In-in

In-in

In-inとは、国内企業同士のM&Aを指します。 In-in型のM&Aは近年増加傾向で、2016年のM&A総数のうち約7割がIn-in型のM&Aでした。 この背景には、中小企業の後継者難や経営戦略を効率的に実行する手段としてM&Aの有効性が広く知られたことがあります。 今後さらに中小企業の後継者不足は進行すると予想されるため、それに伴ってIn-in型のM&A件数も増加する可能性が高いです。 In-in型のM&Aを成功させるためには、企業文化や業界内バランスを考慮した上で、M&Aプロセスを進行するのが重要です。

関連記事

M&A件数の推移とは?国内、海外のM&A件数の推移を解説

M&A件数の推移とは?国内、海外のM&A件数の推移を解説

日本国内において、M&Aは経営戦略の一環としてすっかり定着しつつあり、年々その成立件数は増加中です。M&Aをより身近な経営手段として捉えるためにも、これまでのM&Aの歴史...

M&Aの動向

M&Aの動向

近年では、経営戦略としてM&Aを活用する企業が増加しており、2019年には4,000件を超えました。その中でも、特にベンチャー企業のM&Aは増加傾向にあり、中小企業やスモールビジ...

M&Aの市場規模

M&Aの市場規模

M&Aの市場規模は1990年代以降安定的に成長しており、直近の数年では急激に拡大しています。事業承継問題の顕在化やベンチャー企業によるエグジット手段としてのM&A活用などを受けて...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)