オークション方式

オークション方式

オークション方式とは、M&Aを進行する方式の一つです。 複数の買収候補者の中から、最も良い条件を提示してきた相手とM&Aを実施する方式です。 一方で、1社ずつ買収候補と交渉するM&Aの進行方式を、相対方式と呼びます。 相対方式に比べて、オークション方式によるM&Aの方が、売却価格は高くなる傾向があります。 ただし、オークション方式によるM&Aは、売り手側が人気企業である必要があります。 そのため多くの中小企業M&Aは、相対方式で実施されます。

関連記事

M&Aに欠かせないマッチング

M&Aに欠かせないマッチング

人と人との出会いと同様に企業間のM&Aでもマッチングが重要です。マッチングの妙があってM&Aが成り立つと言っても過言ではありません。M&Aマッチングの仕組みや方式、注意し...

買収価格とは?買収価格決定プロセスと買収価格の交渉

買収価格とは?買収価格決定プロセスと買収価格の交渉

買収価格の決定は、M&Aを実施するうえで重要な要素のひとつであり、複雑な算定プロセスを経て決まります。この記事では、買収価格の算定プロセスや買収価格を導くアプローチの手法、買収価格決定に...

企業売却とは?方法やメリット・デメリット、相場も紹介

企業売却とは?方法やメリット・デメリット、相場も紹介

企業売却とは、さまざまな方法を用いて他の企業や個人に自社(企業)を売ることです。M&Aによる企業売却は経営者にとって重大な意思決定であるため、メリット・デメリットを踏まえて慎重に売却先を...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)