プレパッケージ型民事再生

プレパッケージ型民事再生

プレパッケージ型民事再生とは、事業再生の手続きを開始する前に、スポンサーやM&A先が決まっている民事再生を指します。 通常民事再生を開始すると、その会社の企業価値は激減します。 しかしプレパッケージ型民事再生では、あらかじめ売却先やスポンサーが決まっています。 その為、通常よりも容易かつ企業価値を低下させずに、民事再生を実行できます。 また、業務の質を下げることなく事業運営を継続できるメリットもあります。 一般的にプレパッケージ型民事再生では、複数候補の中からスポンサーやM&Aの相手を選びます。 ですので、企業側にとって不利な取引になりにくいです。

関連記事

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)