業務提携

業務提携

業務提携とは、特定の商品やサービスのために、複数の企業が協力し合う行為を指します。 広義には、M&Aの一つとしても見なされています。 株式譲渡などの一般的なM&Aと違って、自社の独立性を保った上で、目的の達成を実現できるメリットがあります。 またM&Aと比較して、短期間かつ低コストで実行できる点も強みです。 具体的には、商品開発や研究、生産などの分野で業務提携を締結するケースが多いです。

関連記事

親族経営の会社

親族経営の会社

親族経営の会社には、経営権を奪われるリスクの軽減や後継者確保の面で有利なメリットなどがある一方で、公私混同が起きやすいなど深刻なデメリットも存在します。また役職に私情が含まれたり相談できる場所が...

技術提携

技術提携

技術提携とは、業務提携の中でも技術分野に特化した提携のことです。技術提携を結べば、技術面でお互いに協力する関係を構築できます。ただし技術提携を成功させるには、目的を明確にしたうえで、提携相手との...

資本参加

資本参加

資本参加する企業は相手企業への出資によって関係を深め、自社の経営に何らかの寄与をもたらす効果を期待します。資本参加を受ける企業は、出資によって得た資金を事業に有効活用できます。しかし親子関係では...

企業提携

企業提携

企業提携とは、会社同士がお互いに独立性を保ったまま特定の分野について協力する行為であり、大きく業務提携と資本提携に分けられます。企業提携には簡単に提携解消できるなどのメリットがあるものの見逃せな...

業務提携のメリット

業務提携のメリット

業務提携のメリットには、比較的緩やかに協力関係を構築できる、自社の独自性を維持できる、短時間かつ低コストで実現可能である点が挙げられます。業務提携とは何か、また業務提携の実施によって得られるメリ...

第三者割当増資とは?メリット・デメリットを解説

第三者割当増資とは?メリット・デメリットを解説

第三者割当増資のメリットには、資金面の基盤強化・信用力の獲得・M&Aのスムーズな実施などがあります。資金調達する企業だけでなく、新規株主にもメリットがある点が特徴的です。しかしデメリットも存在す...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

M&A件数の推移とは?国内、海外のM&A件数の推移を解説

M&A件数の推移とは?国内、海外のM&A件数の推移を解説

日本国内において、M&Aは経営戦略の一環としてすっかり定着しつつあり、年々その成立件数は増加中です。M&Aをより身近な経営手段として捉えるためにも、これまでのM&Aの歴史を振り返るとともに、件数...

株式交換とは?メリット・デメリット、M&Aでの活用や自己株式の消却について解説

株式交換とは?メリット・デメリット、M&Aでの活用や自己株式の消却について解説

株式交換とは、対象会社の発行済株式すべてを、株式の交換によって取得し、完全親会社となるための手法であり、会社の組織再編の際に活用されています。この記事では、そんな株式交換を活用するメリット・デメ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)