技術提携

技術提携

技術提携とは、特定の目的の為に複数の会社が技術面で協力しあう関係です。同じ目的を持っている会社同士が力を出し合って利益獲得を狙います。一見M&Aと同じように見えますが、M&Aと技術提携には大きな違いがあります。それは、技術提携は特定の分野に限定した契約関係である点です。  

関連記事

技術提携

技術提携

技術提携とは、業務提携の中でも技術分野に特化した提携のことです。技術提携を結べば、技術面でお互いに協力する関係を構築できます。ただし技術提携を成功させるには、目的を明確にしたうえで、提携相手との...

資本参加

資本参加

資本参加する企業は相手企業への出資によって関係を深め、自社の経営に何らかの寄与をもたらす効果を期待します。資本参加を受ける企業は、出資によって得た資金を事業に有効活用できます。しかし親子関係では...

企業提携

企業提携

企業提携とは、会社同士がお互いに独立性を保ったまま特定の分野について協力する行為であり、大きく業務提携と資本提携に分けられます。企業提携には簡単に提携解消できるなどのメリットがあるものの見逃せな...

業務提携のメリットとは?注意点や進める方法、資本提携・M&Aとの違いも紹介

業務提携のメリットとは?注意点や進める方法、資本提携・M&Aとの違いも紹介

業務提携のメリットは、比較的緩やかに協力関係を構築できること、自社の独自性を維持できること、短時間かつ低コストで実現可能であることなどです。業務提携とは何か、また業務提携の実施によって得られるメ...

M&Aの手法とは?分類一覧、選ぶ際のポイント、メリット・デメリット、税金も解説

M&Aの手法とは?分類一覧、選ぶ際のポイント、メリット・デメリット、税金も解説

株式譲渡、第三者割当増資、株式交換・株式移転、TOB、MBO、事業譲渡、吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割は全てM&Aの手法です。本記事では、さらに広義のM&A手法も含めた各...

M&Aの種類とは?区分方法、各スキームの特徴、契約書や専門家の種類も解説

M&Aの種類とは?区分方法、各スキームの特徴、契約書や専門家の種類も解説

M&Aのスキーム(手法)にはさまざまな種類があり、目的や状況に応じた使い分けが必要です。本記事では、M&Aスキームの分類、各スキームの概要とメリット・デメリット、スキームごとの成...

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

M&Aとアライアンスの違いを専門家がわかりやすく解説

M&Aとアライアンスの違いを専門家がわかりやすく解説

M&Aとアライアンスの大きな違いは、「経営権の移転」の有無です。M&Aの種類は、買収・分割・合併に、アライアンスでは、業務提携・資本提携に大別できます。本記事では、M&A...

業務提携と資本提携の違いとは?それぞれの定義、メリット・デメリットを解説

業務提携と資本提携の違いとは?それぞれの定義、メリット・デメリットを解説

混同されがちな経営施策として業務提携、資本提携、資本業務提携があります。特に業務提携と資本提携には大きな違いがあり、厳密な区別が必要です。あらためて、それぞれの意味やメリット・デメリットを知り、...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)