2020年2月19日更新業種別M&A

スーパーマーケットのM&Aの売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説

スーパーマーケット業界の競争は、業界全体の伸び悩みや異業種の進出によって激化しており、その中で生き残りを図るにはM&Aは必要不可欠になりつつあるといえます。この記事では、スーパーマーケットのM&Aの現状と動向、相場と費用、事例などについて解説します。

目次
  1. スーパーマーケットのM&Aとは?
  2. スーパーマーケットのM&Aの現状と動向
  3. スーパーマーケットのM&Aの相場と費用
  4. スーパーマーケットの買収とは?買う・買いたい場合
  5. スーパーマーケットの売却とは?売る・売りたい場合
  6. スーパーマーケットのM&Aの事例
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
スーパーマーケットのM&A・事業承継

スーパーマーケットのM&Aとは?

スーパーマーケットは、生活に欠かせない存在ですが、国内市場の縮小に伴って業界全体が伸び悩んでいます。スーパーマーケットのような小売店にとって、少子高齢化による人口の減少は、直接的に影響が及んでしまう上に、人手不足の原因にもなります。

これにより、経営状態が悪化するスーパーマーケットが増加しており、とりわけ地方のスーパーマーケットは存続が危ぶまれるケースが多発しています。このような現状を受け、スーパーマーケット業界では以前からM&Aを行うようになっています。

同業他社のスーパーマーケット同士のM&Aは、市場規模や売上規模の拡大、従業員の増加などといったスケールメリットを享受しやすく、また仕入れや販路の効率化も実現できるようになります。

加えて、安全性が高くリーズナブルな食品や、独創的な総菜へのニーズも高まっているため、M&Aを通じて豊富な品揃えや商品開発力を持つ大手と経営統合を行うことができれば、ブランドイメージが確立された品揃えを実現可能です。

さらに、スーパーマーケットのM&Aは競争力の強化にも役立ちます。昨今はドラッグストアやコンビニといった別の小売店との競合が激化しており、地域によってはスーパーマーケットよりドラッグストアやコンビニの方が店舗数が多いというケースも少なくありません。

ドラッグストアやコンビニも店舗の拡大に努めており、その流れと張り合うためにもM&Aは急務だといえるでしょう。ただ、M&Aは決して簡単に行えるものではありません。M&Aは成功率が3割~5割程度であり、期間は長ければ1年半もかかるものです。

そのため、独自のM&A専門チームを持たない中小規模のスーパーマーケットの場合、M&A仲介会社のようなM&Aの専門家にサポートしてもらうことがM&Aを成功させる秘訣だといえるでしょう。

M&Aを成功させるためには、数多くのM&A実績があるM&A総合研究所にお任せください。M&A仲介会社であるM&A総合研究所には、公認会計士をはじめとする専門家が多数在籍しており、M&Aの手続きを幅広くサポートいたします。

なおM&A総合研究所では完全成功報酬制を採用しているほか、相談料は無料となっており、またスピーディな対応を実践しているため、3か月程度でクロージングとする実績もあります。お気軽にご相談ください。

>>【※完全成功報酬制】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!

スーパーマーケットのM&Aの現状と動向

スーパーマーケットは業界全体が伸び悩んでいるため、業界再編が積極的に行われています。1990年代からすでにスーパーマーケット業界のM&Aは進行しており、イオンのような大手スーパーマーケットが地方のスーパーマーケットを買収するなどして、店舗数の拡大を行っています。

他方で、買い手・売り手のニーズが合致しているからという理由で、地方のスーパーマーケットも事業の存続を図るために、大手スーパーマーケットの資本の傘下に入るケースが増えています。

このように、大手のスーパーマーケットがM&Aを積極的に行うことにより、地方のスーパーマーケットのような中小規模のスーパーマーケットは徐々に淘汰されていき、スーパーマーケット業界は大手による寡占化が進行するでしょう。

スーパーマーケット業界のM&Aは、今後10年まで活況となるとみられており、M&Aは今後も積極的に行われると考えられています。

スーパーマーケットのM&Aの相場と費用

スーパーマーケットは、スケールメリットを享受しやすい事業であることから、店舗数を拡大することがある意味前提にあるものです。そのため、スーパーマーケットのM&Aでは、全ての店舗を買い取ることになるため、費用が大きくなりやすい傾向があります。

基本的に、日本のM&Aは取引価格を公開しないことが多いため、具体的な数字を知ることは難しいです。しかし、地方で数店舗しか展開していないスーパーマーケットでも、純資産価値が数億円以上に達することは珍しくなく、小規模のM&Aでも費用は総じて10億円近くかかるでしょう。

大手のスーパーマーケットとなれば、取引価格が数百億円に達することも珍しくありません。さらに、海外のスーパーマーケットであれば、規模によっては取引価格が数兆円に上ることもあります。

※関連記事

企業買収とは?企業買収の方法と価格

事業買収とは?事業買収の方法と注意点

スーパーマーケットの買収とは?買う・買いたい場合

スーパーマーケットのM&A・事業承継
スーパーマーケットのM&A・事業承継

スーパーマーケットは、事業の性質上、スケールメリットを享受しやすいものです。そのため、M&Aを行い、店舗数をどんどん拡大していくことがスーパーマーケットのM&Aの基本的なスタンスだといえるでしょう。

前述したとおり、業界全体が伸び悩んでおり、またコンビニやドラッグストアが勢いを伸ばしている中、スケールメリットの享受することは競争力の強化に直結することでもあります。

また、店舗を拡大した際に買収したスーパーマーケットと流通インフラとノウハウを共有することにより、効率的な仕入れルートを実現し、また共同購買を行うことによってコストを削減することも可能となります。

昨今は百貨店や鉄道会社、外食チェーンなどといった異業種がスーパーマーケット事業に進出するケースが増えており、その際もM&Aが実行されています。ゼロから新事業を立ち上げるには、施設や従業員、販路などを全て用意し、新規顧客の開拓も行う必要があります。

しかし、M&Aは既存のスーパーマーケットを買収し、そのまま経営することができるため、様々なプロセスを一気に省略できるようになります。また、元々スーパーマーケットが抱えている顧客を引き継げるため、事業開始時点から一定以上の収益を出すことが可能になります。

スーパーマーケットの売却とは?売る・売りたい場合

売却を考えるスーパーマーケットが、第一に考えることは事業の存続でしょう。スーパーマーケットは国内市場の縮小の影響をダイレクトに受けており、地方のスーパーマーケットを中心に経営危機に陥っているケースが続出しています。

そのような状態のスーパーマーケットにとって、M&Aは大手の資本の注入を受けられるため、経営基盤が強化できるようになります。また、後継者問題を抱えているスーパーマーケットにとってもM&Aは有効的でしょう。

スーパーマーケットだけでなく、多くの企業が後継者不在になっており、事業承継ができないようになっています。しかし、M&Aであれば既存の会社に経営権を委託できるため、従業員の雇用や地域経済の損失を防ぐことができます。

さらに、ハッピーリタイアメントの実現として売却を行うこともあります。ハッピーリタイアメントとは、経営者が50代、早ければ40代の段階で経営者を引退し、悠々自適な引退生活を送るというものです。

引退の際にM&Aで会社を売却すれば、まとまった金額の売却益が手に入るため、それを全て老後の生活にあてればますます気楽な生活が送ることができるようになるでしょう。

そもそもスーパーマーケットは業界全体の競争の激化もあって、経営者にとっては気苦労が絶えない事業だといえます。その意味では、ハッピーリタイアメントは選択肢の1つとなり得るでしょう。また、経営者によっては売却益を活用して新たな事業を行うこともあります。

※関連記事

跡取りがいない会社のM&Aを成功させるには?M&A相談先の選び方や後継者不足問題を解説

スーパーマーケットのM&Aの事例

ここでは、スーパーマーケットのM&A事例を具体的にご紹介します。

①ジャパンミート×タジマ

2019年5月、関東圏を中心にスーパーマーケット事業や外食事業などを展開しているジャパンミートは、埼玉県東部エリアを中心に地域密着型の「スーパーマーケットタジマ」を展開しているタジマと株式譲渡契約を締結し、タジマの発行済み全株式を取得することで買収しました。

ジャパンミートは、スーパーマーケット事業の埼玉エリアの店舗網拡充や事業基盤の拡大に成功しました。また、自社のノウハウ共有によりシナジーを創出し、両社の企業価値向上を目指しています。

②イオン×フジ

M&Aを駆使して規模を拡大してきたイオンですが、それは現在も変わっていません。2018年にもイオンは四国・中国地方で96店舗のスーパーマーケットを展開しているフジと資本業務提携を行い、中国・四国エリアでトップのシェアの獲得を目指しています。

そもそも、イオンは地方のスーパーマーケットを積極的に買収・提携しつつ、地域密着型の経営を実践することでシェアを広げてきました。さらに、買収・提携したスーパーマーケットのノウハウを取り込みながら新商品の共同開発を行うことで、商品力の向上も実現しています。

③バローホールディングス×三幸

北陸・岐阜県・愛知県でスーパーマーケットやドラッグストア、ホームセンターを展開しているバローホールディングスは、2019年に富山県でスーパーマーケットのサンコーを展開する三幸を買収しました。

サンコーは地域に密着した経営を行っており、地元の新鮮な魚介類や野菜、果物の販売力が強みです。バローは三幸を買収することによって、よりよい商品を仕入れ、販売できるようにし、富山県内でのシェアを向上させ、スーパーマーケット事業自体の収益をより向上させることを目指しています。

④ドン・キホーテホールディングス×ユニー

ディスカウントストアで全国的な著名度を持つドン・キホーテホールディングスですが、2018年にアピタやピアゴといったスーパーマーケットを展開するユニーを買収しています。

元々ドン・キホーテホールディングスは、2017年からユニーと業務提携を行っており、スーパーマーケット業界へ進出していましたが、その際にお互いのノウハウを組み合わせることで「MEGAドン・キホーテUNY」のような新事業を実施し、成功させてきました。

その点ではドン・キホーテホールディングスは異業種がスーパーマーケット業界に進出して成功した典型例だといえます。ドン・キホーテホールディングスはユニーを買収し、完全子会社とすることにより、更なる連携強化や商流の効率化などを実践させていく考えです。

まとめ

業界全体の伸び悩みや異業種の進出によって、スーパーマーケット業界の競争は激化しており、その中で生き残りを図るにはM&Aは必要不可欠になりつつあります。スーパーマーケットはスケールメリットを享受しやすい事業であるため、M&Aと相性がいいものです。

業界再編が進んでいることもあって、今後もスーパーマーケット業界でM&Aは積極的に行われていくことでしょう。もしスーパーマーケットを買収・売却する際は、M&Aの効果を最大限引き出しつつ、滞りなく進めるためにM&Aの専門家の力を借りましょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界は土地さえあれば参入しやすい事業です。しかし、人口減少や車離れの影響で、簡単に収益が得られなくなると予測されています。その時に取れる手段の1つがM&A・譲渡です。この記事では駐車場業界...

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

飲食店は毎年数多くの新規参入がありますが、その一方で毎年数多くの廃業も出ている業界です。本記事では、3年以内の廃業率が70%ともいわれている、飲食店が廃業へと至る理由や、潰れない飲食店の特徴など...

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

本記事では、住宅建設業界のM&Aについて、2020年の業界の最新動向や買収相場の考え方、M&Aのメリット・デメリットなどを解説していきます。実際に行われた住宅建設会社のM&A事例も、2020年の...

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

お金や資産を貸し出して利益を得ているのが金融・リース・レンタル事業です。当記事では、金融・リース・レンタル事業の概要をはじめ、各業種が抱えている問題や、事業承継の可能性、事業承継の手順・事例・注...

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

今後の成長が期待されているITソフトウェア業界では、ソフトウェア開発の重要性の高まりから、他業界やスタートアップ企業の参入が多く、M&Aが積極的に実施されています。本記事では、ITソフトウェア業...

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

利用者にまつ毛エクステを施すのがマツエクサロンの事業です。当記事では、マツエクサロンが置かれている現状をはじめ、M&Aの動きや、M&Aを用いた際のメリット、M&Aで注意を払う点、M&Aの手続き、...

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界は国内の市場規模は減少しているものの海外展開など顧客のニーズが変化してきており、今まで以上にM&Aが行われるようになると予測されます。今回は今度積極的に行われていくジュエリー業界の...

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

資金・商品を貸して利益を得るのが金融・リース・レンタル業です。当記事では、金融・リース・レンタル業の内容をはじめ、各業界に見られる事業譲渡(事業売却)の動きや、事業譲渡(事業売却)の手順、メリッ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
スーパーマーケットのM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)