偶発債務

偶発債務

偶発債務とは、実際にはまだ発生しておらず、一定条件を満たした際に発生する債務を指します。具体的には手形の裏書譲渡や、自社の商品やサービスの割引、他社や個人の債務保証人になっている等、債務になる可能性を持つ物です。偶発債務はある程度予測は出来ても、実際にその発生確率が読めません。

関連記事

簿外債務

簿外債務

簿外債務とは、帳簿(貸借対照表)に計上されていない債務のことです。簿外負債とも呼ばれており、多くの中小企業が抱えています。しかしM&Aの実施相手が簿外債務を抱えていると将来的に深刻な問題が発生し...

表明保証とは?M&A契約における違反や事例、表明保証保険について解説

表明保証とは?M&A契約における違反や事例、表明保証保険について解説

表明保証とは、契約自体が事実であると証明するものです。M&Aでは、全ての情報を嘘偽りなく開示しているとの証明が、表明保証に記載されています。またデューデリジェンスを十分に行なっていないと、責任を...

会社売却の方法とは?手続き・売却後の従業員の処遇・注意点を解説

会社売却の方法とは?手続き・売却後の従業員の処遇・注意点を解説

会社売却の方法には、株式譲渡・事業譲渡・合併などがあります。一般的な方法は株式譲渡ですが、どの方法での売却が一番良いのかは、会社の状況や売却目的などによって異なるのです。会社を売却するメリット・...

合併のメリット

合併のメリット

合併とは複数企業による経営統合のことであり、実施することで経営の効率化やシナジー効果など多くのメリットを獲得できます。しかし合併にはデメリットが生じるリスクもあり、注意が必要です。この記事では、...

M&Aにおける会社売買とは?会社売買のメリット・デメリット、動向や相場を把握する方法を解説!

M&Aにおける会社売買とは?会社売買のメリット・デメリット、動向や相場を把握する方法を解説!

会社の売買は、後継者不足やM&Aの普及、経営者のライフスタイルの変化などを理由に増加しています。会社売買には、創業者利益の獲得などのメリットがある一方で、シナジー効果が得られない可能性があるとい...

M&Aの手法とは?メリット・デメリットや売却・買収手法を解説

M&Aの手法とは?メリット・デメリットや売却・買収手法を解説

M&Aの手法は大きく分けて買収、合併、分割の3つに大別できます。とりわけ買収にはさまざまな手法があり、具体的には株式譲渡、事業譲渡、第三者割当増資、株式交換・株式移転があります。M&Aを行う際は...

M&Aにおけるデューデリジェンスとは?費用や種類、注意点を解説

M&Aにおけるデューデリジェンスとは?費用や種類、注意点を解説

デューデリジェンスとは、M&Aの際に相手企業を調査することです。財務・税務・法務というように様々な種類のデューデリジェンスがあります。デューデリジェンスのチェックリストやプロセス 、買い手・売り...

M&Aのデメリットとは?売り手・買い手、海外M&Aにおけるデメリットを解説

M&Aのデメリットとは?売り手・買い手、海外M&Aにおけるデメリットを解説

M&Aでは多くのメリットを享受でき、今では経営戦略の1つとして中小企業でも盛んに行われています。しかし、M&Aにはデメリットが存在することを忘れてはいけません。売る側・買う側それぞれが認識して実...

M&Aのメリットとは?買い手・売り手のメリットやM&A戦略策定・手法別のメリットを紹介

M&Aのメリットとは?買い手・売り手のメリットやM&A戦略策定・手法別のメリットを紹介

売り手側がM&Aを活用すれば、後継者問題の解決・事業の継続や拡大・創業者利益を得られるメリットがあります。買い手側としては、事業規模の拡大や多角化が狙える点がメリットです。ただしリスクも多いため...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)