再調達原価法

再調達原価法

再調達原価法とは、企業価値算定手法のうちの一つです。 対象会社に属する資産や負債を、その時点で再取得する際に必要となる費用(原価)を基にして企業価値を計算します。 通常この手法は、M&Aの買い手側が望ましい買収価格を決定する際や、売り手側がM&Aが自社にとって必要かどうかを判断する際に用いられます。 将来獲得できるCFを基準にするDCF法とは違い、現時点での価値を基にする点が再調達原価法の特徴です。

関連記事

株式価値とは?株主価値、時価総額との違い、計算方法もわかりやすく解説

株式価値とは?株主価値、時価総額との違い、計算方法もわかりやすく解説

株式価値はM&Aでの会社売買の際、売買価額を決定づける基となるものです。本記事では、株式価値と企業価値・事業価値との意味の違い、株式価値の計算方法3体系(コストアプローチ、インカムアプロ...

マーケットアプローチとは?企業価値の計算方法やメリットを解説【事例付】

マーケットアプローチとは?企業価値の計算方法やメリットを解説【事例付】

マーケットアプローチとは、市場取引の観点から企業(株価)を評価する方法です。マーケットアプローチには類似業種比準方式、類似会社比準方式などがあり、相続税を抑える目的や非上場企業の株価を算定する目...

コストアプローチ

コストアプローチ

コストアプローチとは純資産額を基準に企業価値を算定する方法の総称です。本来、コストアプローチは事業を継続しない会社に対し多用されます。簿価純資産法、時価純資産法、清算価値法、再調達原価法がコスト...

営業譲渡とは?手続きやメリット、事業譲渡との違い、税務を解説

営業譲渡とは?手続きやメリット、事業譲渡との違い、税務を解説

営業譲渡は、会社の一部の事業を他社に引き継ぐM&A手法です。買い手側には節税やシナジー効果発揮、売り手側には組織を整理できるメリットがあります。この記事では、営業譲渡の手続き方法やメリッ...

M&Aのバリュエーション(企業価値評価)とは?算定方法の種類、メリットを徹底解説【動画あり】

M&Aのバリュエーション(企業価値評価)とは?算定方法の種類、メリットを徹底解説【動画あり】

M&Aを成功させるうえで、買収価額の基準となるバリュエーションは非常に重要なプロセスです。本記事では、バリュエーションの概要・実施タイミングなどのプロセス、バリュエーションの分類や代表的...

企業価値の算定方法は?企業価値を高めるポイントも解説

企業価値の算定方法は?企業価値を高めるポイントも解説

M&Aの過程で重要なポイントの1つが、企業価値の算定です。企業価値の算定方法には3種類あり、インカムアプローチ、マーケットアプローチ、コストアプローチと呼ばれています。この3つのアプロー...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

バリュエーション(企業価値評価)の方法・手法

バリュエーション(企業価値評価)の方法・手法

投資やM&Aではバリュエーション(企業価値評価)は必要不可欠です。バリュエーションの方法にはコストアプローチ、インカムアプローチ、マーケットアプローチの3種類があります。それぞれの具体的...

製造業(メーカー)の売却の流れや価格算定方法を解説!

製造業(メーカー)の売却の流れや価格算定方法を解説!

製造業(メーカー)は、あらゆる技術を駆使してモノづくりを行うため、会社が保有する技術力を加味したうえで適切な企業価値を算出して売却価格を決定します。本記事では、製造業(メーカー)の売却の流れと売...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)