スーイサイドピル

スーイサイドピル

スーイサイドピルとは、敵対的M&Aに対する防衛策の一種です。 「敵対的買収者が一定数以上の株式を取得した場合に、自社の財務状況を悪化させる」契約を前もって締結します。 財務状況を悪化させることで、敵対的M&Aの意欲を削ぐ効果があります。 ただし、敵対的買収を阻止できる代わりに、企業価値が大幅に減少します。 それだけでなく、財務状況の悪化により、経営の継続が困難になる可能性もあります。 そうした背景から、「スーイサイド(自殺)」ピルという名称で呼ばれています。 他の買収防衛策と比較してもハイリスクであるため、株主からの反対を受ける可能性がとても高いです。

関連記事

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)