着手金

着手金

M&Aにおける着手金とは、M&Aの実務を仲介会社に正式に依頼した時点で発生する手数料を指します。 M&Aの際には相手探しや書類作成、人件費等様々な費用がかかります。 その費用を補填する目的で、着手金を請求する仲介会社が多いです。 M&Aが仮に失敗しても戻ってこない手数料のため注意が必要です。 着手金の金額は、M&Aの規模や難易度、仲介会社によって異なりますが、おおよそ50万円〜200万円程度だと言われています。 ただしM&A仲介会社の中には、着手金が不要の業者もあります。

関連記事

法人税対策

法人税対策

法人税対策を実施する際は「実施するタイミングと期間」「出費の有無」の二点について確認する必要があります。ここでは、法人税対策における欠損金の利用などの具体的な方法を紹介しています。自社に合った対...

M&Aの相場とは?決め方や注意点を紹介【事例付き】

M&Aの相場とは?決め方や注意点を紹介【事例付き】

M&Aの相場とは、企業を譲渡・譲受する際にふさわしいとされる金額です。買い手側と売り手側ではM&Aの相場観に差異があるため、折り合いを付ける必要があります。このとき利用されるのが、コストアプロー...

M&Aの相談先の選び方とは?買い手・売り手の相談内容や注意点を解説

M&Aの相談先の選び方とは?買い手・売り手の相談内容や注意点を解説

M&Aでは、専門的な知識が必要となります。そのため、専門家に相談しつつサポートを受けながら実施するのが一般的です。M&Aの相談先を選ぶときには、M&A経験が豊富である、相性が良い、対応が早い、親...

M&Aのために融資を受ける方法は?会社がやるべきこと

M&Aのために融資を受ける方法は?会社がやるべきこと

M&Aを実施する際には多額の費用がかかるため、資金調達が必要です。M&Aの資金調達方法には、直接金融や間接金融、レバレッジド・バイアウトなどの方法があります。その中でも、最も活用されているのは「...

資本コストとは?種類、計算方法をわかりやすく解説

資本コストとは?種類、計算方法をわかりやすく解説

資本コストとは、会社が資金調達するときに必要となる費用です。資本コストには、負債コストと株主資本コストの2つがあります。会社のリスクを開示する、低金利で融資を受けるなどの施策により、資本コストを...

M&Aの費用

M&Aの費用

M&Aを実施する過程で、どの程度の費用がかかるかご存じでしょうか?仲介会社を利用した際は、着手金やリテイナーフィー、成功報酬などの費用がかかります。また、株式譲渡など各M&A手法を実施した場合は...

レーマン方式とは?成果報酬の設定や計算方法、契約書について解説

レーマン方式とは?成果報酬の設定や計算方法、契約書について解説

レーマン方式とは、M&A仲介会社の成功報酬を算出するための計算式です。取引金額のベースに何を用いるかによって、レーマン方式で算出する成功報酬額は大幅に変動します。取引金額の種類が変われば、成功報...

リテイナーフィーとは?意味や相場、メリット・デメリットを解説します

リテイナーフィーとは?意味や相場、メリット・デメリットを解説します

リテイナーフィーとはM&A仲介業者に支払う月額報酬(定額顧問料)のことで、月額およそ100 万円〜300万円程度が相場の目安とされています。リテイナーフィーを支払えばM&Aの成功確率を高められま...

株式取得とは?方法やメリット・デメリット、買収先が株式取得を望む理由を解説

株式取得とは?方法やメリット・デメリット、買収先が株式取得を望む理由を解説

株式取得とは、売り手企業の株式を取得して、M&Aを実施する手法です。株式取得には、株式譲渡や新株引受、株式交換などの手法があります。株式取得には、後継者問題の解決や経営権の掌握が比較的簡単である...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)