サービサー

サービサー

サービサーとは、法務大臣の認可を受けて、金銭債権の管理・回収を行なっている民間会社です。 一昔前までは、債権の管理・回収は弁護士の独占業務とされ、それ以外の人が行うのは禁止されていました。 しかし法改正により、法務大臣の認可を得れば、民間企業でも実施できるようになりました。 経営再建を目的としたM&Aにおいて、サービサーの存在意義は大きいです。 経営再建を実施する際、買い手側は不良債権も買い取ります。 買い手側は不良債権をサービサーに売却することで、必要経費として非課税で処理することが可能となります。 以上の通りM&Aにおいては、サービサーの役割は重要です。

関連記事

無税償却とは?有税償却との違いや種類、要件を解説

無税償却とは?有税償却との違いや種類、要件を解説

無税償却は、M&Aや私的再生において不良債権を有効に処理するうえで欠かせない手法です。満たすべき要件は複雑かつ厳しいですが、要件を満たせばメリットを享受できます。本記事では、無税償却に関する基本...

サービサー(債権回収会社)とは?意味や業務内容、M&Aにおける注意点について解説

サービサー(債権回収会社)とは?意味や業務内容、M&Aにおける注意点について解説

サービサー(債権回収会社)とは不良債権の処理場であり、金融機関やノンバンクに代わって債権の請求や回収を行うことを主な業務としています。M&Aにおいて債務超過の会社を整理する際、サービサーが一部加...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)