第三者割当増資

第三者割当増資

第三者割当増資とは、資金調達のために新株を発行し、特定の第三者に買い取ってもらう資金調達の方法です。上場している企業であれば、新株を発行する際誰でも購入できるため、不特定多数の投資家に公募を募る「公募増資」を実施します。 これに対して上場していない企業では、株式が非公開であるケースが一般的です。そのために、特定の第三者を選んで投資をしてもらいます。これが第三者割当増資です。 

関連記事

資金調達の方法とは?分類、選ぶポイントも解説

資金調達の方法とは?分類、選ぶポイントも解説

経営者が活用できる資金調達方法はさまざまなものがあり、方法によって、資金調達の可能性や背負うリスクも変わるものです。本記事では、資金調達方法の分類と各特徴、メリット・デメリット、具体的な資金調達...

M&Aの相談先9選!メリットデメリットや選び方とよくある相談内容を紹介

M&Aの相談先9選!メリットデメリットや選び方とよくある相談内容を紹介

M&Aは、専門家に相談しつつサポートを受けながら実施するのが一般的です。この記事では、M&Aにおける相談先ごとの特徴やメリット・デメリット、選び方や注意点などを解説します。

M&Aに向けた資金調達とは?一般的な方法・LBOとMBO・代表例もわかりやすく解説

M&Aに向けた資金調達とは?一般的な方法・LBOとMBO・代表例もわかりやすく解説

M&Aを実施する際は、多額の費用がかかるため資金調達が必要です。M&Aの資金調達方法には、直接金融・間接金融・LBO・MBOなどの方法があり、最も活用されているのは銀行融資です。...

簿外債務とは?リスク、買い手の注意点をわかりやすく解説

簿外債務とは?リスク、買い手の注意点をわかりやすく解説

簿外債務とは、帳簿(貸借対照表)に計上されていない債務のことです。簿外負債とも呼ばれており、多くの中小企業が抱えています。M&Aの実施相手が簿外債務を抱えていると将来的に深刻な問題が発生...

自社株の売却

自社株の売却

自社株売却には大きく分けて2つの側面があります。1つには会社の運営を円滑に進める手立てとして、もう一方は会社の経営手法や体制を刷新する手段としてです。そこで自社株売却の方法とそれに伴うメリット、...

新設合併と吸収合併の相違点とは?特徴・手続き・会社へ与える変化を解説

新設合併と吸収合併の相違点とは?特徴・手続き・会社へ与える変化を解説

新たに設立した会社に当事会社の財産を引き継ぐと同時に、 従業員や経営者の信頼を守る方法として活用されています。本記事では、新設合併とは具体的にどのようなものなのか、吸収合併の違いから、目的や特徴...

新株引受権

新株引受権

新株引受権とは、会社が発行する株式を引き受けられる権利であり、会社が募集株式を発行する基準日に株主のみが行使できます。新株引受権は資金調達の有効手段となる一方で、活用するためには多くの手間や費用...

会社売却はなぜ必要?目的や実施の流れ・注意点・M&Aを成功させる方法まで徹底解説

会社売却はなぜ必要?目的や実施の流れ・注意点・M&Aを成功させる方法まで徹底解説

会社売却を行う方法はいくつかあり、どの方法を選べば会社に最適なのかを慎重に判断することが必要です。本記事では、会社売却について、目的から方法、メリットやデメリット、M&Aを失敗させないた...

M&Aにおけるブリッジローン(Bridging loan)とは?メリットやデメリット・活用法を紹介

M&Aにおけるブリッジローン(Bridging loan)とは?メリットやデメリット・活用法を紹介

ブリッジローンとは個人法人問わず緊急時の資金調達方法とされる特殊な融資です。限定的ながら便利さのあるブリッジローンには留意すべき点も多々あり安易な借入はリスクを伴います。ブリッジローンを有効活用...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)