偶発債務

偶発債務

偶発債務とは、実際にはまだ発生しておらず、一定条件を満たした際に発生する債務を指します。具体的には手形の裏書譲渡や、自社の商品やサービスの割引、他社や個人の債務保証人になっている等、債務になる可能性を持つ物です。偶発債務はある程度予測は出来ても、実際にその発生確率が読めません。

関連記事

M&Aの相談先はどこが良い?選び方や費用、相談内容、注意点も解説

M&Aの相談先はどこが良い?選び方や費用、相談内容、注意点も解説

M&Aでは、専門的な知識が必要とされます。そのため、専門家に相談しつつサポートを受けながら実施しましょう。M&Aの相談先を選ぶ際は、M&A経験が豊富である・相性が良い・対...

簿外債務

簿外債務

簿外債務とは、帳簿(貸借対照表)に計上されていない債務のことです。簿外負債とも呼ばれており、多くの中小企業が抱えています。しかしM&Aの実施相手が簿外債務を抱えていると将来的に深刻な問題...

表明保証とは?M&A契約における違反や事例、表明保証保険について解説

表明保証とは?M&A契約における違反や事例、表明保証保険について解説

表明保証とは、契約自体が事実であると証明するものです。M&Aでは、全ての情報を嘘偽りなく開示しているとの証明が、表明保証に記載されています。またデューデリジェンスを十分に行なっていないと...

会社売却の方法とは?M&A手続きの流れ、売却後の従業員の処遇、注意点を解説

会社売却の方法とは?M&A手続きの流れ、売却後の従業員の処遇、注意点を解説

会社売却の方法は、株式譲渡・事業譲渡・合併などがあります。一般的な方法は株式譲渡ですが、どの方法による売却が一番良いのかは、会社の状況や売却目的などによって異なります。会社を売却するメリット・デ...

合併のメリット

合併のメリット

合併とは複数企業による経営統合のことであり、実施することで経営の効率化やシナジー効果など多くのメリットを獲得できます。しかし合併にはデメリットが生じるリスクもあり、注意が必要です。この記事では、...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

M&Aにおける会社売買とは?会社売買のメリット・デメリット、動向や相場を把握する方法を解説!

M&Aにおける会社売買とは?会社売買のメリット・デメリット、動向や相場を把握する方法を解説!

会社の売買は、後継者不足やM&Aの普及、経営者のライフスタイルの変化などを理由に増加しています。会社売買には、創業者利益の獲得などのメリットがある一方で、シナジー効果が得られない可能性が...

M&Aのプロセスとは?準備から交渉・PMIに至るまでわかりやすく解説

M&Aのプロセスとは?準備から交渉・PMIに至るまでわかりやすく解説

M&Aを成功させるためには、各プロセスのポイントを把握することが不可欠です。M&Aの戦略選定から相手選び、交渉、基本合意書の締結、デューデリジェンス、最終契約とクロージング、そし...

M&Aにおけるビジネスデューデリジェンスとは?概要、目的、分析手法を徹底解説

M&Aにおけるビジネスデューデリジェンスとは?概要、目的、分析手法を徹底解説

M&Aの際に売り手企業を調査するデューデリジェンスは、さまざまな観点で行われます。本記事では、あまり取り上げられる機会の少ないビジネスデューデリジェンスにフォーカスしました。ビジネスデュ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)