パックマン・ディフェンス

パックマン・ディフェンス

パックマン・ディフェンスとは、敵対的買収を仕掛けてくる相手企業に対して、こちら側も買収を仕掛ける買収防衛策です。 相手企業の議決権のうち4分の1以上を獲得すれば、敵対的M&Aが成立しても、相手企業の議決権を失効させる事が可能です。 全面戦争になりかねない、非常にリスキーかつ攻撃的な買収防衛策です。 それに加えて、相手企業の株式を買収するだけの莫大な資金力も必要となります。 このような事情から、あまり現実的には用いられない買収防衛策です。

関連記事

買収防衛策

買収防衛策

買収防衛策とは、敵対的買収に対して、経営陣の支配権を防衛する目的で実施する対策です。買収防衛策は強い効力を持ちますが、株主の利益が損なわれるおそれがあるため、廃止を進める傾向も見られます。導入す...

会社の乗っ取りを阻止する方法

会社の乗っ取りを阻止する方法

会社の乗っ取りは現実に起こり得るトラブルであり、上場企業・非上場企業を問わず発生しています。会社の乗っ取りを阻止するには、会社を乗っ取る方法を把握したうえで、それに備えた対策を施すことが大切です...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)