救済型M&A

救済型M&A

救済型M&Aとは、経営不振に陥っている企業を救済するために行うM&Aです。 具体的には、増資の引き受け等によって資本参加する形で、経営再建を支援します。 救済型M&Aでは、必ずと言って良いほど新株の発行を伴います。 新株発行によって資金を獲得すれば、それを用いて経営再建を効率的かつスムーズに実施できます。 金融業や小売業、流通、銀行業などが主な救済型M&Aの対象となる傾向があります。 国内においては、日本電産による救済型M&Aが有名です。 これまで日本電産は、数多くの救済型M&Aを実施し、業績を回復させています。 まさに、救済型M&Aのスペシャリストと言っても過言ではありません。

関連記事

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)