着手金

着手金

M&Aにおける着手金とは、M&Aの実務を仲介会社に正式に依頼した時点で発生する手数料を指します。 M&Aの際には相手探しや書類作成、人件費等様々な費用がかかります。 その費用を補填する目的で、着手金を請求する仲介会社が多いです。 M&Aが仮に失敗しても戻ってこない手数料のため注意が必要です。 着手金の金額は、M&Aの規模や難易度、仲介会社によって異なりますが、おおよそ50万円〜200万円程度だと言われています。 ただしM&A仲介会社の中には、着手金が不要の業者もあります。

関連記事

株式譲渡所得とは?税金や確定申告・節税対策・M&Aの手法を解説

株式譲渡所得とは?税金や確定申告・節税対策・M&Aの手法を解説

M&Aの際、得た利益が株式譲渡所得になるとは一概に言えないので注意しましょう。株式譲渡所得の金額が20万円以下の場合、特定口座・NISAを用いている場合、確定申告が不要です。しかし、不要のケース...

企業合併とは

企業合併とは

企業合併とは、複数の会社が統合するM&A手法であり、実施するとさまざまなメリットを得られます。しかし、企業合併には注意すべき点もありますので、慎重に行わなくてはなりません。この記事では、企業合併...

M&Aで基本合意書を締結する目的

M&Aで基本合意書を締結する目的

基本合意書とは、M&Aのスムーズな実施を目的として最終契約前のタイミングで締結する書類です。具体的には、買い手からすれば確実に取引できるメリットが、売り手からすれば安全に取引できるメリットがある...

株式価値とは

株式価値とは

株式価値はM&Aでの会社売買の際、買収額を決定づけるものです。株式価値の計算方法はコストアプローチ、インカムアプローチ、マーケットアプローチの3種類に分類されます。株式価値と類似する企業価値・事...

株式譲渡承認請求書とは

株式譲渡承認請求書とは

株式譲渡承認請求書とは、株式を発行している会社に株式譲渡を認めてもらう目的で作成する書類のことです。株式譲渡承認請求書を作成する際には、押さえておかなければならないポイントがあるため、注意が必要...

親族経営の会社

親族経営の会社

親族経営の会社には、経営権を奪われるリスクの軽減や後継者確保の面で有利なメリットなどがある一方で、公私混同が起きやすいなど深刻なデメリットも存在します。また役職に私情が含まれたり相談できる場所が...

ネームクリアとは?意味とM&Aにおける活用のメリット・デメリットをご紹介

ネームクリアとは?意味とM&Aにおける活用のメリット・デメリットをご紹介

ネームクリアは、M&A初期のプロセスで重要な転換点です。それは買収側のM&Aへの意思表示があったことを意味します。そしてネームクリアとは、より具体的なM&Aの検討や交渉のため、秘密保持契約締結後...

売上拡大

売上拡大

売上拡大の施策・戦略には、既存顧客からの売上向上、新規顧客の開拓、顧客単価の引き上げ、新たな分野への進出があります。売上拡大を目指すには、新たな営業モデルの設計や手法へのアプローチが重要となりま...

持株会社を用いた節税

持株会社を用いた節税

持株会社を活用することで、相続税を節税できます。しかし、近年は節税を目的とした持株会社の設立が認められないケースが増加しており、場合によっては節税した分より多くの費用が発生するケースもあります。...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)