常は経営権や営業権の権利譲渡も同時に行われます。

事業譲渡

事業譲渡は、企業における事業の一部を売る方法です。

売り手企業は売却したい事業のみを狙って売却できますし、買い手企業は欲しい事業のみを狙って買収できます。

事業譲渡は株式譲渡と違い、経営権や営業権を買い手へ譲渡することは法的に不可能な場合がある点に注意が必要です。

その場合、買い手側が権利を取り直す必要があります。

タイミング

M&Aで中小企業を売却するのに適したタイミングは、以下の3つです。

  • 業界の再編が進んでいる時
  • 好景気の時
  • 経営者が元気な時

1つずつ、見ていきましょう。

業界の再編が進んでいる時

業界の再編が進んでいる最中の業界は、M&Aで中小企業を売却するのに適したタイミングです。

中でも、最も適したタイミングは業界の再編が進み、売主候補企業が減少している段階と言えます。

売り手市場となり、高価格で売れる可能性が高くなるのです。

ただし、業界再編の流れは永続的に続きません。

なので、売り惜しんでタイミングを逃さないようにしましょう。

 

好景気の時

もちろん、好景気であるほど中小企業は高く売却できます。

むしろ、好景気時でなければ買い手は現れないと想定しておくべきです。

一方、買い手が現れたとしても、景気が悪くなってしまえばその意欲は無くなってしまいます。

経営者が元気な時

M&Aで中小企業を売却する場合、経営者の体調が良く元気なときに計画を立てて進めるべきです。

もし、経営者の身体に何か起こってから会社を売却することになった場合、早く売却することが目的になってしまうからです。

早く売却することが優先されてしまうと、価格交渉はほとんどできなくなってしまいます。

中小企業における食品メーカー・食品会社のM&Aの事例

こちらでは、中小企業などにおける食品メーカー・食品会社のM&Aの事例について紹介します。

山崎製パンによる東ハトの買収

山崎製パンによる東ハトの買収は、倒産後に経営再建中となっていた東ハトを、2006年に山崎製パンが取得総額182億円で買収したという事例です。

製菓事業として確かなシェアを持っている東ハトを、菓子パン製造最大手の山崎製パンが買収したことになります。

ヨシムラ・フード・ホールディングスによる純和食品の買収

ヨシムラ・フード・ホールディングスによる純和食品の買収は、2016年に行われた最近の事例です。

ヨシムラ・フード・ホールディングスは、食品の製造・販売を行う中小企業の支援・活性化を目的としています。

子会社に対して独自の「中小企業支援プラットフォーム」を提供していることが特徴です。

このヨシムラ・フード・ホールディングスが4億5,500万円で純和食品を買収しました。

これは、売却側が経営基盤の強化を図った事例の代表例と言えます。

純和食品としては、ヨシムラ・フード・ホールディングスの傘下に入ることで「中小企業支援プラットフォーム」の支援を受け、経営基盤の強化を可能としたのです。

石垣食品による新日本機能食品の買収

2018年、飲料・珍味事業を手掛ける石垣食品は、健康・美容商材の会員制通販卸サイトを運営する新日本機能食品の株式を取得して、子会社化を決議しました。

新日本機能食品は、通販で売れる商品のノウハウや商品開発能力を持っている会社です。

買収の目的は、商品の製造ノウハウやリソースを利用してグループ全体の利益を確保することでした。

買収後の石垣食品は、新日本機能食品が運営する通販サイトにて、自社製造の健康飲料を販売することで販路の拡大を狙っています。

ジャパン・フード&リカーアライアンスによる銀盤酒造の買収

2017年にジャパン・フードリカーアライアンスは、酒造メーカーである銀盤酒造の株式を取得して、子会社化を決議しました。

買収の目的は、双方の製造機能を活用した販路の拡大や営業力の強化、海外展開を図ることです。

買収後のジャパン・フード&リカーアライアンスは、銀盤酒造の持つ製造ノウハウやリソースを活用して、収益性の向上を狙っています。

石垣食品による新日本機能食品の買収

2018年に、ライフスタイル産業に関わる企業のM&Aを行い新規事業に進出している21LADYは、和菓子メーカーのあわ屋惣兵衛における全株式を取得しました。

あわ屋惣兵衛は、和菓子を中心とした販売・製造を手掛けており、高いブランド力や商品開発力を持っている会社です。

買収の目的は、生産性と商品企画力の向上を狙うことでした。

買収後の21LADYは、人材の補強と店舗開発を補完しあいながら、シナジー効果の形成を狙っています。

まとめ

食品メーカー・食品会社のM&Aは、現段階では目立った失敗事例は少ないと言えます。

ただし、今後はさらにM&Aが加速すると考えられ、失敗事例が発生する可能性もあるのです。

特に異業種からの新規参入の増加が見込まれる中、今後はM&Aの事例も多様化すると考えられます。

他分野の事業を取り込むことは、事業拡大につなげることができる一方で、リスクも高いです。

リスクの高いM&Aでは、失敗事例が発生する可能性もあります。

今後の業界の動向も踏まえ、様々な事例の検討・分析が必要なのです

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)