M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年11月26日更新
この記事は、約2分で読めます。

鳥取県のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

鳥取はM&A件数は都市圏と比べると少ないですが、県内企業がM&Aを行った事例が増えています。また、金融機関や自治体が積極的にM&Aの推進に努めており、事業承継のための支援金も実施するなど、よりM&Aを行いやすい環境が整っています。

目次
  1. 鳥取県のM&A
  2. 鳥取のM&A事情は?
  3. 鳥取でおすすめのM&A仲介会社
  4. 鳥取でM&A案件を見つけるには?
  5. まとめ

鳥取県のM&A

M&Aを行う会社は年々増えており、今では事業拡大や新事業への進出だけでなく、事業承継を目的としたM&Aも行われるようになっています。
M&Aというと大企業が行うイメージがありましたが、現在は中小企業も当たり前のように行う経営手法だといってもいいでしょう。
一方で、M&Aは地域によって件数が異なっており、これにはその地域の特色が影響していると考えられます。
今回は鳥取のM&Aの事情や、鳥取でM&Aをする際におすすめのM&A仲介会社についてお伝えしていきます。

鳥取のM&A事情は?

ここでは鳥取のM&A事情についてお伝えします。
鳥取は他の地域と同様に、少子高齢化により人口減少が県内企業に悪影響をもたらしています。
人口減少は人手不足や後継者不在といった問題の原因となり、会社の存続を左右するものです。
地域によっては1年で数百件も会社が廃業する原因になるなど、人手不足や後継者不在への対策は地域に関係なく急務になっているといえるでしょう。
鳥取では商工会議所や地元の金融機関が中心となってM&Aの普及に努めています。
M&Aに関するセミナーを行って知識や情報の提供をしたり、M&A仲介サービスを展開するなど、その試みは様々です。
それらの試みが功を奏し、鳥取ではM&Aを行う件数が徐々に増え始めています。
県内企業がM&Aを行い、人手不足や後継者不在を解決すれば、存続する可能性が向上するでしょう。
もちろん、事業の拡大や新事業への進出のためのM&Aも今後増え続けると考えられます。

鳥取でおすすめのM&A仲介会社

ここでは鳥取でおすすめのM&A仲介会社をご紹介します。

株式会社M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。

また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。

通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。

それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

株式会社ラポールエステート

株式会社ラポールエステートは企業不動産の仲介やM&A仲介も行っている鳥取のM&A仲介会社です。
株式会社ラポールエステートは不動産仲介を通じて構築したネットワークを持っており、そのネットワークを活かしてクライアントの会社の理想的なM&A候補を見つけることができます。
また、株式会社ラポールエステートは数百万円、数千万円単位のM&A案件にも対応するなど、中小企業が依頼しやすい体制になっていることもおすすめのポイントです。

株式会社共生基盤

株式会社共生基盤は全国規模でM&A仲介・M&Aアドバイザリーを行っているM&A仲介会社です。
株式会社共生基盤の強みは豊富な経験と知識を持つアドバイザーが在籍していることです。
そのため、株式会社共生基盤はめざましい実績を誇っており、常に様々なM&A案件を任せられています。
全国規模のM&A仲介会社というと中小企業のM&Aを請け負ってくれないイメージがありますが、株式会社共生基盤は中小企業のM&Aを専門的に扱っているため、安心してM&A案件を任せることができます。

鳥取銀行

鳥取銀行は金融機関ですが、M&A仲介や事業承継の支援も積極的に行っています。
鳥取銀行は地元の銀行だけあって、地域に根差したネットワークを持っており、また様々な会社の見てきた経験と、財務に関する豊富な知識を持っているスタッフが対応してくれるようになっています。
鳥取銀行は商工会議所と連携して県内企業向けにM&Aセミナーを行うなど、M&Aの普及に積極的です。
鳥取でM&Aをするのであれば、非常に頼れる存在になるでしょう。

株式会社クラリスキャピタル

株式会社クラリスキャピタルは日本全国の様々なM&A案件を取り扱っているM&A仲介会社です。
株式会社クラリスキャピタルは中小企業や零細企業が行うM&Aを専門的に取り扱っており、スモールM&Aにも対応してくれます。
また、株式会社クラリスキャピタルの最大の魅力は非常にリーズナブルな報酬体系です。
予算に限度があると考えている経営者にとって、株式会社クラリスキャピタルはとても依頼しやすいM&A仲介会社だといえるでしょう。

株式会社フォーバル

株式会社フォーバルは中小企業や零細企業のM&Aを専門的に扱っているM&A仲介会社です。
株式会社フォーバルは日本全国のM&A案件を取り扱っており、総じて2万社以上のM&A案件を保有しています。
これだけ膨大な情報量があれば、理想的なM&A案件を見つけられる可能性が高くなるでしょう。
もちろんM&Aアドバイザリーも良質であり、多くのクライアントの会社をM&Aの成功に導いてきました。

鳥取でM&A案件を見つけるには?

ここでは鳥取でM&A案件を見つけるポイントをお伝えします。
M&A案件を見つけるには、まずM&A仲介会社やM&A仲介サイトを活用することがおすすめです。
大手のM&A仲介会社やM&A仲介サイトであれば、日本全国に及ぶネットワークを持ち、豊富なM&A案件を抱えているため、理想的なM&A案件を見つけやすくなります。
さらに、鳥取にある金融機関や商工会議所、事業引継ぎ支援センターなどといった機関の利用もM&A案件を見つけるうえで有益です。
鳥取の金融機関、商工会議所、事業引継ぎ支援センターといった機関は地域に根差したネットワークを持っています。
これも鳥取のM&A案件を見つけるうえで役立つでしょう。
また、取引先や顧客などといった経営者自身のネットワークも意外と役に立ちます。
一見効果が薄そうですが、身近なところにM&A案件があったというケースもあり、決して役に立たないわけではありません。
そもそも日本のM&A市場は売り手市場であり、売却案件が少ない傾向があります。
そのため、確実によいM&A案件を見つけるためにも、より多くの情報を集めるようにしておきましょう。

まとめ

鳥取はM&A件数は都市圏と比べると少ないですが、県内企業がM&Aを行った事例が増えています。
また、金融機関や自治体が積極的にM&Aの推進に努めており、事業承継のための支援金も実施するなど、よりM&Aを行いやすい環境が整っています。
そんな施策もあって、鳥取は今後M&Aが積極的に行われるようになっていく可能性が高いといえるでしょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)