遺留分

遺留分

遺留分とは、一定範囲内の親族に保障された最低限保障された相続財産を指します。 直系尊属のみで親族が構成されている場合には相続財産の1/3、それ以外のケースでは1/2が遺留分の合計分として保障されます。 この合計分を各相続人で分け合う形となります。 ただし事業承継の円滑化の観点から、経営承継法では後継者に引き継ぐ株式については遺留分から除外したり、遺留分に含める価額を固定できることとなっています。 この制度により、遺留分を気にせずに事業承継を実施出来るようになりました。

関連記事

持株会社を用いた節税|メリット・デメリット、節税できる理由を解説

持株会社を用いた節税|メリット・デメリット、節税できる理由を解説

持株会社を活用することで、相続税を節税できます。しかし、近年は節税を目的とした持株会社設立が認められないケースが増加しています。場合によっては節税分より多くの費用が必要なケースもあります。節税目...

持株会社を利用した事業承継|メリット・デメリット、手続きの流れも解説

持株会社を利用した事業承継|メリット・デメリット、手続きの流れも解説

持株会社を活用した事業承継には、複数の会社をまとめて事業承継できる、相続税を抑えられるなどのメリットがありますが、デメリットもあります。本記事では、持株会社を利用した事業承継のメリット・デメリッ...

事業承継税制による相続税の負担軽減方法を徹底解説

事業承継税制による相続税の負担軽減方法を徹底解説

相続の形で事業承継を実施する際は、相続税の負担と生前の遺言書が必要なので事前に準備しなければなりません。事業承継税制を活用すれば、相続税の納税猶予を受けられます。当記事では、事業承継時に利用した...

事業承継の方法とは?種類ごとのメリット・デメリットも解説

事業承継の方法とは?種類ごとのメリット・デメリットも解説

事業承継の方法を総合的にまとめました。事業承継の現状を分析するとともに、事業承継の方法(親族内承継、親族外承継、M&Aでの事業承継)の概要・メリット・デメリット・成功させるポイント、手順...

親族内承継とは?用語の意味、メリット・デメリット、流れ、成功させるポイントも解説

親族内承継とは?用語の意味、メリット・デメリット、流れ、成功させるポイントも解説

親族内承継とは、経営者の子供をはじめとする親族に会社の事業を引き継ぐことです。親族内承継には周囲から受け入れられやすく後継者の教育期間を確保できるメリットがあるものの、重大なデメリットも存在する...

中小企業庁が実施する事業承継支援策をわかりやすく解説

中小企業庁が実施する事業承継支援策をわかりやすく解説

中小企業庁では、中小企業が円滑に事業承継を実施できるよう、税金や資金面などの支援を提供しています。中小企業庁が策定した事業承継ガイドラインも、事業承継を実施するうえで有益な指針です。この記事では...

株式取得とは?手続き方法やメリット・デメリット、買収先が株式取得を望む理由を解説

株式取得とは?手続き方法やメリット・デメリット、買収先が株式取得を望む理由を解説

株式取得とは、売り手企業の株式を取得し、M&Aを実施する手法です。株式取得には、株式譲渡・新株引受・株式交換などの手法があります。本記事では、株式取得の手続き方法、メリット・デメリット、...

経営の跡取り

経営の跡取り

経営の跡取りを自身の親族から選ぶと、従業員や取引先などから受け入れてもらいやすいです。とはいえ親族内承継を決めたら、跡取りを経営者としてふさわしい人材に育て上げる必要があります。また事業承継の流...

株式譲渡の制限

株式譲渡の制限

株式譲渡の制限によって経営権を守れるなどのメリットがある一方で、相続クーデターが生じるリスクもあります。今回は株式譲渡における制限の方法や注意すべきポイントなどについて説明します。株式譲渡を検討...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)