2020年1月8日更新会社・事業を売る

オススメのM&Aマッチングサイト・売買サービス

M&Aのサイトには「マッチング型」と「サイト売買型」の2種類があります。通常、仲介会社などがマッチングを行っていますが、最近では、インターネット上でM&Aの相手を探せるサービスが増加しています。そこで、今回はM&Aサイトを利用するメリット・デメリットやオススメのサイトをご紹介します。

目次
  1. 増加するM&Aサイト
  2. M&Aサイトを利用するメリット
  3. M&Aサイトを利用するデメリット
  4. 「マッチング型」M&Aサイトとは?
  5. 「サイト売買型」M&Aサイトとは?
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

増加するM&Aサイト

2005年に起きたネット企業による敵対的買収事件を皮切りに、多くのM&Aがメディアに取り上げられるようになりました。日本におけるM&A市場は日々増加しており、小規模な企業や個人事業主にとってM&Aは有益な手法となっています。今後もM&Aをはじめとするビジネスの売買は、さらに有効な経営戦略となっていくでしょう。

また、少し前までは、仲介会社やFA(ファイナンシャルアドバイザー)が当たり前のようにM&Aのマッチングを行っていました。しかし近年は、インターネット上でM&Aの相手を探せるサービスが増えています。マッチングサイトは手軽にM&Aの相手を探せるため、小規模なビジネスを遂行している人でも気軽にM&Aを実施しやすくなりました。

M&Aのサイトは「マッチング型」「サイト売買型」の2種類に大別できます。そこで今回は、2種類のM&Aサイトの違いやM&Aサイトを利用するメリット・デメリットなど、M&Aサイトについて詳しく解説します。

M&Aサイトを利用するメリット

M&Aサイトを利用するメリットについて、主なものを2つあげます。以下の点をふまえて、活用することが望ましいでしょう。

メリット①:自分自身でM&A相手を探すことができる

M&Aサイトを利用すれば、自分自身で希望の案件を探すことができます。M&A仲介会社にマッチングを依頼する場合は、仲介会社が探した相手と交渉を行います。そのため、期待通りではない相手と交渉する可能性も否定できません。

その一方で、M&A仲介会社にマッチングを依頼すると、M&A交渉に要する時間や手間が削減できます。M&A仲介会社が運営しているM&Aサイトであれば、そのままM&A仲介会社にサポートを依頼することもできます。

たとえば、M&A総合研究所ではそのままM&Aアドバイザリーに依頼することができます。専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーのサポートを受けながら、M&Aをよりスムーズに進められるのです。買い手探しは予想以上に時間がかかるうえ、膨大な時間と手間を要します。M&A総合研究所では買い手探しに独自のネットワークを使用し、1週間以内に買い手候補を見つけることが可能です。

また、少数精鋭で集中した買い手探しを行うため、スピード成約を実現しています。平均3~6ヶ月という短期間でのクロージングを目指しているため、スピーディーにM&Aを完了できることも魅力のひとつです。

>>【※平均3ヶ月でスピード成約】M&A仲介サービスはこちら

メリット②:小規模なM&Aを実現できる

M&A仲介会社の多くは、中〜大規模のM&A案件しか取り扱っていません。M&Aの業務には、人件費などの膨大なコストがかかります。しかしM&Aのサイトならば、小規模なM&AやサイトM&Aも取り扱っています。これまでM&Aを諦めていた方も、サイトを利用してM&Aを実現できる可能性が高いです。

M&Aサイトを利用するデメリット

M&Aサイトを利用するデメリットについて、主なものを2つあげます。以下の点に注意して活用することが必要です。

デメリット①:サポート不足

M&Aサイトを利用すれば、手軽かつ短時間でM&Aを実施でき、費用も安く抑えられます。しかしその反面、M&Aのサポートが不十分になりがちです。M&Aを仲介会社に依頼する場合は、M&Aアドバイザリーから手厚い支援を受けられます。M&Aでは専門知識を必要とする手続きが数多く存在するため、M&Aをスムーズに進めるためには専門家のサポートを受けることが理想的です。

「コスト」と「サポートの質」の関係は、一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ないトレードオフの関係にあります。両者を天秤にかけ、どちらを重視するか決めなければなりません。しかし、M&A総合研究所なら、質の高いサポートをリーズナブルに提供しています。M&A総合研究所はM&Aプラットフォームを運営することで人件費を抑えており、成功報酬も業界最安値の水準で設定しているため、よりリーズナブルにご利用いただけます。ひとりで悩まずにまずはM&A総合研究所にご相談ください。M&Aの実績・知識が豊富なアドバイザーがフルサポートをお約束します。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

デメリット②:デューデリジェンス不足

M&Aにはさまざまなリスクがあります。簿外債務や訴訟など、表面を見ただけではわからない多くのリスクが潜んでいるのです。そうしたリスクを把握するうえで、M&Aではデューデリジェンス(M&A前のリスクや企業のあらゆる情報の事前調査)が非常に重要視されます。M&A仲介会社を利用すれば、各種専門家がデューデリジェンスを丁寧に実施してくれます。

しかし、サイトM&Aの場合はデューデリジェンスが不足する傾向にあります。あくまで低コストやスピードを重視する調査になりがちです。費用やスピード面を取るか、質や安全性を選ぶかは、買い手側次第なのです。

M&Aで迷ったら、ひとりで悩まずにまずはM&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所では事前相談を無料で行っています。完全成功報酬制をとっているため、着手金などもかかりません。さらに、成功報酬も業界最安値の水準で設定しているため、よりリーズナブルにご利用いただけます。M&Aの実績・知識が豊富なアドバイザーがフルサポートいたします。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

M&Aにおけるデューデリジェンスとは?費用や種類、注意点を解説

「マッチング型」M&Aサイトとは?

M&Aのサイトは「マッチング型」「サイト売買型」の2種類に大別できます。

マッチング型のM&Aサイトとは、インターネット上でM&Aの相手を探せるサービスのことです。マッチングサイトは手軽にM&Aの相手を探せるため、小規模なビジネスを遂行している人でも気軽にM&Aを実施しやすくなっています。

マッチング型M&Aサイト5選

ここでは、マッチング型M&Aサイトをご紹介します。一般的な会社や事業を売買できるマッチングサイトです。

⑴M&A総合研究所

M&A総合研究所はM&A仲介会社であると同時に、M&A仲介サイト(プラットフォーム)も運営しています。M&A総合研究所には日本全国から多種多様な業界・業種のM&A案件が集まっており、年間M&A相談実績3,600件、M&A成約率70%と高い実績もあるため、理想的なM&A案件が見つかる可能性が高いです。

加えて、AIが豊富なM&A案件の中からマッチングしてくれるという独自のシステムを持っています。そのため、買収ニーズを登録するだけで自動的に条件の合う案件が紹介され、効率的にM&Aの候補探しをすることができます。

>>買収ニーズ登録はこちら

⑵バトンズ

バトンズ(改名前:アンドビズ)は、M&A仲介業界のリーダーで東証一部の日本M&Aセンターグループが運営するサイトです。登録している業種は、飲食、小売、Webサイト、運送・宅配、学習塾など幅広く、質の高いサポートが期待できます。売り手側も買い手側も本人確認を実施していて、安心して利用できます。

また、ユーザー数が国内最大級の3万人以上で、それぞれの地域の特長や抱える問題に合わせて提案してくれます。案件掲載数とM&Aアドバイザリーの質ともに、申し分ないM&Aサイトです。

⑶TRANBI

主に、事業承継型のM&Aをマッチングしているサイトです。一度登録すれば、売り手側は無料で買い手企業を募集できます。一方で、買い手側は業種や地域を絞ったうえで、望みのM&A候補を探すことができます。公認会計士やM&Aアドバイザリーなど、各種専門家と提携している点が強みです。

加えて、公式サイト内にて、自社の企業価値を試算してもらえます。事業承継を検討する中小企業にとっては、役立つM&Aサイトのひとつです。

⑷ビズリーチ・サクシード

転職サービスなどで有名なビズリーチが運営しているM&Aサイトです。大手企業であるため、掲載されているM&A案件数は非常に多いです。各地方銀行とも連携が強く、事業承継M&Aのマッチングをサービス対象としてます。

さらに、売り手側は無料でサービスを利用することができます。情報管理も徹底されており、安心してM&Aの相手を探したい方にはオススメのサイトです。

⑸M&A PARK

M&A PARKは、海外会社とのM&Aも実現できるマッチングサイトです。インドやスペインなど、世界各地のM&A案件を探すことができます。海外進出を検討する方にとっては、非常に役立つマッチングサイトです。

国内のM&A案件も豊富ですが、上記で紹介したサイトと比べると比較的小規模案件が多いです。

※関連記事

M&A仲介会社を比較!M&A仲介会社のランキング、仲介手数料を解説します

「サイト売買型」M&Aサイトとは?

M&Aのサイトは、「マッチング型」「サイト売買型」の2種類に大別できます。

サイト売買型のM&Aサイトは、「サイトM&A」と呼ばれるM&A手法の1つです。「サイトM&A」とは、文字どおりウェブサイトのM&A(売買)をさします。サイトM&Aで売買されるサイトは、誰でも閲覧できるインターネットのウェブサイトになります。

たとえば、アフィリエイトサイト、まとめサイト、キュレーションサイト、特定の地域やニュースを伝えるメディアなどが売買対象です。サイト運営は、内容やPV数(ユーザーがページを閲覧した回数)によっては大きな利益を得ることができます。そのため、近年サイト売買を行う企業が増え、中小企業から大企業までさまざまな規模の会社で行われています。

サイトM&Aは2005年頃に始まったビジネスで、まだ歴史が浅く、サイトM&A自体の定義も曖昧になっています。2007年に日本サイト売買協会が設立されたことで認知されるようになりましたが、売買における取引価格の相場が定まっていないなど、特殊な一面があります。

サイトM&Aの手数料と料金

サイトM&Aを依頼する場合は、手数料が重要なポイントです。サイトM&Aは一般的な企業売買のM&Aと比較すると低コストで済みます。一般的に、M&A仲介会社のサイトM&A手数料は「基本料10万円+取引価格に数%の料率を掛けた金額」となっています。

料率は、取引価格が小さくなるほど高額になる傾向があります。そのため、およそ数十万円ほどの手数料がかかると想定できます。

一方で、M&A総合研究所は完全成功報酬制のM&A仲介会社です。多くのM&A仲介会社は「着手金・中間金+成功報酬制」が一般的ですが、M&A総合研究所は「成功報酬のみ」なのでM&Aが成立しなければ手数料がかかりません。

そのため、業界最安値水準の料金体系となっているのです。M&Aが成功するように、経験が豊富なアドバイザーがフルサポートいたします。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

サイトM&Aにかかる税金とは?

サイトM&Aには「税金」が発生するため注意が必要です。サイトM&Aの場合、売買を行ったサイトには所得税が発生します。しかし、場合によって所得の種類が変わることがあるので注意が必要です。もしサイトM&Aを定期的に行って収益を得ており、事業性があるとみなされた場合は「事業所得」の対象となってしまいます。

一方、一度しかサイトM&Aを行っていないなど、事業性が低いと判断されると「譲渡所得」の対象になります。ただし、サイトM&Aは事業性が高い取引と判断される場合が多いので、ほとんどのケースが事業所得として扱われています。

サイトM&Aのポイント

サイトを買収したいときは、どのM&A仲介会社のサービスが合っているかを見極める必要があります。

1つ目のポイントは「サイトM&Aの実績があるかどうか」です。現在、サイトM&Aの仲介業には資格が要りません。そのため、誰にでもサイトM&Aの仲介業をすることができます。実際、悪質なM&A仲介業者の中にはサイト売買の実績はおろか、ウェブサイトの知識もなく仲介をしているところもあります。

依頼を検討しているM&A仲介会社にしっかりとした実績があるかを確認することはもちろん、どんな分野のM&Aを得意としているかまで確認しておきましょう。

2つ目のポイントは「M&A仲介会社によってサポート範囲が異なること」です。仲介業者のサポート範囲は事前に確認しておきましょう。サポートの範囲によって料金が変化する可能性もあります。

費用を抑えたいのであれば、売り手側と買い手側を紹介するだけの仲介業者を選べばいいですが、買い手側にサイト運営の知識がない場合は売買したサイトを効率的に運用することができません。買収中や買収後の手厚いサポートを希望するのであれば、サポートが充実しているM&A仲介会社を選びましょう。

M&A総合研究所であれば、M&Aアドバイザー・会計士・弁護士が親身にサポートいたします。M&Aの際には、その都度M&A仲介会社・アドバイザリーに実務をサポートしてもらうのがベストです。電話やメールによる無料相談は年中無休で24時間対応していますので、サイトM&Aに関するご相談はお気軽にご連絡ください。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

サイト売買型M&Aサイト5選

ここでは、サイトの売買に特化したM&Aサイトをご紹介します。サイト運営している個人事業主、経営者の方は必見です。

⑴サイトキャッチャー

サイトキャッチャーは、2005年からサイト売買のマッチングを行っている老舗M&Aサイトです。そのため、M&Aの成約実績や登録案件が非常に多いです。

またM&Aの際には、2通りの交渉プランから選べます。1つ目は、直接交渉プランです。こちらは、売り手側と買い手側が直接M&A条件の交渉を行います。2つ目は、サイト売買仲介プランです。M&Aの専門家が仲介に入り、交渉を代行してくれます。好きな方法で、M&Aを行えることがメリットです。

サイトキャッチャーには、他のM&Aサイトにはないメリットもあります。従来高額な費用がかかるM&Aの契約書を無料で作成してくれます。行政書士が作成してくれるので、安心したうえでM&Aを実施可能です。

⑵サイト売買Z

サイト売買を経験した方が実際に運営しているサイトです。きめ細やかな仲介サービスを受けることができます。

また、個人事業主や小規模事業者に対して非常に良心的な価格設定です。毎月かかるリテイナーフィー(定額顧問料)も無料なので、費用をかけずにM&Aを完了することができます。

⑶サイト楽市

サイト楽市は、手軽なサイト売買に特化しています。そのため、完全無料でM&Aの相手を探すことができます。ただし、デューデリジェンスやバリュエーション(企業価値評価)などのサービスは一切受けられません。あくまで、M&Aのマッチングに特化したサイトである点には注意が必要です。

⑷サイトレード

サイトレードでは、サイト売買に特化したM&Aアドバイザリーが一連のプロセスを支援してくれます。公式サイト内では、どんなサイトがどの程度の値段で売却されたかを確認することも可能です。そのため、自分のサイトがいくらでM&Aできるかを予測できます。

加えて、秘密保持面でも徹底的な情報管理をしており、安心してM&Aが実行できます。数あるサイト売買のM&Aサービスの中でも、特にサポートが充実しているので慎重にサイトM&Aを実施したい方には非常にオススメです。

⑸サイトバンク

サイトバンクは気軽にM&Aの相手を探せるサイトです。少し前までは、成約金額の3%程度の手数料が必要でしたが、現在は完全無料でM&Aの相手を探せるようになっています。ただし、無料なので、リスク管理は完全に当事者間の責任です。

サイトバンクには、毎日数件ずつM&A案件が追加されています。定期的にサイトを確認すれば、希望のM&A案件を発見できる可能性が高まるでしょう。

サイトM&Aの成功事例と失敗事例

最後に、サイトM&Aの成功事例と失敗事例をご紹介します。

サイトM&Aの成功事例

【事例】

Aさんは、広告料で収益を得ているキュレーションサイトをサイトM&Aにより100万円で買収しました。その後、買収したキュレーションサイトの運営をしつつ、スマートフォンからのアクセス対応の最適化や、ユーザーのニーズに沿った機能を追加してサイトを改善。その結果、想定以上の利益を獲得することに成功したのです。

【解説】

この事例は、サイトM&Aにおける典型的な成功例です。サイトM&Aは、サイトを購入してそのまま運営を継続するだけでなく、ユーザーのニーズに沿った施策を適切に行うことで、利益が上がるケースがあります。やみくもに手を加えるだけでは逆効果ですが、調査を重ねたうえでユーザーのニーズとマッチしている施策であれば、積極的に行いましょう。

サイトM&Aの失敗事例

【事例】

中小企業であるA社は、古本販売を行っているサイトを150万円で買収し、通販業界に参入しました。しかし、買収したサイトのユーザーを一向に増やすことができず、利益が上げられないという状態が続いています。そこでA社は、サイトリニューアルなどで他社との差別化を図りました。しかし施策は失敗し、むやみに行ったリニューアルによってこれまで利用していたユーザーも離れてしまい、大幅な損失を計上してしまったのです。

【解説】

この事例は、買収したサイトの状況を適切に判断できず、やみくもに行ったリニューアルの施策のせいで失敗したケースです。サイトM&Aの際、サイトを眺めているだけでは潜在的なリスクは見抜けません。利用者数、購入率などの具体的な数値を把握したうえで、施策にかかるコストを計算し、成功したら利益が出せるかどうかを考える必要があります

また、サイトのリニューアルは、ユーザーのニーズを理解するだけでなく、ニーズにマッチしたノウハウがなければうまく進みません。安易にリニューアルなどの施策を取ると、かえってサイトの価値を失くしてしまう恐れがあるので、慎重な判断が必要です。

まとめ

今回は「M&Aのサイトのメリット・デメリット」や「2種類M&Aサイトの違い」「オススメのサイト」などについて、詳しく解説しました。世の中には数多くのM&Aのサイトが存在します。それぞれの違いを理解し、M&Aのサイトを有効に活用しましょう。要点は、以下のとおりです。

【M&Aのサイトは2種類】

  • 「マッチング型」「サイト売買型」に分けられる

【M&Aサイトのメリット】

  1. 自分自身でM&A相手を探すことができる
  2. 小規模なM&Aを実現できる

【M&Aサイトのデメリット】

  1. サポートが不足しがち
  2. デューデリジェンスが不足しがち
【「マッチング型」M&Aサイトとは】
  • インターネット上でM&Aの相手を探せるサービス
【「サイト売買型」M&Aサイトとは】
  • ウェブサイトのM&A(売買)のこと
【サイトM&Aのポイント】
  1. サイトM&Aの実績があるかどうか
  2. サポート範囲がどこまであるのか
【サイトM&Aの成功のためには】
  • ユーザーのニーズに沿った施策を適切に行う

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

内部統制・内部監査とは、会社が組織的に機能するために必要なルールや仕組みのことです。日常的な経営はもちろんのこと、M&Aの実行の際も組織としての地盤がとても重要になります。本記事では、M&A・事...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)