着手金

着手金

M&Aにおける着手金とは、M&Aの実務を仲介会社に正式に依頼した時点で発生する手数料を指します。 M&Aの際には相手探しや書類作成、人件費等様々な費用がかかります。 その費用を補填する目的で、着手金を請求する仲介会社が多いです。 M&Aが仮に失敗しても戻ってこない手数料のため注意が必要です。 着手金の金額は、M&Aの規模や難易度、仲介会社によって異なりますが、おおよそ50万円〜200万円程度だと言われています。 ただしM&A仲介会社の中には、着手金が不要の業者もあります。

関連記事

M&Aの譲渡価格の相場はどれくらい?価格の決め方、高値で売却するコツも紹介【事例付き】

M&Aの譲渡価格の相場はどれくらい?価格の決め方、高値で売却するコツも紹介【事例付き】

M&Aの相場とは、企業を譲渡・譲受する際にふさわしいとされる金額です。買い手側と売り手側ではM&Aの相場観に差異があるため、折り合いをつける必要があります。本記事では、M&amp...

M&Aの相談先一覧!相談先ごとの特徴、メリット・デメリット、選び方、注意点も解説

M&Aの相談先一覧!相談先ごとの特徴、メリット・デメリット、選び方、注意点も解説

M&Aでは、専門的な知識が必要となるため、専門家に相談しつつサポートを受けながら実施するのが一般的です。この記事では、M&Aにおける相談先ごとの特徴、相談先ごとのメリットやデメリ...

M&Aの費用はいくらかかる?相場や計算方法、仲介会社に依頼する際の報酬体系を徹底紹介

M&Aの費用はいくらかかる?相場や計算方法、仲介会社に依頼する際の報酬体系を徹底紹介

M&Aには、仲介会社の依頼報酬や各M&A手法で生じる税金などさまざまな費用がかかるため、事前に相場や計算方法を知っておくとよいでしょう。この記事では、M&Aにおける費用の...

レーマン方式とは?成果報酬の設定や計算方法、契約書について解説

レーマン方式とは?成果報酬の設定や計算方法、契約書について解説

レーマン方式とは、M&A仲介会社の成功報酬を算出するための計算式です。取引金額のベースに何を用いるかによって、レーマン方式で算出する成功報酬額は大幅に変動します。取引金額の種類が変われば...

リテイナーフィーとは?意味や相場、メリット・デメリットを解説します

リテイナーフィーとは?意味や相場、メリット・デメリットを解説します

リテイナーフィーとはM&A仲介業者に支払う月額報酬(定額顧問料)のことで、月額およそ100 万円〜300万円程度が相場の目安とされています。リテイナーフィーを支払えばM&Aの成功...

会社売却の方法・やり方・手続きとは?M&Aの流れ、売却後の従業員の処遇、注意点も解説

会社売却の方法・やり方・手続きとは?M&Aの流れ、売却後の従業員の処遇、注意点も解説

会社売却の方法は、株式譲渡・事業譲渡・合併などがあり一般的な方法は株式譲渡ですが、どの方法による売却が一番良いのかは、会社の状況や売却目的などによって異なります。本記事では、会社売却の方法、やり...

会社売却のメリット・デメリット!相場や税金、高値で売るコツも紹介【事例あり】

会社売却のメリット・デメリット!相場や税金、高値で売るコツも紹介【事例あり】

会社売却には、会社の規模拡大や自社存続などのメリットがありますが、会社売却が必ずしも成功するとは限らないデメリットもあります。本記事では、会社売却のメリット・デメリット、相場や税金、高値で売るコ...

中小企業の後継者不足問題は深刻化している?解決策を紹介

中小企業の後継者不足問題は深刻化している?解決策を紹介

近年、中小企業の後継者不足は年々深刻になってきており、M&Aを活用して第三者へ事業を承継することで解決する事例が徐々に増えつつあります。この記事では、中小企業における後継者不足問題の現状...

会社を売るには?メリット・デメリット、高い値段で売れる会社の条件を解説

会社を売るには?メリット・デメリット、高い値段で売れる会社の条件を解説

この記事では、会社を売る方法をはじめ、会社を売るための準備や高い値段で売る条件、メリット・デメリット、企業価値算出方法などについて解説します。会社を売る際は、円滑に進めるためにもM&A仲...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)