コングロマリット型M&A

コングロマリット型M&A

コングロマリット型M&Aとは、既存事業とは異なる事業分野の会社(事業)と行うM&Aです。 さらにコングロマリット型M&Aは、「製品拡張型(生産する製品間に関係がない企業同士)」「市場拡大型(同製品を異なる市場で販売する企業同士)」「その他(製品・市場共に異なる企業同士)」の三種類の方法に細分化できます。 一方で同一業種内で実施するM&Aは、「水平型」や「垂直型」と呼ばれます。 近年は、効率的に多角化を進める手段として、コングロマリット型M&Aを活用する事例が増加しています。 ただし、既存のノウハウや技術力を活かしにくいため、「水平型」や「垂直型」M&Aと比べて、統合後の経営を成功させるのが困難です。

関連記事

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)