Out-in

Out-in

Out-inとは、海外企業が日本企業を買収する形で行うM&Aです。 Out-in型のM&Aは、減少傾向にあります。 その理由として、製品・サービスに対する消費者の要求水準の高さや許認可や規制の厳しさがあると考えられています。 しかし件数は少ないものの、Out-in型M&Aの成約金額は急激に増加しています。 2015年と2016年を比較すると、なんと二倍近く増加しています。 Out-in型M&Aに関しては、主に中国系企業が大きな買収を実施する傾向があります。 今後の大企業の業績動向等によっては、Out-in型のM&Aの件数は増加する可能性があります。

関連記事

M&A件数の推移とは?国内、海外のM&A件数の推移を解説

M&A件数の推移とは?国内、海外のM&A件数の推移を解説

日本国内において、M&Aは経営戦略の一環としてすっかり定着しつつあり、年々その成立件数は増加中です。M&Aをより身近な経営手段として捉えるためにも、これまでのM&Aの歴史を振り返るとともに、件数...

クロスボーダーM&Aを成功させるには

クロスボーダーM&Aを成功させるには

国内市場の縮小や経営のグローバル化により競争がますます激化する環境下、クロスボーダーM&Aは、効率的かつスピーディーな海外進出を可能にする有効な手段です。しかし、実行には課題も多くあります。クロ...

M&Aの動向

M&Aの動向

近年では、経営戦略としてM&Aを活用する企業が増加しており、2019年には4,000件を超えました。その中でも、特にベンチャー企業のM&Aは増加傾向にあり、中小企業やスモールビジネスのM&Aも活...

M&Aの市場規模

M&Aの市場規模

M&Aの市場規模は90年代以降安定的に成長しており、ここ数年急激に拡大しています。事業承継問題が顕在化したことやベンチャー企業がエグジットの手段としてM&Aを認識し始めたこともあり、中小企業も含...

JTのM&Aとは?買収事例やM&A成功の秘訣、JTのM&Aについての本もご紹介

JTのM&Aとは?買収事例やM&A成功の秘訣、JTのM&Aについての本もご紹介

JT(日本たばこ産業)は、これまでに様々なクロスボーダーM&Aを実施してきた企業です。今日見られる​​​​​​​JTのグローバル展開は、M&Aによって成し遂げられました。この記事では、JTのM&...

【2020年】日本企業のM&A件数は2019年が過去最多に!買収金額ランキングも紹介

【2020年】日本企業のM&A件数は2019年が過去最多に!買収金額ランキングも紹介

日本企業によるM&Aは過去最高の件数を記録しています。当記事では、日本のM&Aに見られる状況をはじめ、過去2年と比べた2019年のM&A件数や、M&Aの特徴、2020年に予想されるM&A件数から...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)