株式交換

株式交換

株式交換とは「株式会社が、その発行済株式を他の株式会社または合同会社に100%取得させる方法」を指します。これにより株を取得した会社は、株を渡した会社を完全子会社化することが可能になり、取得した会社は完全親会社になれます。  

関連記事

事業売却でかかる税金

事業売却でかかる税金

事業売却とは狭義の事業譲渡です。会社の事業の全て、または一部を第三者に売却することをいいます。事業売却にあたっては売り手側にも買い手側にも税金が発生します。事業売却での課税の実態を確認しながら、...

株式交換の手続き

株式交換の手続き

株式交換の手続きでは、株式交換の契約や情報開示、株主総会などがあり、ケースによっては債権者保護手続きも必要です。さらに、反対株主や各種法律への対応もあります。また、手続きの際には新株式の割り当て...

三角合併

三角合併

三角合併とは、近年認められるようになった会社間における吸収合併の方式です。組織再編行為である会社合併に際し、合併当事者の親会社も加わって3社が関わる吸収合併であることから三角合併といわれています...

自社株の売却

自社株の売却

自社株売却には大きく分けて2つの側面があります。1つには会社の運営を円滑に進める手立てとして、もう一方は会社の経営手法や体制を刷新する手段としてです。そこで自社株売却の方法とそれに伴うメリット、...

適格株式交換とは

適格株式交換とは

適格株式交換とは、「株式交換のうち、適格要件を満たし完全親法人の株式以外で資産を交付されないもの」を指します。適格株式交換の適格要件には金銭等不交付要件や継続保有要件があり、要件をみたせるかどう...

組織再編税制

組織再編税制

組織再編税制とは、企業が事業円滑化などのために行う組織再編に対して定められた特別な課税制度です。組織再編税制の対象となる行為には、合併、会社分割、現物出資、現物分配、株式移転、株式交換、スピンオ...

特別決議とは?拒否権や普通決議との違いを解説

特別決議とは?拒否権や普通決議との違いを解説

特別決議では、株主総会の中でも、比較的に重要な事項を決定します。特別決議では、会社の基盤要素の変更、新株発行、株主の地位変更、株主の損得事項、経営陣の変更などに関して決定します。

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

株式取得とは?方法やメリット・デメリット、買収先が株式取得を望む理由を解説

株式取得とは?方法やメリット・デメリット、買収先が株式取得を望む理由を解説

株式取得とは、売り手企業の株式を取得して、M&Aを実施する手法です。株式取得には、株式譲渡や新株引受、株式交換などの手法があります。株式取得には、後継者問題の解決や経営権の掌握が比較的簡単である...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)