2020年10月26日公開税理士会計士法人一覧

あいせ税理士法人

あいせ税理士法人は、お客様の繁栄・地域経済の活性化・従業員の幸福・事務所の発展を指針に、自利利他の精神からクライアント第一のサービスを提供しています。会計・税務・法務を通じて安定的な成長に必要な情報を提供し、顧客と共に歩むことをモットーに掲げる税理士法人です。

目次
  1. あいせ税理士法人とは
  2. あいせ税理士法人の強み・魅力
  3. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あいせ税理士法人とは

あいせ税理士法人(山梨オフィス外観)

あいせ税理士法人(山梨オフィス外観)

あいせ税理士法人は、「お客様の繁栄」「地域経済の活性化」「従業員の幸福」「事務所の発展」などを指針としながら、「自利利他」精神のもとでクライアント第一のサービスを提供しています。

中国の兵法家・戦略家である孫子の言葉に「敵を知り己を知れば百戦危うからず」というものがあります。これを現代経営に置き換えると、「経済動向を掴み、自己の長所・改善点を明確に把握し、時代のニーズに合わせた対応を取れば、安定的な成長がもたらされる」と捉えることが可能です。

上記の言葉を踏まえて、あいせ税理士法人では、会計・税務・法務を通じて安定的な成長に必要な情報を提供しながら、クライアントと共に歩んでいく関係の構築を心がけています。こうした姿勢により、クライアントの安定的な成長の実現をサポートしている税理士法人です。

法人概要

あいせ税理士法人の法人概要は、以下のとおりです。

法人名 あいせ税理士法人
代表税理士 木住野 祐希
所在地 東京オフィス
東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワーセンターN30
山梨オフィス
山梨県甲府市丸の内3-27-14
アクセス 東京オフィス
JR「新宿」駅南口から徒歩 約12分
山梨オフィス
(車)
平和通り甲府駅方面に向かい「相生歩道橋」交差点を山梨県民信用組合本部を左手に左折
直進後、「県民文化ホール北」交差点が目印
本社南側に第一駐車場(№2~5)、西側に第二駐車場(3台)
(電車)
JR中央本線「甲府駅」南口徒歩15分
山梨交通「県民文化ホール」徒歩3分
電話番号 東京オフィス
03-5326-3028
山梨オフィス
055-269-6315
訪問可能エリア 東京都・山梨県・神奈川県・静岡県
営業時間 9:00〜18:00
休業日 土日・祝祭日 

公式HPはこちら↓↓

あいせ税理士法人

あいせ税理士法人の強み・魅力

代表税理士:木住野 祐希

代表税理士:木住野 祐希

ここからは、あいせ税理士法人の強み・魅力を紹介します。

公認会計士・税理士による確かな品質

あいせ税理士法人には、公認会計士・税理士の資格を保有した人材が複数在籍しています。税理士だけでなく公認会計士としての観点も用いながら、多面的にクライアントの会計・税務にアプローチしている点が特徴です。

上記以外にも、さまざまな専門家との連携を図っているため、ワンストップで複数のサービスを受けたい経営者の方におすすめの税理士法人です。特に最近では、顧問を通じてさまざまな助成金・補助金の案内も実施しています。

フラットな組織による迅速な対応

あいせ税理士法人は法人内が複雑に階層化されていないため、クライアントからのニーズに迅速に対応可能です。また、クライアントからの質問・連絡については、さまざまなシステムの利用により即時返答を心がけています。

対応の速さだけでなく費用対効果も勘案しており、顧問料以上の効果を見出せるようなサービスの提供を心がけている点が特徴です。

クライアント第一の良心的な価格

あいせ税理士法人では、「自利利他」の精神のもとで、クライアント第一の良心的な価格によるサービス提供に真剣に取り組んでいます。ワンストップでさまざまなサービスを提供しており、経営者が全力で会社経営に資源を投入できる環境を整備している税理士法人です。

まとめ

本記事では、あいせ税理士法人の概要・強み・魅力を紹介しました。あいせ税理士法人は、お客様の繁栄・地域経済の活性化・従業員の幸福・事務所の発展を指針に、自利利他の精神からクライアント第一のサービスを提供しています。

公認会計士・税理士の資格を保有した人材が複数在籍しており、多面的にクライアントの会計・税務にアプローチしている点などが強みです。また、さまざまな専門家との連携を図っているため、ワンストップで複数のサービスを受けたい経営者の方におすすめの相談先といえます。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

高崎文秀税理士事務所(株式会社マネーリンク)

高崎文秀税理士事務所(株式会社マネーリンク)

高崎文秀税理士事務所は東京都文京区に拠点を構え、JR総武線水道橋駅から徒歩5分という好アクセスの税理士事務所です。創業3年以内の顧客への低価格・高品質の税務顧問サービスや、Webを中心とした集客...

豊崎公認会計士事務所

豊崎公認会計士事務所

豊崎公認会計士事務所は、茨城県つくば市に拠点を持つ公認会計士事務所です。個人事業主・不動産売買・FX・仮想通貨取引から、法人設立・法人税務・M&A・IPOなど幅広い対応を行っているので、これらに...

タドルコ会計事務所

タドルコ会計事務所

タドルコ会計事務所は、東京都港区北青山を拠点に、上場関連企業やベンチャー企業などに対して税務支援・経営支援サービスを提供している会計事務所です。本社業務の効率化支援・資金調達支援など、税務に限ら...

ミライズ会計事務所

ミライズ会計事務所

ミライズ会計事務所は、30代の公認会計士・税理士がメインで活躍する会計事務所で、首都圏を拠点に活動しています。設立まもないスタートアップ企業から社歴の長い企業・投資ファンドまで、業種・業態を問わ...

竹澤税理士事務所

竹澤税理士事務所

竹澤税理士事務所は、東京都台東区に拠点を持つ「節税に強い」税理士事務所です。山手線「御徒町」南口徒歩2分の場所に事務所を構えています。法人顧問・個人事業主・起業を検討している人・相続で悩んでいる...

クローバー会計事務所

クローバー会計事務所

クローバー会計事務所は、東京都中央区日本橋を拠点に2011年の開業から10年目を迎えました。「中小企業をもっと元気にしたい」という想いのもと、大手の監査法人・事務所にはできない柔軟な対応や複雑な...

フォーカス会計事務所

フォーカス会計事務所

フォーカス会計事務所は、東京スカイツリー近く、東武線・京成線曳舟駅から徒歩3~5分程度の距離にオフィスを構える会計事務所です。「三方よし」の精神を重視しながら、「顧客の未来を共に描くために存在す...

若原会計事務所

若原会計事務所

若原会計事務所は、愛知県瀬戸市および名古屋市を拠点に、税務申告のほか、M&A実行支援・事業再生支援・IT導入支援など専門的なサービスを提供しています。経験豊富な有資格者が窓口担当を行っており、専...

あいせ税理士法人

あいせ税理士法人

あいせ税理士法人は、お客様の繁栄・地域経済の活性化・従業員の幸福・事務所の発展を指針に、自利利他の精神からクライアント第一のサービスを提供しています。会計・税務・法務を通じて安定的な成長に必要な...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)