ティン・パラシュート

ティン・パラシュート

ティン・パラシュートとは、敵対的M&Aに対する防衛策の一種です。 具体的には、敵対的M&Aによって解雇される従業員に対して、多額の退職金の支払いや就職の斡旋などを会社側が契約します。 この契約がある事により、敵対的買収の意欲を削ぐ効果が期待できます。 これと類似する買収防衛策に「ゴールデンパラシュート」があります。 こちらは、従業員ではなく退職する経営陣に対して役員退職金を設定する方法です。 役員退職金の増額には株主総会の承認が必要であるのに対して、従業員退職金の増額は取締役会の決議で事足ります。 そのため、ティン・パラシュートの方が簡単に行使できます。

関連記事

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)