バリュエーション

バリュエーション

バリュエーションとは、M&Aの際に企業価値を評価することです。 将来獲得すると予想できるキャッシュフローに着目して評価を行うインカムアプローチ、貸借対照表の純資産額に着目して評価を行うコストアプローチ、評価対象と類似した企業の財務指標を基に評価を行うマーケットアプローチの三種類の手法に大別できます。 対象企業の規模や評価する際の目的によって、用いる手法が異なります。 一般的には、中小企業のバリュエーションではコストアプローチを用いる場合が多いです。 ただし将来性を加味して行うM&Aにおいては、インカムアプローチを用いるのが適切であるとの意見も多いです。

関連記事

M&Aの相談先はどこが良い?選び方や費用、相談内容、注意点も解説

M&Aの相談先はどこが良い?選び方や費用、相談内容、注意点も解説

M&Aでは、専門的な知識が必要とされます。そのため、専門家に相談しつつサポートを受けながら実施しましょう。M&Aの相談先を選ぶ際は、M&A経験が豊富である・相性が良い・対...

事業承継を税理士に相談するメリット

事業承継を税理士に相談するメリット

事業承継を税理士に相談することで、税務関係の処理だけでなく、M&Aを活用した事業承継プロセスのサポートも実施してもらえるメリットがあります。ただしすべての税理士が対応できるわけではないた...

優先株

優先株

優先株とは種類株式の1つで、配当を優先的に受け取れるなど、ある特定の優先権が付いている株式です。今回は優先株の必要性やメリット・デメリット、配当の受取と分配方法、普通株に転換する際の注意点などを...

インカムアプローチ

インカムアプローチ

企業価値を算出する3大手法の1つがインカムアプローチです。企業の将来性に着目する評価方法が特徴であるインカムアプローチには、他の手法同様にいくつかの方法が属します。中でもDCF法は、M&...

新設合併とは?定義・吸収合併との違い、メリット、手続きの流れ、最新事例も紹介

新設合併とは?定義・吸収合併との違い、メリット、手続きの流れ、最新事例も紹介

新設合併は、新たに設立した会社に当事会社の財産を引き継ぐ手法です。吸収合併と同様のメリットがあるほか、経営者や従業員にマイナスイメージを与えにくいです。しかし、新設合併の実務に手間がかかるなどの...

会社・事業売却の相場はいくら?算出方法・高く売るポイントを解説

会社・事業売却の相場はいくら?算出方法・高く売るポイントを解説

会社・事業売却の相場を算出するには、純資産法・配当還元法・収益還元法・DCF法・類似会社比較法などを用います。ただし、会社・事業の売却相場には、人材・技術・ノウハウなども影響を及ぼすため要注意で...

マーケットアプローチとは?企業価値の計算方法やメリットを解説【事例付】

マーケットアプローチとは?企業価値の計算方法やメリットを解説【事例付】

マーケットアプローチとは、市場取引の観点から企業(株価)を評価する方法です。マーケットアプローチには類似業種比準方式、類似会社比準方式などがあり、相続税を抑える目的や非上場企業の株価を算定する目...

コストアプローチ

コストアプローチ

コストアプローチとは純資産額を基準に企業価値を算定する方法の総称です。本来、コストアプローチは事業を継続しない会社に対し多用されます。簿価純資産法、時価純資産法、清算価値法、再調達原価法がコスト...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)