DIPファイナンス

DIPファイナンス

DIPファイナンスとは、民事再生法に基づく倒産手続きの開始後から、再生計画が認可される前までの融資を指します。 経営陣は、再生後の事業運営で得た資金から、借入金を返済する流れとなります。 DIPファイナンスによる債務は、その企業の持つ他の債務よりも優先的に返済する必要があります。 基本的には、回復見込みが高い企業に対する融資です。 そのため、融資する側は財務状況や事業計画等について、厳密にデューデリジェンスを実施するのが重要です。 また、再生対象となる企業とM&Aを実施する際に、買い手側がDIPファイナンスを受けることも可能です。

関連記事

企業再生ファンドとは?仕組み、事例、一覧や業務内容を解説

企業再生ファンドとは?仕組み、事例、一覧や業務内容を解説

企業再生ファンドは、投資家から集めた資金を用いて経営不振に陥った企業の立て直しを行い、事業再生を通じて多額の利益を得ることから「ハゲタカ」とも呼ばれています。企業再生ファンドの仕組みや、M&A・...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)