財産評価基本通達

財産評価基本通達

財産評価基本通達とは、国税庁が定めた相続税・贈与税の対象となる財産の評価基準です。 土地・家屋に関する権利や、非上場株式、その他財産に関して詳細な価額計算方法が定められています。 例えば開業後3年未満の株価は、1株当たりの純資産価額だと定められています。 他にも、休業中の会社や清算中の会社株式等についても、算出方法が定められています。 一般的に財産評価基本通達は、同族会社のグループ内再編や、事業承継に要する税額計算の際に活用されます。 しかし評価方法が単純すぎるため、第三者間のM&Aにおいては殆ど用いられません。

関連記事

マーケットアプローチとは?企業価値の計算方法やメリットを解説【事例付】

マーケットアプローチとは?企業価値の計算方法やメリットを解説【事例付】

マーケットアプローチとは、市場取引の観点から企業(株価)を評価する方法です。マーケットアプローチには類似業種比準方式、類似会社比準方式などがあり、相続税を抑える目的や非上場企業の株価を算定する目...

事業承継対策は必須?事前の準備や注意点について徹底解説【事例付】

事業承継対策は必須?事前の準備や注意点について徹底解説【事例付】

事業承継の成功を目指し、従業員など親族外への承継やM&Aを活用した第三者への承継を行うケースが増加しています。事業承継を成功させる上で、税金・資金対策は重要です。本記事では、親族内承継・親族外承...

営業権譲渡

営業権譲渡

営業権譲渡とは目に見えない無形資産を譲渡する行為です。営業権は「のれん」とも呼ばれ、営業権譲渡時にのれん代として買収価格に上乗せされるケースがあります。営業権の価格評価に厳格な規定はないものの、...

企業価値の評価方法とは?代表的な3つのアプローチを解説

企業価値の評価方法とは?代表的な3つのアプローチを解説

企業価値の評価次第で、M&Aの成功可否は左右されます。投資判断、相続(事業承継)、経営戦略の策定の場面で企業価値の算定は大事です。コストアプローチ、インカムアプローチ、マーケットアプローチによる...

株式譲渡を親族内でする場合の注意点は?メリット・デメリットも解説

株式譲渡を親族内でする場合の注意点は?メリット・デメリットも解説

親族内で経営権を移譲する方法には、生前贈与・株式譲渡・相続などがあり、それぞれ異なったメリットとデメリットがあります。この記事では、株式譲渡を親族内で行う場合の注意点や、メリットとデメリットにつ...

自社株(非上場株式)評価の計算方法をわかりやすく解説!

自社株(非上場株式)評価の計算方法をわかりやすく解説!

非上場企業は株式公開していないため、株価の客観的な数値が分かりません。そのため、M&Aや相続の際は定められた基準に従って自社株評価を行う必要があります。本記事では、非上場企業の自社株評価のやり方...

合併比率とは?非上場、新設合併、債務超過の算定方法【事例あり】

合併比率とは?非上場、新設合併、債務超過の算定方法【事例あり】

合併比率とは、消滅会社の株主に対して、持ち株数に応じて交付される株式の比率のことです。消滅する株式の価値に応じた株式が交付されなければ不公平になるため、適切な比率を設ける必要があります。本記事で...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)