スタッガード・ボート

スタッガード・ボート

スタッガード・ボートとは、敵対的M&Aに対する防衛策の一種です。 具体的には、各取締役ごとに改選時期(任期)をずらしておきます。 こうする事で、一回の株主総会で全ての取締役を解任出来なくなります。 そのため、敵対的M&Aにより自社が買収されても、経営権を完全に掌握されるまでの時間を稼げます。 ただしあくまで時間稼ぎに過ぎないので、他の買収防衛策と併用するのが望ましいです。

関連記事

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)