EV

EV

EV(Enterprise Value)とは、企業全体の価値を指します。 EV=株式時価総額+有利子負債−現金・預金で表されます。 株主と債権者双方の持分を考慮した企業価値であり、M&Aの買収価格を考える上では重要な指標です。 ちなみにDCF法によって算出した企業価値とEVは、厳密には異なります。 DCF法によって算出した企業価値は、事業によって生み出される将来的なキャッシュフローの合計を表します。 一方でEVは、そこに事業に使っていない資産の価値と既に持っている現金預金分の価値を足した企業価値を表します。 その点で、この両者は異なるため注意が必要です。

関連記事

株式譲渡所得とは?税金や確定申告・節税対策・M&Aの手法を解説

株式譲渡所得とは?税金や確定申告・節税対策・M&Aの手法を解説

M&Aの際、得た利益が株式譲渡所得になるとは一概に言えないので注意しましょう。株式譲渡所得の金額が20万円以下の場合、特定口座・NISAを用いている場合、確定申告が不要です。しかし、不要のケース...

【中小企業必見】法人の正しい節税対策

【中小企業必見】法人の正しい節税対策

会社を運営する上で税金の支払いは避けられません。どの経営者も対策を立てて節税を図っています。しかし最大限の節税効果を得るためには、多種多様な方法の中から最適なものを探し出す必要があります。今回は...

企業価値の計算方法

企業価値の計算方法

M&Aは会社の売買ですから企業価値を数値化しなければなりません。企業価値の算定には複数の計算方法があります。それら計算方法は3種に大別され、ネットアセットアプローチ、インカムアプローチ、マーケッ...

M&Aで基本合意書を締結する目的

M&Aで基本合意書を締結する目的

基本合意書とは、M&Aのスムーズな実施を目的として最終契約前のタイミングで締結する書類です。具体的には、買い手からすれば確実に取引できるメリットが、売り手からすれば安全に取引できるメリットがある...

株の相続にかかる税金(相続税)とは?計算方法と税率を解説

株の相続にかかる税金(相続税)とは?計算方法と税率を解説

株式の相続は一般的な相続と違い、時間と手間がかかる手続きを要します。また、株式相続の際の相続税計算方法にはさまざまな手法があり、株式の種類や経営権の移転可否によって用いる手法が異なるため注意が必...

株式価値とは

株式価値とは

株式価値はM&Aでの会社売買の際、買収額を決定づけるものです。株式価値の計算方法はコストアプローチ、インカムアプローチ、マーケットアプローチの3種類に分類されます。株式価値と類似する企業価値・事...

株式を相続する際の注意点は?株式の種類による手続きの違いまで解説

株式を相続する際の注意点は?株式の種類による手続きの違いまで解説

株式相続では、株価の変動や会社経営に影響を与える可能性がある点に注意すべきです。また、中小企業に見られる非上場株式の相続は、上場株式と比べて手続きが大変です。本記事では株式相続の流れをおさらいし...

法人税対策

法人税対策

法人税対策を実施する際は「実施するタイミングと期間」「出費の有無」の二点について確認する必要があります。ここでは、法人税対策における欠損金の利用などの具体的な方法を紹介しています。自社に合った対...

売上拡大

売上拡大

売上拡大の施策・戦略には、既存顧客からの売上向上、新規顧客の開拓、顧客単価の引き上げ、新たな分野への進出があります。売上拡大を目指すには、新たな営業モデルの設計や手法へのアプローチが重要となりま...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)