再調達原価法

再調達原価法

再調達原価法とは、企業価値算定手法のうちの一つです。 対象会社に属する資産や負債を、その時点で再取得する際に必要となる費用(原価)を基にして企業価値を計算します。 通常この手法は、M&Aの買い手側が望ましい買収価格を決定する際や、売り手側がM&Aが自社にとって必要かどうかを判断する際に用いられます。 将来獲得できるCFを基準にするDCF法とは違い、現時点での価値を基にする点が再調達原価法の特徴です。

関連記事

株式価値とは

株式価値とは

株式価値はM&Aでの会社売買の際、買収額を決定づけるものです。株式価値の計算方法はコストアプローチ、インカムアプローチ、マーケットアプローチの3種類に分類されます。株式価値と類似する企業...

マーケットアプローチとは?企業価値の計算方法やメリットを解説【事例付】

マーケットアプローチとは?企業価値の計算方法やメリットを解説【事例付】

マーケットアプローチとは、市場取引の観点から企業(株価)を評価する方法です。マーケットアプローチには類似業種比準方式、類似会社比準方式などがあり、相続税を抑える目的や非上場企業の株価を算定する目...

コストアプローチ

コストアプローチ

コストアプローチとは純資産額を基準に企業価値を算定する方法の総称です。本来、コストアプローチは事業を継続しない会社に対し多用されます。簿価純資産法、時価純資産法、清算価値法、再調達原価法がコスト...

営業譲渡とは?手続きやメリット、事業譲渡との違い、税務を解説

営業譲渡とは?手続きやメリット、事業譲渡との違い、税務を解説

営業譲渡は、会社の一部の事業を他社に引き継ぐM&Aの手法です。買い手側には節税やシナジー効果などのメリットがあり、売り手側には組織を整理できるなどのメリットがあります。営業譲渡を実施する...

株式交換とは?手法の概要、メリット・デメリット、手続きの流れ、最新事例も解説

株式交換とは?手法の概要、メリット・デメリット、手続きの流れ、最新事例も解説

株式交換とは、対象会社の発行済株式すべてを株式の交換によって取得し、完全親会社となるための手法であり、会社の組織再編の際に活用されています。この記事では、株式交換を活用するメリット・デメリット、...

M&Aにおけるバリュエーション

M&Aにおけるバリュエーション

M&Aを成功させるうえで、買収価格の基準となるバリュエーションは非常に重要なプロセスです。M&Aの実務上用いられるバリュエーション手法には、さまざまな手法があり、用いられる場面や...

会社売却の価格の決め方は?M&A前に押さえるべきこと

会社売却の価格の決め方は?M&A前に押さえるべきこと

会社売却価格は、どのようにして決まるのでしょうか。会社売却を検討するうえで、売却価格がいくらになるのかは重要なポイントのひとつでもあります。この記事では、会社売却価格の決定方法や、より高い価格で...

企業価値の算定方法

企業価値の算定方法

M&Aの過程で重要なポイントの1つが企業価値の算定です。企業価値の算定方法には3種類あり、「インカムアプローチ」「マーケットアプローチ」「コストアプローチ」と呼ばれています。この3つのア...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)