遺留分

遺留分

遺留分とは、一定範囲内の親族に保障された最低限保障された相続財産を指します。 直系尊属のみで親族が構成されている場合には相続財産の1/3、それ以外のケースでは1/2が遺留分の合計分として保障されます。 この合計分を各相続人で分け合う形となります。 ただし事業承継の円滑化の観点から、経営承継法では後継者に引き継ぐ株式については遺留分から除外したり、遺留分に含める価額を固定できることとなっています。 この制度により、遺留分を気にせずに事業承継を実施出来るようになりました。

関連記事

親族内承継

親族内承継

親族内承継とは、経営者の子供をはじめとする親族に会社の事業を引き継ぐことです。親族内承継には周囲から受け入れられやすく後継者の教育期間を確保できるなどのメリットがあるものの、重大なデメリットも存...

中小企業庁が実施する事業承継支援

中小企業庁が実施する事業承継支援

中小企業庁は中小企業が円滑に事業承継を実施できるために、税金や資金、法律面からのサポートを行なっています。また、中小企業庁が策定した事業承継ガイドラインも、事業承継を実施する上で有益な指針となります。

株式取得とは?方法やメリット・デメリット、買収先が株式取得を望む理由を解説

株式取得とは?方法やメリット・デメリット、買収先が株式取得を望む理由を解説

株式取得とは、売り手企業の株式を取得して、M&Aを実施する手法です。株式取得には、株式譲渡や新株引受、株式交換などの手法があります。株式取得には、後継者問題の解決や経営権の掌握が比較的簡単である...

経営の跡取り

経営の跡取り

経営の跡取りを自身の親族から選ぶと、従業員や取引先などから受け入れてもらいやすいです。とはいえ親族内承継を決めたら、跡取りを経営者としてふさわしい人材に育て上げる必要があります。また事業承継の流...

株式譲渡の制限

株式譲渡の制限

株式譲渡の制限によって経営権を守れるなどのメリットがある一方で、相続クーデターが生じるリスクもあります。今回は株式譲渡における制限の方法や注意すべきポイントなどについて説明します。株式譲渡を検討...

中小企業の事業承継とは?事業承継税制や課題、事業承継の方法を解説

中小企業の事業承継とは?事業承継税制や課題、事業承継の方法を解説

中小企業の事業承継問題は、後継者不足や高齢化によって深刻化しています。また事業承継のタイミングを逃して、廃業する中小企業も増えています。失敗するリスクを減らすため、そして事業のさらなる発展を実現...

事業承継と株式の関係とは?自社株の承継や株価対策、株式譲渡について解説します

事業承継と株式の関係とは?自社株の承継や株価対策、株式譲渡について解説します

事業承継は会社の将来を決める重要な意思決定となります。株式や相続税の対策準備しているかどうかで、成功が大きく左右されるため、対策や方法について理解しておく必要があるでしょう。今回は、事業承継の基...

事業承継とは?方法や事業承継税制・補助金、M&Aでの活用について解説

事業承継とは?方法や事業承継税制・補助金、M&Aでの活用について解説

事業承継は「親族内承継」「親族外承継」「M&Aによる事業承継」の三種類に分けることができます。事業承継の手順、方法、メリット・デメリット、事業承継税制や補助金について解説していきます。どの事業承...

医療法人の事業承継

医療法人の事業承継

医療法人の事業承継の際は、時代背景と共に患者のニーズを理解して経営指針を考える必要があり、それを見越した上で、事業承継やM&Aなどの経営戦略を遂行することが大切です。今回は、節税対策や出資持分の...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)