みなし配当

みなし配当

みなし配当とは、会社法上の正式な配当ではないものの、税務上は配当所得として見なされる実質的に配当と変わらないものを指します。 非適格合併や非適格分割型分割、解散による残余財産の分配、自己株式・出資の取得などを実施した際にみなし配当が発生します。 配当所得は累進税率によって課税されるため、所得額が大きいほど税負担も重くなります。 そのためM&Aにおいて合併や会社分割を用いる際、みなし配当により税額が想定以上に大きくなる可能性があるので注意が必要です。

関連記事

新設分割とは?メリット・デメリット、手続き、M&Aでの活用方法を解説

新設分割とは?メリット・デメリット、手続き、M&Aでの活用方法を解説

会社分割手法の1つである新設分割とは、新しく会社を設立して既存事業の一部または全部を移転することです。合弁企業設立やグループ内再編など多面的用途があり、それに応じてやり方も変わります。新設分割の...

会社売却における税金はいくら?算出方法、節税対策をわかりやすく解説

会社売却における税金はいくら?算出方法、節税対策をわかりやすく解説

会社売却の際、税金対策を練ることは非常に重要なプロセスです。どの手法で会社を売却するかにより必要な税金が異なるため、税金面で損をしないために会社売却について熟知しましょう。本記事では会社売却時の...

事業譲渡のメリット・デメリットとは?手続きの流れも紹介

事業譲渡のメリット・デメリットとは?手続きの流れも紹介

事業譲渡はM&Aの1手法であり、主に組織再編・事業承継・事業拡大の目的で行われます。事業譲渡には、特有のメリットやデメリットがあるため、実施前に把握しておくと良いです。今回は、株式譲渡・...

会社分割における適格要件

会社分割における適格要件

会社分割の定義、事業譲渡との違いを整理しながら、会社分割の税務、会社分割における適格要件、非適格要件、税制適格分割のメリット・デメリットを解説します。会社分割の課税範囲、手続きについても解説します。

株式取得にかかる税金はどれくらい?算出方法を徹底解説

株式取得にかかる税金はどれくらい?算出方法を徹底解説

株式取得を行うと売却時に税金が課されます。その際、正確に算出しなければ、追加でペナルティ分の税金が課される可能性があるため注意が必要です。また、税金によって支払うタイミングが異なる点にも気をつけ...

みなし配当とは?課税と計算方法をわかりやすく解説

みなし配当とは?課税と計算方法をわかりやすく解説

みなし配当とは、自己株式取得の際や株主に何らかの形でお金や資産を渡す際に発生します。会社法上では配当には当たりませんが、実質的には利益が分配されているため配当とみなされ、課税対象となります。ここ...

会社・法人の清算とは?清算の登記手続きと清算人

会社・法人の清算とは?清算の登記手続きと清算人

清算とは、会社を解散させる際に行うプロセスであり、債権・債務を整理し、財産を換価処分することをいいます。会社の清算手続きは一定以上の期間を要するものであり、行う際は清算人を選定して弁護士や税理士...

配当所得とは?確定申告や税率、控除についてわかりやすく解説

配当所得とは?確定申告や税率、控除についてわかりやすく解説

配当所得とは、株式の配当金や投資信託の収益分配金で得られる所得をさします。配当所得を得ると所得税や住民税などが課税されるうえに、確定申告の手続きが必要です。そこで本記事では、配当所得に課される税...

分割型分割とは?適格要件やメリット・デメリット、M&A手法における分社型分割との違いを解説

分割型分割とは?適格要件やメリット・デメリット、M&A手法における分社型分割との違いを解説

M&A手法の分割型分割はグループ内再編などに用いられ、買い手・売り手にメリットとデメリットがあります。分割型分割には契約や資産の承継が簡単で一部事業のみ売却できるメリットがある一方、不要...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)