印紙税

印紙税

印紙税とは、契約書や領収書を用いる際に課税される税金です。 M&Aを実施する際には、通常の契約と比較して、印紙税が多くなる傾向があります。 また、用いるM&A手法によって、印紙税が課される場合とそうでない場合があります。 株式譲渡を用いる場合には、通常は印紙税は課税されません。 一方で事業譲渡によるM&Aでは、最高で54万円の印紙税が課税されます。 M&Aを実施する際には、印紙税についても考慮しておく必要があります。

関連記事

株式譲渡とは?メリット・デメリット、M&Aの手続きや税務を解説

株式譲渡とは?メリット・デメリット、M&Aの手続きや税務を解説

株式譲渡とは、株式を譲渡することによって経営権を売買する手法です。他のM&A手法と比べて、中小企業のM&Aで多く活用されています。株式譲渡は売り手側にメリットが大きい手法でもあります。

株式交換の契約書の書き方や注意点などを紹介【テンプレート有】

株式交換の契約書の書き方や注意点などを紹介【テンプレート有】

株式交換契約書の書き方はどういったものなのでしょうか。株式交換契約の事例、株式交換の法務・手続きについて解説します。最近はインターネットで株式交換契約の契約書のひな型や書式が無料で公開されていま...

法人税および法人に課せられる税金の種類

法人税および法人に課せられる税金の種類

法人税には様々な種類があり、法人に課せられる税金は他にもあります。経営者はそれぞれの税金の概要を踏まえ、損金算入を利用するなどして、個々に応じた節税対策を講じるといいでしょう。ここでは、法人に課...

法人税と消費税の違いとは?計算方法・納付期限

法人税と消費税の違いとは?計算方法・納付期限

法人税と消費税は同じ国税ですが、直接税と間接税という違いがあります。また、法人税、消費税のいずれも納付期限を過ぎて納税すると加算税や延滞税が課されることがあるのは共通です。そのような法人税と消費...

相続不動産の売却でかかる税金とは?税金が軽減される特例も紹介

相続不動産の売却でかかる税金とは?税金が軽減される特例も紹介

相続不動産の売却では、印紙税や譲渡所得税(住民税)が課税されます。印紙税は固定なので簡単に算出できますが、譲渡所得税の計算は面倒です。相続不動産の売却では多額の税金がかかるので、できる限り特例を...

租税公課とは?勘定科目や仕訳、消費税や計算方法を解説

租税公課とは?勘定科目や仕訳、消費税や計算方法を解説

租税公課について理解を深めておくと、節税や確定申告などで役立ちます。租税公課とは、国に納める税金や各種団体に支払う公課の総称です。租税公課の中でも、経費として計上可能である項目と計上できない項目...

不動産における相続の手続きや売却の際の節税対策をわかりやすく解説

不動産における相続の手続きや売却の際の節税対策をわかりやすく解説

相続における不動産は、相続の手続きが面倒だったり、税金の考慮など知っておくべきことは多くあります。不動産相続の手続きや流れ、名義変更(相続登記)や書類関係、税金や計算方法、節税対策をわかりやすく...

秘密保持契約書(NDA)とは?書き方や有効期限、ひな形をご紹介

秘密保持契約書(NDA)とは?書き方や有効期限、ひな形をご紹介

秘密保持契約書とは取引実績の無い相手と今後の取引協議を行うにあたり、相互に開示した秘密情報を漏洩しない旨を約束する契約書で、書き方にはポイントがあります。その秘密保持契約書の書き方を代表的なひな...

店舗売却とは?相場や店舗売却の査定、税金について解説

店舗売却とは?相場や店舗売却の査定、税金について解説

店舗売却を成功させるには、メリット・デメリットやプロセスだけでなく、売却価格の相場・発生する税金なども把握しておく必要があります。店舗売却の専門Webサイトを参考に業者を吟味したうえで、サポート...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)