PER

PER

PER(Price Earnings Ratio)とは、株価の割安感(割高感)を測る指標で、株価収益率とも呼ばれます。 PERは株価を一株あたり当期純利益(EPS)で割ることで求められます。 通常は、PERが高いほど利益に比べて割高、低いほど利益に比べて割安だと考えられます。 投資家からの期待が高い、もしくは成長性が高い企業の場合は、PERが高くなる傾向があります。

関連記事

M&Aの譲渡価格の相場はいくら?決め方、高値で売却するコツも紹介【事例付き】

M&Aの譲渡価格の相場はいくら?決め方、高値で売却するコツも紹介【事例付き】

M&Aの相場とは、企業を譲渡・譲受する際にふさわしいとされる金額です。買い手側と売り手側ではM&Aの相場観に差異があるため、折り合いをつける必要があります。このとき利用されるのが...

事業譲渡で発生するのれん

事業譲渡で発生するのれん

M&Aで事業譲渡・譲受を実施すると、のれんという金額が発生します。軒先の暖簾(のれん)と同音である、こののれんという言葉が事業譲渡の現場で使われる意味と、企業会計や税務でのれんをどう取り...

M&Aにおける会社売買とは?会社売買のメリット・デメリット、動向や相場を把握する方法を解説!

M&Aにおける会社売買とは?会社売買のメリット・デメリット、動向や相場を把握する方法を解説!

会社の売買は、後継者不足やM&Aの普及、経営者のライフスタイルの変化などを理由に増加しています。会社売買には、創業者利益の獲得などのメリットがある一方で、シナジー効果が得られない可能性が...

中小企業の後継者不足問題は深刻化している?解決策を紹介

中小企業の後継者不足問題は深刻化している?解決策を紹介

近年、中小企業の後継者不足は年々深刻になってきており、M&Aを活用して第三者へ事業を承継することで解決する事例が徐々に増えつつあります。この記事では、中小企業における後継者不足問題の現状...

M&Aの手数料の相場は?算出方法、金額を抑えるコツ、報酬体系をM&A仲介会社ごとに解説

M&Aの手数料の相場は?算出方法、金額を抑えるコツ、報酬体系をM&A仲介会社ごとに解説

M&Aにおける手数料の相場は、着手金・最低手数料・成功報酬など種類ごとに大きく異なります。特に成功報酬の算出方法には注意が必要です。本記事では、M&Aで発生する手数料の相場や種類...

会社分割とは?吸収分割・新設分割の比較、手続き、メリット・デメリット、事業譲渡との違いを解説

会社分割とは?吸収分割・新設分割の比較、手続き、メリット・デメリット、事業譲渡との違いを解説

M&Aスキームの会社分割には吸収分割と新設分割の2種があります。それぞれの会社分割の特徴と違いを明らかにするとともに、会社分割のメリット・デメリット、手続きの流れと、類似するスキームであ...

中小企業のM&A仲介会社、案件の探し方とは?成功・失敗事例や注意点を解説

中小企業のM&A仲介会社、案件の探し方とは?成功・失敗事例や注意点を解説

中小企業のM&Aは、株式譲渡、事業譲渡、会社分割の方法が用いられること多く、事業承継問題の解決や経営戦略の遂行を目的に行われています。M&Aの流れ、中小企業がM&Aを活用...

株式譲渡とは?メリット・デメリットや手続き、税務、家族間での譲渡も解説

株式譲渡とは?メリット・デメリットや手続き、税務、家族間での譲渡も解説

株式譲渡とは、株式を譲渡する方法で経営権を移行する手法です。中小企業のM&Aで多く活用されており、株式譲渡は売り手側にメリットが大きい手法でもあります。この記事では、株式譲渡のメリット・...

M&Aにおけるバリュエーション

M&Aにおけるバリュエーション

M&Aを成功させるうえで、買収価格の基準となるバリュエーションは非常に重要なプロセスです。M&Aの実務上用いられるバリュエーション手法には、さまざまな手法があり、用いられる場面や...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)