2020年9月6日公開業種別M&A

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界は土地さえあれば参入しやすい事業です。しかし、人口減少や車離れの影響で、簡単に収益が得られなくなると予測されています。その時に取れる手段の1つがM&A・譲渡です。この記事では駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点などについて紹介します。

目次
  1. 駐車場業界とは
  2. 駐車場業界のM&A・譲渡のメリット
  3. 駐車場業界のM&A・譲渡の注意点
  4. 駐車場業界のM&A・譲渡に強い仲介会社
  5. 駐車場業界のM&A・譲渡事例
  6. 駐車場業界のM&A・譲渡を成功させるには
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

駐車場業界とは

駐車場業界とは

駐車場業界とは

駐車場業界とは、自動車を駐車するスペースを貸し出し、その利用料で収益をあげている業界のことです。高度経済成長期から自動車の所有率が上がるにつれてその需要が高まっている業界です。

現在でも個人が所有している土地を有効活用するために参入する個人事業主や中小企業はたくさんいます。そこでこの記事では駐車場業界の動向やM&A・譲渡について紹介します。

駐車場業界について

近年の駐車場業界は好調です。自動車販売数の増加や公共投資の増加などの影響により売上は増加しています。一方で、駐車場業界には過剰供給という課題もあります。駐車場業界は土地などの資産を有していれば比較的参入しやすい業界です。

特に土地を有効活用できていない法人や個人が少しでも利益をあげるために駐車場業界に参入するケースはよく見られます。そのため、駐車場業界の大手企業は差別化を図るために駐車場シェアサービスや駐車場の自社保有割合の増加などの戦略を取っています。

駐車場業界のM&A・譲渡による再編動向

次は駐車場業界のM&A・譲渡による再編動向について紹介します。その特徴としては以下の3つがあります。ここからはその特徴について紹介します。

  • 大手グループによるM&Aが増加していること
  • 規模拡大を目指したM&Aが増加していること
  • 好立地の獲得を目的としたM&Aが発生していること

1.大手グループによるM&Aが増加

駐車場業界のM&A・譲渡による再編動向1つ目は大手グループによるM&Aの増加です。駐車場業界の最大手はパーク24で、2018年の売上高は約3000億円です。以下、大きく差がついて日本駐車場開発や東京建物、パラカなどが続いており、2018年の売上高は約200億円~300億円となっています。

先ほども述べたように駐車場の過剰供給や少子化・車離れの影響により将来的に競争が激化すると予測されています。売上を継続的に増加させるための戦略として中小企業や個人事業主が所有している駐車場の譲渡や企業通しのM&Aが積極的に行われています

2.規模拡大を目指したM&Aが増加

駐車場業界のM&A・譲渡による再編動向2つ目は規模拡大を目指したM&Aの増加です。駐車場業界の競争激化に打ち勝つためにはより多くの資本を集めて、投資する必要があります。その資本集めの戦略としてM&Aが行われています。

M&Aにより駐車場やその企業が保有している資金を得ることができます。また、被買収企業に属している優秀な人材を確保できる可能性があります。さらにM&A相手や譲渡相手が駐車場事業の経営で有していたノウハウなどが得られる可能性があります。

これらをM&Aにより獲得して規模を拡大し、企業の成長につなげるためにM&Aが積極的に行われています。

3.好立地の獲得を目的としたM&Aが発生

駐車場業界のM&A・譲渡による再編動向3つ目は好立地の獲得を目的としたM&Aが発生していることです。これは駐車場業界で生き残るための差別化戦略です。繁華街や大型量販店の近くなど自動車の駐車の需要が非常に高いエリアがあります。

そこに駐車場があるとある程度の駐車料金であっても継続的に売上を確保することができます。このような好立地での駐車場を数多く有している法人や個人事業主であれば、駐車場業界の競争が激化しても比較的経営が安定します

好立地の駐車場を得るためにM&Aや駐車場の売買が積極的に行われています。

駐車場業界のM&A・譲渡のメリット

駐車場業界のM&A・譲渡のメリット

駐車場業界のM&A・譲渡のメリット

続いては駐車場業界のM&A・譲渡のメリットをこの記事では以下の3つを紹介します。

  • 大手グループの傘下入りで経営が安定化すること
  • 売却益・譲渡益が獲得できること
  • 管理などの信頼度アップに繋がること

大手グループの傘下入りで経営の安定化

駐車場業界のM&A・譲渡のメリット1つ目は大手グループの傘下に入ることで経営が安定化することです。駐車場業界に参入しても好立地や価格が安いなど周辺との差別化を図れないと思うような収益を確保することはできません。

その差別化の手段の1つとして大手グループのブランド力を利用する方法があります。ブランド力には利用しやすさや価格面でのイメージがあるため、利用者はほかの駐車場と比較することなく駐車場を利用します。

このように大手グループの傘下に入り、ブランド力で差別化を図ることで駐車場事業の経営を安定化させることができます。

売却益・譲渡益の獲得

駐車場業界のM&A・譲渡のメリット2つ目は売却益・譲渡益の獲得です。当然ですが、駐車場という資産を売却することで売却益が得られます。また、その駐車場が好立地であったり、月極契約者などの固定客が多い駐車場であれば、付加価値が付くため、多額の売却益が得られます

さらに大手グループの事業再編によるM&Aや譲渡であれば、通常よりも高値で買収してもらえる可能性があります。これらを総合的に考えると、駐車場事業を廃業するのであれば、M&Aや譲渡を行って売却益・譲渡益を獲得しましょう。

【関連】M&Aによる売却とは?売却先企業の選定・売却案件の探し方

管理などの信頼度アップに繋がる

駐車場業界のM&A・譲渡のメリット3つ目は管理などの信頼度アップにつながることです。個人事業主であれば、日常的に管理を行うとコストがかかるため、一定期間でしか管理作業を行っていないところは多いです。

しかし、大手グループの傘下に入るなどのM&Aを行うことで管理作業に対する費用を補助してもらえるため、利用者に対して信頼度を向上させることができます。また、大手グループ傘下に入ることでブランド力も得られるため、こちらの面からでも信頼度を上げることができます。

駐車場業界のM&A・譲渡の注意点

駐車場業界のM&A・譲渡の注意点

駐車場業界のM&A・譲渡の注意点

M&Aや譲渡を行う際には注意するべき点もあります。駐車場業界のM&A・譲渡の注意点をこの記事では以下の3つを紹介します。

  • 買い手となる企業の社風や風土をよく知ること
  • 地域性を重視して買い手を選定すること
  • 駐車スペースと不動産価値の変動に着目すること

買い手となる企業の社風や風土をよく知る

駐車場業界のM&A・譲渡の注意点1つ目は買い手となる企業の社風や風土をよく知ることです。M&Aで最も困難とされている手続きはクロージング後の統合プロセスです。経理や人事などのハード面は半年くらいで統合させることができます。

一方、売り手企業の従業員が買い手の企業の社風や風土を統合させるためには平均して1年以上かかります。買い手側はソフト面の統合プロセスを考慮してできるだけ自社と社風や風土が近い企業とM&Aを行おうとしています。

売り手側も譲渡される従業員のことを考えて、買い手企業の社風や風土を調査しておきましょう。そして、譲渡されても従業員が退職しない社風や風土の企業に買収・譲渡されるようにしましょう。

地域性を重視して買い手を選定する

駐車場業界のM&A・譲渡の注意点2つ目は地域性を重視して買い手を選定することです。大手グループの傘下に入るとブランド力は得られます。その一方で、経営の仕方など一律のマニュアルに従う必要があるため、今までの経営方法や地域性を無視した駐車場事業を行うことになります

一律のマニュアルに従うと場合によっては既存の顧客が別の駐車場に乗り換える可能性があります。また、経営方法が変わると従業員に負担がかかるため、モチベーションを押し下げる要因になります。そのため、買い手企業の経営方針については調査しておく必要があります。

例えば、買い手企業の事業所の所在地が自社に近くにあることや地域性を重視してくれるような買い手企業とM&Aや譲渡を行うようにしましょう。

駐車スペースと不動産価値の変動に着目する

駐車場業界のM&A・譲渡の注意点3つ目は駐車スペースと不動産価値の変動に着目することです。駐車場の価格は景気の変動によって大きく左右されます。

直近ではアベノミクスによる好況やオリンピック需要による地価の高騰、さらには中国人による不動産の買い占めなどによって土地の価格は高騰していました。しかし、2020年はコロナショックによる不況やオリンピックの延期などによって不動産価格は低下しています。

このように不動産価格は大きく変動します。駐車場事業による多額の売却益・譲渡益を獲得するためには売却する時期を慎重に考えましょう。少なくとも2020年はコロナショックによって買い手企業が減少するため、駐車場事業を売却しないことが得策です。

駐車場業界のM&A・譲渡に強い仲介会社

駐車場業界のM&A・譲渡に強い仲介会社

駐車場業界のM&A・譲渡に強い仲介会社

次は駐車場業界のM&A・譲渡に強い仲介会社を3社紹介します。

1.株式会社M&A総合研究所

株式会社M&A総合研究所

株式会社M&A総合研究所

出典:https://mastory.jp/

駐車場業界のM&A・譲渡に強い仲介会社1つ目は株式会社M&A総合研究所です。M&A総合研究所は中小企業を対象に幅広い業種でM&A・譲渡のフルサポートを行っています。駐車場事業のM&Aや事業譲渡についても成功させています。

M&A総合研究所の強みは売却先を駐車場事業に縛られずに選定できることです。駐車場事業は幅広く展開できないため、駐車場事業にしか売却できないと考えている経営者の方は多いですが、そうではありません。

他業種であっても、駐車場事業を多角化経営の1つの柱に考えたい買い手企業もあります。また、駐車場を自社の駐車場や新社屋に転用させたいと考える企業もあります。M&A総合研究所は幅広い業種を取り扱っているからこそ、売り手企業にとって最適の選択肢を選ぶことができます。

駐車場事業のM&A・譲渡を考えている経営者の方は一度、M&A総合研究所へご相談ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

2.M&Aキャピタルパートナーズ株式会社

M&Aキャピタルパートナーズ株式会社

M&Aキャピタルパートナーズ株式会社

出典:https://www.ma-cp.com/

駐車場業界のM&A・譲渡に強い仲介会社2つ目はM&Aキャピタルパートナーズ株式会社です。M&Aキャピタルパートナーズも中小企業をターゲットとしているM&A仲介会社で、東証一部に上場しています。

M&Aキャピタルパートナーズでは各業界の動向を分析しており、駐車場業界の動向についても分析しています。そのため、駐車場業界の再編動向を素早くキャッチし、駐車場事業の売却に適した時期かどうかを的確に判断することができます

M&Aキャピタルパートナーズについても仲介手数料を低く設定しており、駐車場事業のM&A・譲渡について非常に相談しやすい状態になっています。

【関連】M&Aキャピタルパートナーズとは?業務内容や株価・年収を解説

3.株式会社中小企業M&Aサポート

駐車場業界のM&A・譲渡に強い仲介会社3つ目は株式会社中小企業M&Aサポートです。中小企業M&Aサポートも中小企業をターゲットとしたM&A仲介会社で、事業譲渡や会社売却について高成約率と豊富な実績を持っています

中小企業M&Aサポートも駐車場業界について分析をしており、その結果に基づいて的確なM&A・譲渡のサポートをしてもらうことができます。また、駐車場事業の事業承継についても相談してもらえますので、事業承継をお考えの経営者も一度中小企業M&Aサポートに相談してみてください。

駐車場業界のM&A・譲渡事例

駐車場業界のM&A・譲渡事例

駐車場業界のM&A・譲渡事例

最後に駐車場業界のM&A・譲渡の事例を4つ紹介します。紹介する事例は以下の通りです。

  1. 九州地方の駐車場事業および法人株式譲渡
  2. 三菱地所による駐車場綜合研究所の子会社化
  3. 駐車場綜合研究所(現 三菱地所パーク)によるMBOの実施
  4. 日本駐車場開発によるインドネシアの駐車場販売会社の子会社化

1.九州地方の駐車場事業および法人株式譲渡

1つ目に紹介する事例は九州地方で行われた駐車場事業と法人株式譲渡です。譲渡が行われた日時については公開されていません。譲渡した企業は福岡県内で20件のコインパーキングを展開している年商6000万円のP社です。

P社は駐車場事業とは別の新規事業を行う計画をしており、それに向けた事業のスリム化を目的にコインパーキング事業を売却されます。一方、譲受企業は鹿児島県内で不動産事業を行っている年商2億円のT不動産です。

T不動産は自社の今後の成長戦略としてM&Aを行おうとしていました。本案件の前には他の福岡県内の不動産管理会社とのM&Aを検討していましたが、いずれも断念していました。今回の案件では打ち合わせや面談を数回実施して、駐車場事業と法人株式の譲渡に至りました。

今回の譲渡ではP社の駐車場事業のノウハウや収益性を安定化させるため、P社社長が譲渡後1年間顧問として残留することになりました。今回は駐車場事業と不動産事業と類似性があったこと、また、両社の戦略がうまく協調したこともあって短期間で譲渡の話し合いがまとまりました。

なお、今回の事業および株式の取得価格は公開されていません。

売却企業 年商6000万円のP社(福岡県)
買収企業 年商2億円のT不動産(鹿児島県)
株式取得価格 非公開
目的 新規事業のためのスリム化(売却側)
事業拡大のため(買収側)

2.三菱地所による駐車場綜合研究所の子会社化

三菱地所

三菱地所

出典:https://www.mec.co.jp/

2つ目に紹介する事例は2018年5月に行われた三菱地所による駐車場綜合研究所の子会社化です。本案件で駐車場綜合研究所は三菱地所の子会社である三菱地所リアルの子会社になります。両社とも駐車場の運営管理の事業を行っています。

今回の子会社化の目的は三菱グループでの駐車場事業の収益拡大と他の事業とのシナジー効果の創出です

買収企業 三菱地所の子会社である三菱地所リアル
子会社企業 駐車場綜合研究所(現 三菱地所パークス)
株式取得価格 非公開
目的 収益拡大とシナジー効果の創出

3.駐車場綜合研究所(現 三菱地所パークス)によるMBOの実施

駐車場綜合研究所(現 三菱地所パークス)

駐車場綜合研究所(現 三菱地所パークス)

出典:https://www.mec-p.co.jp/

3つ目に紹介する事例は2015年11月に行われた駐車場綜合研究所(現 三菱地所パークス)によるMBOの実施です。本案件では駐車場綜合研究所の経営陣は特定目的会社株式会社アスパラントグループSPC2号を設立し、公開買い付けを実施します。

これにより、駐車場綜合研究所の株式は上場廃止になります。駐車場綜合研究所は駐車場管理運営事業の強化や中国での事業の確立を目指して事業を行っています。短期的な利益の確保を目的とする株主からの意見を排除する目的でMBOが実施されました。

MBO実施企業 駐車場綜合研究所(現 三菱地所パークス)
株式取得価格 非公開
目的 中国での長期的な事業の確立

4.日本駐車場開発によるインドネシアの駐車場販売会社の子会社化

日本駐車場開発

日本駐車場開発

出典:https://www.n-p-d.co.jp/

4つ目に紹介する事例は2013年10月に行われた日本駐車場開発によるインドネシアの駐車場販売会社の子会社化です。子会社となるPT. SUN SIFA NIPPONINDO(以下、SSN社)は、インドネシアで組立型の自走式駐車場の販売を行っている企業です。

本案件は日本駐車場開発が駐車場事業でのグローバル化を目指そうとしている戦略の一環で収益拡大とシナジー効果を期待しています。株式取得価格は公表されていませんが、本案件で日本駐車場開発はSSN社の株式の60%を取得することになります。

買収企業 日本駐車場開発
子会社企業 SSN社(インドネシア)
株式取得価格 非公開(SSN社の60%を取得)
目的 駐車場事業でのグローバル化

そのほか不動産業界のM&A、譲渡の事例については以下の記事で詳しく紹介していますので、興味のある方は是非ご覧ください。

駐車場業界のM&A・買収積極企業は?過去事例を公開! | 事業承継の情報・相談なら事業承継総合研究所

駐車場業界のM&A・譲渡を成功させるには

駐車場業界のM&A・譲渡を成功させるには

駐車場業界のM&A・譲渡を成功させるには

駐車場業界でもM&Aや譲渡の成功確率を高めるためにはM&A仲介会社に相談することが必須です。そこでおすすめするM&A仲介会社が駐車場業界のM&A・譲渡に強いM&A総合研究所です。

M&A総合研究所では、M&A・事業譲渡に関する実績・知識がともに豊富なアドバイザーやM&A・事業譲渡に精通した会計士、さらには弁護士の合計3名による完全なサポートを行っています

また、着手金・中間金・その他手数料は一切頂いていない完全成功報酬型を採用しています。つまり、最初にかかる費用を大幅に抑えられるため、M&Aを考えている事業者はとても利用しやすくなっています

相談は無料で24時間年中無休でお受けしていますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

駐車場業界M&A・譲渡 まとめ

駐車場業界M&A・譲渡 まとめ

今回は駐車場業界のM&A・譲渡について紹介しました。駐車場業界は将来的に過剰供給となり、競争激化になると予想されている業界です。これを見越して大手グループは生き残るために業界再編を行っています。コロナショックが収束してもこの傾向が続くため、今のうちからM&Aや譲渡の準備を行っておきましょう。

【駐車場業界のM&A・譲渡による再編動向】

  • 大手グループによるM&Aが増加していること
  • 規模拡大を目指したM&Aが増加していること
  • 好立地の獲得を目的としたM&Aが発生していること

【駐車場業界のM&A・譲渡のメリット】

  • 大手グループの傘下入りで経営が安定化すること
  • 売却益・譲渡益が獲得できること
  • 管理などの信頼度アップに繋がること

【駐車場業界のM&A・譲渡の注意点】

  • 買い手となる企業の社風や風土をよく知ること
  • 地域性を重視して買い手を選定すること
  • 駐車スペースと不動産価値の変動に着目すること

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界は土地さえあれば参入しやすい事業です。しかし、人口減少や車離れの影響で、簡単に収益が得られなくなると予測されています。その時に取れる手段の1つがM&A・譲渡です。この記事では駐車場業界...

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

飲食店は毎年数多くの新規参入がありますが、その一方で毎年数多くの廃業も出ている業界です。本記事では、3年以内の廃業率が70%ともいわれている、飲食店が廃業へと至る理由や、潰れない飲食店の特徴など...

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

本記事では、住宅建設業界のM&Aについて、2020年の業界の最新動向や買収相場の考え方、M&Aのメリット・デメリットなどを解説していきます。実際に行われた住宅建設会社のM&A事例も、2020年の...

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

お金や資産を貸し出して利益を得ているのが金融・リース・レンタル事業です。当記事では、金融・リース・レンタル事業の概要をはじめ、各業種が抱えている問題や、事業承継の可能性、事業承継の手順・事例・注...

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

今後の成長が期待されているITソフトウェア業界では、ソフトウェア開発の重要性の高まりから、他業界やスタートアップ企業の参入が多く、M&Aが積極的に実施されています。本記事では、ITソフトウェア業...

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

利用者にまつ毛エクステを施すのがマツエクサロンの事業です。当記事では、マツエクサロンが置かれている現状をはじめ、M&Aの動きや、M&Aを用いた際のメリット、M&Aで注意を払う点、M&Aの手続き、...

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界は国内の市場規模は減少しているものの海外展開など顧客のニーズが変化してきており、今まで以上にM&Aが行われるようになると予測されます。今回は今度積極的に行われていくジュエリー業界の...

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

資金・商品を貸して利益を得るのが金融・リース・レンタル業です。当記事では、金融・リース・レンタル業の内容をはじめ、各業界に見られる事業譲渡(事業売却)の動きや、事業譲渡(事業売却)の手順、メリッ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)