親族内承継

親族内承継

親族内承継とは、経営者自身の子供や兄弟、親などの親族に対して事業承継を実施することです。 一方で、親族ではない従業員や役員等に事業承継する行為を親族外承継と呼びます。 昔は子供に会社を引き継ぐ親族内承継が一般的でしたが、近年は子供が会社を引き継ぎたがらない等の理由により、親族外承継の件数が増加しています。 親族内承継によって会社を引き継ぐ際には、後継者の教育に多くの時間を割けます。 また従業員や取引先など周囲からも、後継者となる人材が受け入れられやすいメリットもあります。 親族内承継を成功させる上では、早い時期からの対策が重要となります。

関連記事

後継者人材バンクについて解説します

後継者人材バンクについて解説します

後継者人材バンクとは、経営者の意向にマッチする後継者を見つけて事業承継の達成を目指す事業であり、事業引継ぎ支援センターによって運営されています。M&Aによる事業承継プロセスのサポートも依...

親族経営の会社

親族経営の会社

親族経営の会社には、経営権を奪われるリスクの軽減や後継者確保の面で有利なメリットなどがある一方で、公私混同が起きやすいなど深刻なデメリットも存在します。また役職に私情が含まれたり相談できる場所が...

相続による事業承継は相続税の負担が大きい!事業承継税制を活用しよう

相続による事業承継は相続税の負担が大きい!事業承継税制を活用しよう

相続の形で事業承継を実施する際は、相続税の負担と生前の遺言書が必要なので事前に準備しなければなりません。事業承継税制を活用すれば、相続税の納税猶予を受けることができます。当記事では、事業承継時に...

事業承継の方法

事業承継の方法

事業承継の方法には、親族内承継、親族外承継、M&Aによる承継の3種類があります。近年は、会社を継ぐ目的のみならず、廃業寸前の会社を存続させたり、廃業コストをなくしたりするために、事業承継...

後継者育成とは?課題、準備、育成のポイントを解説!

後継者育成とは?課題、準備、育成のポイントを解説!

事業承継を実施する経営者にとって、後継者育成は会社の存続に影響を及ぼす重要なプロセスです。しかし、100%成功する保証はないため、緻密に準備してから実施しなければなりません。この記事では、後継者...

親族内承継

親族内承継

親族内承継とは、経営者の子供をはじめとする親族に会社の事業を引き継ぐことです。親族内承継には周囲から受け入れられやすく後継者の教育期間を確保できるなどのメリットがあるものの、重大なデメリットも存...

中小企業庁が実施する事業承継支援

中小企業庁が実施する事業承継支援

中小企業庁は、中小企業が円滑に事業承継を実施できよう、税金や資金面などの支援を行なっています。また、中小企業庁が策定した事業承継ガイドラインも、事業承継を実施するうえで有益な指針となります。この...

次期社長の教育と選出方法

次期社長の教育と選出方法

次期社長には様々な教育を受けさせる必要がありますが、なかでも3つの目(鳥の目・魚の目・虫の目)を最優先に身につけさせることが大切です。また教育には長い期間が必要であるため、円滑に事業承継できるよ...

中小企業の人手不足の原因とは?実施可能な対策も紹介

中小企業の人手不足の原因とは?実施可能な対策も紹介

中小企業の多くが抱える人手不足問題は、年々深刻になってきています。中小企業が人手不足に陥っている原因を解説します。またこの問題を解決する方法として、従業員への対応改善、採用方法の変更および経営の...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)