アドバイザリー契約

アドバイザリー契約

アドバイザリー契約とは、M&A仲介会社やアドバイザー等と締結する仲介契約を指します。 M&Aの際には、情報漏洩のリスクに最大限注意する必要があります。 そのため、アドバイザリー契約と同時に、秘密保持契約についても締結する必要があります。 また情報漏洩のリスク回避の上でも、通常は一社の仲介会社等と排他的な専任契約を締結します。 一般的なアドバイザリー契約では、報酬額や業務範囲、今後の流れ、免責事項等について取り決めます。 アドバイザリー契約を結んだら、本格的にM&Aの流れが進んでいきます。

関連記事

レーマン方式とは?成果報酬の設定や計算方法、契約書について解説

レーマン方式とは?成果報酬の設定や計算方法、契約書について解説

レーマン方式とは、M&A仲介会社の成功報酬を算出するための計算式です。取引金額のベースに何を用いるかによって、レーマン方式で算出する成功報酬額は大幅に変動します。取引金額の種類が変われば、成功報...

M&A実務とは?手順や契約、クロージング、企業評価算定を解説

M&A実務とは?手順や契約、クロージング、企業評価算定を解説

M&Aの実務には、個別相談、仲介委託契約、会社情報の提供、企業評価、買収企業候補の選定などさまざまな手順があります。一般的にM&Aの実務はM&A仲介会社やM&Aアドバイザリーに委託する場合が多い...

M&Aアドバイザーの重要性とは?ランキングや業務内容、M&A仲介との違いを解説

M&Aアドバイザーの重要性とは?ランキングや業務内容、M&A仲介との違いを解説

M&Aアドバイザーとは、M&Aに関連するアドバイスを行う専門家です。M&Aの相手探し・契約書の作成・統合プロセスまで幅広く業務を行います。この記事では、M&Aアドバイザーの種類・業務内容・起用時...

M&Aの手法とは?メリット・デメリットや売却・買収手法を解説

M&Aの手法とは?メリット・デメリットや売却・買収手法を解説

M&Aの手法は大きく分けて買収、合併、分割の3つに大別できます。とりわけ買収にはさまざまな手法があり、具体的には株式譲渡、事業譲渡、第三者割当増資、株式交換・株式移転があります。M&Aを行う際は...

M&Aの契約書とは?契約手順に沿って意向表明、基本合意書、最終契約書を解説します

M&Aの契約書とは?契約手順に沿って意向表明、基本合意書、最終契約書を解説します

M&Aの際に作成する契約書には、秘密保持契約書、基本合意契約書、最終契約書があります。基本合意契約書には、項目ごとに法的拘束力を設定でき、独占交渉権に法的拘束を持たせるケースが多いです。この記事...

M&A仲介会社おすすめ21選を一覧で比較!企業別の特徴、仲介手数料も紹介

M&A仲介会社おすすめ21選を一覧で比較!企業別の特徴、仲介手数料も紹介

さまざまなプロセスにおいて専門的な知識や経験が必要となるM&Aでは、仲介会社のサポートは不可欠です。そこで、初めてのM&Aでも安心して実施できるように、M&A仲介会社に関する情報やその見極め方な...

M&Aの契約

M&Aの契約

M&Aを失敗なく遂行するために、各プロセスにおける契約締結は不可欠です。M&Aを初めて実施する場合、どのような契約があり、何に注意すればいいのかわからないことがあるでしょう。この記事では、M&A...

M&Aにおける銀行の役割

M&Aにおける銀行の役割

中小企業の有力な資金調達先である銀行は、M&Aでも欠かせない存在です。銀行はM&A向け融資だけでなく、M&Aアドバイサリー業務も担います。この記事では、M&Aにおける銀行の役割、M&Aでの銀行融...

M&Aにおけるソーシング

M&Aにおけるソーシング

M&Aにおけるソーシングはターゲットとなる企業の選定や交渉を行うことを意味し、このプロセスをしっかりと行えるかどうかでM&Aの成功を左右させるといっても過言ではありません。この記事では、ソーシン...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)