キャピタルゲイン

キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは、株式等の資産を売却することで得られる利益です。 M&Aの実施によってキャピタルゲインを得た場合、用いたM&A手法によって売り手側に課税される税金が異なります。 株式譲渡を用いた場合には、キャピタルゲインに対して20.315%の所得税等(売り手が法人なら法人税)が課税されます。 事業譲渡を用いた場合には、法人税と消費税が課税されます。 手法ごとにキャピタルゲインの扱いが異なるため、その点を考慮した上でM&Aを実施するのが重要です。

関連記事

ベンチャー企業の資金調達

ベンチャー企業の資金調達

ベンチャー企業向けの資金調達方法が多様化しており、経営者が選べる選択の幅は広がっています。しかし、安直な資金調達はリスクをはらんでいるものです。会社の成長段階や事業計画、社内の実情を踏まえたうえ...

資金調達方法について解説します

資金調達方法について解説します

経営者や個人事業主が活用できる資金調達方法は様々あり、それぞれのメリット・デメリットがあります。活用する資金調達方法によって調達が成功する可能性やリスクも変わりますので、この記事で解説するメリッ...

M&Aの税務

M&Aの税務

M&Aでは金銭の授受があるため、そこに必ず税務が生じます。またM&Aでは譲受対象が株式、事業、資産、権利など様々であり、それぞれにおいて税務は違います。さらに個人、法人でも税務は...

M&A投資と投資ファンドの役割

M&A投資と投資ファンドの役割

M&Aは事業承継などの経営戦略の手法として活用されるのですが、その一方で、投資ファンドと呼ばれるM&Aを投資として捉えて利益を得る会社もいます。M&Aと投資の関係や投資の...

融資と出資と投資の違いとは?メリット/デメリットも併せてご紹介

融資と出資と投資の違いとは?メリット/デメリットも併せてご紹介

融資と出資と投資について理解して自社の目的や状況に合った資金調達方法を選択することは、会社の経営において重要な判断です。本記事では、融資・出資・投資におけるメリット/デメリット・選考基準や、融資...

ストックオプション制度とは?導入の手続きとメリット・デメリット

ストックオプション制度とは?導入の手続きとメリット・デメリット

ストックオプション制度はインセンティブとして機能する反面、扱い方を間違えると役員と従業員の不平不満を招き、さらには経営に悪影響を与える恐れがあります。ストックオプション制度のメリット・デメリット...

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)とは?種類とメリット・デメリット

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)とは?種類とメリット・デメリット

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)を活用すれば資金・経営面で支援が得られる一方で、経営の自由度低下・イグジットの強制といったデメリットが問題となるケースも少なくありません。そこで...

プロキシー・ファイトとは?事例や株価への影響について解説します

プロキシー・ファイトとは?事例や株価への影響について解説します

プロキシー・ファイト(proxy fight)とは、株主総会での議決権行使の委任状をめぐって、株主と経営者の間で繰り広げられる争奪戦のことです。この記事では、プロキシー・ファイトの流れ、事例、株...

デットエクイティスワップとは?メリット・デメリットや手続きを解説

デットエクイティスワップとは?メリット・デメリットや手続きを解説

デットエクイティスワップとは、債務と株式を交換することです。債務とは返済義務のある有利子負債、株式とは返済義務のない自己資本をさします。企業再生ファンドや銀行はもちろん、事業承継や相続対策として...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)