M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
高知県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

高知県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

高知県における事業承継とは

高知県は、人口減少が進んでおり、今後も人口減少が続くとされています。
そのような中で、事業承継の時の後継者の年齢が当てはまる生産年齢人口割合は、全国で46位となっており、一方で老年人口割合は全国で2位となっています。 このことから、事業承継における後継者の不足が予測でき、事業承継が難しい実情があることが分かります。 会社の休廃業・解散率では2016年に1.764%と示しており、全国では33位となっていますが、開業率も4.1%と低い水準となっています。 休廃業・解散する会社がある中で、開業率も低いとなると高知県内の中小企業が減っていくことを示唆していると考えられます。 2018年の株式会社帝国データバンクの調査では、後継者不在率は58.1%を占めており、2011年の調査から徐々に数値が上昇しています。 後継者不在率が高いということは、事業承継の時の後継者がいないという会社が多いことを示しており、やはり後継者不足が中小企業での経営上の問題となっていることが予測されます。 業種別では、建設業が65.3%、サービス業が60.2%、卸売業が58.9%、小売業が55.0%、運輸・通信業が53.6%、製造業が48.4%となっており、いずれも高い水準となっています。 また、売上規模別にみると、5000万円未満では80.4%、5000万円から1億円未満が73.6%、1億円から10億円未満では58.5%と50%を超える水準となっています。 売上規模が10億円から50億年未満では48.8%、50億円から100億円未満では37.0%、100億円から1000億円未満では24.1%、1000億円以上では16.7%と売上規模が大きくなるごとに、後継者不在率も下がっているのが分かります。 さらに、従業員数別で見ると、5人以下では69.4%、6人から20人以下では58.5%、21人から50人以下では55.8%となっており、従業員数が51人から100人以下のところでは、48.3%、101人以上では35.2%となっています。 このことから、売上規模が大きく従業員数が多い中小企業では後継者不在率が低く、反対に売上規模が小さく従業員数が少ない会社では、後継者不在率が高いことが分かります。 全体的に規模の小さな会社では、経営者もほかの従業員と同じように業務をしていることが多く、事業承継のことは後回しになっている可能性もあります。 そのため、後継者の選定などは具体的に考えておらず、事業承継の準備もしていないという実情がある場合もあるでしょう。 一方、売上規模が大きく従業員数も多い会社では、会社の存続について検討することも多く、事業承継の準備や計画をすでに始めているために、後継者がいるとしている場合もあります。 後継者がいるとしている会社で、後継者の属性を見ると子供としているのが39.4%、親族が27.9%、配偶者が5.0%、非同族としているのが27.7%となっています。 近年、後継者を子供にするケースは全国的にも減ってきており、非同族である従業員や役員に事業承継するパターンも増えてきています。 そのほかには、第三者への引継ぎも徐々に増えている傾向があります。 高知県における事業承継は、全国の後継者不在率よりも低く、後継者がいるとしている中小企業がやや多いと考えてよいでしょう。 しかし、人口の減少など懸念すべき材料がいくつかあるのも今後の高知県の県政にも影響を与える可能性があると考えられるでしょう。

事業承継の流れと進め方

事業承継の流れは、ステップ1として事業承継に向けた準備の必要性の認識があります。 ステップ2は経営状況・経営課題等の把握(見える化)となり、ステップ3は、事業承継に向けた経営改善(磨き上げ)になります。 ステップ2と3は「プレ承継」の機関ンと考えても良いでしょう。 次にステップ4は、親族内承継及び役員・従業員承継の場合は事業承継計画の策定になり、社外への引継ぎはM&Aマッチングの実施となります。 ステップ5は、親族内承継及び役員・従業員承継の場合は、事業承継の実行となり、社外への引継ぎはM&Aなどの実行となります。 ステップ1から5までを進めていき、ポスト事業承継とその後の会社の成長と発展につなげていきます。 ステップ1での「事業承継に向けた準備の必要性の認識」については、中小企業の経営者は会社の運営に関して全体的な決定権限を持っていることも多く、従業員と同じように事業に従事している場合もあります。 そのため、事業承継の必要性を感じることなく、60歳や70歳を迎えることもあります。 事業承継には概ね10年の期間が必要とされており、60歳から始めると70歳前後で事業承継が実行できるということになります。 また、中小企業の事業承継は、外部に相談する人がいない、などの問題もあり、なかなか進められない状況があります。 しかし、事業承継の準備が必要であることを認識しなければ、事業承継の準備を始めることができません。 事業承継の問題は、広範囲で専門的な知識も必要になるので、弁護士や税理士、公認会計士などの協力を得て、準備の必要性を認識していくことが大切です。 ステップ2は「経営状況・経営課題等の把握(見える化)については、会社の現状を全体的にかつ正確に把握する必要があります。 把握した経営状況・経営課題等を。現在の事業にどのくらい継続させて成長させるか、商品力・開発力の有無はどのような状態か、利益を確保するシステムが構築されているか、などの再確認をします。 そのうえで、会社の強みとなっている部分はいかに伸ばしていくか、弱みとなっている部分はいかに改善していくかという方向性を見出すことが大切になります。 経営状況・経営課題などについては経営者自身が取り組むことも可能ですが、専門的な領域もあるので、税理士や公認会計士などに協力を求めた方が良いでしょう。 ステップ3は「事業承継に向けた経営改善(磨き上げ)」になります。 親族内承継の場合は、相続税対策などに注目してしまい、無関係な資産の購入や節税を目的とした持株会社の設立など株価を低くさせるなどの手法がとられることがありますが、中小企業の事業承継や発展を妨げるような手法になっていないか、しっかりと検討する必要があります。 現経営者は、後継者にバトンタッチするまでに、事業の維持や発展につながるような経営改善をする必要があります。 具体的な「磨き上げ」の対象には、業績改善や経費の削減のほかに、商品やブランドサービスのイメージ、優良な顧客との関係、金融機関や株主との良好な関係、優秀な人材の確保、知的財産権、営業・技術上のノウハウ、法令遵守などが挙げられます。 本業の競争力の強化や経営体制の総点検、経営強化につながる取り組みなども実施する必要があります。 会社の業績悪化した中小企業における事業承継については、後継者に譲り渡す前に、政務整理や事業再生に取り組むことが重要になります。 ステップ4は「事業承継計画の策定」及び「M&A等のマッチングの実施」になります。 親族内承継や役員・従業員承継の場合は、事業承継がスムーズに実施できるように具体的な計画の策定になります。 自社の現状分析、今後の環境変化の予測と対応策・課題の検討、事業省益の時期などを盛り込んだ事業の方向性の検討、具体的な目標の設定、スムーズな事業承継に向けた課題の整理などを意識して具体的な計画を策定します。 社外への引継ぎの場合は、M&Aなどのマッチングの実施となりますが、まずはM&A仲介会社の選定をして、売却する時の希望条件を具体的に検討します。 ステップ5は「事業承継の実行」及び「M&A等の実施」となります。 ステップ1から4と進めていき、ステップ5で具体的な計画を策定したら、計画に沿って事業承継を進めていき、最終的に後継者へと経営権などを移譲します。 実際に経営権を移譲する時などは、弁護士、税理士、公認会計士などの専門家にサポートしてもらいながら進めていきます。 このようにして、事業承継を進めていき、「ポスト事業承継(成長・発展)」と移行しています。

事業承継の方法

事業承継の方法には、親族内承継、親族外承継、社外への引継ぎがあります。 親族内承継は、現経営者の子供や配偶者、兄弟などを後継者として事業承継をする方法です。 最近では親族内承継が減少していると言われていますが、中小企業では現在でも多く会社で親族内承継が実施されています。 親族内承継は、会社内や取引先などの関係者から受け入れられやすく、後継者を早期に決定することができるので、長期的な準備期間を設けることができます。 また、相続などによって、財産や株式を移転させることができるので、所有と経営の一体的な承継ができるメリットがあります。 しかし、親が経営する会社を引き継ぎたいと考える子供が少なくなっており、会社の事業の将来性や経営の安定性などに不安を感じている場合もあり、親が経営する会社の後継者とならないケースも増えています。 また、親が経営する会社にとらわれない職業を選ぶ場合や安定した生活を選ぶなどの考え方もあるようです。 親族内承継を進める場合は、後継者となる子供が「引き継ぎたい」を感じさせる事業運営が大切になります。 親族外承継は、会社の役員や従業員を後継者とする方法になります。 会社の役員や従業員を後継者とする場合は、すでに長期間会社の社員であることが多いので、経営方針や理念に一貫性を保ちやすいというメリットがあります。 親族内承継が減少傾向にありますが、役員や従業員に承継する方法は増加傾向にあります。 その理由には、会社を譲り受ける時の資金調達がこれまで問題となっていましたが、種類株式嫌持株会社、従業員持ち株会などを活用することで資金調達の問題はなくなりました。 また、事業承継税制についても親族外承継でも適用されるようになったので、親族外承継でも実施しやすい環境になったことが挙げられます。 社外への引継ぎは、一般的なM&Aを実施することになります。 親族や役員・従業員に後継者が見つけられない場合や経営者の高齢化などを理由に、会社の売却をすることで、会社の存続させる方法です。 買収してくれる会社や個人を広く候補を外部に求めることができ、売却した収益を得ることができるというメリットがあります。 買収してくれる会社を探すのにある程度期間が必要になる場合もあるので、M&A仲介会社を利用することをお勧めします。

M&Aを活用した事業承継

M&Aを活用した事業承継は、親族にも役員や従業員にも適任の後継者がいないことや経営者自身の高齢化を理由に実施される方法です。 M&Aを実施する時には、M&A仲介会社を選定して仲介依頼契約を結びます。 仲介依頼契約を結ぶと、売却する会社の企業価値評価をして、売買する時の価格を算出します。 企業価値評価を高めるには、本業の強化や内部統制体制の構築を実施しておく必要があります。 すると、買収してくれる会社とのマッチングをして、相手との数度のトップ会談などや交渉を重ねて、最終的に双方の合意が得られれば、基本合意契約を結びます。 基本合意契約を結ぶと、買収監査が実施され問題がなければ最終契約を結んでクロージングとなります。 M&Aを実施することで、買収した会社の代表者などに経営権を譲るので、会社の存続が可能になるのです。

高知県で事業承継に強いM&A仲介会社5選

株式会社M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。
また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。
通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。
それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

株式会社クラリスキャピタル

株式会社クラリスキャピタルは、中小企業のM&Aにも対応しています。 料金体系は成功報酬制となっており、M&Aにかかる費用を削減することができます。 M&Aは中小企業の経営者にとって、一大イベントと考え、事務津経験や専門知識が豊富なM&Aアドバイザイーが全面的にサポートしてくれます。 全国の中小企業のM&Aのサポートを実施しており、どのような業界、業種のM&A案件を取り扱っています。 そのため、異業種間のM&Aも可能としています。

株式会社ストライク

株式会社ストライクは全国の中小企業のM&Aサポートを実施しています。 本社は東京にありますが、札幌、仙台、名古屋、大阪、高松、福岡にオフィスを構えているので、高知県の中小企業でも最寄りのオフィスでM&Aサポートを受けることができます。 中小企業の経営者の思いをきちんと受け止め、よりよいM&A取引ができるようにサポートを実施しています。 会計や法務の専門家とのネットワークを利用して、M&Aが確実に実現できるように高い倫理観を持っています。 また、国内最高のマッチングシステムM&A市場「SMART」の運営をしており、ホームページ上で、M&Aのマッチングを可能にしています。 全国に提携ネットワークがあるので、高知県の中小企業でも安心して相談できるM&A仲介会社です。

株式会社日本M&Aセンター

株式会社日本M&Aセンターは、全国の地方銀行の90%、信用金庫の80%、公認会計士事務所853件とのネットワークが確立しており、全国の中小企業のM&Aサポートを可能にしています。 また、東京都に本社を置き、大阪、名古屋、福岡に支店を持ち、札幌、中四国、沖縄に営業所を構えています。 さらに、シンガポールにもオフィスがあり、海外の会社とのM&Aも可能にしています。 仲介契約を結ぶと、着手金が必要になりますが、M&Aにおける取引をクロージングまで確実にサポートしてくれます。 M&A業界のリーディングカンパニーとして多くの実績を持ち、年間649件のM&A成約させており、会社設立以来累計で4500件を超えるM&Aの成約を成功させています。 特徴的なのは、M&A成約後のフォロー体制が整っており、豊富なノウハウを生かして、M&A成約後の会社の統合についても独自の手法を持っています。 M&A業界では、老舗と言えるM&A仲介会社なので、中小企業の経営者でも安心してM&Aの仲介を依頼できます。

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aは成約率が低いとされていますが、株式会社中小企業サポートではM&A成約実績が78.3%と高水準となっています。 経験豊富なアドバイザーが、親身になって対応してくれるので、M&Aの知識が乏しい経営者でも安心してサポートを依頼できます。 M&Aアドバイザーは、高い調整力と交渉力を持っているので煩わしい交渉なども友好的なM&Aを推進してくれます。 マッチングについても全国の登録企業データベースを活用しているので、よりよいM&Aを実施できるでしょう。 また、全国の弁護士、会計士、税理士などとの独自のネットワークがあるので、高知県の中小企業でも安心して仲介依頼できます。 案件を分析するM&A成約率向上システムを独自に導入しているので、適切なマッチングが可能となっています。

まとめ

高知県は、人口減少が顕著な地域で中小企業の後継者となれる年齢の人口の割合が低い地域でもあります。
そのため、中小企業の経営者は今後の会社の経営に影響する事業承継に向けた後継者選びや計画の策定な度が難しくなっていることが予測できます。 高知県内の中小企業の場合でも、県外の会社とのM&Aなども含めて事業承継について、どのような方法で進めていくか検討しなければならないでしょう。 適任の後継者がいない場合は、M&Aの実施の積極的に取り入れていく必要があります。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら